今注目のニュース
“3泊4日・虫だけ生活”井上咲楽の実体験「ニキビ1つもできない」「肌きれいって言われる」「便秘がすっきり」
種を時速240キロで「狙撃」する危険な木「スナバコノキ」
8月25日は即席ラーメン記念日 今売れてる「カップ麺」ランキング

リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜単語

リディーアンドスールノアトリエフシギナカイガノレンキンジュツシ

掲示板をみる(82)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

その絵の向こうで、きっと、夢はう。

「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」とは、コーエーテクモゲームスガスト長野開発部(以下ガスト)より発売の、ゲームソフトである。

動画タグは「リディー&スールのアトリエ」がほとんどである。

概要

ゲーム情報
ジャンル RPG
開発元 コーエーテクモゲームス
(ガスト長野開発部)
販売元 コーエーテクモゲームス
機種 PS4
VITA
Switch
Win
発売日
配信日
2017年12月21日
2018年3月27日 (Steam)
価格 \ 7,300 (PS4)
\ 6,300 (VITA)
\ 7,300 (Switch)
¥ 7,884 (Steam)
その他 --
ゲームソフトテンプレート

ナンバリング20作品までもう一歩、アトリエ20周年である2017年に発表されたナンバリング19作となるアトリエシリーズ最新作。
今作「リディー&スールのアトリエ」は前作「フィリスのアトリエ」と世界観は共通しているが、どうやらフィリスオープニング時の4年後のようである。

今作で初めてアトリエシリーズがNSに登場。ナンバリング作品が移植でなくPS系以外に出るのは初めての事となる。
なお、PS4及びVITA版はクロスセーブに対応しておりセーブデータを共有できるが、NS版とは共有できないので注意しよう。

今作では三作品ぶりにダブル主人公を採用しており、更に主人公双子であるのは初。(名字が同じダブル主人公は二回だが)
気になる時間制限の有についてはなさそうだ。

キャラクターデザインにNOCO氏、ゆーげん氏の二人を起用したダブルネーム体制は変わらないが、前作で世界観設定も携わっていたゆーげん氏は今作ではイラストに専念している。

PS4PS VITANintendo Switch(以下NS)の三機種にて2017年12月21日に発売。

価格は、それぞれ税抜きでPS4版・NS版は通常版(パッケージダウンロード共通)7300円、プレミアムボックス10300円、アトリエ20周年ボックス25600円。
PS VITA版は通常版(パッケージダウンロード共通)6300円、プレミアムボックス9300円、アトリエ20周年ボックス24600円。

ちなみに公式ショップ限定のリディー&スールのアトリエ アトリエ20周年ボックスGS最強コンボセット37400円(VITA版は36400円)である。

Steam版は2018年3月27日に発売。DLCなどをまとめて入手可シーズンパスも発売されている(¥ 9,504)。

動作環境

最低環境 動作環境
OS Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
プロセッサー Core i5 2.6GHz 以上 Core i7 3.40GHz 以上
メモリー 4GB RAM 8GB RAM
ストレージ 25GB 利用可 30GB 利用可
グラフィック NVIDIA GeForce GTX550Ti 以上
HD (1280x720)
NVIDIA GeForce GTX960 以上
Full HD (1920x1080)
サウンド オンボード 16bitステレオ48kHzWAVE形式
が再生可なもの
DirectX Version 11 Version 11
その他    

ストーリー


2人の夢をえる鍵は、不思議な絵画の中に

ダレット首都メルヴェイユに建つ、一軒の小さなアトリエ

ここには、駆け出しの錬金術士である双子少女が住んでいます。
錬金術士である父親を手伝いながら暮らす彼女たちには、ある夢がありました。

『いつか、一番のアトリエを営みたい』

ですが、夢に反して双子たちはまだまだ未熟。
抱いた夢と現実との乖離に少しの焦りを抱きながら、
日々は淡々と過ぎていきます。

そんなある日、双子が見つけた一枚の絵。
絵の中には夢のように不思議な世界が広がり、
見たこともない材料が山のように転がっていました。

偶然めいた”不思議な絵”との出会いにより、
双子たちの夢は一気に現実へと近づいていくのでした――

今作の特徴的なシステム

アトリエランク

アトリエの評判を上げ、一番のアトリエす今作。
今作では、スールが書いた「野望ノート」に評判を上げる秘策が載っており、その内容は世界の探索や調合など様々。秘策を利用して評判を一定まで上げるとによる「試験」を受けられる。これに合格すると、「アトリエランク」が上がる。

アトリエランクが上がったら評判を上げて次の試験に合格し、またアトリエランクを上げていく…。これが本作の基本的な流れとなるようだ。

調合

今作も前作から引き継ぎ、パネルの中に材料をはめていくパズル式調合が採用されている。
レシピの入手方法に「発想」システムが採用されているかは不明。

今作では新要素として「活性化アイテム」が確認されている。
にパネルの色を変化させる「チェンジ」「隣接塗り替え」「挟み込み」「全塗り替え」などの種類があり、様々な効果を発揮することができる。

武器や防具の作成方法は変更されており、鍛冶屋材料を渡して作ってもらう形になった。
武器の場合は、調合で作成可な「コアパーツ」や「サブパーツ」を付けて強化することも可だ。

戦闘

戦闘メンバーは前作から変更。6人での戦闘が可となる。

ただし過去作品の6人パーティーとは違い、今作では前衛と後衛が2人1組となって戦う「コンビネーションバトル」を採用。
基本的に敵と対峙するのは前衛のみとなり、コマンドを入するのも前衛のみのようだ。後衛は前衛が特定の条件を満たした際に自動でサポートスキルを発動する。
後衛にもHPはあり、前衛が後衛をどう守るかも重要…らしい。
前衛と後衛が特定の(息の合った)組み合わせの場合、戦闘中に条件を満たす事で強な攻撃「コンビネーションアーツ」を発動できる。また、リディーかスールが攻撃の対になった際には身代わりにダメージを受けるサポートガードが可だ。 その他コンビについての詳細は不明。

新要素として「バトルミックスシステムを採用。
今まではアトリエで調合して戦闘で使うのが当たり前だったが、なんと今作では戦闘中にも調合が可に!
条件はリディーかスールが後衛にいること(生放送では先制攻撃時に専用のアイテムを消費して発動していたが…)。また、通常のレシピとは異なる「バトルレシピ」が必要になるようだ。その他アトリエでの調合との細かい差異については不明。

なおターン制については前作と同じくコストターン制を採用。素さや使用コマンドによる待機時間の差、敵味方の行動遅延などは変わらず、前作に引き続きブレイク値を与えて敵をブレイクさせる事も可なようだ。

フィールド

今作では絵画の世界に飛び込むことになる。
絵画の中にも住人がおり、様々なイベントが発生するようだが詳細は不明。

その他

ダブル主人公制を採用しているものの、主人公選択制は採用されていない。
画面上での切り替えは可だが、2人は基本的に常に共に行動し、調合での差異もないようだ。

登場人物

メインキャラクター

サブキャラクター

関連商品

音楽

書籍

関連項目

関連リンク

掲示板

  • 80ななしのよっしん

    2019/03/13(水) 14:28:15 ID: DucqaHN+b3

    レザード・ヴァレスロン毛になって登場してた

  • 81ななしのよっしん

    2019/03/13(水) 14:40:08 ID: DucqaHN+b3

    記事のん中に「5」とあるの直してほしい・・・
    プレミア会員の方お願いシアmス

  • 82ななしのよっしん

    2019/05/24(金) 21:18:08 ID: Wlfs3eimqe

    >>76
    スーの方が立ってるっていうか・・・
    がダメだったり、お化けがダメだったり女の子っぽい所もあるし
    素材イベントでリディーに当たるシーンとかは普段の元気なスーとは違う面があったりで印強いからね

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP