トイ・ストーリー3単語

トイストーリースリー
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

トイ・ストーリー3タイトルロゴ

トイ・ストーリー3とは、2010年7月日本開のアニメ映画である。命をもったおもちゃたちが繰り広げる小さな大冒険、その3作にあたる。

概要

さよならなんて、言えないよ……」

ディズニーピクサースタジオ製作。同スタジオの名を世界に知らしめた人気作「トイ・ストーリーシリーズの11年ぶりの続編。

アメリカでは既に開され、アニメ映画としては「シュレック3」に告ぐ歴代2位行成績を記録。G定=全年齢定の作品としては史上最高の成績をたたき出した。

53回グラミー賞の「最優秀サウンドトラックアルバム賞」を受賞しており、音楽の評価も高い。

あらすじ

かつて、おもちゃ達と遊んでいた少年アンディは、日を経て17歳になり、大学進学を控えていた。
当然、既におもちゃ遊びからは卒業しており、彼らは寂しがると同時に、もうすぐ来るであろう別れの日を思って不安を覚えていた。

そして、アンディの荷造りの日。

アンディおもちゃを捨てることこそしなかったものの、長年連れ添ってきたウッディのみを持って行くことに決め、バズをはじめとする残りのおもちゃ達は屋根裏にしまわれることになった。

しかし、アンディの手違いで、おもちゃ達は危うく捨てられかける。アンディに見放されたのだと思い込んだおもちゃ達はアンディを見限り、託児所へ寄付される荷物の潜り込み、近所の託児所「サニーサイド」へと移り住む。
アンディのことを信じるウッディは、彼らを説得しようと同行するが、託児所の大勢のおもちゃ達が彼らを歓迎する。
「ここではどんなおもちゃも捨てられることはない。おもちゃにとっての天国だ!」……。バズ達はこれを受け、託児所に留まることを決意し、ウッディもそれを受け入れて去って行った。

だが、それは間違いだった。
バズ達が放り込まれたのは、おもちゃを飛び切り乱暴に扱う子供達の部屋。乱雑な扱いのせいで、皆一様にボロボロにされてしまう。

その頃ウッディは、別のおもちゃ達から恐ろしい事実を知った。
サニーサイドは、おもちゃ達から天国どころか「おもちゃ地獄」と呼ばれており、行ったおもちゃ一人戻ってこれない場所だった。
一見紳士的に見えたピンクテディベアロッツォ率いるサニーサイドおもちゃ達は、運ばれてくるおもちゃ永遠に閉じ込める邪悪なおもちゃ達だったのだ。

脱走を決意するバズ達、一人果敢に助けに戻るウッディ。しかし、サニーサイドおもちゃ達が、悪な本性をあらわにしてそれを阻止しようとする。 

彼らは再び、アンディに会えるのか。
そして、もう彼らと遊ぶことのないであろうアンディとのは、どんな結末を迎えるのか。 

キャラクター

アンディと彼の大好きだったおもちゃたち

ウッディ
 アンディと最も付き合いが長く、最も固いで結ばれたカウボーイ人形。その正体はプレミアのついたおもちゃであり、それが原因で『2』で一着起こった。
本作では、アンディ一彼だけを連れて行くことになり、他のおもちゃ達と別れを告げなくてはならなくなるが、彼らのピンチを救うため奔走することになる。 
バズ
 宇宙飛行士人形バズライトイヤー。初めてデイビスに現れたときはアンディの注を一身に浴び、ウッディと衝突した(『1』)。以降は、彼の最大の親友となる。
アンディには連れて行ってもらえず、屋根裏にしまわれることになったが、手違いで捨てられかけたことでアンディを見限り、託児所へ移り住む。ウッディにも別れを告げるが……。
敵によって設定が初期化され、他のおもちゃ達の仲間になってしまう。ウッディ達が彼を元に戻そうとするがリセットボタンを押してしまい、記憶が戻るどころか、スペイン語で話すマタドールのような人格になってしまう。 
おもちゃ
ウッディバズと共にアンディと遊び続けたおもちゃ。古くからの仲間はもちろん、『2』で仲間になったジェシー、ブルズアイエイリアンもいる。が、歌うペンギン人形ウィージーや、ウッディ人であったボー・ピープなどを含め、どのおもちゃかにあげられたりして姿を消している(ウッディによると、アンディ一人として「捨て」はしなかったようだ)。
バービー
アンディモリーのおもちゃアンディの引越しに際し、彼の母親サニーサイドへ譲るものをまとめていた際にモリーに別れを告げられることになった。
アンディ・デイビス
おもちゃ達がする少年。彼に遊んでもらうことこそが、おもちゃ達の最大の喜びだった。が、本作の彼は既に17歳であり、特にギーク(米国におけるオタクマニア)という訳でもないため、おもちゃ遊びを全くといって良いほどしなくなっている。
大学進学とそれに伴う引越しを控えており、おもちゃを捨てることこそしないものの、彼らとの別れを決意する。

サニーサイド保育園

ロッツォ
イチゴの香りがする、ピンクハグベア。年をとった人格を持っており、紳士的で、バズ達を歓迎する。
が、その正体はサニーサイドおもちゃ達を支配し、訪れるおもちゃ達を全て閉じ込めようとする邪悪なおもちゃ
その根底には、以前の持ちとの悲しい出来事がある。 
おもちゃ
バズ達を歓迎する。しかし、本性はロッツォの手下であり、バズ達をもっとも危険な部屋に放り込み、閉じ込める。
ケン
日本では染みが薄いが、バービーのボーイフレンドという設定の人形
80年代青春ドラマに良く出てきそうな性格をした露ハンサムな男だが、正体はやはりロッツォの一味。しかし、根はそうでもないようで……? 
子供
サニーサイドに預けられる子供達。様々な子がいるが、バズ達が入れられた部屋子供達は非常にやんちゃであり、おもちゃを散々に扱う。

その他

ミスターブリックルパン
ウッディが出会った新たなおもちゃ達の一員。ハリネズミ人形。演技
サニーサイドについての真実ウッディに教え、バズ達を助けに戻る彼を必死で止める。 
トトロ
ブリックルパンツ達のいる=ボニーのにいるおもちゃの一つ。
となりのトトロ』からのゲストキャラクターであり、本シリーズをはじめとして数多くのピクサー作品を監督したジョン・ラセターは、「スタジオジブリの作品はスタッフ達と幾度とく鑑賞した。見る度に新しい発見と、豊富な教訓が飛び出てくる」と、宮崎駿の作品に影を受けていることを言しており、その影であると思われる。 
なお、本作のトトロは一切台詞がないが、これは版権の制約とも、原作では鳴き精霊)しかなかったからとも、大トトロをあてた高木均が亡くなっているためとも言われている。
ゴミ回収職員
ゴミと間違われたバズ達を回収しようとした職員。正体は、『1』でバズを散々なに遭わせたシド。 

その他

吹き替え声優

日本語吹き替えの予告では、ウッディバズ声優が変えられていた(いずれも東京ディズニーリゾート等で代演の辻谷耕史稲葉実)が、本編では従来通り唐沢寿明所ジョージで担当している。

その他の声優も前作までと同じだが、ミスターポテトヘッドを担当していた名古屋章は既に故人となってしまったため、長に変更されている(ちなみに、英語版でもスリンキー役の声優が亡くなったため変更となった)。

3D

本作も3D開である。

小ネタ(鑑賞後に読むのを推奨)

確定したネタ

確定してないネタ

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC3

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トイ・ストーリー3

140 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 14:53:21 ID: MJJLMxuQKt
>>138
それに関しては描写されてなかった気がする
10年前(つまり1と2)はアンディと遊んでたけど3はおもちゃで遊ぶ年齢じゃなくなってる
でも2の後から3までの描写は3の冒頭くらいで、それ以降どうしてたかは
141 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 14:59:52 ID: A+KvLg37AR
>>17>>21 の言う通りだった。生まれちゃいけなかったんだ4は。
142 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 08:03:31 ID: 2Y832Tl+64
でも何度も新しい人へ移り行く保もないしなぁ
143 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 12:30:49 ID: 709/mM/ASI
チャックルズのってた、
「その日、ロッツォの中で何かが変わった。何かが壊れた」
「ロッツォはもう友達じゃなかった。友達もなかった」
ってセリフ、色々とくる
144 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 20:37:51 ID: MJJLMxuQKt
なんだかんだで3が至高だな
1→2ときて、3で終わりが一番綺麗だった
4はちょっと…
145 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 20:54:55 ID: HtyW8J9k5C
台詞がなくとも表情で色々くる場面がいくつかあるのがいいよね
ウッディらをゴミ箱に押し落とそうとするストレッチ(紫色タコ)の表情とか
初めはロッツォに従って邪悪な顔してゴミ箱に落とそうとするけど
ケンウッディの言葉で「ロッツォが正しいのか?」と迷いが出始める所とかが色々とくる
146 ななしのよっしん
2019/09/17(火) 23:34:34 ID: 1UIGL7aOnD
3は他とべてサニーサイド脱出作戦でそれぞれの長所を活かしてたのが面い。
ポテトヘッドパーツさえ付ければ身体は何でもいい、スリンキーは1の時から続くロープ役、鋭利さと身体の重さで器用にこなす、そして最後に色々な意味で持っていった"神様"。

「思い出を残してオモチャは次の子供に引き継がれる」と言うアンディにとっても宝物との"卒業"が訪れた別れの話としての側面もある。締め括りとしてはこれ以上ないな。
147 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 11:14:44 ID: mTM7NjeMVR
なんだかんだ上手いこと作るんだろうと思ったら全くそんな事なかった
148 ななしのよっしん
2020/01/17(金) 07:49:04 ID: sEC0qUm5fl
3は、1を見た当時子供だったファンを思って丁寧に作られてるよね。
サニーサイドの描写や、ロッツォの過去。全てが丁寧だった。
最後アンディウッディを手放す決断をするシーンは涙なしでは見られない。

4は・・・全に蛇足ターミネーターみたいに人気シリーズだから理矢理続編作って破綻した感。
149 ななしのよっしん
2020/01/21(火) 23:14:35 ID: 6k1eJPF4Ex
ロッツォがあの4のウッディを観たら果たしてどんな反応をするかは正直興味はある。
「なんだ、アレだけ持ちを信じておいてあの(ボニー)を見捨てて好きな女とだなんて結局君も私と同じだったのか保安官?」とか思いっきりキツい皮を吐いてそう。
と言うか4は難にロッツォの逆襲的な内容で留めてれば難に終わったんでないかとすら思う。
その方が綺麗に3の後日譚を描けそうだしね。