アーネストリー単語

アーネストリー

3.1千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アーネストリー(Earnestly)とは、JRA日本の元競走馬である。

名の由来はJRA競走馬情報によると、「本気で」と記載されている。

な勝ち
2009年:中日新聞杯(GⅢ)
2010年:金鯱賞(GⅡ)、札幌記念(GⅡ)
2011年:宝塚記念(GⅠ)、オールカマー(GⅡ)

概要

2005年5月17日ノースヒルズ(当時の名称ノースヒルズマネジメント)で産まれたアーネストリーは、
グラスワンダーレットダムール、トニービンという血統である。

グラスワンダーグランプリ3連覇などの記録を持っている。レットダムールは特別競走は勝っていないが3勝している。トニービン凱旋門賞を勝っている。

2歳、3歳

東の佐々木晶三厩舎に所属したアーネストリーは2007年7月8日阪神競馬場での2歳新馬戦、芝1800mでデビューした、8.6倍の3番人気であったが、2身差つけて1着。このレースにはのちのGⅠトールポピーキャプテントゥーレも出走するハイレベル新馬戦。この後は一旦放牧し、から始動の予定だったが、膜炎を発症して年明けまで休養となってしまう。

復帰戦となった3歳の3月15日の3歳500万下で3着のあとアザレア賞に向かう予定であったが、椎の捻挫で再び休養。札幌知床特別(3歳以上500万下)での復帰戦は5着だったが続いての条件戦は1着となった。続けて900万下北野特別で連勝したあとは、修学院S(1600万下)では2着。クラシックとは縁の3歳を終える。

4歳(2009年)

年が明けて2009年の初戦は籟Sを3着のあと、御堂筋S(1600万下)を勝ち晴れオープン入り。このレースの2着は後に阪神大賞典を勝つナムラクレセントであった。その後日経賞新潟大賞典エプソムカップと出走も馬券に絡むことは出来ず。

になって当時は降級制度があったため、再びの1600万クラスに戻り大原S(1600万下)に出走し1着。このレースの2着は後に重賞を2勝するアクシオン

その後アルゼンチン共和国杯を2着の後に迎えた12月12日中日新聞杯を制し、晴れ重賞へ。こちらも当時重賞レオマイスターマンハッタンスカイ、タスカータソルテの他に、後にG1になるナカヤマフェスタトーセンジョーダンも出走とハイレベルな戦いを制しての初重賞である。

5歳(2010年)

この当時は3月に行われていた中京記念(当時芝2000m)からの始動予定であったが、蹄の外傷によって調整が遅れ、5月28日宝塚記念の前戦として行われていた時の金鯱賞を復帰戦に選択。中京競馬場修工事の都合で京都競馬場での代替開催であったが、安定した競馬勝利重賞2勝を挙げる。

続いては宝塚記念5歳にしてG1初挑戦であり、金鯱賞を勝ったことから3番人気に推される。レースはナムラクレセント逃げて直後の2番手でアーネストリーが進む形。4コーナー付近までそのままの形で進み、直線に入ったところでアーネストリーが先頭に立つものの、内からブエナビスタが進出し残り200m付近まで競っていた所を外からナカヤマフェスタが差してきて先着されてしまう。ブエナビスタにも差され3着となった。

このあとは札幌記念に出走。1番人気に支持され、前2頭から離れた3番手の追走。4コーナーを回りロジユニバースが抜け出しを計るも、アーネストリーが競り落とし重賞3勝

続いては天皇賞(秋)に直行したがブエナビスタペルーサに続く3着。この後はジャパンカップに出走の意思はあったが賞順、レーティングの順番でも除外の可性があったため有馬記念すものの、調整の最中に痛を起こし休養となる。

6歳(2011年)

復帰戦は去年に続き金鯱賞逃げキャプテントゥーレに続く2番手での追走だったが、最後の直線では後方から追い込んできたルーラーシップに交わされ、抜け出していたキャプテントゥーレに次ぐ3着。

続いてはこちらも前年同様のローテとなる宝塚記念逃げるナムラクレセントを2番手で追走するレースだったが、1000m通過タイムが58.7とハイペースで展開。アーネストリーは4コーナーでは先頭に立ち、後続から来るブエナビスタエイシンフラッシュローズキングダムルーラーシップ以下を振り切り1着となり晴れG1となった。また勝ちタイムコースレコード2:10.1

グラスワンダーも勝った宝塚記念で、初の子での制覇(子はエイトクラウンナオキで制覇の前例あり)。更にスペシャルウィーク同様にブエナビスタは2着と、子で1,2着が同じ着順というしい記録も打ち立てている。

この後は左前脚の軽い捻挫で予定していた札幌記念は回避となり、オールカマーに出走となった。逃げシャドウゲイトコロンバスサークルに続いての3番手を追走し、直線では楽に抜け出し重賞4勝

かしこの後の天皇賞(秋)では大外818番で14着、有馬記念は712番で10着と2桁着順。勢いを失ってしまう。

7歳(2012年)

翌年も現役を続行することになり、産経大阪杯に出走も6着に鳴尾記念は5着に、連覇をした宝塚記念は7着。

天皇賞(秋)に移動した金鯱賞有馬記念の出走もいずれも二桁着順で精を欠き引退する事となった。6歳時にG1になったが生涯にわたって故障に悩まされる現役生活を終えた。

通算成績29戦10勝。そのうち9勝は戦を務めた佐藤哲三での勝利である。

競走馬引退後

競走馬引退後は種牡馬生活を送ることとなった。当初はブリーダーズステーション、その後アロースダットに移ったが立った産駒が現れることはかった。
その後種牡馬生活引退した後しばらくの間、消息不明と言われていたが現在ノースヒルズに移り余生を過ごしていることが伝えられている。

エピソード

デビュー戦に限っては、実はノースヒルズ前田幸治の所有ではなく別の馬主の所有であった。とは言うものの全く関係ではなく、前田幸治の本業の大阪に本社がある会社アイテックexit東京本店の役員の古谷が所有している。そのためノースヒルズと似たデザイン勝負服である。

戦を務めた佐藤哲三はアーネストリーの活躍について、エスポワールシチーで成功した感覚を芝のレースでもと試行錯誤のもとで騎乗し、それが活躍に繋がったとっている。

騎手佐藤哲三調教師佐々木晶三の関係は、タップダンスシチーでも宝塚記念を勝っていて、調教師タップダンスシチーと同じぐらいの器とったと言われている。

血統表

*グラスワンダー
栗毛 1995
Silver Hawk
鹿毛 1979
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Gris Vitesse Amerigo
Matchche
Ameriflora
鹿毛 1989
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Graceful Touch His Majesty
Pi Phi Gal
レットダムール
鹿毛 1994
FNo.3-n
*トニービン
鹿毛 1983
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
ダイナチヤイナ
鹿毛 1983
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
アスコツトラツプ *エルセンタウ
*デイープデイーン

クロスNorthern Dancer 4×4

レース動画



関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2022/04/12(火) 12:31:43 ID: fJggwOW3Xg

    あのメンバー相手に宝塚記念を勝ったのは凄い

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/09(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/09(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP