村井貞勝単語

ムライサダカツ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

村井貞勝(むらい・さだかつ ? ~ 1582)とは、織田信長に仕えた戦国武将である。

概要

織田政権を支えたスーパー官房長官官位は長門守。出後は長軒と号する。

一応、戦国武将としたが戦場での活動はほぼ皆無織田信長くから仕え、その重臣として政務を担当した。信長の上後は京都統治の責任者となり、信長の地位が急上昇していくのと同時に拡大する織田政権行政機構を支え上げた。

彼が京都朝廷や寺社(さらに当初は室町幕府も)を初めとする既存諸勢との取り次ぎや関係維持に努めたことは、信長の地位を安定させると同時に、信長京都を長期間離れて各地に出することの助けにもなったと言えるだろう。

本能寺の変が起こると、二条御所の織田信忠のもとに駆けつけ奮戦するが、討死。

生涯

近江の生まれとされるが、詳しい生年などは不明。そして尾へ渡って織田に仕える事になった経緯も全く不明だが、信長督継承(1551年)から間もない織田信勝の謀反(1556年)の時点で既に信長に仕えている。しかも信勝との和交渉を担当するなど、政治の高さをくも発揮していた。美濃攻めでは西美濃三人衆の調略にも携わっている。

足利義昭を擁した信長の上にも同行し、そのまま京都に置かれることになった。義昭の邸となる二条御所の建築ボロボロになっていた禁裏の修復などを担当。

他にも京都で政務にあたっている織田臣や幕府関係者は何人かいるが、特に著名なのは貞勝のほか、日乗細川藤孝、そして・・・明智光秀といった面々が挙げられる。

1573年、足利義昭京都を追放されて室町幕府は滅亡する。この後貞勝は信長から京都代」に任じられ、京都における織田責任者となる。その役割は幅広く、治安維持から朝廷や寺社との交渉(およびそれらを岐阜・安土の信長に伝達)、他大名からの使者の接待、建物の修復造営など・・・・・・ほぼ丸投げである。

京都周辺での軍務を任されることの多かった明智光秀とは引き続き縁があった。ほか、幕府崩壊後の織田政権の吏僚としては松井友閑(代官)や武井(右筆)がいる。

  • ちなみに「所代」というのは室町幕府所のトップである「所」の代理、といった意味合い。所所京都周辺の治安維持の責任者として山名・赤松といった名門大名が就いた職だが、貞勝の役割はそれ以上に広かった。そのおかげで、公家僧侶などとの太いパイプを構築していった。

信長京都での邸となる二条新御所(義昭の御所とは別)や本寺の普請も担当した。いろいろフラグ臭がひどい。

有名なエピソードとしては、禁裏の塀の修理を一大イベントに仕立て上げ、見物客が集まる中で職人たちが腕を競い合った結果、超スピードで工事が了したという話がある。正親町天皇まで見に来ていたというのだから、相当な盛り上がりだったことは想像に難くない。

新参者でありながら、仕事は正確、頭も回りコミュも高く、信長の期待する内容をしっかり実現してみせる実の持ち戦場での武功とは違うのでやや地味ながら、信長好みの人材だったと思われる。彼を「京都の総督」と呼んだルイス・フロイスく「異教徒だが尊敬に値する老人」とのこと。

  • 特に禁裏の修復を初めとした朝廷へのサポートに関しては、信長足利義昭に「これ大事だからね! しっかりやってくださいよ!?」と口をすっぱくして言っていたのだが、視された過去があったりする。この辺り、義昭追放後に信長はあれこれと示を出しており、貞勝たちはその実現に奔走した。

本能寺の変

だが、1582年6月2日明智光秀が突如謀反を起こして京都へと襲い掛かった。本能寺の変である。邸から状況を把握するも、本寺は既に包囲・炎上し近づけない。まさか自分が普請した、で囲んだ強固な作りのせいで自分が近づけないとは・・・。

貞勝は二人の息子と共に、織田信忠の宿泊する妙覚寺へと移動。ちょうど本寺へ駆けようとしていた信忠を間に合わないと制止し、妙覚寺は守りに向いていないので隣の二条新御所へ移るべきと進言(この時、御所は皇太子仁親王の邸だった)。明智勢に対して仁親王の脱出を交渉したのも貞勝である。

包囲された新御所で他の臣たちと共に果敢に戦ったが、二人の息子と共に討死した。信長の覇業を支え続け、彼と共に世を去った。

子孫・その後

上述の通り、長男村井貞成、次男・村井清次、村井宗信もことごとく討死した。貞勝の京都政務を支える村井一門として貞成や宗信はたびたび登場しており、貞成は前年に村井督を譲られたばかりだった。子孫は伝わっていない。ちなみに史料上での清次の出番はここが最初で最後である

ほかに一門衆として村井清三という人物もいるが詳細な関係は不明。彼だけは変に巻き込まれず生き残り、山崎の戦いの直後までは動向が確認できるのだが、その後は消息不明。

それともう一人、かなりの多い人物として養子・村井重勝がいる。彼は実は織田信長の庶長子であり、別名は織田信正。実信長と養貞勝を弔うため、京都区に見性寺を建立したとされる。その後、原田氏に名字め、その子孫は地下(昇殿できない下級の公家)として存続した。1554~1647、享年94
・・・というのだが、当時の史料にはその名は全く見出せない。そして彼・息子・孫と3代そろって90近くまで生きている。おそらく原田が系図をいじって重勝(あるいは信長)に繋げたのではないかと推測されている。なお重勝(信正)の母親直政原田直政)のとされ、これが原田を名乗った根拠のようだ。

京都代」の役職はその後の豊臣政権・江戸幕府へも受け継がれていく。

余談

村井貞勝の邸は現在寺のすぐ近くにあった。が、当時の本寺は位置が異なるので、決して向かいで本寺が絶賛大炎上しているのに妙覚寺に行った訳ではない。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける村井貞勝の力一覧。

皆勤賞とおもいきや武将風雲録は欠席(リメイク版で登場)。なんといってもこの政治オバケ。彼一人がいるだけで内政が格段に楽になる。織田の人材恐るべしである。活動期間の長さもありがたい。

彼が生きてれば、その後の織田でのプレイが楽になるのに・・・(笑)

軍事 内政
戦国群雄伝(S2) 戦闘 28 政治 62 52 野望 43
武将風雲録(註) 戦闘 13 政治 94 91 野望 75 教養 83
覇王 采配 14 戦闘 20 智謀 23 政治 68 野望 52
天翔記 戦才 60(C) 智才 138(B) 政才 164(A) 65 野望 42
将星 戦闘 22 智謀 81 政治 89
烈風 采配 13 戦闘 7 智謀 67 政治 88
世記 采配 13 智謀 69 政治 86 野望 22
蒼天 統率 13 知略 72 政治 88
下創世 統率 13 知略 69 政治 88 教養 76
革新 統率 15 武勇 10 知略 77 政治 98
統率 15 武勇 10 知略 77 政治 98
創造 統率 24 武勇 30 知略 75 政治 91
戦国立志伝 統率 24 武勇 30 知略 75 政治 91

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%91%E4%BA%95%E8%B2%9E%E5%8B%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

村井貞勝

1 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 13:45:39 ID: P7eL2+3rMK
信長の野望では同じく内政チート天海前田と共にお世話になりました
2 ななしのよっしん
2019/12/21(土) 22:54:47 ID: 5oO9oe4plQ
成長含むと簡単に内政ステが100えるお方
どんな悪地のでも彼一人でガンガン成長していく