今注目のニュース
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化
清水圭が吉本社長会見を猛批判、恫喝された過去も告白
猫って贈り物が好きな生き物やから...動物の死骸を持ってきた猫の侵入を防ぐ猫用ドアが開発される

セイバータイガー単語

セイバータイガー

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ゾイド > セイバータイガー

セイバータイガーとは、『ZOIDSシリーズに登場するトラ高速戦闘ゾイドである。

発売当初はサーベルタイガーという名称を付けられていたが、1999年の復刻の際にその名前が商標登録に引っかかると言う事で、設定を一部アレンジしてセイバータイガーという名前にめられたという経緯を持つ。
本稿では“サーベルタイガー=セイバータイガー”として両方まとめて記載する。

機体解説

セイバータイガー
SABER TIGER
基本情報
RHI-003
EZ-005
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
モチーフ
スペック
全長 15.6m
全高 9.1m
全幅 5.7m
重量 78t
最高速 200.0km/h(サーベル
240.0km/h(セイバー
サーベルタイガーの武装
セイバータイガーの武装
ゾイドテンプレート

セイバータイガー/サーベルタイガー

ゼネバス帝国が開発した史上初のトラ高速駆動大ゾイド
中央大戦争においてサーベルタイガーという名称で呼ばれ、後に作られるセイバータイガーの前身となった。

当時は時速数km/hの移動を有するゾイドと言えば、あくまで小か中ゾイドのみであったが、このサーベルタイガーはEPZ-1レッドホーンと同クラスサイズでありながら時速200km/hを叩き出すという従来の常識を打ち破るとんでもないゾイドであり、“戦場い稲妻”として恐れられた。

クラスであるがゆえ、単騎でRBOZ-1ビガザウロやRBOZ-4ゴルドスといった敵大ゾイドり合える出を持ち、いままでにく巨大で鋭利な四肢のと牙による格闘および全身に配された各種兵装による高火力が両立されているのも特徴で、その高い機動性を持って相手に急速接近し、翻弄しつつ豊富な武装で殲滅するという戦法を得意としている。

ただ速いだけでなく運動性や俊敏性にも優れており、森林など入り組んだ地形の場所でもその機動を遺憾なく発揮する事が可であり、さらにこう見えて隠密性も高くゲリラ戦などの奇襲戦法を仕掛けられるほどの多機性を有している事からEMZ-24ヘルキャットを僚機としての高速集団戦法は当時のゾイドの戦いの在り方を根本から変えるものとなった。

格闘こそRBOZ-3ゴジュラスよりは下回るが、機動性と運動性においてはかに上を行っており、集団で挑めば十分に対抗可となっている。

いざロールアウトするや共和軍は今までのゾイド常識が通用しないサーベルタイガーへの対抗手段を見いだせず、戦場ではさんざん翻弄され、そして共和軍では「遭遇したら極交戦は避け、直ちに軍に支援めよ」という示を出し、単騎でのサーベルタイガーとの戦いを禁止したほどである。
しかし、サーベルタイガーの攻撃に耐えられるRBOZ-5ウルトラザウルスを開発した事でその優位性は揺らぎ帝国軍は中央大陸からの撤退を余儀なくされた。

ZAC2041年、ゼネバス帝国軍が中央大陸に再来した際にも帝国軍の機となったが、その時には共和軍が対抗機種のRPZ-3シールドライガーを開発していたため優位性は全に失われていた。
しかし、帝国軍は諦めずサーベルタイガーの強化に着手し、火力と機動性を同時に高めたグレートサーベルを生み出してこれに対抗、さらに共和軍もシールドライガーを強化させてまた対抗していった。

その後、ゼネバス帝国が滅び、ガイロス帝国が台頭してからはDPZ-13ジーク・ドーベルやDPZ-16ガルタイガーと言った新機に取って代わられた。

しかし、これらの後継機が失われたZAC2099年の第二次大陸戦争において再びこのサーベルタイガーの必要性を迫られた帝国軍はサーベルタイガーの動機関の出アップと冷却装置の改造といった全面的なパワーアップを施し、さらに名称もめてEZ-16“セイバータイガー”として生まれ変わった。

このセイバータイガーは最高速40km/hも向上している事から最高速度もシールドライガーに迫る域に達し、火力面においてはシールドライガーを上回るようになり、そして西方大陸での戦争では因縁のライバルであるシールドライガーをはじめとする共和高速戦闘部隊と交戦するなど、各戦線で火を散らしていった。

しかし、この頃になるとセイバータイガーほどの強化では戦況の打破が難しくなっていき、なおかつオーガノイドシステムの研究が進み、それを導入したEZ-26ジェノザウラーやEZ-36ライトニングサイクスの登場により一線からは退いて行った。

それでも扱いやすく信頼性のある機体という事でか一般機はその後も長らく使われ続け、他にも特別士官用のセイバータイガーSSや皇族専用機のセイバータイガーゴールドなども作られている。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2036年ロールアウト。その凄まじい機動戦闘力を持って共和軍を圧倒し続け、共和軍も「軍の支援があるまで、サーベルタイガーとの交戦を避けよ」というを出したほどで、このサーベルタイガーが現れるや共和兵士の士気もガタ落ちとなり、ほとんどの者は敗戦を考えるまで共和軍は追い詰められた。

特にダニーダンカン操縦のサーベルタイガーは低飛行のサラマンダー叩き落とし「飛ぶ虎」の異名を得るほどの活躍をし、その優位性は揺るぎないかと思われたが、共和軍がウルトラザウルスを開発すると形成がく間に逆転。機動はともかく攻撃という点でウルトラザウルスを倒すことが出来なかったサーベルタイガーの不利はそのまま帝国軍の不利とつながり、帝国軍はバレシア湾から暗黒大陸へと遁走する羽になった。
(その際ダニーダンカンはゼネバスヨハン・エリクソンのウルトラザウルスの攻撃からい、戦死している)

その後、バレシア基地に残された大量のサーベルタイガーはそのまま共和軍に接収されてシールドライガー開発の参考にされた。

ZAC2041年のゼネバス帝国の再上陸して以降の戦いでは、対抗機種であるシールドライガーコマンドウルフが開発された事を受けて武装の追加によるグレートサーベルへの強化を果たされ、帝国補給線の警備を担当し、その後も同じように良を加えられたブラキオスとブラックライモスと共に帝国最強部隊として編成される事となり、同じく強化された共和軍Mk-2部隊と戦った。

第一次大陸戦争においてはより高性な純ガイロス製高速ゾイドに押されてあまり出番がかったが、第二次大陸戦争には全面的な性の強化がなされてセイバータイガーとして戦線復帰を果たす。

リンポス山の帝国研究所基地を守っていた1機が共和軍のシールドライガーコマンドウルフで構成された独立第二高速戦闘大隊と交戦、単騎ながらその性を見せつけて圧倒するも、一の隙を突かれて撃破された。

その後には帝国軍の次期ゾイドの座をかけてがあのジェノザウラーとの対抗試合に望んだが、く間に敗れ去り、これ以降はオーガノイドシステム搭載ゾイドが両軍の流になった。

それからはあまり活躍の機会がかったが、暗黒大陸戦ではシュバルツ搭乗のセイバータイガーSS騎兵団のライガーゼロイクスと交戦するがあえなく敗北帝国首都での最終決戦ではプロイツェン操るブラッディデスザウラールドルフのセイバータイガーゴールド戦が繰り広げられている。 

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』から『ゾイドジェネシス』まで全シリーズに登場。
当然ながらアニメシリーズに登場するのは全てセイバータイガーである。

ゾイド -ZOIDS-』ではレイヴンの最初の乗機として初登場。

オーガノイドのシャドーとの融合、さらにレイヴンの優れた操縦技術と相まってバンのシールドライガーを圧倒したが、マウントオッサの戦いではレイヴン理な操縦、ダメージが残っていたにも関わらずシールドに突進したことが祟って大破した。

その後はアサルトタイプ仕様スティンガースペシャル三銃士仕様の他、シュバルツ専用のセイバータイガーSS及びルドルフ専用のロイヤルセイバーなどが登場し、色々な場面で活躍した。


/ZERO』ではチームタイガース所属の3機が登場した。

チームブリッツ等の初戦の相手で、当初は強チームと言われていたが、敗戦を重ねてランク落ちするなど扱いは悪くなる。その後は何とかランクを上げてロイヤルカップに出場し、チームブリッツと戦おうとしたが、ジャッジマンが「チームにゃんにゃん」と間違えてしまったことでセイバータイガーがこけシステムフリーズチームブリッツの不戦勝となってしまった。


フューザーズ』でもゾイドバトル選手機として登場。

あるチームRDチームマッハストーム勝利する活躍を見せ、中盤では強迷彩を持つセイバータイガーホロテックが現れ、その機を生かしてキラースパイナーやボルドガルドをも不意打ちでとは言え撃破している。

その後セイバータイガーホロテックはシグマレオストライカーに倒された。


ジェネシス』ではディガルド討伐軍の所属機として登場。

集められた有志にこのセイバータイガーを使用するものが多く、必然的に討伐軍最多のゾイドとなった。
序盤ではバイオゾイドとの戦闘では敵の弱点である口腔を狙い撃ちする事でリーオの弾しでバイオゾイドを撃破するという戦法を見せている。

漫画

アニメ同様レイヴンが乗る最初の機体。
だがその出番はアニメべて圧倒的に短い。

バンとレイヴンがバンの父親の前で初邂逅した直後に登場。父親機であるコマンドウルフの亡骸をなぎ倒し、そのままバンの村を襲った。
この時はまだレイヴンは乗っておらず、ただシャドーのウィルスによって暴走していただけ。よってはそう大した事はなく(レイヴンく整備不良だったとの事)、村の少女チロルが飼っていた子ゾイドポニーの死に昂したバンとジークによってあっけなく倒されてしまう。

だがその後すぐシャドーと合体したレイヴン融合した事により復活。融合前より格段に上がったをもってバン達を追い詰めた。しかしいざ止めを刺そうとした所で村の大工が乗るブラキオスの足止めをくらい、彼等を逃がしてしまう。

手こずりつつもブラキオスを倒したレイヴンは再度バンに襲いかかるものの、少女フィーネによってったコマンドウルフに乗ったバンの予想外の反撃を受ける。
それでもなお有利に戦闘を進めたレイヴンとセイバータイガーであったが、最後はバンとコマンドウルフによる”最後の技”、ラグナレク・ファングの前に敗北。セイバータイガーは爆発炎上してしまった。

主な機体バリエーション

グレートサーベル

グレートサーベル
GREAT SABER
基本情報
EPZ-003
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
モチーフ
スペック
全長 15.8m
全高 11.5m
全幅 5.7m
重量 90.0t
最高速 240.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

サーベルタイガーに可変ミサイルポッド向上用のウイングを搭載した良機。

装備に追加により火力と機動性が格段に強化されており、シールドライガーに対して再び優位性を築き上げ、後に同じように強化された帝国ゾイドで構成された帝国最強部隊のとなった。

現在ではこのタイプアサルトタイプと呼称されている。

色はで、「密林い稲妻」と称される。

セイバータイガー・シュバルツ仕様

セイバータイガーSS
SABER TIGER SS
基本情報
EZ-016
所属 ガイロス帝国
モチーフ タイガー
スペック
全長 15.6m
全高 10.8m
重量 103.0t
最高速 195.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

カール・リヒテン・シュバルツ専用のセイバータイガーで、短身のガトリングユニットを搭載した機体。

アサルトタイプよりも重武装で機動性も落ちているが、そこはシュバルツの卓越したテクニックカバーしている。

アニメの対ジェノブレイカー戦では高速機動隊を引き連れ、シュバルツ機ともう1体以外が荷電粒子砲の直撃を受け全滅
デススティンガー戦ではロブ・ハーマンシールドライガーと共にデススティンガーのEシールドを破り、ビームガトリングガンを撃ったが、デススティンガーには通用せず撃破された。

バトストでは騎兵団のヨハンホルスト・シュタウフィン軍曹が搭乗するライガーゼロイクスと戦ったが、そのステルスを捉えきれず敗北、シュバルツも重傷を負ってしまった。

セイバータイガーゴールド

セイバータイガーゴールド
SABER TIGER GOLD
基本情報
EZ-016
所属 ガイロス帝国
モチーフ タイガー
スペック
全長 15.8m
全高 11.5m
全幅 5.7m
重量 90.0t
最高速 260.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

皇族専用機であるのセイバータイガーで、装備はアサルトタイプと同様のもの。

その性質上かパイロット生存性が底的に引き上げられており、その性も従来機を上回る。

バトストではルドルフが乗りプロイツェンブラッディデスザウラーと交戦し、その圧倒的性差に追い詰められるが、帝国を守るために最後まで奮戦、ブラッディデスザウラー爆発の軽減に尽した。

セイバータイガーホロテック

ゾイドフューザーズに登場。

的な透明化を持った突然変異のセイバータイガー。普通光学迷彩と違っていかなる環境にも適応して時に姿を消す機を有している。

アニメではレーダーにも映らず、さらに自身の屈折率を変えて残像を生み出す事もできるようになっている。

関連動画

こちらがサーベルタイガー

ここからセイバータイガー。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP