巨神兵単語

キョシンヘイ
2.1千文字の記事
  • 19
  • 0pt
掲示板へ

巨神兵(きょしんへい)とは、スタジオジブリ宮崎駿監督映画作品『風の谷のナウシカ』、および宮崎駿の同名原作漫画に登場する架巨人人工生命体である。

なお、以降の記述は、映画版と明記してある記述以外は基本的に原作版に基づいた記述である。

概要

火の七日間伝承にある最終戦争「火の七日間」において世界を焼き尽くした巨人人工生命体。全ては既に化石化していると考えられていたが、ペジテの地下にて一体の格が発見された。映画版では一種のの状態で発見され、ある程度まで成長している。全な人工生命体というわけではなく、硬質セラミック製の内部格をもつサイボーグである。

」の中の「秘石」を操作することで、格に心臓筋肉が形成され成長を開始する。この「秘石」は巨神兵の成長や制御のキーのような役割を持っており、ペジテの生き残りであるアスベルが持ちだした秘石は最終的にナウシカの手に渡ることになる。
の部分には「東亜工廠」と読める商標ラベルがあり、恐らく旧世界の巨大産業文明である前文明の日系企業によって開発されたものと考えられる。(工という名称から企業ではなくや軍直属の機関という可性もある。)

なお、実際には巨神兵は兵器ではなく、前文明が自分達では最手に負えなくなった紛争を解決するために作り出した調停者、裁定者である。

映画版巨神兵の原画は庵野秀明が担当しており、『ふしぎの海のナディア』に登場する最初の地球アダムや『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するエヴァ及び使途等の巨人がこれに似ているのは、少なからず巨神兵のを受けたためと考えられる。

この映画版のクライマックスにおける巨神兵と王蟲の群れとの戦闘における、クシャナの「薙ぎ払え!」に続く一連のセリフや巨神兵のプロトンビームによる圧倒的な破壊の場面は、シナリオ(演出)、作画演技のいずれも印的で様々な媒体や作品でパロディにされている。

映画版の巨神兵

巨神兵(映画版)ペジテの地下で巨神兵の生きたが発見され、それを知ったトルメキア軍がペジテを占領、を奪取した。しかし本へ輸送している途中に重量過多により輸送艦付近に墜落クシャナ率いるトルメキア軍部隊はをも占領し、にて復活させようと論む。
物語終盤、ペジテ残党の手によって引き起こされた王蟲の大を撃退するべく、まだ体形成が不十分な状態で戦闘に駆り出された。全身を崩壊させながら発射された陽子は、一発王蟲を「薙ぎ払え!」するに相応しい威を発揮したものの、二発ではすでに瀕死のためほとんど効果を発揮せず、巨神兵はを残し、全に腐り落ちて死んだ。

映画版での巨神兵は、物語キャラクターというよりは、単なる生体兵器ストーリー上の大具といった扱いであった。しかし、クロトワが腐りゆく巨神兵の第一印を表現した「腐ってやがる。早すぎたんだ」といったセリフや、クシャナ薙ぎ払え!とともに放たれた撃が一薙いだあと、凄まじい爆発おこシーンなど、印に残るラスト一歩手前の盛り上がりを演出した。

原作(漫画)版の巨神兵

蘇生させられた巨神兵は秘石を持っていたナウシカを「」だと認識する。赤ん坊のように善悪の判断はつかず、すぐ暴れ出していたが、ナウシカによって「オーマ」と名付けられると急速に知を発達させナウシカに従うようになった。「オーマ」はエフタルルーツである古王)の言葉で「」という意味を持つ。
ナウシカとして慕い、しばらく行動を共にする内にナウシカもオーマを自身の息子として接するようになった。最終的に大ダメージを受けながらもシュワの墓所のを破壊し、最期はナウシカに看取られながら命を落とす。

映画版のものとは異なり兵器には本来不要なはずの知性を持っており、自らを「調停者」と名乗ったことから、かつて環境汚染や人口増加で崩壊寸前だった文明の調停者として造られたことが伺える。

能力

生体陽子粒子加速オーガニックプロトンアクセラレイション・キャノン
口腔部に内蔵されているビームであり、口蓋から陽子ビームプロトンビーム)を発射する。陽子ビームが対に当たると一にして山一つ吹き飛ばす程の強爆発と巨大なきのこを引き起こす。反面、一発撃つごとに体の崩壊を促進させてしまう。又、額からは低出ビームの発射が可
浮遊・飛行
曲により宙に浮いたり飛んだりすることができ、高速移動が可

上記のを含め、全身のをつかうたびに周囲に「」を撒き散らす。放射線かそれに類する有物質であり、これによってナウシカは苦しみ、キツネリステトは命を落としてしまう。

関連静画

関連立体

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 19
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

巨神兵

178 ななしのよっしん
2020/06/22(月) 22:49:11 ID: n03Bb1qy+2
>>177 厳密にはそうだね。(調子乗ってスイマセンでした) 

👍
高評価
0
👎
低評価
0
179 ななしのよっしん
2020/06/27(土) 01:45:55 ID: qzEUI2EjtI
王蟲はさすがにテレパシーだけど巨神兵普通に喋るだろ、吹き出しの形的に。
どうやって喋ってるかは知らんけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
180 ななしのよっしん
2020/07/09(木) 14:19:29 ID: YQICY+ysvc
>>148
あそこくたびれたおっさん背中に見える
「あ~終わった終わったく帰ってんで寝よ」
👍
高評価
0
👎
低評価
0
181 ななしのよっしん
2022/03/03(木) 02:30:08 ID: F/w+lyw92I
漫画版を読んで巨神兵が哀れすぎて泣いたあと映画版を見るとまた哀れすぎて泣いてしまう。
オーマの体が崩れたのってすぎたというより腐海ということでいいよね?
腐海王蟲≒墓所が同じ由来なのに対して墓所の「世界を滅ぼした怪物を呼び覚ますのはやめろ」のセリフで敵対してる勢が作った、もとい巨神兵を滅ぼすために腐海が作られたとも読めるし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
182 ななしのよっしん
2022/03/07(月) 09:12:32 ID: KkxtR0bpRq
に瘴気はないから、体が崩れたのに腐海は関係ないぞ

あと漫画版でも墓所と巨神兵が敵対してるかは微妙、作中で関係性は特に示唆されてなかったはず
腐海が作られたのも汚染されきった地球を浄化することが的で、巨神兵は関係ない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
183 ななしのよっしん
2022/04/21(木) 10:41:50 ID: 64xWXaDpU7
漫画の一話とかで出てくる巨神兵化石、コックピットがるようにみえるけど調停者ってコンセプトなら人が乗れるようになってるのはおかしいよな?
もしかしたら人が乗れる巨大ロボットによる戦争もあったのかもしれないって考察もできる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
184 ななしのよっしん
2022/06/26(日) 23:33:53 ID: RYhJyV0r03
火の七日間は墓所造った連中と腐海ごと焼き払うために巨神兵を持ち出した結果じゃねーのとか疑ってしまう
腐海誕生と火の七日間時系列はあまりわからなかったけど、腐海の浄化プログラムは当時の絶望的な世界でも必死に生きてた人類にとっては「世界全てを巻き込んだ自滅」でしかないわけで

墓所が外部からの攻撃を想定してる時点で腐海の種の胞子は当時の世界中にテロ同然に撒かれただろうし、拡大速度がヤバくて通常兵器で…ダメだったから核で…それでもダメで…って流れで、ついに巨神兵を持ち出して世界を焼き払うしかなくなったんじゃないかと
👍
高評価
0
👎
低評価
0
185 ななしのよっしん
2022/09/14(水) 19:57:05 ID: wsH/Ggw+I7
巨神兵が旧人類の守護者だったとすると、成長したオーマの調停者然とした態度や伝承が不自然な気もするが、火の七日間で同程度の技術を持っていておかしくない文明が何故むざむざ焼き払われたのかの説明としては説得あるな
抵抗したけど敵わず、結果として全部焼き払っちゃったと
それでいくと伝承は墓所が歴史めて伝えた結果か
👍
高評価
0
👎
低評価
0
186 ななしのよっしん
2022/12/04(日) 22:48:48 ID: n03Bb1qy+2
オーマがナウシカ母親と認識したり彼女のために従順なところを見ると、どうもベビーメトロイドと重なるんだよな…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
187 ななしのよっしん
2023/01/30(月) 10:30:52 ID: QMXIIKIb8V
>>183
というかそうとしか思えない。
勘違いされがちだけど、ロボット巨神兵漫画序盤だけの設定じゃないんだよね。原作3巻のオーマ発見時の様子をシーンでも、オーマはロボット未完成品だと思われていた。
👍
高評価
0
👎
低評価
0