ストームソーダー単語

ストームソーダー
ゾイド > ストームソーダー

ストームソーダーとは、『ZOIDSシリーズに登場する翼竜飛行戦闘ゾイドである。

機体解説

ストームソーダー
STORM SWORDER
基本情報
RZ-029
所属 ヘリック共和国
モチーフ 翼竜テラノドン
スペック
全長 10.1 m
全高 12.9 m
全幅 不明
重量 47.0 t
最高速 MACH 3.2
武装
ゾイドテンプレート

ヘリック共和国が開発した翼竜戦闘機ゾイドで、RZ-28ブレードライガーに次ぐ2機オーガノイドシステムOS)搭載機でもある。

航空には既に旧式化著しいRZ-10プテラスしか持たず、EZ-5レドラーに苦しめられていた共和軍であったが、そこに共和諜報部が帝国内で開発予定だった新戦闘機ゾイドデータを奪取し、それを元にして制作した機体にOSを組み込む事で完成させた。
(つまり元はと言えばレドラーの後継機になるはずだったかも知れないゾイドである)

そのため、開発思想は帝国のものに近くコクピット全に装甲で覆われているのが特徴。
また中ゾイドでは機体内にシステムが収まり切らないと言う事でエンジンポットなどが外部に取り付ける形となっているが、これにより拡性も向上しており、将来におけるさらなるバリエーション機の開発も見込まれていた。
そして新のマグネッサーウイングエンジンポッドによりターボブースト発動時の最高速マッハ3以上のものを叩き出せるようになっている。

頭部と両レーザーブレードですれ違い様に敵機をり裂くというレドラーと全く同じ戦法を得意とし、それでいてOSにより強化された運動と機動性によりその航空格闘レドラーの10倍という圧倒的なレベルに達しているが、その反面、射撃武器は小口径のパルスレーザーガンのみと非常に乏しく、ある意味レドラーと似たような欠点を抱えているため対地攻撃にはプテラスとの連携が必要と思われる。

二次大陸戦争においてはこのストームソーダーが参戦するやく間にレドラーから制権を奪い取って帝国補給線を分断させ、これにより追いつめられた共和軍が体制を整える時間を得るに至る。

その後も共和軍の切り札となったRZ-37ウルトラザウルスから護衛したりと西方大陸戦争においては全局的に活躍したが、OSを搭載した結果量産性が悪化しており、数で攻めるようになった帝国航空に対抗するため共和軍はRZ-39レイノスやRZ-45サラマンダーといった旧式機に頼らざるを得なくなってしまった。

を見れば間違いなく現行機の中でも最強クラス航空戦闘ゾイドであったが、暗黒大陸戦争期や第二次中央大戦争期ではほとんど使われなくなった。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2100年ロールアウト。ブレードライガーガンスナイパーと共に西エウロペ大陸へ初派遣され、遺跡から逃げようとするジェノザウラーを追跡しようとしたが、を破壊されたため断念した。

その後、ストームソーダーはある程度量産されて正式に戦争に参戦し、レドラーく間に駆逐して制権の奪取に成功。共和軍は帝国軍の補給線を底的にく事で帝国軍を慢性的な物資不足に陥らせた。

二次大会戦では悪により防網に開いたレドラーに突かれるという事もあったが、共和軍の決戦部隊デストロイヤー兵団の進撃の際には同兵団のとなるウルトラザウルスを最後まで守りきって見せた。

しかし、戦争後期では軍の補強においてストームソーダーのこれ以上の配備は困難としてレイノスの方にお鉢を回されたり、対ザバット戦では数で勝り、さらにか高から攻撃してくる相手にストームソーダーでは対応仕切れないと言う事でサラマンダーが登用されたりと出番がどんどん減って行き、暗黒大陸での戦争ではあまり使われず、さらにネオゼネバス帝国との戦いでは元より数が少なかった所為かほとんど失われてしまったらしい。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』から『ゾイドフューザーズ』に登場。
キットの武装設定では火器をほとんど装備していないが、アニメではミサイルを搭載している場合が多い。


ゾイド -ZOIDS-』では共和軍の実験機として初登場。

男爵を名乗る謎の男女2人組“アーラ・バローネ”の乗機として2機編成で現れ、陰ながらバンやルドルフを狙う帝国軍を打ち払い終戦まで両者を支援し続けた。

第2部では共和軍に正式採用されたようで一般機が多数量産、使用されていた。
機や護衛機として働く共和所属機だけでなく、中には敵側が乗り込んで主人公勢と戦う事もあった。他にも帝国軍に譲渡する予定だったストームソーダーSやデススティンガー迎撃用の大気圏離脱用改造機などが登場。前者は途中で帝国軍の強硬残党に奪われてあわやテロに使われそうになった所をバン達やアーラ・バローネに討伐され、後者アーバイントーマが乗り込み、彼らの活躍により見事デススティンガーを載せた敵母艦の撃沈を成功させた。


/ZERO』ではバックドラフト団の所属機。

ダークバトルに使用され、ジェミーレイノス、ビットのライガーゼロ戦を繰り広げるが、ホバーカーゴに戻ったリノンのガンスナイパーに撃墜された。


フューザーズ』では一般に普及した通常ゾイド扱いになっている。

劇中ではファイヤーフェニックスの捕獲を狙う悪質ハンターが使ったり、他にもバリエーション機であるストームソーダージェットが客船ホエールキングハイジャックのためにギャング団に使われていた。

主な機体バリエーション

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ストームソーダー

35 ななしのよっしん
2015/10/31(土) 00:50:14 ID: Rxm338u258
>>32
というかストソの性が上でも普通はストソ1体に対してゲイル複数体+ゲイ揮下のキメラゾイドで潰すんじゃね?

タイマン勝負ならまだしもバトスト戦争)なら難量産のストソとアホみたいに大量生産できるキメラブロックスじゃ勝負にすらならん気がする。

実際ストソの数が最も多かったであろう西方大陸戦争の時もザバットにすら数で押し切られてるし。
36 ななしのよっしん
2016/08/10(水) 08:43:31 ID: YaK3k9gO4t
>>35
まあタイマンの話だったからな。
バトストではストソは実際に数に押されていたと思うよ。
ゲイルはそういうゾイドだしな。
37 ななしのよっしん
2016/08/27(土) 00:14:40 ID: Pknkh1BQmH
>>35
ストソーは武装と稼働時間の関係上、飽和攻撃や波状攻撃にめったやたら弱い。
シンカーの時も稼働時間限界を迎えて補給に戻ろうとしたところを奇襲されてもうちょっとでウルトラがやられるところだった。

もっと言うとこの時代はディメトロドン+セイスモみたいな航空ゾイド敵がが物顔でのし歩いてるんで、陸戦ゾイドを殴るのに低まで降りていかないといけないストソーを飛ばす理由が少なすぎるんよね……

ディメトロドンカウンターやれるディメトロプテラもいるし……
38 ななしのよっしん
2016/08/27(土) 00:26:11 ID: Q21FY1BZwt
あまりにもストレートというかそのまんますぎるデザインだけど、だからこそシンプルカッコイいんだよなぁ。
39 ななしのよっしん
2016/12/23(金) 20:38:28 ID: LB3DMiFdae
HMM化!
40 ななしのよっしん
2017/01/28(土) 01:09:49 ID: rUgMNwE6UM
HMMずっと待ってた
鋼の翼竜って感じのシンプルデザインがかっこいい
トミーのキット時代はコントローラーに対応する予定があるって話だったけどあれは結局おじゃんになったんだろうか
41 ななしのよっしん
2017/02/21(火) 13:41:54 ID: 950CpL01v3
これもテイコクの技術だったのか(呆れ)
42 ななしのよっしん
2017/04/25(火) 01:12:47 ID: Pknkh1BQmH
>>41
正確には帝国ベースに共和の技術をぶっこんでできた機体な。

共和は敵の技術を使うことにためらいがないらしく、ギルベイダーコピー機すら建造してる(鹵獲とかしてないのに)
結局対ギルベイダー戦には不向きってことで採用見送られたが。
43 ななしのよっしん
2017/09/03(日) 11:41:51 ID: 5qI84vZ5+n
今更ながら
一体何者なんだ・・・
の記事の一覧トップにアーラ・バローネが来ていることに気がついた。
44 ななしのよっしん
2017/12/18(月) 23:37:53 ID: NtXSVj9RFf
公式ファンブックで飛行ゾイドは陸戦タイプの三倍有利だの高速機のサイクスにも圧勝できるだのされているが、
これは性的に強いんじゃなくて相手がへの攻撃を想定してない陸戦だから相性がいいだけ。
ファンブックは相手が通常装備前提で、反撃するとは考えてない。
逆に言えば打ち落とす装備用意すれば軽くて脆いストームソーダー達は一撃で落とされる。
実際に向かって撃てる粒子標準装備したゾイドには絶望的な勝率予測をされてる。
飛行ゾイドは「対策されなければ圧勝、されたら即敗北」っていう安定しない相性ゲーなんじゃないか?