山本周五郎賞単語

1件
ヤマモトシュウゴロウショウ
1.6千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

山本周五郎賞とは、新潮文芸振会が催し、新潮社が後援する文学賞。「山本賞」「山周賞」とよく略される。

最新の受賞作は、永井紗耶子『木挽町のあだ討ち』(第36回、2022年度)。

第36回(2022年度)候補作

第36回選考委員 

概要

物語性に優れた大衆文学小説を表する賞。新潮社1968年に始めた日本文学大賞の後継として、1988年純文学を対とする三島由紀夫賞とともに設立された。三島賞と、純文学の短編が対となる川端康成文学賞とあわせて「新潮三賞」と呼ばれ、授賞式は三つ一緒に行われる。

選考対作品は4月1日から翌年3月31日までに刊行された小説。選考は5月に行われ、選評は『小説新潮』に掲載される。選評の分量は直木賞などとべてもかなり多い。

吉川英治文学新人賞が出世作に与えられる賞とすれば、山本周五郎賞は強いて言えばそれに続く代表作に与えられる賞、という傾向がある(もっとも美澄のように、デビュー作で受賞する例もある)。直木賞ではスルーされがちなファンタジー系の幻想小説SFなどが受賞することもあり、「直木賞を獲れなさそうな作家残念賞」と言われることも。とはいえ直木賞と両方を受賞している作家も多い。

なお山本五郎直木賞の受賞を辞退した(第17回)という経歴があるためか、直木賞を既に獲っている作家補に挙がることはない。直木賞とのダブル受賞を達成したのは、熊谷達也邂逅』(第17回)、佐藤究テスカトリポカ』(第34回)、永井紗耶子『木挽町のあだ討ち』(第36回)の3作(いずれも山本賞受賞が先)。
宮部みゆき火車』や森見登美彦夜は短し歩けよ乙女』など、直木賞落選作が山本賞を受賞する、もしくは山本賞受賞作が直木賞で落選するパターンも多いが、池井戸潤下町ロケット』のように稀に山本賞落選作が直木賞を獲ることも。

吉川英治文学新人賞と違い、年齢制限的なものは特にないようだ。最年少受賞は吉本ばななの24歳、最年長受賞は梁石日の61歳。

2010年には芥川賞直木賞に先駆けて授賞式のニコニコ生放送での公式中継を行った。2011年にも受賞会見と授賞式の中継を行ったが、2012年以降は行われていない。

2019年度の第33回選考会は新型コロナウイルスのため従来の5月ではなく、に行われることとなった。

大百科に記事のある受賞作

大百科に記事のある受賞作家

詳しい受賞作・補作リストWikipediaexit「直木賞のすべて」の当該ページexitを参照。

関連生放送

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

ためにならない(動画投稿者) (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: 豆乳
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山本周五郎賞

1 ななしのよっしん
2018/03/08(木) 00:18:42 ID: 58eKMcbjd9
山本五郎先生の記事ねええのかよ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2021/05/14(金) 23:35:44 ID: LcbJX8aeZW
山本五郎が権威に否定的で、他の作家とは距離を置いて直木賞すら蹴った作家だったのに、こういう賞を設けられちゃったっていうのは本当に気の毒な話だなと思う。止とまでは言わんけど、せめて名前は変えて欲しい。
👍
高評価
0
👎
低評価
0