単語記事: 庵野秀明

編集

庵野秀明(あんの ひであき)とは、日本アニメーション作家である。

概要

1960年5月22日生まれ、山口県出身。元は原画マンで、風の谷のナウシカ巨神兵シーンが有名。DAICON FILM(ガイナックスの項参照)のオープニングアニメを見せて宮崎駿子入り、POPCHASERビデオ作品に参加したのがばれて破門。 

ガイナックスの中心人物として活動し、1988年OVA作品『トップをねらえ!』で初監督1990年、『ふしぎの海のナディア』でも監督を務める。

氏の作品で最も有名なのは、社会を引き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』であろう。氏の功績については既にり尽くされているので多くは記さない。実は、押井守と同じように実写映画も撮っていたりしているが、アニメべ評価されていない。

妻は漫画家の安野モヨコである。当時、アンノ同士の結婚ということで話題となった。

2006年アニメ制作会社カラーを設立。→カラー (アニメ制作会社)
2007年ガイナックスを退社。以後、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズ制作

2013年にはジブリ映画風立ちぬ』に声優として参加している。

画風

爆発などのエフェクトメカの描写が群を抜いており、特に彼の描く爆発は「爆発」と言う通称が出来るほど爽快感のある爆発である。また爆発した後の破片が異常に細かく、キラキラくのも特徴である。

特にオススメしたいのが王立宇宙軍オネアミスの翼ラストシーン。振動でロケット表面の氷が剥がれ落ちていくそのシーンは、破片一つ一つに番号を振った上で物に当たって更に割れるものまで全てセル9枚重ねを駆使して描き込むという超絶技巧としか言いようのないシーンである。たった3秒間で200枚を優にえる枚数のセルをつかったとか。ぜひYoutubeなどではなくDVDを借りてきて見ていただきたいものである。

本人は「自分のエフェクトは素直(アニメデフォルメが足りなさ)すぎてもう古い」と言っているようだが、正直新旧関係なく圧倒されるばかりである。

もう一つの特徴としてはその作品に登場する人物描写もかなり独特であり、『ふしぎの海のナディア』のヒロインであるナディアキャラ設定には当時の彼自身の女性観が強く表れているとされており、そして『新世紀エヴァンゲリオン』に至ってはキャラクターの極めて人間的かつ複雑な心理描写と対人関係、そしてその結末が大きな話題を呼んだ。
加えて上記の2作品には古代文明や旧約聖書など人類誕生の神話にも繋がるオカルティックな要素を詰め込んでより遠大な世界観を構築している。

一方で自身が監督、演出するSFアニメにおいては過去アニメ作品のオマージュあるいはパロディを仕込む事が多い(例:『不思議のナディア』ではN-ノーチラス号の発進シークエンスが宇宙戦艦ヤマトのそれと同一だったり)。

また、アニメ監督イメージの強い氏であるが、実は特撮作品にも強い関心を持っている事で知られている。
その中でも円谷プロウルトラマンシリーズ(特に1971年放送の『帰ってきたウルトラマン』)のファン言しており、大学生時代にはDAICONFILMにて岡田斗司夫らと共に『帰ってきたウルトラマン マットアロ1号発進命令』を制作した(その時ウルトラマンを演じたのが自身である)ほどで、後のエヴァシリーズの中にもウルトラシリーズイメージが数多くオマージュとして散りばめられている。

その縁か2012年に開催された特撮博物館では館長を務め、さらにそこでかつて風の谷のナウシカで原画制作に関わった巨神兵を題材にしたミニチュアセット特撮の短編映像作品『巨神兵東京に現わる』を平成ガメラシリーズ特撮監督として知られる樋口嗣と共に制作し、放映している。

そして遂には2016年開の“ゴジラシリーズ”の新作映画シン・ゴジラ』の監督を務める事にもなった。本格的な特撮作品としては2004年実写版『キューティーハニー』以来の参加となる。

主な参加作品

モデルとなった役を演じた俳優・声優

豆知識

  • Hideakianno」という名前の小惑星が存在する。これは、発見者が野の高校時代の友人であり、野に名前の使用許可を取った上で命名されたものである。また、妻の「安野モヨコ」や師匠格の「宮崎駿」も、惑星の名前に使用されている。

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BA%B5%E9%87%8E%E7%A7%80%E6%98%8E
ページ番号: 515599 リビジョン番号: 2354664
読み:アンノヒデアキ
初版作成日: 08/09/01 20:41 ◆ 最終更新日: 16/04/27 05:58
編集内容についての説明/コメント: 作風について追記整理、記事内リンク削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

庵野秀明について語るスレ

248 : ななしのよっしん :2015/12/12(土) 23:46:51 ID: 7JCF/HaYOO
本当はガンダムを作りたかったんでしょうか
249 :      :2015/12/13(日) 04:45:03 ID: HuZ81+0wzJ
マットアロ1号発進命令が評価されてるが、あれって大学生の作品としては飛びぬけた作品という評価からは抜け出せないと思うんだよ

というか、あれってそんなに面いか?
250 : ななしのよっしん :2016/01/27(水) 13:41:45 ID: alh2rlRAWR
鈴木敏夫押井守の対談で、野にナウシカ2を作らせて
一回、ジブリの息の根を止めるべきみたいなこと言われててワロタ
251 : ななしのよっしん :2016/02/22(月) 13:45:48 ID: RLH1Uq0V+B
野さんの縁のあるアニメーターってけっこう
政治に関心がある人が多い気がするんだけどなんなの
しかも以前右だった人が今見たら左になってたり
ブレブレで面いんだけど
252 : ななしのよっしん :2016/03/13(日) 03:10:24 ID: CwHkXsuwew
この人の特撮に対するは本物だから正直ゴジラは期待してる
253 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 20:02:22 ID: ThFBe4yn8+
野ォ!シンゴジ予告見たぞォ!

やればできるじゃないかって言いたいし映画本編期待してます
色々プレッシャーもあるだろうけど負けないで
254 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 20:39:56 ID: plbRYEqiQx
シン・ゴジラ監督すると聞いて、色々調べてみたところエヴァQ作ったとき
かなりの状態だったと知り、またエヴァ作品系作るときはいつも状態。
特に旧劇場版エヴァ作ってる時は自殺すら考えたほどのっぷりだったとも聞いた。


昔のエヴァとQは鬱展開多かったのはこの野の精状態のせいなのか、
作品に異常なまで感情移入して作り上げるタイプなのかな。後者だとしたら
ゴジラ撮影後の精状態が少し心配。
255 : ななしのよっしん :2016/06/10(金) 00:05:57 ID: z6Dbj03IFb
そういうエピソードを聞く限り、
ある程度の負荷を与えると精的にダメになる性質っぽいよね。
ときどき単発作品だけ作らせておけば、
カラッとしたカッコいい作品を連発してくれそうなんだけどなあ。
256 : ななしのよっしん :2016/06/10(金) 00:19:51 ID: RxjYtHHXm9
>>255
野氏はメンタルが危ういから、そう考えると本当はやってみたいと
思われるウルトラシリーズやるとかなりキツイ作品になりそうな予感
それもムルチとかではなく、ナックル星人的な感じの。
257 : ななしのよっしん :2016/06/24(金) 22:02:47 ID: UGc8P0Xnlv
「交 帰ってきたウルトラマン」の野さんの選曲がアレだった件について。
帰ってきたウルトラマン」なのに、6曲中2曲がウルトラセブンザ・ウルトラマンからの劇中音楽とは、さすがにどういうつもりなのかと聞いてみたい。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015