ヨグ=ソトース単語

ヨグソトース
2.1千文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

ヨグ=ソトース(Yog-Sothoth、Yok-Zothoth、ヨグ=ソトホート、ヨグ=ソトト)とは、H.P.ラヴクラフト創造した「外なる神」の一柱である。

ヨーグルトソースではない。

概要

それこそ果てのない存在と自己の<一にして全>、<全にして一>の状態にほかならなかった。単に一つの時連続体に属するものではなく、存在の全的な限の領域―制限をもたず想も数学もともに駕する最果の絶対領域―その窮極的な生気汪溢する本質に結びつくものだった。

H.P.ラヴクラフトの門をえて』

外なる神」の一柱にして、白痴魔王アザトースに次ぐ位置にあるとされる。

ラヴクラフト創造し、オーガスト・ダーレスによって編纂されたクトゥルフ神話においては、アザトースが「名の」と「闇」とニャルラトテップ創造し、「名の」からヨグ=ソトースが生まれたとされている。過去現在未来、あらゆる時間と間に偏在し、その全てを支配する。
全時に通じる存在(あるいは全時そのもの)である事から、時移動の際には「窮極の門」において必ず接触する事となる。

ヨグ=ソトースは「全にして一、一にして全なる者」であり、過去現在未来といった時間軸や、あらゆる次元間も彼の中では同一のものである。そのためあらゆる知識・記憶をもち全とされ、接触して知識やを得ようとする探究者が後を絶たない。ジョセフカーウィンランドルフ・カーターエルザー・ウェイトリー(RPGではノアウェイトリー)などがその例である。ヨグ=ソトースは崇拝者に対して魔法ガラスなどのアイテムを使って他の次元を覗き見するや、異次元するを与えたりするといわれている。その見返りとしてヨグ=ソトースが地球にやって来るためのを作る手助けをするのだという。

ヨグ=ソトースを崇拝する教団としては「ネ=パン教団」や「黄昏教団(+クトゥルフ)」、「テンプヒル教団」や「音とクラブ」などが知られている。

宇宙を創る次元の裂けに存在し、その姿は基本的に定まった形は持っていないが最も知られる姿は太陽の如くまばゆく色の球体の集合体で、その球体はんだりくっついたり離れたりを繰り返している。大きさはあるときは直径100メートル、またあるときは1キロだったりするらしい。そしてこの存在に触れたものは体が著しく腐食し、焼けただれてボロボロに崩れるという。
一方で有機生命体の雌と交わって子供を作る事も可で、産み落とされた「子」は、人ならざる姿と知識を持つ事となる。
またシュブ=ニグラスとの間にナグとイェブを生み出しているが、詳細は不明。従属としてイブ=ツトゥルバグ=シャース、ソトースなどの名が挙げられている。

タイタス・クロウサーガ」で知られるブライアンラムレイの作品には、ヨグ=ソトースと二つの「旧神」ヤード=サダジ(Yad-Thaddag)の名が挙げられており、クトゥルフと対を成す「猊下」ことクタニド(Kthanid)と並び、慈悲深い一面を持つという。
またティンダロスの王(ティンダロスの猟犬と似て非なる他種族)の最強個体である「大君ミゼーアとは、終わりなき闘争に明け暮れているという。

這い寄る混沌較すれば数こそ少ないが「化身」を持っており、たびたびクトゥルフ神話を題材とした小説に登場する。

  • ウムル・アト=タウィル
    タウィル・アト=ウムルとも。ヨグ=ソトースへと通じる「窮極の門」の守護者にして番人。
    ヴェールをまとった人間の姿を取り、その身長大人の半分ほどもないとされる。「」を手にした者を「窮極の門」へと導き、謁見の意志を確認してからヨグ=ソトースの許へと送り出す。
    基本的にで、お眼鏡にかなった相手には友好的な態度を示す事もある。だがまかり間違って攻撃したり、ヴェールをめくってその素顔を見た者には破滅が待ち受ける。時には自らヴェールを捲り、謁見に値しないものを排除するとも。
  • フォーゴモン
    自らの領域を侵す者の前に現れる「憤怒」の化身であり〈時間の〉。全ての時間を自在に操るを持ち、き一つの間に事を成す。『ヘスタン文書』にはこの存在について言及があるという。
    フォーゴモンを怒らせた犠牲者は、気が付けば果てのない深淵に浮かぶ石作りの椅子に鎖で縛られ、永劫の時間を過ごす羽になる。そしてアフォーゴモンが顕現した間、鎖が熱して対者を焼き殺す。現実世界においても、身体に巻きつく輪のように焦げたを残した遺体が発見される事になる。
    だがに恐ろしいのは、犠牲者は程なくして文字通り「消滅」してしまうという一点にある。犠牲者に関するあらゆる記憶や記録は消え去り、それが実在したという拠は全宇宙から抹消されてしまう。

別名

など

関連動画


関連商品


関連コミュニティ

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A8%E3%82%B0%3D%E3%82%BD%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヨグ=ソトース

114 ななしのよっしん
2020/08/25(火) 20:52:13 ID: 5tj7KXgVZf
少なくとも「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」においては、ヨグはYHVHだよ
>>111の言うような「包括」じゃなく「同一」
ヨグの信徒は同時にカバラの使い手であり、ヨグへの祈りは「Per Adonai Eloim, Adonai Jehova」から始まる
115 ななしのよっしん
2020/09/15(火) 15:02:01 ID: Q/9WNiUYbL
>>110 それはエドや師匠がたどり着いた不全な真理で、実際の真理くんは明らかに人どころか対応する存在によって姿も形も違うんだよ。真理くん自身もオレはお前と言ってるし、真理以外の生命体もまた真理であり、真理もまた真理以外の生命体と同一なのがあの世界だよ。
おそらくは如来もヤハウェブラマン真理くんも、違うかが名称したものであり、相対する人によって違うものであり全く同じものだというのが近しい答えだと思う。仏教とキリスト混ぜてるのは意図的だと思うよ
116 名無しの狂信者
2020/09/25(金) 10:16:16 ID: 4Gf+Xlj3Kt
ヨグ様の一面がアザトース様であるのかアザトース様の一面がヨグ様なのか…
クトゥルフ神話で1番すごいのはヨグ様では?と最近思う。
凄すぎてどう動かせばいいのか分からないから曖昧でさらに凄くなっていく。
最近ヨグ様=哲学であり心理学真理であり虚無と感じた
ヨグ様最高なのでみんなヨグ様を讃えよう
117 ななしのよっしん
2020/09/27(日) 12:19:33 ID: pJhEX2x93y
少し妄想してみたけど

アザトース...「世界」という名のを見ている存在
ナイアルラトホテプ...アザトースの意思の代行者における主人公
ヨグ=ソトース...???
118 ななしのよっしん
2021/05/21(金) 17:22:37 ID: rxwZKlsb4r
始点終点、0と限が同価って議論カバラの思想にもあるね
アイン()がアインソフ(限)をうみ、アインソフオウル()に変換されて世界を作る
119 ななしのよっしん
2021/05/21(金) 23:08:00 ID: z/Au711jd+
ラヴクラフト先生的には理解しようとしないで怖いって感覚を大事にしてくれた方が本懐だぞ
120 ななしのよっしん
2021/05/22(土) 00:41:15 ID: BUrRTjTrfR
>>117
アザトースプレイヤー
ヨグソトース=シナリオ
ニャルラトホテプキーパー

間は越しているので何度でもセッションは繰り返される。アザトースが観測者としての性質を持つならヨグソトースは観測対格という解釈。

観測者が居なければ世界が存在しないも等しいし
観測対となる世界がなければ存在しないにも等しい。
言うならばアザトースの見ているそのものがヨグソトースなのでは
121 ななしのよっしん
2021/05/22(土) 20:01:30 ID: pDqggQl4IS
ヨグソトースは「」(nothingness)なので
もしアザトースの見ているそのものがヨグソトースだとしたら、その、つまり存在しない
ヨグソトース=シナリオ だとするとシナリオからっぽ
ヨグソトースが観測対でありアザトースが観測者なら、アザトースは何も観測していない。

話が虚無るので見方を変えると
ヨグソトースは過去現在未来集合体であり、「始まりも終わりもない」(without beginning or end)とも言われている
ヨグソトース=シナリオ だとするとシナリオ過去未来という時系列いことになる
「始まりも終わりもない」ため、セッションは始まらないし終わらないし、繰り返されることもない。やっぱ虚無ったわ
122 ななしのよっしん
2021/07/14(水) 15:25:51 ID: lmerAh1dEM
アザトースヨグ・ソトースの関係は考えれば考えるほど訳が分からないので、キリスト教三位一体に近いものだと考えるようにしたよ
123 ななしのよっしん
2021/10/28(木) 21:55:39 ID: cXp51QKMX7
>ヨグソトースは「」(nothingness)

ブレイク博士「閉所恐怖症をする方法を教える。まず、『閉所恐怖症』という言葉を思い浮かべる。そしてゆっくりこう唱えるんだ。『ヨグソトース』と」。