まつかぜ(列車)単語

マツカゼ

まつかぜとは、国鉄時代に運行されていた列車名及びJR西日本で運行されている列車名である。

概要

まつかぜは山陰地方特急列車として使われている。まつかぜスーパーまつかぜには列車名以外の直接の繋がりはいが、当記事では両方について触れる。

まつかぜ

1961年の俗に言うサンロクトオダイヤ正で全特急列車が9往復から26往復に大増発された際に、山陰初の特急として誕生したのが特急まつかぜである。当初の運行区間は京都江間であり、松江駅を始発・終着とする特急列車は後の世を見てもしいものであった。また車両キハ80系6両編成が使われており食堂車連結されていた。

ただし京都駅と山陰地方をそのまま結ぶ事はせず、一旦大阪駅福知山線を経由して山陰本線松江駅とを結んでいた。これは京都駅大阪駅の両方の客の需要に応える為であったからであり、そういった理由から大阪駅福知山駅の間はノンストップ福知山線内の途中は全て通過していた。

また、山陰初の特急という事で北近畿地方では豊岡市の中心部で豊下町への最寄り豊岡駅と当時は独立した自治体であった崎町の中心部で城崎温泉の最寄り城崎駅とで停の争奪戦が行われた。結果的に下りは城崎駅・上りは豊岡駅という事で決着したが、同じダイヤ正で設定された大阪青森間の特急白鳥も似たような経緯で停の決着がなされていた。

京都駅大阪駅の両方を経由する事から距離としては不利であったが、それでも山陰初の特急という事で利用は好調であり、まつかぜ設定から3年後の1964年には松江駅から更に西である九州博多駅まで運行区間が伸ばされている。それでも三江北線(1975年より三江線)の接続石見江津駅1970年より江津駅)や下りのみであるが宮津線1990年より北近畿タンゴ鉄道宮津線)の接続豊岡駅といったは通過していた。

1965年には山陰第二の特急やくもまつかぜと同じ経路で新大阪浜田間に設定される。この時に北近畿地方で生じていた上下で停が異なるという問題が解決されている(まつかぜ豊岡駅やくも城崎駅になった)。ところがそのやくも山陽新幹線岡山開業のダイヤ正で岡山駅新幹線に接続する伯備線特急となった事からまつかぜに吸収され、まつかぜは2往復運転となっている。ちなみに伯備線初の特急は前年の1971年に設定された新大阪岡山出雲市間の特急おきで、1972年やくも誕生に伴い止になっている。

ところがまつかぜが2往復になってから半年後の1972年10月には、1往復残っていた京都駅発着のまつかぜは下りは大阪駅発・上りは新大阪駅着に運行区間が短縮されている。これは京都米子間等を全区間山陰本線で運行される特急あさしおが設定されたからである。また、同ダイヤ正で大阪青森間の気動車特急白鳥電車化されたので大阪博多間の気動車特急まつかぜ気動車の最長運行区間の列車となった。

次に博多駅発着のまつかぜに大きな変化が訪れるのは1985年の事である。1975年山陽新幹線博多開業のダイヤ正でも山陰本線の大半を走破する特急として維持していたまつかぜであったが、1985年米子博多間を特急いそかぜに分離してまつかぜは2往復とも米子駅発着になってしまっている。また、この時に博多駅発着に使われていた使用車両キハ80系キハ181系に置き換えた事から食堂車が消滅している。本州特急では最後の食堂車連結していた特急の一つであった。

そして翌1986年福知山線山陰本線福知山~崎間の電化が完成した事から福知山線特急北近畿10往復に委ねる事になりまつかぜ止されてしまった。ちなみに崎~米子間は気動車特急あさしおはまかぜの運行区間延長で対処している。余談だが米子駅発着のはまかぜ1994年12月智頭急行特急スーパーはくとの誕生で止されて、米子駅発着のあさしお嵯峨野線園部~福知山間の電化で気動車特急あさしお自体が電車特急きのさきになって止されている。

スーパーまつかぜ

2003年鳥取米子間の高速化工事完成に伴い同区間の特急列車が3往復から7往復に増発される事となった際に、従来から鳥取米子益田間を運転していた特急スーパーくにびき称してかつて山陰本線を運行していたまつかぜの名称を復活させ誕生したのが特急スーパーまつかぜである。ちなみに、10月1日東海道新幹線品川駅が開業した事から北陸本線特急加越しらさぎに吸収されたり智頭急行線の特急いなばキハ187系が投入されスーパーいなばになったりと全的に大きなダイヤ正が行われた日であった。

車両スーパーくにびき時代と同じくキハ187系2両編成が使用されていた。設定時には鳥取米子間は下り5本・上り6本と運行本数が異なっていたが、これは米子益田新山口間の特急スーパーおきの内1.5往復が鳥取駅まで足を伸ばしていたからである。

2006年には東京鳥取米子出雲市間の寝台特急出雲止になった事から、ほぼの同時間帯を運行する下りスーパーまつかぜが1本増発されている。尚、この影で上り1本が4両編成になっているが、これは定期列車の中で一4両編成で運行されるスーパーまつかぜである。

スーパーまつかぜになってからの鳥取駅米子駅の間の停倉吉駅にしか停しないのが基本だったが、一部列車2010年からは鳥取大学前駅に、2009年からは伯耆大山駅に停するようになっている。しかしまつかぜ時代には停していた浜村駅スーパーまつかぜ時代には停していない。

なお、2012年10月以降に臨時で山口線新山口駅までの延長運転が一部の列車で行われるが、列車名に変更はない。

運行形態

停車駅

例:は全列車、○は半数以上の一部が停は半数以下の一部が停。同区間にはスーパーおきも運行されている事からスーパーまつかぜの停は上下で一致していない事が多い。前述の通り浜村駅スーパーの付かないまつかぜ時代には停していた。































西






















下りスーパーまつかぜ
上りスーパーまつかぜ

列車名の由来

に吹くから。

年表

まつかぜ

1961年10月 京都江間に福知山線経由で特急まつかぜが1往復設定される。
京都 - 大阪 - 福知山 - 豊(上りのみ) - 崎(下りのみ) - 鳥取 - 上井 - 米子 -

1964年3月 江~博多間を延長して運行区間が京都大阪江~博多間となる。
松江駅までの停は同じで松江駅以西の停江 - 出雲市 - 石見大田 - 浜田 - 石見益田 - 東萩 - 長門市 - 下関 - 小倉 - 博多

1972年3月 新大阪米子間を運転していた特急やくもの名称変更で大阪鳥取間に1往復が増発されまつかぜは計2往復となる。

1972年10月 京都米子間等の特急あさしお設定に伴い博多駅発着のまつかぜの始発大阪駅に、終着新大阪駅に短縮。

1982年7月 鳥取駅発着便を米子駅まで延長しまつかぜの運行区間は大阪博多間・博多新大阪間・大阪米子間の計2往復となる。

1985年3月 米子博多間をいそかぜに分離しまつかぜは2往復共に下りは大阪米子間・上りは米子新大阪間になる。

1986年11月 福知山線全線電化に伴い福知山線電車特急北近畿で対処する事となり気動車特急まつかぜ止。

スーパーまつかぜ

2003年10月 従来スーパーくにびきとして運行していた列車スーパーまつかぜとした事からまつかぜの名称復活。鳥取米子間下り1本上り2本・鳥取益田間4往復の計5.5往復が設定される。
称時の停こちらを参照

2006年3月 鳥取米子間のみの列車を1.5往復から2往復に増発。計6往復となる。

2008年3月 鳥取米子間のみの列車を3往復に増発。計7往復となる。

関連動画

スーパーの付かないまつかぜ1986年止されている事もありスーパーまつかぜタグexit_nicovideo動画が多い

関連商品

関連項目

山陰地方鳥取島根)へ向かう特急
スーパーおきスーパーまつかぜスーパーいなばやくもはまかぜスーパーはくとサンライズ出雲

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%9C%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まつかぜ(列車)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • まつかぜ(列車)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード