石狩沼田幌新事件単語

イシカリヌマタホロシンジケン
  • 5
  • 0pt
掲示板へ
未成年の閲覧注意

この記事には、実際にあった恐ろしい出来事が記されています、
グロテスクな部分もあるため、うっかり見るとトラウマになる可性があります。

心臓の弱い方、怖いものが苦手な方は注意しましょう。

石狩沼田幌新事件とは、1923年8月21日から、8月24日にかけて起こった事件である。

日本史上2番被害が大きかった獣害事件でもある(1位三毛別羆事件)。

概要

三毛別羆事件風化しかかっていた頃は、札幌丘珠事件と並んで有名な事件だったが、前者が有名になるとこちらの存在感はやや薄まってしまった感がある。

前者の凄惨さを考慮したとしても、こちらもまた1匹のヒグマによって5名の死亡者、2名の重傷者(一般的には、4名の死亡者と3名の重傷者扱い)を出しており、この事件もまた獣害事件として尋常ではない事態が起こったことを示している。

1日目―祭りの後の遭遇―

大正12年8月12日北海道沼田町内の恵地区で、聖徳太子職人として讃える太子講の祭りが開催されていた。普段は娯楽の少ない開拓村では、こういった祭りは大変重な娯楽行事であり、近隣からも多くの村民が訪れ、祭り大盛況となっていた。

祭りは相当に熱狂していたようだが、日付も変わりかけた午後11時30分頃には流石にお開きとなり、それぞれ参加者は集落ごとに一団を作って帰路についていた。
新地区の支線の沢や本通筋からやってきた一団もその一つで、集団でっ暗なを歩きながら帰っているところだった。その中の1人である三郎(19)は、途中で尿意を催して小用を足していたため、50mほど集団から遅れていた。

一団が新本通りの沢に差し掛かった頃、それを追っていた謙三郎は背後で物音がするのを聞いた。不思議に思って振り返ると、それと同時にい大きな塊が藪の中から謙三郎に飛びかかってきた。

そう、それはヒグマだったのである。

三郎は怒り狂ったヒグマの猛攻を受けたが、彼はまだ若くて血気盛んであった。必死にその馬鹿から逃れようともがき、そして運良く着物の帯にが引っ掛かったのを見ると、謙三郎は咄嗟の機転でを脱ぎ捨て、なんとか逃亡することに成功する。

三郎は慌てて一団の最後尾まで追いつき、皆にヒグマの襲来を一団に知らせた。だが、恐ろしいことにヒグマはその上を行っていた。彼が報告している頃には既に、ヒグマは一団の先頭にまで回り込んでいたのだ。
先回りしたヒグマは、まず先頭集団にいた村田幸次郎(15)を撲殺、さらにそのである由朗(18)に重傷を負わせた。撲殺された幸次郎の遺体はからバリボリと食われ、さらに由朗は重傷の身のまま保存食として地中に埋められた。

これが最初の被害者達となった。

1日目―家屋での攻防―

もちろん襲われた一団はパニック状態になった。やがて近くに農家を見つけると、皆はこぞってそこに逃げ込んだ。ヒグマを恐れた彼等は、追い払うために火を焚き、押入れや屋根裏に逃げこんで、臨戦態勢を整えた。
30分ほど経った後、ヒグマは一行が逃げ込んだ屋へとやってきた。幸次郎の内臓バリバリと咀嚼しながら

しばらくヒグマ屋の周囲をしているの、一団は感じ取っていた。人はにあるものを手当たり次第に投げつけて追い払おうとしたが、効果はない。やがて玄関に回ったらしいことに気づいた村田兄弟・三太郎(54)は、戸口を抑え、ヒグマが侵入しないように必死に抵抗した。
だが、ヒグマ怪力に押し勝てるわけもなくはすぐに崩壊、ついに三太郎スコップを手にヒグマへ攻撃を試みた。しかしヒグマは怯むどころか、むしろ反撃を加えて一撃の元に太郎へ重傷を負わせた

ヒグマは、皆が必死で焚いた火をあっさり踏み消し、隅で怯えている(外に残してきた子供を心配するあまり気が動転し、自らフラフラと外に出たという説も)太郎の妻・ウメ(56)にを付けた
次の標的として定められたウメは、なんとヒグマそのまま身体を咥えられて、連れ去られてしまった。三太郎は重傷の身でありながら、妻を奪われまいと狂ったようにスコップヒグマボコボコいた。しかし、頑丈なヒグマの身体にはまるで通用せず、抵抗も虚しくウメはそのまま山の中へと消えた。
クマが消えた方向からは、何度かウメが「助けてくれえ」と助けを乞うているいてきた。しかし、それはやがてウメ自身が唱え始めた念仏へと変わり、それすらもの音にかき消されてしまった……。

2・3日目―悲惨な現実と怒りの狩人―

22日、妻子を奪われ、自身も殺されかけた三太郎を初め、避難した一団は恐怖で憔悴しきっていた。
にある物でなんとかヒグマに抵抗していたことからわかるように、その農家にはなど猛に抵抗出来る装備がなかった。
対抗手段がない以上、次にヒグマが来たら、また犠牲者が出ることは明らかであるし、一行は闊に外に出ることも出来ず、ただヒグマの再襲来の恐怖に震えるしかなかった。

しかしそこへ救いの手が差し伸べられる。事情を知らない村人がたまたま通りがかったのである。
一行はすぐに助けをめ、そしてヒグマが近くにいないことを確認すると、すぐに村田兄弟の捜索へあたった。

ほどなくして、ウメは見つかった。下半身を全て食われ、絶命した状態藪の中から発見されたのである。
さらに地中に埋められた由朗も発見される。しかも彼はこの時点ではの息ながら生きていたのだ。
すぐさま由朗は病院に搬送され手当てを受けたたが、時既に遅し。彼もまた、ほどなくして息を引き取ったという。

さらに翌日の23日、この話は周辺に既に広まっており、アイヌ出身のマタギが3人ほど、ヒグマ討伐のために現れた。
その中の1人、長江政太郎は、その話を聞くと義憤にかられ、怒り狂った。アイヌでは人を食らう動物ではなく魔物であると見なされているからというのもあるが、このうえこんな悲惨な話を聞いて、動揺しないものなどいなかった。

そんな悪いクマは許してはおけない。自分が必ず始末しなくては!

討ちに燃え、1人で向かおうとする政太郎を、周囲は「危険だ」と止めた。が、彼はそれを振りきって単独で山へと消えていった。その後、数発が聞こえたものの、その日のうちに政太郎が戻ってくることはなかった。

4日目―最後の戦い―

24日、ヒグマを討伐するために在郷軍人や消防隊など300人が招集された。老人でなければ、周囲の男衆達もこれに駆り出されたという。
かしこの時、ヒグマはそんな人間達の動きを察知していた。一行が山に入ると、ヒグマは討伐隊の最後尾から突然表れ、隊に参加していた上野(57)を奇襲して撲殺、さらに近くにいた折徳治にも襲いかかり、重傷を負わせた。

もちろん討伐隊はパニックになり、彼等はヒグマ達の賢さと獰猛さに恐れ慄いた。だが、そんな討伐隊の中に、除隊直後の元軍人がいた。彼はそんな状況になんとか動じずに、勇気を持ってヒグマに向けて咄嗟に一発を放った。
これが契機となった。士気を持ち直した討伐隊は、一斉にヒグマに向けて弾を食らわせた。さしもヒグマもこれだけの弾を受けてはもう生きてはいられず、そのままの巣になって撃ち殺された。

全てが落ち着いたあと周囲を捜索すると、ヒグマを討ち取った現場のすぐ近くで、頭部だけ(左足だけとも)になった長江政太郎の変わり果てた姿が発見された。
先程ヒグマの攻撃を受けた折は重傷こそ負ったが、一命は取り留めた。

こうして、5人もの人間を殺したヒグマ襲撃事件は幕を閉じることになった。

補足などその他

死亡者5人、というのは村田由朗を含めた数である。しかし村田由朗はヒグマ討伐当時にはまだ息があったようであり、彼に関しては事件外の死亡という扱いになっているのが普通である。
しかし本記事では、由朗が明らかヒグマの手にかかった結果死んだこと、そしてなおかつそう時間を置かず死去していることをを考慮し、由朗を重傷者ではなく事件の被害にあって死亡した者として扱っていることを留意されたし。

ところでこのヒグマ、なぜ突然に人を襲ってきたのだろうか?
当時は場であり、いわゆるもたず(訳あって冬眠し損ねてしまい、気が立っているヒグマのこと)などといった、暴性が高まっている個体が現れる時期ではないはずなのだ。

その答えは、事件後の調で判明した。加は現場近く(つまり最初に一団が通りがかっていたところ)にの死体を埋めて隠していた。そこへ人間がぞろぞろとやってきたことで、彼等を保存食を狙う外敵と認識してしまったのだ。
しかもそのは、少しずつ計画的に食べられていたらしく、空腹感もあったのであろう、このヒグマは外敵を排除したうえで、さらに人食いという行為に及ぶに至ったのだろうと思われる。

事件を起こしたヒグマの毛皮は、近隣の小学校に展示されていたが、めぐりめぐって現在沼田ふるさと資料館に展示されている。
しかし今資料館は恒久休館中との話もあるので、見に行くなら事前に調べて今どうなっているかを確認したほうが良いだろう。

この事件は、三毛別羆事件の数年後に起こったことであり、三毛別の事件が風化の一途を辿っていた間は、こちらのほうが有名な事件となっていた。いずれにせよヒグマによる末恐ろしい事件であることに変わりはない。

三毛別羆事件のヒグマと比較して

事件を起こしたヒグマは、体長2m、体重200キロある個体だった。ちなみにその後ヒグマ解剖してみると、中からは、ザル一杯分の量の人と、消化しきれていない人のが一本が出てきたという。

このヒグマの行動は、三毛別羆事件ヒグマとはやや異なっている。三毛別の個体は、最初に女性を食らったことから味を覚え、女性ばかりを執拗に狙って食らっていた。
しかし本事件のヒグマが事件で最初に食したのは男性である。実際判明している中だけで見ると、少なくとも幸次郎と政太郎といった男性食べられている。ところがこのヒグマは、何故か屋に押し入った時に殴り倒した・三太郎を狙うことはしなかった。代わりにその妻・ウメを狙ったのであるが、当然ウメ女性である。

どうして三太郎を食事に選ばず、かつ女性であるウメをさらっていったのか、その理由は特に記されていないのでわからない。
素人の著者が考察するのであれば、重傷を負ってもなお必死に妻を取り戻そうと抵抗を続ける三太郎は、食事にするうえであまりにも面倒の多い相手だった。
一方でウメは、どちらの説を採用するにせよ、抵抗するという意思は見えなかったように思われる。なおかつ最初にの足しにした幸次郎の血縁者である。獲物として奪いやすかったからこそ、ウメは獲物として選ばれてしまったのかもしれない。

関連動画

動画時間19:29頃より、の一例として石狩沼田幌新事件の解説が始まる。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E6%B2%BC%E7%94%B0%E5%B9%8C%E6%96%B0%E4%BA%8B%E4%BB%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石狩沼田幌新事件

11 S
2016/10/17(月) 08:33:58 ID: R0QT+A4GDL
ここ数年、による事件事故が多いから注意喚起させるため特番でも作りゃいいのに、警告放送してるのラジオしかいんだよな
12 ななしのよっしん
2016/12/08(木) 03:15:54 ID: GMNMw5zLa1
>>8
お前んちクマ出るほど広いんか?w
13 ななしのよっしん
2017/01/18(水) 20:58:00 ID: 4zQjGrfS4M
くまー「狭ければを壊せばいい」
14 ななしのよっしん
2017/09/26(火) 14:51:23 ID: 6wf2wZ5KPm
2017年現在は事件のあった新地区にある炭鉱資料館に毛皮が展示されてるから開館中は何時でも見られるよ
15 ななしのよっしん
2018/01/06(土) 21:32:16 ID: OQO1yDbOew
先回りして奇襲、最後尾から奇襲...ちょっと戦術的過ぎじゃありませんか様。頭の良い猛とかそら神様扱いされますわ。
16 ななしのよっしん
2018/04/05(木) 15:17:42 ID: 0Y2bbPs/2a
著者の考察とかいらんわ
17 ななしのよっしん
2018/06/23(土) 07:30:28 ID: AX0S07MOp4
ニコ百科っていうゆるいまとめ記事なんだから、それぐらいあっても構わんよ
18 ななしのよっしん
2018/07/19(木) 21:51:19 ID: WVv6fHlp2E
ガチ読みたいならウィキペディアの記事にも行ってみるといいよ
19 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 05:30:46 ID: S14jqZYoJ/
三毛別の記事読んでて
あれ? 一人で退治に出かけて返り討ちにされた猟師って居なかったっけ?」
と思ったら、こっちの事件だったか
昔見た、やる夫スレと記憶が混ざってたみたい
20 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 06:08:42 ID: M4AS7NPxw8
長江政太郎創作物でこいつなんか強そうだけどやられちゃう人物感

急上昇ワード