山崎の戦い単語

ヤマザキノタタカイ

山崎の戦いとは、1582年(正10年)6月13日摂津山崎現在大阪府京都府界付近)で起こった、明智光秀羽柴秀吉らの戦いである。

概要

本能寺の変を起こして織田信長を自追い込み、新たな一大勢を築かんとした明智光秀に対して、中国大返しと呼ばれる猛スピードでの進軍で畿内に戻ってきた羽柴秀吉らが、信長を討つべく挑んだ戦い。

この結果光秀は敗れ、敗走中に農民に襲われて重傷を負った末に自光秀の時代は『三日下』に終わった。対する秀吉織田における発言を大きく増し、信長亡き後の織田新体制における有者のひとりとなった。

天王山

山崎の戦いの中でも、特に天王山で行われた戦闘が勝敗の大部分を決する事になった事から、別名天王山の戦い』とも呼ばれる。

この戦いの勝者である秀吉が後に下を握った事から、転じて現代では特にスポーツなどにおいて、有な実者同士が争って優勝などへのカギとなる場面をして天王山と呼ぶ喩表現が生まれた。

ただし歴史的な話をすると、これで秀吉即刻下を取った訳では、彼が下人となるにはこの後も清会議賤ヶ岳の戦い小牧・長久手の戦い関白相論…といった、いくつもの出来事を乗り越えていく必要があった。その末に小田原征伐をもって天下統一が達成される。(詳しくは各項も参照)

この戦いは、織田の重臣という立場だった羽柴秀吉が、亡き信長の事業を継ぎ、天下統一へ至るまでのスタート地点である。そして同時に、信長亡き後の織田の没落衰退の始まりでもあった。

本能寺の変と明智光秀の躍進

ことは本能寺の変に端を発する。1582年6月2日明智光秀が突如謀叛を起こし、の本寺にて織田信長織田信忠子らを自に追い込んだ(詳細は当該記事参照)。ひとまず光秀握した。

光秀は続いて近江へと軍を進める。近江には信長の築いた安土城があったが、辺り一帯は安全な織田の直轄地帯、まさかこんな事件が起こるとは思いもよらなかったので軍備もほとんどく、人々は右往左往していた(信長公記より)。安土城留守居役であった生賢秀は光秀との戦いに備え、ひとまず自らの居である日野へと信長息女たちを送り届けることにした。日野は賢秀の息子であり、信長婿であった蒲生氏郷が守っており、信長息女たちを迎え入れると防備を固めた。

一方、近江に入った光秀は出だしから躓いていた。近江瀬田付近を治めていた山岡が、を燃やして山中へと籠もったのである。光秀を修復して坂本安土城に入るまで数日間を要した。日数にすればなんてことのないように思えるが、のちの歴史の結果を見れば存外大きな痛手であったといえる。

生氏、山岡氏の抵抗はあったものの、その後光秀は労せず近江を手中にした。この頃の光秀の勢いはまさに著しく、近江では京極高次閉貞征、若狭では武田元明らが光秀に味方し、羽柴秀吉長浜丹羽長秀の佐和山城などを落させ、反光秀を一掃せんとした。また本寺からの数日のうちに、水野などのように新たに明智方に転じる人物も出始めた。6月9日光秀は地固めをするべくへ帰還。朝廷に対しては安土城から奪取したなどを献上し、治安維持を任されるなど、ある程度の関係を築いた。

混乱する織田家中

本能寺の変織田に数多くの混乱・動乱をもたらした。特に明智光秀への対応は協・敵対を問わず至上命題であり、更にそれが多くの疑心暗鬼を呼び、味方する・しない等の流言が飛び交っていた。

美濃では安藤守就や肥田忠政などが騒乱の末に敗死し、明智光秀の正室実家であった妻木広忠らも自した。彼らは光秀に味方したとも、していないとも言われているが、ともかく変の影による騒乱は多かった。一方で岐阜留守居だった斎藤利堯(斎藤道三の子)のように、中立を掲げて事態を静観する人物も少なくなかった。

摂津では、織田信孝を総大将として四国征伐へと出する、まさにその日の未明に変が起こり、当然四国行きは中止となっていた。それどころか信長の死を聞いて兵が次々と逃亡してしまう事態にあった。この時、信長の甥であり光秀婿でもあった津田信澄が織田信孝丹羽長秀に襲撃されて自害している。信澄はかつて織田信長に謀叛を起こして誅殺された織田信勝の子であったことも災いしたのかもしれない。実際当時、信澄が光秀に味方したとする噂は流れており、毛利輝元小早川隆景も認識していたほどである。

織田の総帥たる織田信長と、現当織田信忠を一挙に失い、揮系統の混乱した織田では一致した行動が難しく、このままでは光秀への対処は難しいように思えた。光秀もそこを狙い、多くの敵味方勢に協を募っていたのである。

その一環として光秀は、親しい関係にあった細川藤孝筒井順慶にも味方するよう書状を送る。しかし織田信長を自させた。今日より織田から独立する。味方して」なんて内容が到底信じられるわけもなく、孝は君の死に剃髪して喪にすとし、督を息子細川忠興に譲った。忠光秀婿であったが、ひとまず正室(細川ガラシャ)を閉して中立的な立場をとった。筒井順慶の方も曖昧な態度で挙動を濁し(いわゆる「洞ヶ」)、結局両者とも参戦には至らなかった。

光秀の躍進に暗が漂い始めた。

明智光秀の誤算と中国和睦(備中高松城)

明智光秀の戦略は、おもいもよらないところから崩れることになる。正十年六月十日、羽柴秀吉を中心とする軍勢3万が、織田信孝丹羽長秀池田恒興らの軍勢と合流し、総勢4万にも及ぼうかという軍勢で明智光秀打倒をし、へ進軍していることが発覚する。光秀は慌てて山崎方面のを修築し、羽柴秀吉を迎え撃つべ山崎へと進軍した。

本能寺の変当時、織田信長と敵対している勢の中で、最も大きな勢羽柴秀吉と対峙する毛利輝元であった。信長毛利氏を一気に属ないし滅亡させるべく大軍を発したが、その途上での本能寺の変である。援軍の来ない中国戦線では毛利氏による挽回、あるいは最低でも着状態となっていてもおかしい状況ではなかった。

そのため、明智光秀自身も毛利輝元には協要請を行っていたが、その途上で六月三日、羽柴秀吉本能寺の変を知ることとなる。一説には間者が捕らえられ、持っていた密書の内容で把握した、在していた織田臣の長谷川宗仁が密かに使者を出して知り得た等とされている。ともかく同日事態を知った秀吉は、本寺を毛利勢に隠し即時和議を結ぶべく交渉を開始。(御運が開けましたな

翌日、蜂須賀正勝堀尾吉晴の検分で対峙していた毛利の重臣である清水宗治の切腹と、備中高松の開が行われた。秀吉はこの切腹を「古今武士の明鑑」と残し、以後彼の切腹方法が後の時代のスタンダードとなった。宗治の子息である清水治はのちに小早川隆景毛利輝元に重用された。

秀吉毛利方が本能寺の変を知って追撃してこないように細心の注意を払った。備中高松には自身の正室であった北政所の叔父である杉原次をいれ、さらに宇喜多秀家南条元続、宮部継潤といった毛利領に面する場所を固める諸将を配備、また高松攻めにした際に使ったを破壊するなど、ありとあらゆる方法で毛利軍を追撃させないようにした。

毛利輝元らが本能寺の変を知ったのは同日夕刻であるが、この時秀吉を追撃すべきか否かで議論が別れたという。一説には吉川元春が追撃したとも言われてるが、逆に反対した説もあり、はっきりしない。結局毛利方は当初の約定を遵守する方針を取った。毛利氏としても今回の一連の合戦における犠牲は大きく、秀吉を追撃する余裕はなかったと言われ、織田の内乱で戦火が来ないうちに勢回復して御存続すべしと考えたと言われる。

毛利氏の追撃や抗戦がないと知った羽柴秀吉らは、六月六日にを解いて兵を引き上げた。一説には先に兵を撤退させたのは毛利氏の方と言われている。また、信長が自したことで、毛利氏に護されていた足利義昭懲りずにすべく各方面に使者を出していた。が、結局時勢の変化で有耶耶となっている。

秀吉の大返しと山崎対峙(中国大返し~摂津衆合流)

六月六日に備中高松付近から撤退した羽柴秀吉は、その前後で既に明智光秀への対処として各方面に協を要請した。この時中川清秀らをはじめ、摂津衆に数多く書状を出しているが、その内容を一部引用すると

今、より罷下者、慥申上様殿様、何も御別儀、御 きりぬけなされ、せか崎へ、
御のきなされ内ニ、福三度つきあい、て、何事之由、先以出度存

ざっくり現代
京都から戻ってきた使者がはっきりこう言った。織田信長様と織田信忠様は事だ。
今は脱出して所ヶ崎(現在大津付近)にいるらしい。福富秀勝(福三、福富左衛門)が
敵を3回も押し返して、類の働きをしたおかけで事だという。めでたい。頑張らないとな。

というものであった。

しかし、この時実際には信長信忠も自しており、福富秀勝も戦死していた。要はでたらめである。
だが、本能寺の変の時、織田信長織田信忠も首級が見つからなかった。そのため、デマであるという判断する根拠も当時はなかったのである。

摂津からしてみれば、「謀叛を起こした光秀に味方しても体裁が悪いし、とりあえず秀吉に味方しておくか。秀吉が負けたらこの書状出して『俺達秀吉に騙されていただけ』と光秀にシラを切ろう」と考えていたかどうかは定かではないが、中立的な対応を見せていた摂津衆は続々と秀吉へ味方した。

一方、この動きを見て、摂津にいた池田恒興や、四国征伐のために在であった織田信孝丹羽長秀羽柴秀吉との合流を企図しはじめる。秀吉織田信長やその軍勢を迎えるべく準備していたを通って、六月九日には明石現在兵庫県明石)を通過し、翌日には摂津へ到着。この時点で光秀は初めて秀吉の動きを知ったのである。

開戦(山崎の戦い 織田軍は総勢約40000、明智軍は総勢15000と伝わる)

織田軍のな武将 明智軍のな武将
羽柴秀吉
織田重臣。合戦導者。のち下人
織田信孝
織田信長の三男。織田軍総大将
織田秀勝
織田信長の四男。羽柴秀吉の養子
丹羽長秀
織田重臣。
池田恒興
織田重臣。
堀秀政
織田側近。三法師秀信の傅役
羽柴秀長
織田臣。羽柴秀吉の実
黒田孝高
織田
蜂須賀正勝
織田
中川清秀
織田臣。摂津
高山右近
織田臣。摂津
屋頼
織田
仙石秀久
織田
加藤光泰
羽柴秀吉直臣
加藤清正
羽柴秀吉直臣
福島正則
羽柴秀吉直臣
堀尾吉晴
羽柴秀吉直臣
大谷吉継
羽柴秀吉直臣
明智光秀
織田重臣。本能寺の変首謀者
斎藤利三
明智重臣。
明智秀満
明智重臣、一門。一説には不参加とも
明智茂(溝尾茂
明智重臣。明智姓を許される
藤田行政
明智重臣。光秀先代以来の功臣
伊勢
明智臣。元足利義昭臣。
御牧兼顕
明智臣。元足利義昭臣。
四王政孝
明智臣。二条攻めで軍功。
可児才蔵
明智臣。の才蔵
小川祐忠
近江衆。明智光秀に味方。
閉貞征
近江衆。明智光秀に味方。不参加とも
並河易
丹波衆。明智光秀に味方。
松田政近
丹波衆。明智光秀に味方。

※ 赤字は同合戦及びその戦後処理で戦死、自、刑死した者。

概要としては、明智光秀は周囲の勢(特に近江方面にやって来かねない柴田勝家織田信雄など)に備える必要があったため、近江衆や若狭衆の一部が参戦できず、また筒井細川摂津衆の懐柔にも失敗したため、想定より兵が少なかったとされている。一方、羽柴秀吉側としては織田信孝らが合流したこともあって、いよいよ信長の敵討ちという路線が一本化し、大義名分もあって味方する勢も多かった。

本戦(天王山・男山の戦い)

山崎の戦いにも動向に諸説あるが、戦端が開かれたのはとりあえず天王山方面とされるのが通説である。通説によれば天王山に布していた中川清秀・高山右近に対して、明智軍の斎藤利三伊勢らが襲いかかったのが端緒とされている。

天王山方面の戦局は、織田軍が黒田孝高羽柴秀長堀秀政を増援として送り、明智軍が松田政近、並河易らを増援として送り、戦が行われたとするのが通説である。しかし、天王山で戦いは行われなかったとする説もあり、これらのこともあって、より広範囲を示す「山崎の戦い」とするのが今日戦いをあらわす名称になっている。

山崎の戦いに決着をつけたのは、通説によれば池田恒興加藤光泰らによる戦闘であったとされている。彼らは戦地の東側である沿いを進み、明智軍本隊の側面にあらわれた。明智軍側面を防備していた津田を脆くも退却させると、光秀本隊に襲いかかる。これが動揺を生み、やがて兵に勝る織田軍が天王山方面でも押し返し、結局事態の収拾が全にできなくなった明智軍は退却した、というのが通説による山崎の戦いの末である。

明智光秀の自刃とその後

明智軍全面撤退により、明智軍の命運はほぼ尽きる形となった。明智光秀坂本への敗走途中において農民の襲撃にあい、辛くも撃退したが重傷を負ったため、臣の溝尾茂の介錯によって自した。茂光秀の首級を隠した後、自身もあとを追って自したが、光秀の首級は百姓たちに発見され、織田信孝に献上された後し首とされた。

明智光秀息子であった明智慶をはじめ、明智秀満といった明智一門の多くは、坂本にて自して果てた。この時明智秀満堀秀政と戦い、秀政の器を認め明智宝の大部分を譲ったとする逸話がある。なお明智一門のうちで療養中であった明智忠のみは、その地で自したという説もある。また南光坊天海が明智一門という説もあり、正体は明智慶とも、明智秀満とも、はたまた光秀本人とも言われるが定かではない。

山崎合戦では藤田行政松田政近、四王政孝、また殿を務めた伊勢、御牧兼顕ら多くの臣が戦死した。並河易も戦死したと伝わるが、生き延びた説もあり定かではない。戦死したとする説が一応流である。

明智光秀の重臣であった斎藤利三は山崎の戦いの後逃走した。しかし羽柴秀吉の探索によって捕らえられ刑死した。彼の妻子たちはその後、方の実家である稲葉氏に預けられた。春日局などが該当する。

明智光秀に加担した者たちへの処罰も行われた。大半は勢いの著しい光秀に降伏した者ばかりであり、処罰は寛容に進んだが、羽柴秀吉長浜を攻め落とした閉貞征らと、丹羽長秀の佐和山城を攻め落とした武田元明らは許されず、刑死となった。

刑死、戦死した明智軍に連なる者たちの首級は、織田信孝羽柴秀吉らの手によって、信長が自した本寺跡に置かれたとされている。

戦後の織田家新体制

山崎の戦いを勝利で飾り、朝廷への覚えがめでたかった織田信孝羽柴秀吉、それと重臣一門である柴田勝家丹羽長秀池田恒興織田信雄徳川家康らを中心とする体制ができつつあった。その後、六月二十七日に羽柴秀吉柴田勝家丹羽長秀池田恒興らを中心とする会議が行われ、今後の織田が話し合われた。後世「会議」と呼ばれるこの会議は、史料によってまちまちであり、動向や参加者などは諸説ある。

会議では、従来秀吉を発揮し、の一三法師秀信を当にするよう強く推したとされる説は、現在史料研究などによって全に否定されており、羽柴秀吉柴田勝家丹羽長秀池田恒興らを中心とするほぼ全員が、最初から三法師こと織田秀信を当とすることが了承済みであったことが判明している。これは、後継者の有補とされていた織田信長の次男である織田信雄、三男の織田信孝の対立がこの前後から顕在化しており、どちらを立てても問題が起こることが容易に想定されていたのが理由とされる。

しかし、清会議によって当であるはずの三法師織田秀信の領土がわずか2万石とされたことは、後の織田に大きな禍根を残した。また本能寺の変織田信長織田信忠に追従する形で織田の中枢、側近衆がほとんど亡くなってしまったため、三法師である織田秀信を支えるのは事実上、傅役である堀秀政くらいであった。当人も当時数え年で3歳であり、もちろん当としての遂行実務など発揮できるわけがなかった。

必然、織田の命運は清会議でも多くの領地を得ることができた、織田信雄織田信孝といった有力一門や、羽柴秀吉柴田勝家丹羽長秀池田恒興徳川家康といった実有数の武将が握ることになる。彼らが一致団結し、当たる三法師秀信を支えるというのが新体制の根幹であったが、後の歴史が示すとおり、この体制は結局7人の有者における対立によって、崩壊することと相成るが、そちらは賤ヶ岳の戦い秀吉包囲網の記事を参照にされたし。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山崎の戦い

1 ななしのよっしん
2016/12/24(土) 12:21:23 ID: qCTlVEXTgt
天王山」をこの記事にリダイレクトって手抜きにほもほどがあるぞ。

元になった山のほかに日本にどれだけ天王山って山があるかと。
それに、スポーツの試合含めて重要な分かれになる試合を天王山とも言うだろうに。

マジ何考えてんだ。
2 ななしのよっしん
2016/12/24(土) 17:50:29 ID: 4nY1ix1m9x
天王山曖昧さ回避記事にした方が良いかもね。
3 ななしのよっしん
2016/12/25(日) 00:51:09 ID: 9Dbvmx94Mq
>>1
段落を見てないようだな
4 ななしのよっしん
2016/12/27(火) 21:24:04 ID: 4nY1ix1m9x
既に天王山リダイレクトから曖昧さ回避に変更されているけど、一応記事主向けに

ニコ百百科事典サイトなので、スポーツ天王山決戦や山としての天王山情報もまとめる場所も本来は必要なんです。よって「天王山山崎の戦い」っていう構成はいくらなんでも手抜き摘されても仕方ないです
いくら途中に「天王山喩表現される事がある」と書いてあっても、それはリダイレクトで飛ばす理由になりません

もう少し他の利用者の線を考えた編集をお願いしたいです
5 ななしのよっしん
2017/01/24(火) 20:02:45 ID: qCTlVEXTgt
>>3はaa
日本にある天王山の事にはまったくふれていないのに何だっていうんだか

急上昇ワード