名前を呼んではいけないあの人単語

ヴォルデモート
5.7千文字の記事
  • 32
  • 0pt
掲示板へ
監視注意 この項は、死喰い人に見られています。 <●> <●>

"名前を呼んではいけないあの人"He who must not be named)または"あの人"(You know who)とは、ヴォルデモート卿その人(I am Lord Voldemort)のことである。

概要(以降ネタバレ注意)

J・Kローリング小説ハリー・ポッターシリーズに登場する、魔法界史上最強最悪の魔法使い
かつて魔法使い一族総純血義を掲げ、魔法界に多大な犠牲を強いた。そのため倒された現在でもその名前を出す行為自体すら非常に恐れられており、のある者以外は決して名前を呼んではいけない、とされる。名前を出す事ができないので、会話や文章では、例文:「かつて私は名前を言ってはいけないあの人の手下だった」といったように、これ自体を代名詞としてそのまま当てはめて発言する。長いので省略される事があり、短縮形としては幾つかパターンがあるがに「例のあの人」が流。
…と作中で言われているが、天然系だった初期のポッターは事あるごとに盛大に名前を呼んでいる(そしてそのたびに周りから注意される)。また反ヴォルデモート勢側など一部の登場人物はこの潮をバカバカしいと考えており、その潮自体が恐れをより助長するとして反発し、直接「ヴォルデモート」と意図的に名前を出す。
なお7巻では"ヴォルデモート"という名前を口にしただけで保護魔法が破れ、居場所が感知され、転移魔法で即座に死食い人達の襲撃を受けるという「言霊呪い」が英国全域にり巡らされており、マジ名前を呼んではいけないようになっていた。おそらく作中以前の暗黒時代も同様だったと推測ができ、それが"名前を読んではいけないあの人"と呼ばれるようになった最大の原因だと考えられる。

その呼び名に違わない邪悪な魔法使いであり、魂を断片化することで仮初めの不死を得る「分霊(Horcrux)」の呪文を行使するために何の罪もない6人の人間を生贄にげ、そうして得た不死性のもと純血義の遂行のために、"穢れた血"とされた混血や純マグル系出身の魔法使い抵抗ごと虐殺し、最後は配下の"死喰い人"と共に英国魔法界に全面戦争を挑んだ。
"あの人"全盛期英国魔法界は暗黒時代そのものであったようで、作中にも暗いを落としている。
しかし予言により自らを滅ぼす可性を持つ人間が生まれると知ったヴォルデモートは…という所で本編が始まる。

"あの人"の名前でタグ検索exit_nicovideo

名前を呼んではいないあの人

ちなみに原作者 J.K.ローリングによれば、Voldemort は最後の t をサイレント、つまり発音せずに「ヴォルデモ」とするのが、本来のあの人の名前の呼び方である。

つまり原作小説日本語版や映画版では、あの人ご本人ですらも名前を呼んではいけない縛りを忠実に守っているわけである(なお、なぜ原作者による訂正等が行われなかったのかは不明。その他の詳しい話はこちら → ハリポタの悪役ヴォルデモート、正しい発音は「ヴォルデモー」だった! - ポッターマニアexit)。

ネットでの扱いについて

尺の都合か、映画版のハリー・ポッター小説版のハリー・ポッターよりもウィットに富んでいる節がある。

映画版4作ハリー・ポッターと炎のゴブレット日本語吹き替え版)」において、旧習にこだわる"あの人"はハリー・ポッターに対して旧式の作法に則った魔法での決闘を要。この際、ポッターは決闘の作法を知らなかったため、"あの人"は

決闘のやり方は学んでいるな? まずは互いにおじぎだ…」 
「格式ある儀式は守らねばならぬ。ダンブルドアは礼儀を守れと教えただろう…」
おじぎをするのだ!!

と発言。前3作で散々「名前を呼んではいけない」と恐れられた"闇の帝王"が格下のポッター相手に「おじぎをするのだ!」としかりつけるその様子は視聴者に大きく印づけられた。さすが純血のイギリス人!

その後一部ネットにおいて「"あの人"のAAを作った」という事でスレが立ち(詳細はググれ)、そのAAネタにして新しいAAができ、ポッター映画が一般上映されるとマルフォイと共にネタにされるようになる。

※この先はカオスな成分を多々含んでおります。

                   , -―  、
            __    /      
      ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ /          ヽ
    (⌒)、   .人  λi   _,,_ル,,rョュ 、 i
     \. \    、 |  ィ rっフ , ミア |r, _人人人人人人人人人人人人_
      |\ \     ._|  "''"~ ハ   ハ   .i;{>     おじぎをするのだ   <
      |  \  \  } ;    / " '  ヽ   |j ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^.Y
      |.   \   λヽ    r―''"入  |  
   .   |.   |.\_ノ `"i    廷ニツ  j
   .   |.   |   |    、      ̄   .ノ
   .   |   )  .|     ` ー ,,___,,. ノ
   .   |   |  .|
      |   |.|  .|
   .   |  | .| .|
      /  / / ヽ,
     (__ノ  ヽ、__つ

 

               /          ヽ
            .  i   _,,_ル,,rョュ 、 i
              |  ィ rっフ , ミア  |r,
              _|  "''"~ ハ   ハ   .i;{
              } ;    / " '  ヽ   |j
             λヽ    r―''"入  |
              `"i    廷ニツ  j
                i、      ̄   .ノ
   ..┌/)/)/)/)/)/)/)/)/)/)lー/ ‐┬ '´
    |(/(/(/(/(/(/(/(/(/(/│||    |\ 〃
  r'´ ̄ヽ.              | | ト    /    \
  /  ̄`ア             | | |  ⌒/     入
  〉  ̄二) 知っているが : :| | |  /     // ヽ
 〈!   ,. -'                | | ヽ∠-----', '´    ',
  | \| |   .お前の態度が :: | |<二Z二 ̄  /     ',
  |   | |               _r'---|  [ ``ヽ、      ',
  |   | |   気に入らない >-、__    [    ヽ      !
  \.| l.              ヽ、      [     ヽ    |
    ヽ|              \    r'     ヽ、    |

 

                 ‐‐
               ′       \        ,.へ
  ___         /          ヽ        ム  i
 「 ヒ_i〉        i   _,,_ル,,rョュ 、 i        ゝ 〈
 ト ノ        |  ィ rっフ , ミア |r,       iニ(()
 i  {         |  "''"~ ハ   ハ   .i;{      |  ヽ
 i  i        } ;    / " '  ヽ   |j       i   }
 |   i      λヽ    r―''"入  |       {、  λ
 ト-┤.       "i    廷ニツ  j      ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_       i、      ̄   .ノ   ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__  | ` ー ,,___,,. イ: | /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     ク ル ー シ オ       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

 

         , -―  、
         /      
        /          ヽ    こんなにもマグル達がおじぎに飢えてるとは思わなかった
        i   _,,_ル,,rョュ 、 i
        |  ィ rっフ , ミア |r,    わたしを  全ての地球人に!!!
       _|  "''"~ ハ   ハ   .i;{ 
       } ;    / " '  ヽ   |j  _   \ニニニ ニニニ   
        λヽ    r―''"入  /イ/ハ:.:/{ ノ !:::::|    ___ノ^ヽニニニニニ
      /.:::::  i   廷ニツ, , -――- 、 /:::::/ /      ̄`ヽニニニニニニ
     /.:::::::::::::: i、  - / -―- 、⌒V::::::/ // j___ノ、  ヽニニニニニ
  /ニニ、`ヽ`ヾ;  ヘ.イ 、__(   >  \/ (__ ノニニニ     \ニニニニニ
 ,仁ニニニ\ヽヽヽ ∨   /ニニ>彡>--')__ ノ    `ヽニ     \ニニニニ
 ニニニニニニヽ   /     {ニニ> ´ `¨¨´         ニ}      \>''"´
 ニニニニニニニニ/     ∨ /               }八
 ニニニニニニニ./        }ニ{     アバダケダブラ   ノニヽ     ノ
 ニニニニニニニ/       }ニハ               /⌒ヽヽヽ ___彡
 ニニニニニニニ!        ノニニヽ、            /     ` ー=彡'ニニニニ
 ニニニニニニニ}          ⌒`、     /⌒ヽ  ノ     ノ____
  / ̄ ̄ ̄`ヽ/ヽ、 _彡ヘ{ {        > 、 /     /  ̄ ̄ ̄
           /   ヾ、    ヽ ヽ      (    `{    /
        /    〃 トミ  ___ >--‐=、   ヽ _ノ
         /    //     /         \__ノ

 

                 /          ヽ
                   i   _,,_ル,,rョュ 、 i
                |  ィ rっフ , ミア |r,
                _|  "''"~ ハ   ハ   .i;{
                } ;    / " '  ヽ   |j. それは私の
               λヽ    r―''"入  |
                `"i    廷ニツ  j
              /`ー、 i、      ̄   .ノ,r'~`ヽ、
           ,.ィ" ri l i ト | ` ー ,,___,,. イ: | .、 y;  ヽ、_
      ,. -‐''" 、 くゝソノリ~i | - 、 , -‐'7ハ ヾニト-    ~` ー- 、_
   , ィ ´      ,ゝ、_ `r'   l |  、レ // `テ三..ノく _ `       ヽ、
  /       , -' ,、  `、_)   l,i,  i //  (/  ...,,;;;;:` 、        ヽ
 ;'       '" ノ ;;;;::::      i !  : //    .....:::::;;イ、_、_\ _    _ノ
 l ..,, __,ィ"-‐´ ̄`i::::: = ...,,,,,. l | ,//  - = ""::;; :/       ` '''' '"
            ヾ :;;;,,     ,i l,//     ,,..," /         _,,.....,_
   ,. -- .,_        \ :;,.   ;'  V ;!   `;  /;: ノ      ,.ィ'"XXXX
  /XXX;iXXミ;:-,、     ヾ  '" ''' /./!  ヾ   /    ,. - '"XXXXXXXX;i!
 ,!XXXXi!XXXXX;`iー;,、  i   、. / ;:::i   ;: , |  ,. r'"XXXXXXi!XXXXXX:l!
 |XXXXX;|XXXXX;|::::::::|`ヽ、    ,! ,': : :|    ,.レ"::::|XXXXXXX|XXXXXXX;l!
 !XXXXX;|XXXXX:|:::::::::i  `   ;! : :  i!  / !:::::::::|XXXXXXX|!XXXXXXX|
 XXXXXx|XXXXX;!:::::::::::!   `. /::    | '"   l:::::::::::|XXXXXXX|XXXXXXX |
 XXXXXx!XXXXxリ:::::::::::!    |::     |    i:::::::::::ゞXXXXXツ1XXXXXXX|
 XXXXX/ \XXソ::::::::::/     i!::    ノ     i!::::::::::::ゞXX:/  lXXXXXXX|
 XXXX:/   `ヾ::;;;;;:ツ      ヾ;::: ; ノ      ヾ:;;:::::::ゝ'"     ヾXXXXX |

 

「お辞儀」原文

松岡子氏による日本語翻訳版とJ・K・ローリング氏による原作版の各原文は以下の通り。

ハリー、互いにお辞儀をするのだ」
 ヴォルデモートは軽くを折ったが、のような顔をまっすぐハリーに向けたままだった。

 “We bow to each other. Harry,” said Voldemort, bending a little, but keeping his snakelike face upturned to Harry.

「さあ、儀式の詳細には従わねばならぬ……ダンブルドアはおまえに礼儀を守って欲しかろう……死にお辞儀するのだ、ハリー
 “Come, the niceties must be observed.... Dumbledore would like you to show manners.... Bow to death, Harry....”

 死喰い人たちはまた笑っていた。ヴォルデモートの唇のない口がほくそ笑んでいた。ハリーお辞儀をしなかった。殺される前にヴォルデモートに弄ばれてなるものか……そんな楽しみを与えてなるものか……。
 The Death Eaters were laughing again. Voldemort’s lipless mouth was smiling. Harry did not bow. He was not going to let Voldemort play with him before killing him.... He was not going to give him that satisfaction....

お辞儀しろと言ったはずだ」
 ヴォルデモートがを上げた――すると、巨大な見えない手がハリーを容赦なく曲げているかのように、背が丸まるのを感じた。死喰い人が一層大笑いした。
 “I said, bow,” Voldemort said, raising his wand ―and Harry felt his spine curve as though a huge, invisible hand were bending him ruthlessly forward, and the Death Eaters laughed harder than ever.

まさかの強制お辞儀である。そして以上を踏まえた映画版の、岸田恵子氏による吹替版とスティーヴクローヴス氏の脚本に基づく原版のセリフは以下の通り。

決闘のやり方は学んでいるな? まずは互いにお辞儀だ…」
You've been taught how to duel, I presume, yes? First, we bow to each other.

「格式ある儀式は守らねばならぬ。ダンブルドアは礼儀を守れと教えただろう…」
Come on, now, Harry. The niceties must be observed. Dumbledore wouldn't want you to forget your manners, would he?

お辞儀をするのだ!!」
 I said, bow.

吹替版は原作翻訳者の松岡氏による監修が入っているため、原作と同じ部分はほぼ同じ翻訳が充てられている(例えば「ダンブルドアは礼儀を守れと教えただろう」の部分は直訳するなら「お前が礼儀を失するなど、ダンブルドアは望んでいまい?」位の意味)。
従って bow も当然「お辞儀(をする)」と訳されたわけだが、あまりに幼稚な言い回しが 俺様 卿のキャラや緊迫したこの場面と全く合わないとする批判が多い中、小さい子供に言い聞かせるような揶揄のニュアンスがよりはっきりすると評価する向きもあり、難しいところである。まあ結局ネタになってしまったわけだが。

また映画版では原作版のもう一つのお辞儀である "Bow to death, Harry...." 辺りの部分がオミットされている。これは文字通りには死そのものと等価の存在である自分に対し決闘者として敬意を払えということだが、裏を返せばありがたくも俺様お前に死を賜る栄誉を授けてやろうという宣言でもある。現に対するハリーは "before killing him...." とこの場で殺される可性を強く意識しているが、それでも最後まで相手の意のままにならないと覚悟を決める。このように双方のキャラクター性の対のよく現れた描写ではあるものの、いずれもいまま内面で終始する部分であり、映画的なテンポにそぐわないため省略されたのだろう。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 32
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%82%92%E5%91%BC%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%82%E3%81%AE%E4%BA%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

名前を呼んではいけないあの人

654 ななしのよっしん
2021/10/16(土) 03:34:47 ID: K4cHEHMUoA
よく考えると従の呪文や磔の呪文抵抗できるハリー呪文理矢理お辞儀させたのヤバすぎるな
アレ使えば逃げられなかっただろうし舐めプするから…
655 削除しました
削除しました ID: P6SuO8QPyt
削除しました
656 ななしのよっしん
2021/10/31(日) 11:13:13 ID: tDMucsA7v1
児童文学でもくっころからの屈ネタ出すのか、たまげたなあ
まあダンブルドア校長さん「乱暴」(性的かどうかは読者に任せるような書き方だったが)があったし、変でもないか。
657 ななしのよっしん
2021/11/02(火) 10:12:10 ID: zXKbgjj37J
結局分霊作るのに7という魔法数字に拘った意味あったんだっけ
単に分霊が7つになっただけ?
偶然作られたハリーの分がかったら何か特殊な効果が生まれてたのかな
658 ななしのよっしん
2021/11/02(火) 19:16:51 ID: vKJZVlEsEf
>>657
魔法においては7など特定の数が魔法的なを持つほど強い意味を持つとされることから「6つの分霊を作り魂を7つにすれば自分の存在をより強くできるのではないか?」ということを学生時代の時点で考え引退前のホラス先生に尋ねている。
言うまでもなく「魔法儀式最低6人生け贄として殺して行えば、儀式本来の不死に近いに加え更に強大なを得られるのだろうか?」と聞いている邪悪な闇の魔術に関する質問だからこの時点ですらホラス先生は酷く狽する様子を見せていたし、後の行からこの討論記憶そのものを自ら封印するほど酷く後悔してる
659 ななしのよっしん
2021/11/02(火) 22:11:53 ID: zXKbgjj37J
>>658
いや何か6つ作る事で特殊なバフ掛かって魔が増大でもしてたっけなと
逆に探知し辛くなったり自身の命を軽んじたりデメリットばかりに見えたんだよね
まぁどの最終的に死の呪文反射して負けてだろうけど
660 ななしのよっしん
2021/11/28(日) 06:50:39 ID: DglXAmomkr
単にヴォルデモートがそういうジンクスを信じてたってだけの話でしょ
加えてヴォルデモートの魂が7分割されてた時期って意外と長くないんだよね
時系列的には6つの分霊ハリーポッターなんだけど、作成と同時にヴォルデモート本体が幽霊状態になってしまい、本体が復活するまでには日記が破壊されていて…と分割された魂は6つだけ残ってる状況が続く
その後にナギニを分霊にして次にダンブルドア指輪を破壊するまでの間しか7分割状態じゃない
まあ下最大の邪魔だったダンブルドアが勝手に呪われてくれたことを考えればジンクスとしてはまあまあ上出来だったんじゃないかな
661 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 22:30:48 ID: dUMmC9Oxp5
この人もホグワーツで魔法以外で繋がった信じ合える友人なりする人なり出来ていればこうはならんかったかも知れんのは哀れだ

魔法を手に入れてそれ以外を生贄にするような真似すればもう人間らしさやなんて残るはずもないって…
662 ななしのよっしん
2021/12/03(金) 12:09:33 ID: 6yqqBwgcrK
>>659
実際の所ハリーが分霊になってることに気づかずに
他に6個分霊作ってしまったせいで魂が7分割じゃなく
8分割(八つ裂き)されてる状態だったんよ
だからデメリットの方が大きくなってしまったわけ
663 ななしのよっしん
2021/12/03(金) 16:21:44 ID: REqRudTXis
正直この人よりもグリンデルバルドのほうが大物感あるな

急上昇ワード改