ホープフルステークス(ウマ娘)単語

ホープフルステークス

掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ホープフルステークスとは、『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するレースである。

現実における中央競馬レースホープフルステークス」がモチーフになっている。

概要

をも魅了し、心を奪う希望が誕生する!

ホープフルステークス

12月前半開催の阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスと並んでジュニア級では数少ないG1レースであり、その中でもマイルに分類される前者2つと異なり一中距離に分類されている。その為、攻略にはスピード以外にスタミナもある程度伸ばしておくことが望ましい。
中・長距離適性のウマ娘にとってはジュニア級の集大成、クラシック級に向けての登竜門的存在となる。

……が、後述する要因でこのレース登竜門というよりとしてプレイヤー達に恐れられている。

シナリオ

詳細は後述するが、「ホープフルステークス(2014-)」を経験しているモチーフウマ娘は、未実装含めて一人としていない。

レースに設定されているのはそれ以前の呼称だった頃か、オープン特別の旧ホープフルステークスに出走しているウマ娘たちである。

目標レースに設定

ゴールドシップ

史実では前身であるラジオNIKKEI杯2歳ステークス(G3)時代に出走している。

標着順も緩く、余程変な育成をしていなければ余裕でクリアできるだろう。事故さえ起きなければ。

ウイニングチケット

史実ではオープン特別競走ホープフルステークスに出走している。
一方、ナリタタイシンは「ラジオたんぱ杯」の方に出走していため、ストーリーでは、タイシンは出走せず、ビワハヤヒデと観戦していたことになっている。

やはりこちらも標着順が緩い、というか基本ジュニア級の標着順は5着以内なので事故さえ(ry

キングヘイロー

史実では前身の前身であるラジオたんぱ杯3歳ステークス(G3)時代に出走している。

キングヘイローの中距離適性はBの為、この後も何度も挑戦する事になる中距離レースに備えて因子継承しておくのが望ましいが、そのまま理矢理突破してしまう事も割と可だったりする。事故(ry

ナリタタイシン

史実では前身の前身であるラジオたんぱ杯3歳ステークス(G3)時代に出走している。
つまり、旧ホープフルステークスに出走していたウイニングチケットストーリー上出走せず、ビワハヤヒデと共にそれ以前に結果を出したことがられて終わる。

やはりj(ry

目標外・特殊シナリオあり

  • なし

目標外・史実で出走経験あり

ラジオたんぱ杯3歳ステークス

未実装・史実で出走経験あり

ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス

ラジオたんぱ杯3歳ステークス

ラジオたんぱ杯2歳ステークス

  • なし

ラジオNIKKEI杯2歳ステークス

  • なし

ホープフルステークス(オープン特別)

出走不可能

  • なし

NPC出走ウマ娘

育成ウマ娘を除くネームドウマ娘は4人と、クラシック級以降のG1(7人)にべて少ない。

ネームドで出走するウマ娘2021年7月現在ウイニングチケットナリタタイシンゴールドシップキングヘイローアグネスタキオントーセンジョーダンの6人の中からランダムで選ばれている。出現率の低いトーセンジョーダンが高確率野良ネームドで登場する重なレースである。
また、テイエムオペラオーの育成時にはレースには設定されていないが、出走するとアドマイヤベガが確定で出走してくる。

18人立てでネームドが育成ウマ娘を含めても5人しかいないため、G1の中でもモブウマ娘が3着以内に入ってくる確率に見えて高く、モブウマ娘が1着を取ることもしくはあるがクラシック級以降のG1べると段違いに多い。
ライブシアターではモブウマ娘には勝負を着せられず、モブウマ娘の勝負ライブを見るにはG1で3着以内に入ってくれるのを待つしかないため、モブウマ娘の勝負ライブを見たいプレイヤーには前ターン朝日杯FS阪神JFともども狙いレースである。

恐怖のホープレスステークス

上述の通り、このレース標となっているウマ娘にとっては特に難易度の高い標と言う訳ではない。強いて言うなら中距離適性Bのキングヘイローが多少躓きやすい程度である。
確かに、全員いもって脚質が差しor追い込みなのでモブロック等の事故の危険は較的大きいのだが、着順標は緩いので事故っても5着以内、所謂掲示板圏内に滑り込むことはそう難しいことではない。最悪目覚まし時計コンティニューしてしまえば、余程ダメな育成をしていない限りは何とかなる。まあ、それでも絶対とは言えないのがウマ娘の恐ろしさでもあるのだが。

しかし、恐怖は「ファン3000人集める」という標が設定されたウマ娘の育成時におけるホープフルステークスである。

ファン人数はレースに出走する事で獲得できるが、レース毎に設定された獲得ファンの数字は1着になった時のもの(余談だが、この人数に1万を掛けると現実における当該レースの1着の獲得賞額になる)。当然、順位が下がれば減少するし、サポートカードファンボーナスがあれば増加する。
そして、ファン数の標と言うのは大体が人数に応じて期限が設定されており、その中でも最も少ない3000人という標は12月後半辺りが期限になっている。そう、丁度ホープフルステークスの直後である。
そして、ホープフルステークスで獲得できるファン数は約7000人。1着なら当然、2・3着程度でも十分目標はクリアである。

……もうお分かりだろう。ホープフルステークスファン数を稼ごうとしてステータス不足や事故により3着すらままならず撃沈、レースとして設定されている訳ではない為コンティニューもできず、ファン数不足により標未達成で育成終了に追い込まれるケースサービス開始以来後を絶たないのである。

なら他のレースに出てファン数を稼げばいいという人もいるかも知れない。しかし、ここで問題となって来るのが、ジュニア級の時点で出走できるG1競争がホープフルステークス以外には先述した12月前半の2つしかということ。
レース勝利した際のスキルポイントファン数といった実入りは当然ながらグレードの高いレースの方が大きい。よって、その他のターントレーニング等に費やし、標以外で出走するレースG1レースだけで済ませようと考えるプレイヤー=他のレース保険をかけようとしないプレイヤーが多い。
そして、12月前半のレースはどちらもマイルレースである。マイル適性が高ければ良いが、そうでない中・長距離専門のウマ娘にとって、ジュニア級の内にまともに出られるG1レースホープフルステークスしか。必然的に1発勝負を余儀なくされるのである。そこで事故が起これば……おしまいである。
幸か不幸か、ジュニア級というのは序盤も序盤なので、やり直すのは容易ではある(因子継承を1日3回のレンタルに頼っていないプレイヤーにとっては特に)。だが、それ故に事故ったらやり直せばいい」という認識で突撃するプレイヤーも多く、結果としてここで育成終了というケースがどんどん増えていく。

が呼んだか「ホープレスステークス」。登竜門どころかまさに門である。

主な被害者

メジロマックイーン

筆頭。いは被害者の会会長
マイル適性がFと極めて低い為、標の為にG1ファン数を稼ごうと思ったらホープフルステークス以外の選択肢い。意気揚々とホープフルステークスに挑んで撃沈、そのままEランクで育成終了となってしまったメジロマックイーンに「メジロマックEーン」なんて俗称ができてしまう程、ぶっちぎりでホープフル事故が多い。

幸い、メジロマックイーン事故率の低い逃げの脚質適性がBあるので、ここは作戦逃げにして挑むのが良い。但し、それでも事故の可性がくなる訳ではないのだが……

オグリキャップ

こちらもファン3000人が12月後半期限となっている。
とは言え、メジロマックイーンと違いマイル適性がAあるので、12月前半のマイルG1にも出走可。そちらで事故ってもホープフルステークスリカバリーが効く。

反面、脚質が逃げに向いておらず、連続で事故る可性もそれなりにあるのだが……

セイウンスカイ

ホープフル事故の多さを運営把握していたのか、後から実装されたセイウンスカイの場合、ファン3000人という標自体はそのままながら、期限がクラシック1月前半と1ターン伸びている。よって、ホープフルステークス事故ってもそのまま1月前半のG3京成杯でリカバリーが効く。そもそもセイウンスカイ逃げ適性Aなので、逃げてしまえば事故率自体がとても低い。
また、マイル適性もCとそれなりにあるので、12月前半のマイルG1に出すという手も使えなくはい。因子でマイル適性がB以上になっていれば更に盤石である。

しかし、それでもやっぱり絶対はい。確率は低いものの事故る時は事故るのがウマ娘。その上、うっかりミスで1ターンの猶予を浪費してしまうケースもある。人間ミスをする生き物なのだ。

その他

では他のウマ娘大丈夫なのか、と言われると一概にそうと言い切る事はできない。何故なら、レースの出走条件としてファン人数が設定されているからである。
特にクラシック級以降のG1レースは顕著で、メイクデビューを勝っただけのウマ娘では挑ませてすら貰えない。そもそもレースに出られなくてはどうしようもい以上、出走条件の緩いジュニア級のG1であるホープフルステークス等でファン人数を稼ぐ事の重要性は高いのだ。そこで事故ってしまえば、後は出走条件の緩いG2やG3で何とかするか、諦めて最初からやり直すかの2択である。

尚、全短距離特化カレンチャンや、ダート専門のハルウララスマートファルコンはそもそもジュニア級のG1に挑むことすら覚束ないのだがそれはまた別の話。

アニメ

このレースが描写されたことはない。

現実

競馬史上には、阪神競馬場の「ラジオたんぱ杯3歳S」を起とする重賞競走と、現存しない中山競馬場オープン競走、2種類の「ホープフルステークス」が存在する。
ウマ娘』ではどちらであっても原則として現ホープフルステークスへの振り替えとなる。

双方、詳しくは「ホープフルステークス」の記事へ。

ホープフルステークス(2014-)

ウマ娘』で採用されているG1競走。

もとは「ラジオたんぱ杯3歳ステークス」であったが、出走条件の性別が変更されたこと、齢表記が数え年から際表記に変更になったこと、「ラジオたんぱ」が「ラジオNIKKEI」に局名変更したことの影を受けて名前がコロコロ変わっている。

2歳の中距離が充実したことから、マイルである朝日杯FS阪神JFに加えて中距離重賞を設定する必要に迫られ、2014年より阪神競馬場から中山競馬場に変更した上で、旧オープン競走の「ホープフルステークス」の名前を使用することになった。

このときはG2だったが、2017年よりG1に昇格している。

なお、「ホープフルステークス」になる前は阪神競馬場開催だったが、『ウマ娘』では天皇賞(春)宝塚記念等と異なり、レース場が振り替えになることはない。

ホープフルステークス(-2013)

中山競馬場2000mで行われていたオープン特別競走有馬記念と同日に開催されていた。

十分実があれば、同日程・同距離重賞であるラジオたんぱ杯に出走するのがセオリーであったが、賞が足りない、騎手への便宜を図るため、などの理由で、のちにG1なるほどの実ながらこちらに出走することもあった模様。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/02(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/02(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP