編集  

音声合成単語

オンセイゴウセイ
加筆依頼

この項は、編集者の知識不足により内容が不全です。
調べものなどの参考にはなりますが絶対的に内容が不足しています。
加筆、訂正などをして下さる協者をめています。
詳細な情報については個々の単語記事を参考にしてください。

音声合成とは、ソフトウェアなどによって人間のを模した人工の音を作ることである。
音声合成おこなうソフトとして、SofTalkゆっくりしていってね!!!)やVOCALOIDなどが有名である。

概要

音声合成ソフトというのは、テキストなどによって入した言葉を読み上げさせるソフトである。

合成音声を作りだす技術として様々な技法が存在するが、あらかじめ記録されている音データを入した文字から呼び出し、それらをつなげることで音を作り出すものが代表的である。

例えば『こんにちは』と入すると、それを『こ』『ん』『に』『ち』『は』分解した単にする。
これらを分析してソフト内に記録された』、『』、『』、『』、『の音を呼び出し、それらを順に並べてくっつけという音を作ち出す。
ただし、ただ単と単をくっつけただけののままでは音のつなぎや強弱、抑揚や発音などが不自然になってしまうので、較的自然に聞こえるよう内部処理をして『こんにちは』という音を作り出している。

この時の音を合成する技法や、使用している音によって各社様々なソフトが存在する。
また、VOCALOIDUTAUのように歌唱をさせる事だけに特化した専用のソフトウェアも存在する。

※ちなみに、人間のは使用せず、人間の音に近い音周波を作り出すフォルマント合成という技法も存在する。例:CeVIOSinsy

歴史

紀元前~19世紀前半

音声合成そのものの歴史は古く、何世紀にも渡る人類の夢であった。
発明への試みの多くは楽器から始まり、西アフリカに代表されるトーキングドラム等といった代物が開発された。その後、複雑な機構が開発できるような技術が発展した文明などの手によって音声合成を試まれ、何度も音を発音させられる機械等が発明された。1791年になるとヴォルフガング・フォン・ケンペレンの手により、音だけでなく子音も発音できる機構が発表され、より人間の発音に近い音声合成められる時代となってきたことにより、この発表された機構を利用したおもちゃなどの開発や更なる技術開発へと発展した。

1930年代、ベル研究所のホーマー・ダドリーによりヴォコーダーが開発。現在でもレコーディング映画アニメなどに用いられている「独特な機械的な」を演出できる技術、携帯電話をはじめとする通信用の音圧縮技術として用いられるその流となった。

コンピューターの時代へ

ついに1950年代の終盤。コンピューターを用いた音声合成が開発された。
そして、1961年。ベル研究所にてIBM 704を使用し、世界初のコンピューターでの音声合成が行われ、『デイジー・ベル』という曲を歌わせることに成功。この成功はVOCALOIDの祖先の祖先ともいえ、『2001年宇宙の旅』でHAL 9000がこの曲を歌うなど逸話も多い。

その後、1980年代に入ると更にコンピューターへの音声合成の導入・開発が行われ、MacAmigaOS、WindowsなどのオペレーションシステムOS)で使用することができた。
特にこの中でFlash黄金期前後にインターネットを使用していた、インターネット老人会に属するものならば、MacのPlainTalkの音を聞いたことがないものはいないだろう。2000年代日本ではゴノレゴをはじめとしたPlainTalkを使用したFlashが有名なものでもいくつか存在し、当時多くの2ちゃんねらーなどを魅した。

VOCALOID、くまうた、ゆっくり・・・

2000年に入ると後にVOCALOIDと呼ばれるものの開発プロジェクト、「DAISYプロジェクト」が始動。
このプロジェクト名も先述のベル研究所にてIBM 704が歌った『デイジー・ベル』になぞらえている。
2003年にはVOCALOIDとして名前が確立し、発表。2004年にはイギリスを皮切りに日本など世界での販売をおこなった。この年、日本ではMEIKOが発売され、バーチャルイストゥルメント市場では大ヒットと言われる本数を売り上げることができた。

その一方の裏では、2003年プレイステーション2で「くまうた」が登場。VOCALOIDさきがけとして、個人が作詞をして歌わせるシステムがこの時点で内で既に確立していた。

喋らせる技術に関しても進歩を続けており、2006年に"AquesTalk"が開発。2007年には"AI Talk"が開発された。"AquesTalk"は後にSofTalk棒読みちゃんの元に、"AI Talk"は後にVOICEROIDの元になった

2007年には、初音ミクが発売。「自分の作った歌を歌ってもらえる」そんな感覚が功を征し、発売前にはAmazonで予約が殺到。このAmazonでの一件での影を受け、明期のニコニコ動画でも名前が知られるようになる。この一件をきっかけにインターネットをはじめとしたVOCALOIDブームなどにつながり、ニコニコ動画をはじめとしたインターネットオリジナル曲などを投稿する文化などが生まれた。
また、2008年飴屋P氏により「人力ボーカロイド」を行うための支援ツール、"UTAU"が開発され、ニコニコ動画上に発表の動画投稿された。歴史上では最も簡単にText to Speechを作成できるツールかもしれない。

2009年になると、"VOICEROID"がパッケージ化。2009年12月4日に初のVOICEROID、「月読ショウタ」が発売された。2010年代に入ると「東北ずん子」、「結月ゆかり」、「弦巻マキ」、「琴葉 」などのキャラクターパッケージ人気となり、ニコニコ動画VOICEROID実況プレイなどのシリーズを生み出すこととなった。

初期の音声合成はまだ「独特な機械的な」としてしか発することはできず、IBM 704を用いた実験以降も開発は現在までに続いている。また、近年の開発によりブレスやより人間的な抑揚、調教の精度向上などが進んでおり、さらなる技術の発展が期待できる。

ニコニコ動画での立ち位置

ニコニコ動画では、これらの多音声合成ソフトを使った動画が数多く投稿されており、人気ジャンルのひとつとして幅広く親しまれている。
また、専用のソフトを介さず、ユーザー自身が音加工を手がけて歌唱や読み上げをさせているものも存在する。
人力VOCALOID / トークロイド / 棒歌ロイド / 暴歌ロイド

各音にはしばしば、VOCALOIDゆっくりしていってね!!!などのイメージキャラクターが付随しており、他のキャラクターと垣根なく掛け合いをするなど、独自の文化や世界観を構築するに至っている。

主な音声合成ソフトの紹介

SofTalk(ソフトーク)

音声合成ミドルウェア「AquesTalk」を音声ライブラリとして使用しているフリーソフト
ニコニコ動画では、ゆっくりしていってね!!!によく利用されている。

あくまでテキスト読み上げのソフトなので歌唱させる機はないが、手作業の加工により歌唱させた動画も存在する。
本気で歌うゆっくりシリーズ / 棒歌ロイド

VOICEROID(ボイスロイド)

AHSから発売されている音声合成ソフト。業務用の音声合成エンジンである「AI Talk」を使用している。
パッケージ化された音は、当初は「AI Talk」本来の男子女児を使ったものであったが、
VOICEROID+」として新たに専用に収録、既存のキャラクターを当てはめたバージョンも発売されている。

詳しくはVOICEROIDを参照。

VOCALOID(ボーカロイド)

した歌詞メロディー、パラメータから歌を生成するボーカルシンセサイザー

VOCALOID音声合成エンジンYAMAHAが開発したものであり、ライセンスを受けた各企業によって様々な音データベースが作成され、パッケージ化されている。
パッケージキャラクターごとの音の違いは、ソフト中に組み込まれている音データデースの違いによるもの。
また『VOCALOID01』、『VOCALOID02』というように、使用されているエンジンの種類にも違いがある。

詳しくはVOCALOIDを参照。

UTAU(うたう)

フリーの歌合成ソフト
配布などで開されている音ライブラリを登録することによって、様々な音を切り替えて使用する事ができる。
また連続した音を組み合わせた歌唱形式にも対応している。→UTAU連続音音源

各音UTAU音声ライブラリ一覧を参照。

CeVIO(チェビオ)

トークと歌の両方に対応している音声合成ソフト2013年発表。

音声合成の仕組みとしては、人間の実音を切り貼りして合成するVOCALOIDなどと異なり、人間がを出す過程をシミュレートして音を合成するものであり、口や喉の形、の大きさや高さなどがパラメータとなる。
CeVIO音声合成エンジン名古屋工業大学が開発したものであり、ライセンスを受けた各企業によって様々な音データベースが作成され、パッケージ化されている。
パッケージキャラクターごとの音の違いは、パラメータの元となった人のボイスデータの違いによる。

詳しくはCeVIOを参照。
  

その他の音声合成ソフト(大百科に記事があるもの)

ア行 カ行 サ行
タ行 ナ行 ハ行
マ行 ヤ行 ラ行
   
ワ行 その他 ハードウェア

関連動画

 関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%90%88%E6%88%90
ページ番号: 4240041 リビジョン番号: 2625651
読み:オンセイゴウセイ
初版作成日: 09/12/24 04:05 ◆ 最終更新日: 18/09/18 02:23
編集内容についての説明/コメント: 歴史を追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

音声合成について語るスレ

50 : ななしのよっしん :2014/07/02(水) 12:24:02 ID: bK+93qtrwc
>>48
これっぽいですねありがとうございます!
51 : ななしのよっしん :2014/12/26(金) 23:14:34 ID: muEGjop57c
>>mylist/44125805

セリフ英語合成音声(字幕付き)
キャラ毎に別のを当てて長大なシリアスドラマを作っている
そのようなことも出来るとは英語音声合成も発達したものだと感心した
52 : ななしのよっしん :2015/05/08(金) 15:42:10 ID: bzh/904Yzx
Orpheusもここに入らない?
53 : ななしのよっしん :2015/06/04(木) 16:20:25 ID: VMP4EW+7ld



>>lv222082115

54 : ななしのよっしん :2016/02/18(木) 17:46:54 ID: SJb/dSZPJh
フランス語ヴァーチャルシンガーとしてALYSとかいうののプロジェクトがあるらしく、元はVOCALOID予定だったんだが断念してフランス語を含む多言対応可CeVIOを採用予定だったが、日本語以外の音をまだリリースしてなくてソフトも未対応だからまた別のソフト使うみたいなんだけど
そのソフトが聞いたことなかったので覚え書き
レトロ音声合成ソフト「chipspeech」を現代進化させた「Alter/Ego」とかいうのを使うらしい
55 : ななしのよっしん :2016/02/25(木) 03:41:49 ID: XeJ1AsYsPi
NTT-ATワンダーホルンもお忘れなく
http://www.ntt-at.co.jp/product/wonderhorn/
>>sm1067033

56 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 21:33:45 ID: HwSjH107Ts
「その他の音声合成ソフト大百科に記事があるもの)」
の欄に、
UTAUを追加してほしいです・・・
57 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 21:35:23 ID: HwSjH107Ts
さっきの間違えました。
すみません・・・
58 : ななしのよっしん :2016/11/24(木) 02:35:23 ID: HX38E6iv13
>>54
cripspeedhのキャラクターが一昔前のSFに出てきそうなデザインでかっこいいな
http://sonicwire.com/product/A0398
59 : ななしのよっしん :2018/11/05(月) 16:31:45 ID: SJb/dSZPJh
Sharpkey日本語が出たり、SynthVが一部で話題になったりで新しいソフトが出てきてるんだけど、ニコニコだとなかなか話題にならないなぁ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス