ズムウォルト級ミサイル駆逐艦単語

ズムウォルトキュウミサイルクチクカン

ズムウォルト級ミサイル駆逐艦とは、アメリカ海軍が開発したぼくのかんがえたさいきょうのミサイル駆逐艦である。艦級名のズムウォルトは米海軍エルモ・ズムウォルト・ジュニア提督にちなむ。

概要

1990年代より、アーレイ・バーク級DDGに続いて整備される艦として計画されていたが、搭載を予定していた新装備や全な新規開発となった戦闘システムの開発問題により、建造費用が初期の見通しにべて数倍に高騰すると見積もられたことから議会側はズムウォルト級や費用対効果に疑問を持つようになった。2008年には要装備品と戦闘システムの技術問題の解決にはさらなる時間と費用が必要になることが判明、軍もズムウォルト級の整備を諦め、24隻を整備する予定を3隻に留めるかわりにアーレイ・バーク級の建造を再開したいと議会に申し出、2009年に承認された。[1]

2016年5月に1番艦「ズムウォルト」が米海軍に引き渡された。10月に就役する予定。2番艦「マイケル・モンスーア」と3番艦「リンドン・B・ジョンソン」の2隻も建造中。3隻の建造費は計約225億ドル(約2兆4700億円)に上ると予想されている。[2]

特徴

21世紀の駆逐艦、というか21世紀の軍の仕事は何だ!」

「ハッ!火力という火力をしこたま陸上にたたき込むことであります!!」

という思想の元、火力という火力をしこたま陸上にたたき込む「対地駆逐艦がズムウォルトである。

このをかなえるべく、そして21世紀の次世代戦闘艦の姿を示すべく、先進技術が多数盛り込まれている。

先進的なステルス船体
沿に近づいて対地攻撃を行う任務上、その接近を悟られないためにも高いステルス性が要された。
そこで船体は線部が一番幅が広く、上にいくほど狭くなる、前から見ると三角形のような形になっている。これはレーダー波を上に反射して逸らすためのもので「タンブホーム船形」という。
上部構造物も単純な面で構成され、各種アンテナもそれに埋め込むことでステルス性を高めている。
結果、レーダー反射断面積(RCS)はアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のわずか50分の1である。
その外見はまさしくに浮かぶピラミッド

統合電気推進の採用
ムウォルトはエンジンスクリューを直接回さず、電気を造ってからモータースクリューを回す。
は推進にも各種電子機器にも必要に応じて自在に配分できる構造となっている。
これを統合電気推進(IPSという。一旦動電気に変える手間があるが、モータースクリューを回すため、中に騒音も少ない。その発電を統合電気推進ではないこれまでの艦艇と較すると 

ズムウォルト級ミサイル駆逐艦 合計約77.6メガワット
アーレイ・バーク級イージス駆逐艦 合計約9メガワット
あきづき汎用護衛艦 合計約7.2メガワット
ニミッツ級原子力空母 合計約64メガワット

ご覧のとおりぶっちぎり。同レベルなのが原子力空母という有様。
また、既存の艦艇と桁違いの発電故に、大電を装備する機器の追加搭載が可である。
将来的には2門あるのうち片方を電磁加速レールガン)に変更することも検討中。
発射時の速度マッハ7、射程は300kmをえるが、使用時には艦内電50%が必要になるという。
お前波動砲か何かか。

先進的な艦制御システムTSCE-1」(全艦コンピュータ環境
ムウォルトは艦内の各種システム全てをネットワーク上に連接した先進的な構成となっている。
各機器は標準化したソフトハードを最大限に活用するため、アップデートも容易。
また、艦内ネットに接続した自動消火システムなども装備され、人員削減に大きく貢献した。
従来人力体の隔閉鎖や消火作業を大幅に化した画期的なもの。
戦闘システムもかのイージスシステムを新たな規格に組み直し、ネットワークに接続する。
結果、ズムウォルトは対地駆逐艦と言いつつも、艦隊防弾道ミサイル防衛もこなせるはずだった。

155mm先進システムAdvanced Gun System:AGS)の搭載
第二次大戦以降、艦砲は戦闘艦にとってサブウェポンでしかかったが、ズムウォルトでは違う。
底的な地上攻撃のためステルス性を配慮した新155mm先進システム」を2門装備している。
従来の127mmべ、大化により威射程共に大きく向上しており、強な対地攻撃が可である。
特にロケットアシストによる射程154km&GPS誘導を誇るLRLAP誘導は最大の特徴。
これにより従来の艦載砲では不可能な遠距離から精密で安価継続的な対地攻撃が可になるはずだった。
少し高価なLRLAP
使うほどでもない標向けの通常弾も存在するはずだった
なお従来の弾より倍程度の長さの誘導弾を扱うために、身を一度上に向けてから装填する。
また口径は同じだが陸軍の155mm弾薬の共通性はない。
前述のように2門のうち片方を射程300kmレールガンに変更する計画も存在する。

「副57mmClose In Gun System:CIGS)の搭載
ヘリ格納庫上にスウェーデン開発のボフォー57mm単装速射を並列に2門装備している予定だった。
既に軍では沿域戦闘艦(LCSフリーダム級、インディペンデンス級)
ほかにも沿警備隊のバーソルフ級カッター(大巡視船) でとして採用されている実績ある武器。
ムウォルトでは接近してきた小高速船やミサイルなどに対処する近距離兵装として搭載している。
スウェーデンステルスコルベット・ヴィスビュー級同様、身を下に傾けてカバーに収納する方式をとった。これによりステルス性を確保しているがここまで凝った艦はこの2艦種だけ。
ちなみに外見は先進的だが自体の原1966年採用と結構古い。とかではよくあること。

ミサイル発射装置(Mk57 PVLS)の採用
化する新ミサイルへの対応と、被弾時の被極限のため、新のMk57 PVLSを搭載する。
既存のMk41VLSよりも大ミサイルが使える上、ハード的には既存の各種ミサイルに対応している。
最大の特徴はその設置位置。
従来のVLSは艦の外に接しないよう、中央付近に配置されることが多かった。
これはミサイルの至近距離での爆発の破片からミサイルを保護するのには向いている。
一方で仮に搭載するミサイル誘爆した場合には船体に大きなダメージを受けることになる欠点がある。
ところがこのMk57 PVLSはあえて船体の外に接するように装備される。(今までのように中央にも積める)正確には二重構造の船体の装甲の施された内殻と外殻の間に設置されるのだ。
これはミサイルとVLSを船体を守る防御層のひとつにするという従来とは逆の発想によるもの。
内殻の装甲により仮に被弾し誘爆しても被は少ない。

コイツやっぱり駆逐艦じゃなくて戦艦じゃね? 

現実

ズムウォルト級は間違いなく画期的な戦闘艦であった。
専門誌においても多数の特集が組まれ、その存在は各軍の次世代艦構想に大きな影を与えた。
しかし、夢は夢でしかなかったのである。

レーダー開発の遅れとそれに伴う縮小
当初、ズムウォルトにはデュアルバンドレーダーと呼ばれる二種のレーダーが搭載されるはずだった。
しかし、遠距離捜索用の広域捜索レーダー(VSR)が開発段階で出不足が判明、搭載が取りやめられた。
このため、近距離捜索&火器管制用の多機レーダーに、広域捜索用ソフトウェアを積んで補っている。

コンピュータシステムの開発の失敗
TSCE-1は艦の戦闘システムから機関制御システム、さらには自動消火システムまで含む大規模な物である。その開発には困難が予想されたが、案の定開発は難航。
特にソフトウェアお化けとでもいうべきイージスシステムの膨大なプログラムの統合に失敗。

結果、前述のレーダー開発の失敗もあって艦隊防ミサイルSM-2と弾道弾迎撃ミサイルSM-3の搭載が中止。さらにコストダウンのためか対潜用のアスロックの搭載まで中止された。

そのため、ズムウォルトは対地攻撃用のトマホークと個艦防用のESSMしかミサイルを使えないのである。どうしてこうなった

予算過に伴い続く搭載兵器リストラ
コンピュータシステムの開発とは関係ないが、予算過のためか各所にコストダウンのあおりが来る。
当初は艦尾などに魚雷発射管を搭載する計画だったが、これはどうやら取りやめになった模様。
魚雷防御システムを後から装備できる余地を確保しておくだけになった。
潜水艦攻撃を持たない上に魚雷を装備していない…コイツやっぱり戦艦じゃないのか?
ちなみに57mmも予算の都合で対水上のみの30mm機関ダウングレードされることが決まった。
こちらは米海軍の一部にあるらしい「ESSMありゃCIWSは不要ッ!」なESSM論のせいかもしれない。

あと一番大事なVLSも、当初は地上攻撃艦にふさわしい120セル以上の搭載を予定していた。
が、計画が進むごとにコストカットであれよあれよと減っていき、最終的には80セルである。
ちなみにアーレイ・バーク級は合計96セル。何故ここで減らしてしまったのか?

役の誘導弾LRLAPの中止とまさかの通常弾なし New!
ムウォルト搭載武器のなかでもまさにアイデンティティといっても過言ではない155mmとLRLAP
ところが建造数の削減に伴う弾の調達数減少のためコストが急騰。
ムウォルトの試験用に購入された80発の導入を最後にLRLAPが中止される見込みとなった。
さらに通常弾も用意されていないことが判明。
ムウォルトの155mmは陸軍のと互換性もないので現状ズムウォルトの撃てる弾がない。
まさかアメリカ海軍で「たまに撃つタマがないのが玉に瑕」となるとはこのリハクをもってしても(

それら諸々によるコストアップ
先進的すぎる技術をつめこみすぎたこと、開発段階での七転八倒の結果価格は高騰。

そのお値段は一隻あたり50億ドル日本円にして5000億円である。
これを海自護衛艦に換算すると

あたご護衛艦3隻 or あきづき護衛艦6隻 or いずも護衛艦4隻

を買っておつりが来るレベルである。
また、米海軍ニミッツ級原子力空母1隻にも相当するとされる。
空母と同じ値段の駆逐艦とか……コイツやっぱり戦艦じゃ(ry

問題をまとめると

結果

ズムウォルト級は当初、スプルーアンス級駆逐艦の後継として30隻以上の大量建造が検討されていた。
が、跳ね上がるコスト故に大量生産の計画はキャンセル

削減後、当初は2隻のみの建造とされたが、造船所の仕事確保のため、3隻の建造も決定された。
この展開、かつてのシーウルフ級攻撃原潜とまんま同じである。

また、ズムウォルト級の船体を活用する予定だった準同艦の新ミサイル巡洋艦CG(X)もキャンセルされた。

このため、スプルーアンス級タイコンデロガ級の後継艦がほぼ未定に近いことになっている。
現状のところでは、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のさらなる追加建造で補う模様。

というわけでアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の建造数は下のところ120隻を越える見込みである。
この数は二次大戦後の水上戦闘艦としてはぶっちぎりのトップ
第二次大戦中の最多量産駆逐艦フレッチャー級ですら175隻なんですがこれはいったい……。

しかし、アーレイ・バーク級もいい加減に船体の設計が古く、発電や艦内容積の不足が深刻化。
ムウォルトの遺産である先進技術を使った次世代装備がどこまで搭載できるか怪しいところ。

米海軍の迷走はしばらく続きそうである……。

 ___ 
/ || ̄ ̄|| ∧_∧ 
|.....||__|| (     )  どうしてこうなった・・・ 
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/ 
|    | ( ./     / 
 ___ 
/ || ̄ ̄|| ∧_∧ 
|.....||__|| ( ^ω^ )  どうしてこうなった!? 
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/ 
|    | ( ./     / 
 
 ___ ♪ ∧__,∧.∩ 
/ || ̄ ̄|| r( ^ω^ )ノ  どうしてこうなった! 
|.....||__|| └‐、   レ´`ヽ   どうしてこうなった! 
| ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/ノ´` ♪ 
|    | ( ./     / 
 
 ___        ♪  ∩∧__,∧ 
/ || ̄ ̄||         _ ヽ( ^ω^ )7  どうしてこうなった! 
|.....||__||         /`ヽJ   ,‐┘   どうしてこうなった!
| ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ  
|    | ( ./     /      `) ) ♪

コラッ、そこ!「開発者たちは無能だ」と決めつけるのは時期尚だぞ。 
膨大な予算をつぎ込み、技術のを集め、長い時間をかけて開発した兵器
なんだこれは? 意味不明だぞ」
「こんなもん実験室でしか使えねーよバーカバーカ
「やっぱり予算には勝てなかったよ……」となってしまうのは、しい話ではない
ましてや、今までにい新しいコンセプトを生み出そうとしているのだから、なおさらである。
かつて、原子力ミサイル巡洋艦ロングビーチ」に搭載されたフェーズドアレイレーダー『SCANFAR』
それ自体は整備性と信頼性を欠く存在(い話が失敗作)だった。
しかし、その経験が後のイージスシステムの開発に生かされているように「失敗は成功の元」なのだ。

とはいえ、ズムウォルト級生艦CG(X)の計画中止以降で米海軍が計画した艦は

アーレイ・バーク級イージス駆逐艦 フライト 3 & 4 このままいくと建造数120
水上戦闘艦SSC(Small Surface Combatant) 要するにLCS武装強化モデル

と見事に新艦ではなく既存の良発展で、せっかくの新技術を活かしきれる機会がない。
ムウォルトで大失敗したので新艦作る予算を許してもらえないからしょうがないね。
しかも対テロ戦で舐めプしてたところに中国軍の大増強でこの水上戦闘艦整備の問題が表面化。
それを盟友海自護衛艦整備に関わったリアル提督に専門誌「世界の艦船」でdisられる始末。

米海軍明日はどっちだ!

でもどうせリアルチート米海軍ならなんとかしちゃうんだろうな。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *米海軍『ズムウォルト』級」大塚好古 軍事研究2014年2月
  2. *http://www.cnn.co.jp/usa/35082993.html

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E7%B4%9A%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ズムウォルト級ミサイル駆逐艦

331 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 09:01:38 ID: tVNycYlk/F
ハコモノだけ造ってソフトウェアと武器がスカスカロシアSu-47みたいだな。もうテスト艦と割り切って、新しい火やレーダーが出来たら積めるだけ積んで使い倒せば元は取れるかも
332 ななしのよっしん
2018/10/17(水) 00:57:20 ID: VCHDaUH2/K
wikiく2番艦「マイケル・モンスーア」は2018年3月に就役予定らしいけど予定通りに就役したの?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%A2_exit(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)
333 ななしのよっしん
2018/10/17(水) 17:02:02 ID: XpBLm/fAaK
>>331
>ハコモノだけ造ってソフトウェアと武器がスカスカロシアSu-47みたいだな
ハナから概念実機だったSu47を持ち出す事自体がどうかしてるんだがなぁ
334 ななしのよっしん
2018/10/17(水) 22:09:01 ID: NV+rliJEFf
>>332
英語版ペ様によると今年4月軍受領したってさ。
335 ななしのよっしん
2018/10/29(月) 10:20:31 ID: ifGBYe8p+G
静画だと「面い格好のアブナイ女」と同義になる件
336 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 15:43:56 ID: 5nGazKQjj/
を行く見えざる武装火力発電所……

素人で見ると単純な形だから安そう!と思うが中身がお高いんだよね… いや、「中身も」か。

個人的には見たインディペンデンス級の方が格好いい。気に入ってるのは発電量だけだ。

まあ、発電量は彼女のポテンシャルではあると思うよ。
337 ななしのよっしん
2018/11/06(火) 09:41:56 ID: 1vUBoUHeyi
>>306
大分遅レスだが...
面の波とかを捉えるなら赤外線よりかマイクロ波レーダーが流であり衛星でも使われている既存技術だ
地球上くるくる回ってるか遠く静止衛星上かしか理な衛星では戦術偵察には向かんから必要に応じて無人機を飛ばすことになるけど、まあ上部構造がステルス化するだけでも見通し距離の問題で偵察側は相当高高度、あるいは近距離を飛ばなきゃいけないわけで駄ではないな
338 ななしのよっしん
2018/12/06(木) 20:30:29 ID: W2Si1stjMP
当初計画の一つでは、も全部VLSだったんだよなあ。
どうせ全部誘導弾だからと弾薬庫を全部上面打ち上げ簡易身にして、飛ばしてから誘導すると言う。
339 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 22:05:45 ID: +aUM8oGjEd
「やけにのかかった試験艦もしくはモニター艦」っぽい戦闘艦、だからこそ個人的に今後の動向が気になる兵器の1つ

問題のAGSを既存のMk.45 5インチ・Mk.41モジュールに、30mm機関を当初の計画通り57mm CIGSに載せ替えれば普通に使えそうなのにそうならないのは予算の都合なのか、それとも後に引けないレベルまで行ってしまっているのか…
340 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 21:29:32 ID: ulKPUNp48H
アメリカ海軍でも嫌々で扱われてる艦だからなぁ…
こいつ費用とかだとニミッツ級並みだからフォード級の就役とか予算確保を難しくさせてるだし…

急上昇ワード