織田信勝単語

オダノブカツ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

織田信勝とは

  1. 1536? ~ 1557)織田信長に謀殺される。信行とも。
  2. 江戸時代の大名の一人。1とは別の織田信長

ここでは1を記述する

概要

織田信秀子供織田信長の同土田御前。

うつけと呼ばれていたとは対照的に品行方正であると伝わっており、信長が「うつけ」といわれていた頃は臣から信勝が督を継ぐことを強く期待されていた。後に織田筆頭家老になる柴田勝家を初め、信長当時の一番家老である林秀貞すらそれを望んでおり、信秀が死んで信長督を継いでからも信勝に心を寄せるものも多かった。

兄への謀反

1556年、信長であり同盟者であった美濃斎藤道三が子・斎藤義龍に殺され、斎藤家が敵に回った事で、信長文字通り後ろを失くしてしまう。この状況により織田はにわかにあわただしくなり、新たな方針を定める必要が生じた。そしてその中にはやはり信勝の擁立を考える者もいた。

信勝は自分に心を寄せるものたち(柴田勝家林秀貞都築蔵人など)とともに信長へと反旗を翻し「稲生原の戦い」を起こした。しかし、うつけといわれていたはその実を発揮し、の反乱を即座に鎮圧。信勝は窮地に追い込まれる。

その後、土田御前が信勝助命を信長に嘆願したため、その場は事なきを得た。しかし、これ以降も信勝を担ぎ出して信長を排除しようとする試みが行われていたようで、翌年には信長側へ翻意した柴田勝家に騙され、に呼び出された清内で謀殺された。

息子・子孫

信勝自身は謀殺されたものの、その息子である津田信澄は幼少ゆえにお咎めなしとされ、成長すると織田の武将や信長の側近として活躍した。謀反人は一族郎党皆殺しにされてもおかしくない時代でこの扱いはめずらしい。

しかし、信澄は明智光秀結婚していたため本能寺の変の後は内通を疑われ、殺された。その子孫は江戸時代も存続している。

各作品での扱い

信長の野望

タイトルにまで採用されている圧倒的存在感べると、々のステータスしか与えられていない。詳細な数値は後述の一覧表を参照。

また、織田歴史イベントのひとつとして信勝謀反・謀殺イベントが採用されている作品も多く、戦争や内政よりもこのイベントのために殺されることも多い。CPUならほぼ確実に実行する。作品によっては既に独立している状態から始まる事も。

戦国大戦

織田の当は、私だぁー!!

でお染みの織田信勝キュン。「織田の当は、私だぁー!」はかなり癖になる。カードイラストでは(中性的ではあるものの)男っぽいがゲーム中でのを聴くと女の子にしか見えない。

杉田智和いわく「いっぱいいっぱいなんだよ。戦場の中では、すぐ死んじゃうし、には絶対に勝てないんだよ。けど必死になって戦ってるのいいじゃん・・・?」とのこと。 ウルサイダマレダマレー

スペックは5/2特技と低い部類に入るが、計略の「呪縛の術」は範囲内の敵部隊の移動速度減(0.1倍速)させるという強なもの。稼動当初は計略自体の統率依存度が低く(=高統率相手でも長時間持続していた)、ランカーデッキでもよく見かけたのだが…

後のバージョンアップで「呪縛の術」の効果時間に統率の値が大きく関わるようになり、実質的な弱体化修正を受けて以来活躍の場は少なくなってしまった。更に「1570 魔王す」での追加カードで同計略を持ち統率7レアリティも同じコモンの筒井順慶が登場と逆が相次いでいる。果たして彼に未来はあるのだろうか。(とっくに死んではいるが)

そんな彼にも1582 日輪、本寺より出ずる」にて念願のエラッタが施行される。その内容は、統率が2→4に変更、特技防柵の追加に加え、計略が土田御前と同じ萎えの術に変更というものである。全の信勝ファンの諸君!これでもう舐めプ呼ばわりされることはないぞ!安心せよ!バージョンで追加された織田信孝の下位互(ry
ちなみに息子津田信澄も5/4柵の足軽として追加され、士気6になった呪縛の術を引き継いでいる。

Fate/Grand Order

2017年4月に開催された期間限定イベントぐだぐだ明治維新』に登場。

ヘタレキャラながら信長への強い思いを感じさせるキャラクターとなっている。

詳細は織田信勝(Fate)の記事を参照。

信長の忍び外伝・尾張統一記

作中では一貫して『信行』で表記されている。
土田御前や守役の柴田勝家教育の賜物ゆえに品行方正に育った、と思いきやまさかの厨二病患者
をはじめとする周囲のに押される形で次第に野心が芽生えたことに加え、信長と敵対する勢の煽動によって厨二病を発症し、信長を盛る、刺客を差し向ける、信長が出した隙にを乗っ取ろうとするも何れも未遂に終わった後、史実通りの最期を遂げる。

ちなみに本編信長の忍び』の冒頭で主人公千鳥が倒した信長を襲った刺客達の雇いが信行という設定である。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける織田信勝(織田信行)の力一覧。 

世紀までは信行、蒼天録からは信勝表記。
戦闘力サッパリ。利発と評されたというが政治がかろうじて二線級といったところで、背中は遠すぎる。たちのは節だったのだろうか。世記では織田が分裂した状態から始まる、その名も「信行謀反」というシナリオが存在するのだが、歴代最弱クラスステータスである。

臣に乗せられて謀反を起こしたり、あっさり暗殺されてしまったためか知略の値が酷いものだったが、革新から「利発」設定が知略の方に向いたらしく、政治を上回った。といっても智謀要員として使えるレベルには程遠いので、結局は内政役止まり。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 54 政治 71 75 野望 69 教養 73
覇王 采配 65 戦闘 52 智謀 38 政治 70 野望 69
天翔記 戦才 104(C) 智才 74(C) 政才 140(B) 70 野望 83
将星 戦闘 46 智謀 41 政治 64
烈風 采配 42 戦闘 37 智謀 40 政治 57
世記 采配 29 智謀 15 政治 48 野望 71
蒼天 統率 33 知略 25 政治 45
下創世 統率 30 知略 27 政治 47 教養 66
革新 統率 34 武勇 32 知略 67 政治 59
統率 34 武勇 32 知略 67 政治 59
創造 統率 37 武勇 44 知略 65 政治 59

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%8B%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

織田信勝

65 ななしのよっしん
2018/06/23(土) 20:55:09 ID: bCqacLmwQu
wiki程度の情報だが
1556年 信勝、謀反、だが失敗(稲生の戦い)
     信広、謀反(失敗)
1557年 信勝、再度謀反を企てる(柴田勝家の裏      切りで失敗)

だったはず
66 ななしのよっしん
2019/06/11(火) 13:32:16 ID: +FzlfDg2zs
信長公記の首巻に当たる部分は未だにが多い。そこが歴史の面さでもあり、妄想の余地がある。
ゲームだとしょぼい&しょぼい顔グラなのは少し寂しい。
67 ななしのよっしん
2019/07/01(月) 20:08:25 ID: EFGxFzLAWv
稲生の戦いって信長が兵700人、信勝が柴田勝家1000林秀貞700人で兵1700でで信勝の方が最初は優勢だったし、信長ギリギリのとこまで追い詰められてたんだよな
それで信長が怒鳴ったら柴田勝家の兵が逃げていったってのがよくわからないんだが
柴田勝家的には信長討つの迷ってたとかあったのか?
68 ななしのよっしん
2019/07/07(日) 00:48:17 ID: +FzlfDg2zs
>>67
太田一さんがんほっていたくらいに思った方が良いかも。
69 ななしのよっしん
2019/07/09(火) 22:40:32 ID: hLtTrBijTc
>>67
上という形式上、兵の中に信長を討つことをためらっていた人が多かったのでは?
当時の信長がそこまで慕われていたのかは不明だが
70 ななしのよっしん
2019/07/09(火) 22:44:58 ID: ysBg4Uhgzn
>>67
家老やってるから信勝に付かざるを得なかったけど端から信長びいきだったとかじゃね?
71 ななしのよっしん
2020/05/17(日) 23:37:19 ID: 8Kmwu4SWPa
そもそもは親父に仕えてたんだし
信長親父にどの程度似てたかはわからんが
いざ戦場信長を見たら「うっ」ってなってもおかしくはない
72 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 08:12:10 ID: BQDxOiNusD
逃げたのはあくまで兵卒だし、身内同士で戦ってたから士気も低かった可性はある
稲生の戦いで負けるまでは、織田信行織田信勝)にも人心があったと見て間違いなかろう。
まあ織田信秀が死んだときに手元にいたのは織田信行織田信勝)だったし
素行がどうこうより、なんなら織田の権益を継いだのは信行(信勝)の方で
あとから織田信長が実で奪い取った可性も全然ある。

ただ、柴田勝家自身は信長と信行(信勝)が対立していた頃から織田大和
戦ってたそうなので、勝自身は若干そのへんゆらぎがあったのかもしれん。
73 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 08:23:48 ID: BQDxOiNusD
>>63
あんまり関係ないと思う。
元々、織田信行(信勝)は信秀死後から精的に統治を実行し
自ら「弾正忠」を名乗るくらいだから、そもそも
信長へ謀反を起こした」という大前提からして間違いのような気もする。

この時の織田は、安房守秀俊が信行に、喜六郎秀孝が信長によって
それぞれの不審死を遂げているので、織田信広の謀反はど自衛のためじゃないかね?
信広が起したタイミングは、安房守秀俊(信広信長)が不審死を
遂げた年と同じ1556年なので、自分が殺されると思って先に行動したのではないか?
だからこそ信長に許されたし、信広も身の安全を確保できたと思ったからその後は起しなかった
74 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 08:53:07 ID: BQDxOiNusD
織田信広(大隅守)
織田秀俊(安房守)
織田信長(弾正忠)
織田信行織田信勝、弾正忠。)
織田秀孝(喜六郎
========織田弾正忠督争いの壁=========
織田七郎、信
織田信包上野介、信兼)
織田長益(有楽斎)
========織田信長の確かな兄弟の壁=======
織田九郎(信治?因幡?) 織田秀成(信と同じ七郎
織田又十郎(長利、長則) 織田中根(信照?三河中根