愛・おぼえていますか単語

アイオボエテイマスカ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

愛・おぼえていますかとは、TVアニメ超時空要塞マクロス」の劇場版超時空要塞マクロス - 愛・おぼえていますか」、および、同劇場版での主題歌「愛・おぼえていますか」のことである。

劇場版「超時空要塞マクロス - 愛・おぼえていますか」

マクロス劇場版

1982年から1983年にかけて放送されたTVアニメ超時空要塞マクロス」のヒットを受けて制作され、1984年開された劇場版アニメ
基本的なストーリーや設定はTVアニメ版を踏襲しているが、一部にTVアニメ版と劇場版の違いが見られる。

 → TVアニメ版については、「超時空要塞マクロス」参照。

TVアニメ版と劇場版の主な相違点

「柿崎ぃぃぃぃぃ!!!」について

この劇場版においても、一条輝の同僚の柿崎はあっけなく死亡する。
死亡原因はTV版と異なり、メルトランディミリアの初撃による撃墜である。
TV版ではマクロスの全方位リアバーストから逃げ切れずに消滅)
その最期の姿は一条輝機の通信モニタ画面内での事を女性関係でひやかしている最中で、この際もは「柿崎ぃぃぃぃぃ!!!」と叫んでいる。
ちなみに劇場版における死亡フラグチョコパフェモンスター。(TV版ではサーロイン特大ミディアムステーキ

 → 「柿崎

劇中での曲「愛・おぼえていますか」の位置付け

劇中では、一条輝早瀬未沙が壊滅的な被害を受けた地球に降下した際、太古に滅びたプロトカルチャー文明の遺跡にて発見。
早瀬未沙により現在翻訳され、リン・ミンメイが唄うことになる。

最終決戦において、「文化」に触れることで、それを擁する人類を滅ぼさんとするゴルグ・ボドルザーに叛旗を翻したブリタイと、彼に呼応したゼントラーディ艦隊、メルトランディ艦隊がマクロスと共に基幹艦隊と対峙する。
この局面でリン・ミンメイ彼女が唄う「愛・おぼえていますか」が徴的な役割を果たしている。

ブリタイ  ジンゼムインバンアドクラス艦隊よりマクロスへ これより艦を援護する」
エキセドル プロトカルチャーの文化を 失うわけには参りません」
ブリタイ  リン・ミンメイの歌を聞く全ての者に告げる。
        等の敵はただひとつ。
        ゴルグ・ボドルザーを倒し、再び文化を取り戻すのだ」

後に第一次戦争と呼ばれるこの戦いを終結に導く鍵となったこの歌が、実は50万年前のプロトカルチャー文明社会にあって、何の特別でもなく当時 のありふれた流行歌のひとつに過ぎなかったことは、気の遠くなるような時をえてなお普遍的なものがあるということを表したかったのかもしれない。

Flash Back 2012

1987年に発売されたOVA超時空要塞マクロス Flash Back 2012」では、劇場版エンディングとなるであった(作中における)2012年リン・ミンメイコンサートシーンが新たに制作され、第一次戦争終結後最初の宇宙移民船となるメガロード-01(艦長:早瀬未沙)の出港場面と合わせて見ることができる。

 

曲「愛・おぼえていますか」

カバーについて

同曲はその後、他のアーティストによるカバーも複数出されている。

マクロスシリーズの作品世界における位置付け

後続のマクロスシリーズの作品世界において「愛・おぼえていますか」は、「この歴史的出来事を元に映画が作成された。その際の映画タイトル主題歌のことである。」という設定になっている。
同様に、劇場版の大元となるテレビアニメ版は「歴史的出来事をもとにしたシリーズドラマ」という位置付けとなった。
作品内で言及される場合には、このことを暗黙の了解として踏まえた上で受け止める必要がある。

関連動画

カバー曲関連

 

歌詞

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%84%9B%E3%83%BB%E3%81%8A%E3%81%BC%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

愛・おぼえていますか

33 ななしのよっしん
2017/05/16(火) 17:15:27 ID: 2ngxPA/K9j
昔のセル画アニメ良かったよねって話題になると大体あがる作品だけどこれと較してCGや最近の作画とかをくのはどうかと思う
34 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 21:42:29 ID: qXVXfIb4HX
 セル画だろうがCGだろうが、創るスタッフが優秀ならば相応の物が出来上がるだけの話じゃないの。
 作画崩壊は数十年前だろうが現代だろうが、酷い作品は酷いし。作画が安定しているものも同じ。
 新劇場版エヴァンゲリオンCG多用してるけど映像面は非常に美しい。やはり作り手が本質であって、表現媒体は写像に過ぎないのではないかと思える。
35 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 22:02:37 ID: GoiNj8qhxF
そもそもTV版にはになるくらいの作画崩回あるからなwww
一概にどっちがいいとは言えないわ
36 ななしのよっしん
2017/10/11(水) 01:37:47 ID: apNFiihH8W
最近何となく借りて見たけど、劇場アニメとして理想的に近いな
詳しい説明はないけど流れで何となく分かる、起承転結がものすごくハッキリしてる、最後の盛り上がりが凄いってな感じで
BD買おうかな・・・
37 ななしのよっしん
2017/11/02(木) 15:26:54 ID: HwThw8lbF9
曲自体は大したことない、そこらのラブソングを作ってください、って言われたとしても
歌で何万という大艦隊をひっくり返すなんてプロット聞かされて
クリエイターが黙ってられるわけないじゃん。

作中での評価は知らんが、
アニメ史上では片手で余裕で数えられる名曲というべきだろうよ。
(もちろんアニメ音楽映像込みで評価されるという含意込み)
38 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 18:08:59 ID: L1lSFz6piU
ごめん、覚えていない
39 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 18:17:49 ID: u7te+okCgY
>>39
そうか、そうだろうね!
40 ななしのよっしん
2019/12/04(水) 17:52:25 ID: zpfoq855AZ
それも狙いなのかもしれないけど、アイドルラブソングを歌ってる中で殺し合ってるのが不気味でしょうがない。
初見たときブリタイたちが援護するって言ったからここで平和に終わるのかと思った
作画でぶち殺しに行くんだもんなあ。見直したらドボルザー?もミンメイの歌に反応してるから、わかり合うのを期待してしまうんだけど、文化が50万年をえるんだかえないんだかわかんねえよ。アニメ版のは流れるの方が主人公人を助けるだけの役割なのも含めいいと思う
まあストーリーに期待するアニメじゃないのかもしれんが
41 ななしのよっしん
2020/09/15(火) 00:06:53 ID: AK0zRDLB7m
スパロボやってると勘違いしやすいけど
マクロスの劇中でが自分のカラーリングのSに搭乗したのは劇場版のほんの数分だけなんだよね。
テレビ版はフォッカーカラーだったし
42 ななしのよっしん
2020/10/10(土) 17:38:47 ID: EO+0WUi8ZF
>>40
歌(というか文化)を通して人間ゼントラーディはやっと「同列の存在」として並び立てただけ
例え同列の存在同士でも争いが絶えないのは多くのロボットアニメ現実世界を見ての通りよ
争い続ける方が有益だと思い続けた者と、そう思わなかった者との間で新たな戦争が始まり、すぐに決着がついただけ

急上昇ワード改