単語記事: 宇宙戦艦ヤマト2199

編集

宇宙戦艦ヤマト2199とは日本を代表するアニメ作品の一つ、『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品である。

概要

原作アニメが放送された1974年から38年後の2012年4月7日に第1章が劇場開された。また1年後の2013年4月7日に、MBSTBS系列日5にてテレビ放映が行われた。(一部劇場版と異なる編集が行われている)

4月7日は1作テレビシリーズ第一話冒頭でもられた、大日本帝国海軍戦艦大和沖縄への片特攻作戦中、米軍機の攻撃を受け鹿児島県坊の岬にて沈没した日である。

タイトルの「2199」とは、作品の設定年であり、物語設定は初代テレビアニメ版と同じであるが、『宇宙戦艦ヤマトIII』でSF設定協、『宇宙戦艦ヤマト完結編』で一部メカデザインを担当した出渕裕が総監督となり、制作が一新されている。

そのメディア展開は『機動戦士ガンダムUC』の展開によく似ており(バンダイビジュアル導という点も同じ)、まずは劇場開、次いでDVDBD発売という展開となっているが、こちらはあくまでもテレビ放映を前提とした製作であり、劇場上映も全26話を4話ずつ全7章に分けて開された

効果音等は柏原満氏のオリジナルサウンドを継承した形で再構成され往年のヤマトファン愛してやまないショックカノン波動砲ワープ音などか使われている。

音楽旧作版を作曲した宮川泰氏の息子である宮川彬良氏が担当したが、何と新曲以外は全て旧作版の耳コピで採譜するという気合の入れようである。

2012年3月より角川コミックスにてむらかわみちおによるコミカライズ漫画の連載が開始された。現在ニコニコチャンネル角川書店チャンネル電子書籍漫画誌『角川ニコニコエース』、角川書店ウェブコミックサービスコミックウォーカー』にて連載中
また豊田巧による小説版も3巻発売中である。

新作劇場版巡る方舟』BD/DVD好評発売中

 

外部出演

俗にいうスーパーロボットの一切が登場しない本作だが、2017年に発売される『スーパーロボット大戦V』に参戦という衝撃の展開を見せる。
ただしあくまでスーパーロボットの有でのみ参戦可か否かが判断されていた作品であり、同ゲームプロデューサースーパーロボットが存在しないことで参戦を迷っていたことが明かされている。

スタッフ

キャスト

キャラクターデザインが変更され、旧作からのキャラ声優も総入れ替えである
(ただし、キャスティングされた声優の何人かは、旧作で別のキャラを演じている)。新キャラクターも多数登場。

地球 ガミラス
イスカンダル ガトランティス

登場キャラクターには、全新キャラクターのほかに旧シリーズ他作品で登場したキャラ(例:『さらば/2』の土方、『新たなる立ち』の山崎、『III』の平田やフラーケン)やその翻案キャラ(例:新キャラ山本玲航空隊隊員・山本明がベース女性キャラ)がいる。また、初期の「肌の色がくない」シュルツらをガミラス支配下の植民地出身である「二等ガミラス人」と設定したり、シリーズ中で2種の容貌をもつタラン兄弟として両方登場するなどシリーズファン向けの細かいネタも。

記事のあるハードウェア

地球 ガミラス

主題歌

OP主題歌:先行劇場公開・DVD/BD版

OP主題歌:TV放映版 

ED主題歌:先行劇場公開・DVD/BD版

ED主題歌:TV放映版

  エンディングレイアウト構成はマンガ家 麻宮騎亜が担当

 挿入歌

劇場版主題歌、エンディング

関連動画

各章PV

 

  

   

挿入歌

 

MAD

  

MikuMikuDance (ヤマトMMD) 作品

 

 

関連商品

BD

    

CD

  
  

書籍

   

  

プラモデル

    

   

 

公式サイト

宇宙戦艦ヤマト2199
http://yamato2199.net/

公式ファンサイト

宇宙戦艦ヤマト2199 | 宇宙戦艦ヤマト オフィシャル コミュニティ ヤマトクルー
http://www.yamatocrew.jp/2199/

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%882199
ページ番号: 4762971 リビジョン番号: 2439255
読み:ウチュウセンカンヤマトニーイチキューキュー
初版作成日: 11/11/12 17:16 ◆ 最終更新日: 16/12/18 16:01
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「宇宙戦艦ヤマトシリーズの関連項目一覧」を追加。記事冒頭太字化。一部の全角アラビア数字を半角化。htmlタグ調整。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙戦艦ヤマト2199について語るスレ

1735 : ななしのよっしん :2016/09/11(日) 00:28:39 ID: w7Zwe39h8l
Amazonレビュー、ましてや発売前の商品のレビューは当てにしてはいけない、いいね?
1736 : ななしのよっしん :2016/09/11(日) 00:48:24 ID: uhzx4I+SrN
自分は非プレミアだから摘しといて申し訳ないのだけども2202の記事へのリンクは貼らない感じなのかな?
1737 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 09:41:51 ID: VxQpgWJSJA
しかし2202でヤマトクルーがどんな仕事や役職に就いているのかが気になるな。

まあ英雄扱いされるもそれを上層部や他のお偉方からは煙たがれるのに加えてヤマトクルーどは出世欲や政治欲に疎いから閥闘争なんかに巻き込まれてあの手この手(進学や就職の旋など)で退官を余儀なくされたり、軍に残れても実質左遷みたいな感じになりそうな気がしますからね。
1738 : ななしのよっしん :2017/01/06(金) 18:51:22 ID: CAGlozkhpb
ED曲だが沢田研二ヤマトよりをこめては使わないのか
さらばを劇場で見た人なら涙腺崩壊すると思う
出たら出たでBADエンド確定だけどねw
1739 : ななしのよっしん :2017/01/07(土) 02:54:17 ID: 2MaScuOpBg
ヤマトよりをこめては確かに名曲だけど、それを使ってしまうと結局旧作ヤマト世代だけが盛り上がって終わってしまう可性が高い。
せっかくリメイクする以上、「今の時代に作る『宇宙戦艦ヤマト』」でなきゃ。今のクリエイターの感性でヤマト2202に合った曲を新たに作る方が良いと個人的には思う。
1740 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 02:26:46 ID: LeRVCPCvKN
>>1739
真っ赤なスカーフみたいに挿入歌として使ったら?
は初めて2199で真っ赤なスカーフ聞いたのにあっこれ多分ファンサービスだってなぜだかわからないけど思って勝手に感動したから初めての人にもいいんじゃないかな
知らない曲でもノスタルジーが出るって事はあると思うよ
1741 : ななしのよっしん :2017/01/16(月) 06:06:31 ID: 2MaScuOpBg
>>1740
挿入歌でファンサービス的にちらっと使うのは自分もいいと思う。
けど作品全体としては新規にいろいろ作った方が良いと思うな。

ジャンルに限らず何十年あるいは年近く前のものでも、未だに新作が作られ続けてる作品って、今までに何度も旧来のイメージを覆し再構成しながら、新規ファンを獲得してきてる。そういう意味ではヤマトは割と保守的かも。
もちろん大胆にイメージを変えようとして失敗した例も結構あるんだけど、長いで見たらどんどんチャレンジした方が良いと思うんだよね。
1742 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 19:01:35 ID: M3nHrR8P0Z
続編がどうなるか不安。
監督も脚本の福井も一期に関わってないから、2199の時のスタッフとの解釈の齬(キャラクターの性格がらみ)が出そう。
と言うか、二期で監督、脚本を入れ換えて成功した例ってあるの?
1743 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 19:04:14 ID: M3nHrR8P0Z
と思ったら、続編の監督は一期からいた人だったのか…失礼しました。
1744 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 19:41:36 ID: nyE0Ua6X3q
自分は旧ヤマトシリーズを1ミリも観てないで2199に嵌ったクチなんで、
真っ赤なスカーフが流れた時は物凄い面食らった、何だこの歌は!?って
現代のアニメであんな曲が流れる機会なんて絶対ないからね
でも題歌が論そうであるように、昔使われてたんだなって文脈は理解できたし、噛み砕いて聴けば良い曲だって思えるようになったけど
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015