フクロオオカミ単語

フクロオオカミ
2.8千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

フクロオオカミとは、かつてオーストラリアなどに生息していた有袋類の一種である。

別名、タスマニアタイガー

概要

かつてオーストラリア大陸などに広く生息していたと考えられている動物フクロオオカミ

しかし、オーストラリアに人類とそれに付き従うディンゴが進出してくると、その生存競争に敗れてしまい、彼等はオーストラリア全土から消えていった。

そしてフクロオオカミはディンゴが及んでいないタスマニアに生き残る個体群のみになってしまった。

生態

基本的には夜行性の動物である。群れで行動するよりも単独かつがいでの行動が多かった。森林や岩場に生息し、日中は岩陰で過ごしていた。
有袋類だが、袋はあまり発達していなかったようで、袋を使うのは未熟児を生育する時がだったようだ。

獲物はワラビーなど小カンガルー類だったと言われている。時には人間畜とされているも襲うことがあったそうだが、実際言われているほど機会は多くなかったという話もある。

性格は動物イメージとは違っておとなしめで、のようにクンクン鳴いたり、咳き込むようにえていたという。

絶滅に導いた大量虐殺

さらに時間がたち、大航海時代が訪れるとタスマニアにもヨーロッパ人たちが押し寄せてきた。
そこを植民地とした入植者達は、に襲いかかるフクロオオカミを害獣と考えた。彼等はフクロオオカミを「ハイエナ」と呼び、毛嫌いした。

フクロオオカミは口がまで大きく裂けたような形状をしていた。あくびをした時にこの特徴がよくわかるが、この顔立ちはますます入植者達の心を悪くし、害獣として狩る口実になっていたともいう。
この辺りは今絶滅危機しているタスマニアデビルの鳴きが嫌われ、悪魔に例えられて憎まれた点と同じ傾向にある。 

家畜の敵?フクロオオカミ

オーストラリアに入植してきた人々は、そもそも野生動物は全て人類にをなす者達であると考え、根絶やしにすることに躍起になっていた。

それを奨励一人として、あろうことか著名な鳥類学者ジョングールドがいた。
グールドは、オーストラリアにいる野生動物人間を及ぼすからして、滅ぼすべきだと述べた。そして特に嫌っていたのがこのフクロオオカミだった。推奨しているグールド自身も、何か大きな恨みがあったのか、他の民と変わらずフクロオオカミを虐殺したと言われている。
その後グールドは逝去するが、彼の遺したやや過な思想は、入植者達の背中を少なからず後押しした。
(ちなみにグールド鳥類学者としては大変優れた功績を遺した人物であることを併記しておく)

畜の敵としておおいに嫌われていたフクロオオカミだったが、畜を襲っていたのは実は入植者達が持ち込んだが野と化した結果という説もある。
これが事実であれば、フクロオオカミは濡れ衣を着せられ、ただストレス解消のために殺されたという可性も生まれてくることになる………。だとしたら報われないにも程があるのではないだろうか。

もっともフクロオオカミが畜を襲い、その味を覚えてしまったことも事実として紹介されていることで、まったくの濡れ衣というわけでもない。ただ、野の罪まで被らされた点は哀れとしかいいようがないが…。

政府「おう、俺達も応援してやるからアイツラ根絶やしにしてやれ!」

政府もこの駆除活動を全面的に奨励し、やがては懸賞をかけてまで、フクロオオカミの殺を実施した。

というよりこの頃のオーストラリアにやってきた移民達は野生動物を根絶やしにすることに躍起になっており、畜など襲うはずもないカンガルーコアラなどですら数十万単位で殺されていたという。
殺す時は、手っ取り動物飲み場にを投入したり、動物の群れに機関銃を撃ちこんだり、それはもうやりたい放題だったと言われている。
ただでさえ嫌われていたフクロオオカミはこのようにして次々と虐殺された。ただ撃ち殺すだけではなく、入植者達はこのうえ死体をメッタ打ちにして粉砕したり、死体るして見世物のようにしたりしていた。
フクロオオカミを研究するうえで科学的に有効だとされる資料が少ないのは、このためと言われている。

オーストラリア外からは、こういった異常虐待思想に対する非難がどんどん強まっていった。
さらに入植者の中からすら、あまりに強過ぎる憎悪と、フクロオオカミの哀れな姿を見て気が引けてしまい、自重を促すものもいた。
だが、大衆はそんなや警告には一切を貸さず、フクロオオカミを毎日のように惨殺し続けたという。

懸賞をかけた1888年から1909年の間に、2184頭ものフクロオオカミが人間によってあの世へ送られた。 

嫌われ続け……滅びの時

1930年頃、人に嫌われ続けた野生のフクロオオカミの最後の個体が撃ち殺された。
これでフクロオオカミは本当に根絶やしになったと思われていたが、3年後の1933年に野生の生き残りが発見され、手厚く動物園で保護されることとなった。
この最後の個体は飼育下で安全に3年間生き続けたうえ、幸いにも映像が残っている。下記にそれを記す。

しかし1936年、オーストラリア移民達に嫌われ続けたフクロオオカミの最後の1頭は人の飼育下の中、静かに息を引き取った。こうしてフクロオオカミは本当の絶滅を迎えた。

あれこれ

オオカミタイガーなどと言われているが、フクロオオカミはコアラカンガルーなどと同じく有袋類仲間である。
しかし、その外見はに非常に似ている。だがもちろん、とフクロオオカミの共通の先祖をたどっても相当時代を遡らないと見つからない。

これは収斂進化の一例とされることがある。収斂進化大雑把解説すると、生態系内で同じような位置になるとその生物の系統に関わらず、似たような形態に進化するというものである。同様の例としてイルカシャチサメを考えてみればよい。これらは哺乳類魚類という大きく違うカテゴリに分類されていながら、非常に似通った体形をとっている。

オーストラリアはもともと有袋類が隔離された土地だったため、有袋類の中でひとつの生態系が作られた。そのため、捕食者に当たる位置についたフクロオオカミはに似た形に収斂進化したと思われる。

実はまだ生きている?再発見の可能性について

絶滅以降、フクロオオカミは人々からの言が相次いでいる。
大体、絶滅動物の再発見というと、そこから対動物生活感を見出だせず、「なんだただのガセネタか」と一笑に付されて終わるのが普通である。

しかしフクロオオカミの場合はそれに酷似した足跡が発見されている。
他にも言や拠がぽろぽろ出てはいるのだが、残念なことに一度としてその存在を明出来る形で発見された例は未だにない。

あれだけ人間に痛めつけられてきたフクロオオカミのことであるからして、人前に姿をすことを極端に恐れるようになったのかもしれない。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フクロオオカミ

13 ななしのよっしん
2017/06/29(木) 02:29:49 ID: PS1AWUCoqY
ドンだけ日本の事嫌いか知らないけどシーチワワみたいなことしてるかって話だろ
14 ななしのよっしん
2017/07/05(水) 18:41:10 ID: L3O6VrekcQ
シーチワワガーさんは大抵、っ当な環境保護活動や団体なんてロクに知らない上に、
知ったら今度は、環境保護の概念自体を偽善だの駄だの宣うから、実質無敵

これ、マメ
15 ななしのよっしん
2017/08/03(木) 03:50:32 ID: UQDjx/M7Dd
大体オーストラリアへの入植者って、先住民であるアボリジニすら虐殺してたんだろ?
人間すら差別し死に至らしめるらがけものを大事にするわけがない
そういった思想が多かれ少なかれ播あるとしても現在にも受け継がれてんだろ
16 ななしのよっしん
2017/08/09(水) 02:51:21 ID: cxfOsoZ89U
白人アボリジニ自由に捕獲、殺できるって法律があって
純血のタスマニアアボリジニ絶滅してるんだよね
民族浄化を達成した数少ない例じゃなかろうか
17 ななしのよっしん
2017/08/14(月) 23:03:48 ID: L3O6VrekcQ
絶滅動物の記事で唐突に民族浄化とか言い出すのは腹筋に悪いからやめろ
18 ななしのよっしん
2017/08/18(金) 09:43:02 ID: 5WZFl8goiD
確かに、種の絶滅問題は日本も人のこと言えないけど、当時のオーストラリア異常だし、積極的に人を襲うことはないシロワニを顔が怖いって理由で駆除しまくって数を減させたのは割と最近。
まあ、人のふり見てがふり直せ。日本も今直面してるニホンウナギ等の問題に真剣に向き合って、こんな悲劇を繰り返さないようにしようね

>>10
動物園動物殺処分は異常性のある行動じゃねーだろ?襲やらなんやらで逃げ出した動物が定住する方が内在来種にとって悲惨だと思うんだけど…。(本土決戦が行われれば生態系も滅になりそうだが)
19 ななしのよっしん
2017/08/18(金) 09:48:56 ID: 5WZFl8goiD
正直、生存説は話半分に聞いてたけど、最近ダーウィンが来たで取り上げられてて、勝手に現実味を感じてきた。バーバリーライオンクニマスの件もあるし、今後の調に期待
20 ななしのよっしん
2018/02/16(金) 20:06:11 ID: Bkv7GsmxRH
ところで「フクロオオカミの場合はそれに酷似した足跡が発見されている。」ってあるけどフクロオオカミ足跡ってディンゴとかと異なるの?足跡や足の形状に関してググっても見つからない
21 ななしのよっしん
2018/04/02(月) 17:32:32 ID: Bkv7GsmxRH
よく考えたらネコじゃないから肉球の段階で大きく違うか
22 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 15:01:02 ID: xufpkmHqBO
生存してたらオーストラリア人が喜ぶからやだ