足利義昭単語

アシカガヨシアキ
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

足利義昭(1537-1597)は室町幕府最後の将軍である。筆マスター

事もあろうに戦国ん中で将軍椅子が回ってきたくじ運のないお方。そこ、不人気とかいわない。兄よりすぐれた弟なぞ存在しねぇ!!

概要

次男坊だったため、足利将軍の慣例通り門で入れられ幼少時代を過ごす。将軍ではこのようにして後継ぎ争いが起こらないようにして、較的安全に将軍補をストックしていたのである。だが、将軍だった(ソードマスター義輝兄さん)と、そのの義尋が三好三人衆松永久秀らに殺されてしまい、義昭自身も閉される。身の危険を感じた義昭は細川藤孝の助けで脱走し、政治舞台にカムバックした。

当時、足利の勢はズタボロであり、京都の御所に帰ろうにも危なくて帰れないという悲惨な状態からのスタートであった。義昭は最後に残った「将軍の正統」という血筋を武器に、有大名にアポを取り、色々あって織田信長を頼ることに。それによりめでたく上を果たし、第15代将軍として立つことができた。

しかし比叡山を焼くような男が義昭を尊重するもなく、将軍HPはじりじり削られていく。これに対し、朝倉義景浅井長政本願寺顕如武田信玄といったメンツがなんとなく信長包囲網を結成。義昭もこれに便乗し、将軍の権勢維持を図った。

とはいえ信長包囲網は所詮、寄り合い所帯。一軍の指揮官が何人もいる状態だったので、あっちこっち信長に敗れ、京都将軍関係地所はまるごと焼き討ちされてしまった。義昭はそれでも懲りずに別のに立てこもったが、再度、信長軍の総攻撃でフルボッコにされてついに降伏。京都を追放されてしまう。わずか五年ほどの下人であった。(世間的にはこの時点で室町幕府が滅亡したことになっているが、実際に義昭が将軍をやめるのはかなり後)

その後、京都を追われた義昭は毛利氏を頼り、何とか再起を図ろうと謀略に命を懸ける。しかし大勢は動かし難く、最終的には民出の秀吉から領地を与えられるという逆転劇を演じたのであった。高級ペット扱いされた元将軍の心中察するに余りある。まああれだけ死亡フラグを立てての上で死ねただけマシなのであるが。

享年61歳。息子たちは僧籍に入るなどして義昭の死後々に途絶え、足利将軍は断絶してしまった。

信長包囲網参加時に多数の書状を出していたことから、ネットでは「お手紙将軍」などと呼ばれることがある。

創作作品における義昭

信長の野望

近年の作品では信長包囲網の首謀者であることなどを評価され、知略・政治に優れた武将となっている。しかし、統率・武は低く、単独で戦場に出すことはできない。

である足利義輝と部隊を組むと互いの弱点を補い合う良編成となる。

シナリオによっては最初から征夷大将軍についていることもあり、さまざまな恩恵を受けられる。

信長の野望」(PCシリーズにおける足利義昭の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 22 政治 41 95 野望 69
武将風雲録(S1) 戦闘 24 政治 75 90 野望 85 教養 70
覇王 采配 80 戦闘 14 智謀 13 政治 79 野望 85
天翔記 戦才 42(C) 智才 166(B) 政才 158(B) 100 野望 85
将星 戦闘 21 智謀 89 政治 86
烈風 采配 60 戦闘 11 智謀 85 政治 85
世記 采配 27 智謀 82 政治 77 野望 92
蒼天 統率 25 知略 84 政治 80
下創世 統率 25 知略 82 政治 79 教養 67
革新 統率 28 武勇 14 知略 92 政治 82
統率 28 武勇 14 知略 92 政治 82
創造 統率 33 武勇 32 知略 82 政治 85

戦国大戦

「余を誰だとどわぁーっ!?

Ver1.10から他で参戦。最低限持ち合わせている、程度。
計略の「信長包囲網」は形内に居る味方の勢が多い程武が上がる形。士気対効果は高いものの、必然的に多色となり最大士気は6で戦う事を余儀なくされる。

とは言え決して弱い計略ではなく、編成次第では開幕から撃てる低士気計略である。
がVer1.20Eでそれまでの密かな暴れっぷりを咎められ範囲が狭くされた。包囲できない狭さとか言われる。

なお上記の台詞は撤退時のもので、北条松田秀と並び2大ネタ撤退台詞とされている。

大河ドラマ

戦国時代を描く作品にはしばしば登場するが、中でも強い印を残したのが「秀吉」(1996年)の義昭である。

同作の義昭は基本的に無能信長に媚びたり自分勝手に振る舞ったりの問題児として描かれているが、それを玉置浩二が怪演。甲高いで「将軍ぞ!」と叫ぶなどあまりにも濃すぎる演技で人気を博した。

恐らくこれ以上濃い義昭は今後二度と現れないのではないだろうか。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E7%BE%A9%E6%98%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

足利義昭

105 ななしのよっしん
2020/01/25(土) 11:30:09 ID: 7+WADoQj6F
公家や寺社の領地や荘園を荒らし品巻き上げなんてのもちょくちょくあって足利義昭明智光秀も巻き上げてたりしてたそうで・・・
義教みたいに他大名の決済抜きで独裁したかったんかね
手紙将軍に至っても大名に送るならともかくその臣にまで送るからとことん節操なしすぎる(信長からしたら室町将軍の前例を考えれば自分が倒れる=義昭もただではすまないだろうにと思うだろうし)
106 ななしのよっしん
2020/04/02(木) 22:40:40 ID: pdgwVH0YcG
>>101
魔法使い「即位式とか駄でしょw 譲位?したけりゃすれば?どこにそんなあるのか知らねーけどw」

正直義稙とか政元の頃の朝廷には大して利用価値がなかったんじゃ?
あれぐらいの時分じゃ朝廷にもまだ一応プライドがあったっぽいし、必死に献したって従3位ぐらい止まりだったんじゃない?
wikipediaの記述があってるのかわからんけど、赤松政則まで足利一門以外の武は3位叙位なかったらしいね

義昭の頃には朝廷プライドがへし折れて、もう信長みたいな守護でも守護代出身でもないのでも右大臣にしていいやになったんかな
107 ななしのよっしん
2020/05/05(火) 17:04:33 ID: qscIM4wOvO
ノブヤボのがめちゃめちゃ高くてビビる。
これがこんな高いなら一条さんだってしつこく頑った
んだからもっと高くしてあげてよ。
108 ななしのよっしん
2020/05/11(月) 01:27:37 ID: yhSlpoG37b
>>102
史観の研究から一周回って戻ってきて
やっぱり足利細川三好)政権は朝廷にとって本音は
無能不忠の糞野郎で機会あれば挿げ替えたかったのかもな

歴代足利政権も相当に朝廷へ気は使ってるし
織田豊臣・徳腹黒いけどまだ後者のがマシだと
109 ななしのよっしん
2020/05/18(月) 18:32:13 ID: A9AQKtwDCl
麒麟がくる」ではどう扱われるのか気になる。
信長などを見てると創作物定番の「懲りないバカだけど殺すわけにはいかないウザキャラ」には
ならないと思うし、彼相手にどう立ち回るのかで大化けもありえそう
110 ななしのよっしん
2020/06/03(水) 23:10:17 ID: 83AJEWbyTc
鞆ののことも触れてやってくれい…
111 ななしのよっしん
2020/07/03(金) 02:28:55 ID: pvfuZ2HceV
調停はあったんだろうけど統治はからっきしな印
112 ななしのよっしん
2020/08/14(金) 17:30:17 ID: EAd5cMG8xj
>>108
足利の歴代将軍の官位を見ると
10歳台で死没した5代足利義量と7代足利義勝を例外として
初代足利尊氏から10代足利義稙までは正二位以上の官位を貰っているんだが、
11代の足利義澄から15代の足利義昭まではそれを貰えていないんだよね。

のちの織田信長1578年に正二位の官位を貰っていることを考えると
朝廷足利幕府を見限り始めたのは11代足利義澄からと見ていいかも。
ちょうど明応の政変が起こった頃だしな。全に見限ったのは
足利義昭を追放され、織田信長に正三位の官位を与えた1576年か
(ちなみに当時足利義昭は従三位で、義昭より信長を上位とした朝廷全なあてつけとも見れる)
113 ななしのよっしん
2020/08/23(日) 18:47:23 ID: pdgwVH0YcG
>>112
なった経緯からしアレだからな義澄・・・挙句昇進のために朝廷に献しようとしたら擁立した管領が

駄。官位とか関係なしに将軍って認めてるから。官位とか全く意味ないから。昇進しても命聞かなかったら意味ないから。今の官位のままでええやろ」

みたいなこと言い出すしどうしようもない
まあ後柏原天皇の即位礼の件は、群臣も政元に同意したらしいが
114 ななしのよっしん
2020/09/14(月) 15:27:59 ID: Fv0PEZuoc+
>>109
なんか「反信長に知略を燃やしてるときにこそ生きる喜びを感じられる」ようなキャラに変わってきそうな気もする

多分、後世でられる本能寺の変相に繋がりそうな要素は全部劇中に入れるんだろうけど、足利義昭黒幕だと視聴者ミスリードさせるような伏線りまくるだろうとは思う

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

カイリュー はかいこうせん 紺綬褒章 ようかいけむり