今注目のニュース
これぞ「真の国民的漫画」と思う漫画ランキング
この背徳感がタマラナイ!『目隠し女子』のイラスト詰め合わせ
スーツケースが引き起こした“セルフ監禁事件” トイレに閉じ込められた本人が注意喚起

スーパープリキュア単語

スーパープリキュア

掲示板をみる(64)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スーパープリキュアとは、プリキュアパワーアップ形態の総称である。一部そうでないものがいるが、ここでは一緒に解説する。

概要

初出はふたりはプリキュアMaxHeart映画版第2弾。第1弾にもスーパーサイヤ人、あるいは明鏡止水よろしく全身が色のに包まれたプリキュアシャイニールミナスが登場するが、これが正式にどういった名前がついているかは明らかになっていない。

ふたりはプリキュアSplashStarで一度その血脈は絶えた(後にSSも制作されることに)が、Yes!プリキュア5劇場版にて復活、以降劇場版プリキュアといえばパワーアップフォームが登場するという慣習が出来た。

ちなみにそのパワーは凄まじく、デザインとしても特にMHのものは後年必ずといっていいほど背中に生える天使の羽の意背中にはない(衣装にはつきまくっている)など、とてもインパクトのあるデザインをしている。

なお、これらのパワーアップ形態はgogo!までは映画版限定で、本編には登場しなかったが、フレッシュプリキュア!ではキュアエンジェルが、スイートプリキュア♪ではクレッシェンドキュアメロディが、いずれも映画版で登場した後にテレビ本編終盤に映画版から逆輸入するかたちで登場し他のメンバーパワーアップしている。
さらにハートキャッチプリキュア!ではテレビ映画版同時期にスーパーシルエットが登場。スマイルプリキュア!ではこれまでで最速のスピード本編プリンセスフォームが登場している(ただし映画テレビ本編最終盤ではさらに上位バージョンウルトラキュアハッピー/ウルトラプリキュアが登場している)。
ドキドキ!プリキュアからはテレビ本編映画版とでスーパー化が異なり、さらにドキドキとハピネスチャージではピンクプリキュアに、Go!プリセスでは4人共に、最終盤に登場する最上フォームまで設定されているという形となった。

スーパープリキュア(MH)

映画 ふたりはプリキュアMaxHeart2 雪空のともだち』に登場するプリキュア初のパワーアップ形態。衣装に羽の意色が組み込まれ、アクセサリーハートが三つになっていたりなど、情報量の多いデザインスパークル・ブレスは標準装備。

空中浮遊を持ち、続編のSSに影を与えたような設定も見られる。スピードパワーが格段と上昇し、劇場版の敵である強敵、ギリンマココフリーズンとフローズンを倒した。

必殺技は「プリキュア・マーブル・スクリューマックススパーク」。スーパープリキュア形態のシャイニールミナスとの合体技は「キストリーム・ルミナリ」。

なお、シャイニールミナスひなた鳳凰)を復活させるために変身戦闘はしていないが重要なシーン変身している。この際のハーティエルバトンはちょっとな色合いになっている。

ブライティブルーム&ウィンディイーグレット

日向咲美翔舞を参照。

本来の劇場版にも登場しなかったSSチーム念願のパワーアップフォーム。

必殺技は「プリキュアスパイラルハートスプラッシュ

スーパープリキュア(5)

ミラクルライトによって、プリキュア5全員変身した、スーパープリキュア。初代とは異なり、ちょっぴり衣装が変わり、の羽が生えた姿になるのみ。5GOGOでは衣装こそ変わらないものの、羽の生えた5人に変身したことがある。

必殺技は「プリキュアファイブ・エクスプロジョン」。

シャイニングドリーム

前作とは異なり、キュアドリームだけがミラクルライトパワーアップした姿。前作はマイナーチェンジ的な衣装チェンジだったが、シャイニングドリームはだいぶコスチュームも設定が異なる。

詳しくは夢原のぞみにて。

キュアレインボー(5GOGO)

アンニャロー、一人だけパワーアップしやがって」と密かに思っていたかも知れないドリーム以外のメンバー達のパワーアップフォーム。

しかしシャイニングドリームとは違って「○○ルージュ」みたいな名前はなく、皆キュアレインボー版ということになっている。ミルキィローズもしっかり変身しており、こちらは「レインボーミルキィローズ」というそれらしい名前がある。

デザインとしては前作の5スーパープリキュアのようなもので、あまり立った変化はない、まぁおこぼれに預かったような感じなので仕方ないとも言えるが……。

シャイニングドリームとキュアレインボー状態のプリキュア4人の合体技は「プリキュアレインボーローズ・エクスプロジョン」。

キュアレインボー状態のミルキィローズの技は「ミルキィローズメタルブリザード」。

キュアエンジェル

映画版におけるキュアピーチ、あるいはフレッシュプリキュア最終決戦にて登場したフレッシュプリキュア!チームパワーアップフォーム。

劇場版では五体ピックルンが、変身解除してしまったラブピックルンにを与え、キュアピーチをキュアエンジェルへと変身させた。

本編では、なんと全員がキュアエンジェルに変身。便宜上エンジェルピーチエンジェルベリーエンジェルパインエンジェルパッションという名前がある。(データカードダスでは『キュアエンジェル(キュアピーチ)』みたいになっているが)。

ピーチ以外の3人は5同様マイナーチェンジ。しかしパッションは露出度アップベリー戦闘メカザブングルになるなど、前作のそれよりかは若干個性が出ている(もっともベリーオールスターズでは普通羽根になっているが)。

なお、「S.H.Figuarts」でキュアエンジェルピーチフィギュアーツ化されている(但し、魂ウェブ商店限定)。

キュアレインボー(ハートキャッチ)

キュアブロッサムキュアマリン変身したパワーアップフォーム。

例によってデザインマイナーチェンジである。
とりたててあげるところは頭の飾りに羽が生えたり、スカートびらが増えたくらいか。

ただし、今度のハートキャッチプリキュア!劇場版ではまた別の強化形態が出る可性もある。というか、出た。

ハートキャッチプリキュア・スーパーシルエット

上記のハトプリ組にキュアサンシャインキュアムーンライトの後期追加メンバーを加え、4人が変身したパワーアップフォームで、ハートキャッチミラージュを使って変身する。

全体的に衣装くなり、ハート形の羽根も装備。
他にもスカート丈が長くなったり若干伸びたりと、キュアレインボーを黒歴史化する勢いの変貌っぷりである。

必殺技プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ」。いわゆるゴッドハンドである。

なお、「S.H.Figuarts」でスーパーシルエット形態の4人がフィギュアーツ化されている(こちらも魂ウェブ商店限定)。

無限シルエット

ハトプリ最終回で登場。巨大化したデューンに対応すべくハートキャッチミラージュを使い、
プリキュア達と妖精たちのを結合して誕生した天元突破プリキュア限のの化身。戦隊ヒーローでいう巨大ロボである。
その大きさは人間サイズはるか越したシリーズ史上最大のプリキュアで、身長は数メートルいやもしかするとキロメートルえているかもしれない。一方衣装は最終形態でありながらフリル等のヒラヒラは一切かれており、いたってシンプルマントピンクミニスカートワンピース、そしてふとももまで届くロングブーツを履いた姿で、オッドアイ(左が、右が)である。

必殺技は「プリキュア・こぶしパンチ」。おしりパンチ、からだパンチ、全部パンチに次ぐ直球ネーミング

スーパープリキュア(スイート)

オールスターズDX3での強化バージョン。全体的に肌の露出が減少し、スカートの丈も2段構造のロングになる。キュアメロディはさらに肩にフリルも追加。

前作同様にやっぱりというかオールスターズ限定バージョンとなった。

クレッシェンドキュアメロディ/奇跡の変身

映画で初登場したスイートプリキュア♪パワーアップ形態、プリキュアえたプリキュア映画ではキュアメロディのみだったが、本編第47話で残りの3人もクレッシェンド化した。この際の名前はクレッシェンドメロディ、クレッシェンドリズム、 クレッシェンドビート、クレッシェンドミューズとなっている。

全体的にくなり、スカートの形状も変化、頭のリボンと肩の部分が羽根のようになり、さらにクレッシェンドトーン同様の羽根と尾を身につけている。

映画では仲間を守ろうとするキュアメロディの心をクレッシェンドトーンが認め、そのを与えられたことでパワーアップした。必殺技は「プリキュア・パッショナートハーモニー・クレッシェンド」。リズムとのパワー差があるため、メロディ側のト音記号が最初は大きいが、その後リズム側も呼応する形で大きくなる。

TVではノイズとの最終決戦で、ノイズを救おうとする4人のプリキュアに呼応し、フェアリートーン合体してクレッシェンドトーンとなり、そのを得て4人ともパワーアップ合体技「プリキュアスイートセッションアンサンブル・クレッシェンド・フィナーレ」を放ち、ノイズを倒した。

プリンセスフォーム

スマイルプリキュア!でのパワーアップフォーム。これまでのものとは異なり作中の中盤で登場し、しかも登場自体が歴代最速かつ、作品開始時点でオープニング映像でその登場が予告されていた。

通常コスチュームの上にケープのようなものを羽織り、頭にはレインボーヒーリングで既に付けているティアラを中心に、天使のようなる輪っかと羽根を付けている代わりに、通常時に見られるカチューシャやサークレット省略されている。

また、ただでさえボリュームが凄いことになっている髪型も一層ボリュームアップ、特にサニーロングヘアになる上にお団子頭リボン結びのようになり、ビューティは後ろがたてがみのように変化している。

武器としてプリンセスキャンドルという、柄の上部分にペガサスをかたどったロッドを持つようになり、これによって合体技「プリキュアレインボーバースト」を放つことができる。さらに、ロイヤルクロックから召喚したフェニックスを得ることで強化技の「プリキュアロイヤルレインボーバースト」を放てるようになる。

なお、「DXF」(バンプレストのプライズ品)でプリンセスハッピー、「Figuarts ZERO」でプリンセスピースが立体化されている。

ウルトラキュアハッピー/ウルトラプリキュア

映画版でミラクルつばさライトを得て登場したキュアハッピー最上位形態。プリンセスハッピーベースになっているが、全体的にと淡いピンクを基調とし、羽根衣装を包み、大きなスーパーシルエットに見られる羽衣のような帯をまとっている。またブーツが左右非対称になっているのも特徴。

必殺技は見られないものの、 闇を払う撃を放つことができる。だがどちらかと言えば映画でのエンジェルピーチのような慈のスーパープリキュアと言えるだろう。

テレビシリーズでは最終決戦ロイヤルキャンディを得て5人全員が最終形態に変身ウルトラ化したついでにポーズウルトラマン映画とは意若干異なる。単独で絶望巨人を振り払い、皇帝ピエーロをも圧倒する力を持っていたが、最終形態のピエーロに対しては「プリキュアウルトラロイヤルレインボーバースト」も通じなかった。しかし、ミラクルジュエルの最後のを用いて、ウルトラ形態のプリキュア5人とロイヤルキャンディ合体技「プリキュアミラクルレインボーバースト」を放った後、最後に巨大化したウルトラハッピーピエーロ折り包み込むように消滅させた。

余談だが、ウルトラハッピーのその容姿や巨大化映画や第48話、さらには第45話での三幹部の浄化からみて、シルエット、またはどこぞの概念さんを連想する人がいるとか。

キュアハート・エンゲージモード

映画版でミラクルブーケライトを得て登場したキュアハート最上位形態。ウェディングドレスを模したロングドレスに身を包んでおり、もボリュームアップしている。

クラリネットとのラストバトルで反撃される中、キュアハートマロがかばい、直撃を受ける。マロが死んだときに現れたプシュケーをキュアハートが取り込み、思いを引き継ぐ事でエンゲージモードへと変身した。最初持っていたブーケを矢に変え、クラリネットめがけての矢を放ち破壊する。

エンジェルモード

40話から登場したドキドキ!プリキュアでのパワーアップフォーム。劇中では名称が明らかになっていないが、幼児誌ではその名称が明かされている。見たノーマルそのままだが、 プリキュア達の背中が生えている。マジカルラブリーハーブマジカルラブリーパッドセットした後に弾くことで変身、技も「プリキュアロイヤルラブリーストレートフラッシュ」にパワーアップした。但し、キュアハートがいないと変身できない。また、変身後に飛行もできる。

キュアハート・パルテノンモード

最終回で登場したTV版でのキュアハート最上位形態。他の4人のプリキュアを得て、さらに三種の神器であるマジカルラブリーパッドミラルドラゴングレイブ・エターナルゴールデンクラウンを受け取って変身した。エンジェルモードの形態のままマントを羽織っており、色合いも淡いピンクが基調となっている。

そのパワースピードプロトジコチュー駕し、拳をっ向から受け止め、複数の拳によるラッシュを残像でかわし、一気に成層圏にまで蹴り上げた後に自らも成層圏に飛び、プロトジコチューの放ったビームキックで切り裂きながらそのままかかと落としで地球に蹴り落とすという、かなり武闘プリキュアとなった。ジョー岡田く「想いのがひとを強くする。かを守りたいという想いのを持つ女の子でもプリキュアになれる。その宇宙を生みだしたビッグバンにも匹敵する」とのこと。

最後はマイスイートハートで浄化したとは言え、ここまでラスボスと1人で渡り合ったプリキュアは後にも先にも出ないんじゃないんだろうか。

ちなみに、漫画版ではキュアハート以外の4人もパルテノンモードに変化、レジーナもこれに合わせる形で変化している。

イノセントフォーム

ハピネスチャージプリキュア!でのパワーアップフォーム。第32話でキュアフォーチュン、第34話でキュアプリンセス、第35話でキュアハニー、第36話でキュアラブリーがこの形態に進化している。共通のコスチュームい、スカートには4人のイメージカラーであるピンクパステル調で配色され、には大きいリボン羽根状に広がっている。また、4人の髪の色若干淡くなり、もボリュームアップした。

それぞれ個人技(ラブリーラブリー・パワフルキッスプリンセスプリンセスウインディウインクハニープリキュアハニーテンプテーション、フォーチュンプリキュアエメラルドイリュージョン)を持っている。また上位合体技としてイノセントハーモニーマイクを使い、4人で歌うことで発動する「プリキュア・イノセントプリフィケーション」がある。
発動には毎回歌う必要があるのだが、決して「はよ行けよ」などと突っ込んではいけない。 

スーパーハピネスラブリー

映画版に登場するキュアラブリーパワーアップフォーム。バレエ白鳥等に見られる羽毛があしらわれたチュチュ状のコスチュームい、飾りも白鳥のそれのような形状となっている。また背中には大きながある。

ブラックファングとのラストバトルで特攻していったラブリー、その姿を見てつむぎ応援することでミラクルドレスライトを阻んでいたい糸がくなっていき、応援ラブリーに届くことでスーパーハピネスラブリーへと変身した。「プリキュアミラルラブモーション」をブラックファングめがけて撃ち込み、さらに仲間たちと共に突撃、打ち破った。

フォーエバーラブリー

最終決戦で他のプリキュア達など世界中の祈りのを得て変身したキュアラブリー最上位形態。ラブリーの基本コスチューム進化させ、肩部分にフリルが施され、スカートの上にさらにフリル上の大きな前開きスカートが広がり(クレッシェンドキュアメロディのそれっぽい感じ)、共通のベストではなくくなり、背中にはリボンによる羽根が付けられている。また、も大きなリボンを付けている代わりにラブリーの特徴であったポニーテールではなく下ろした状態となっている。

パワーアップした姿でレッドしい戦闘を繰り広げ(拳でってる面が強いのはやっぱりキュ荒ブリーか)、最後は「プリキュアフォーエバーハピネスシャワー」でレッド地球を浄化した。

余談だが、非公式にはプリチェンミラーの音解析で、公式的にもイノセントフォームのプリカードコレクションにこれのカードが同梱されていたり、サントラ2枚にも曲名として出てきているなど、い段階でその存在が明らかにされていた。

モードエレガント・プリマヴェーラ

春のカーニバルで登場した、オールスターズ限定フォームとしては4年ぶりとなる上位形態。とはいっても、名前から分かるように、プリンセスプリキュアの3人のみが変身なもので、コスチュームも通常のモードエレガントハートの装飾を大幅に施している。

はるかたちの歌に呼応して現れたオールスターズドレスアップキーを使うことでモードチェンジしている。ドラゴンとの決戦時に使用し、歴代プリキュアたちのを得て合体技「プリキュアレインボートルネード」を放っているほか、「ドリーミング☆プリンセスプリキュア」のダンス披露時にもこのモードで踊っている。

余談だが、これもプリンセスパフュームの音解析で々に明らかになっていた。「これももしかして?」という憶測があったが、結局期決着というオチに。

モードエレガント・ドレスアッププレミアム/ロイヤル

30話から登場したGo!プリンセスプリキュアでのパワーアップフォーム。プリンセスパレスに4本のプレミアムドレスアップキーを差し込むことで発動し、それぞれの袖部分はもともとのデザインを踏襲しつつも、基本的にはプリンセスラインドレスで統一され、ラインリボンがそれぞれのイメージカラーを淡く配色している。

この形態になることでプリンセスパレスを発揮させ、合体技「プリキュア・エクラエスポワール」を使うことができる。

39話からはその上位版であるモードエレガントロイヤルロイヤルドレス)が登場、プリンセスパレスロイヤルキーを挿すことで発動し、ドレスアッププレミアムにさらに結びのレース羽根が追加される。

この形態で上位合体技「プリキュアグランプランタン」を使うことができる。

モードエレガント“ハロウィン”

映画版の長編「パンプキン王国のたからもの」でのプリンセスプリキュアパワーアップフォーム。ここ数年は主人公のみだっただが、今回は映画ハトプリでのスーパーシルエット以来となる4人ってのスーパー化となる。ドレスアッププレミアムとはベースが一緒ながら、「ハロウィン」と銘打っているだけあってカボチャ特有の黄色オレンジがかった色合いになっており、ティアラや飾りにもカボチャやつるを模したものがあしらわれている。なお、デザインは本職のドレスデザイナーである小林栄子が手がけており(そこからアニメの設定画に起こされている)、実際にフローラ仕様ドレス制作され、新宿バルト9(開当初)やT・ジョイ大泉11月9日から)といった映画館でも展示されている。

パンルルプリキュア達の絶望しない心が元となって、パンルルペンダントがり出し、そのからカボチャの実がなる木が出現カボチャは蔓からと実がなるとつっこんではいけない)、成った実がミラクルプリンセスライトへと変化し、そのによってパンプキンドレスアップキーが出現する。それを使うことでこのモードエレガント変身し、エクラエスポワール同様にパレスにウォープを固定し取り囲んで「プリキュアハロウィン・エクレール」で打ち倒した。

グランプリンセス

49話で登場したGo!プリンセスプリキュアでの最終形態で、全ての人々の夢のを受けて、「夢の導き手」として覚醒した姿。基本はドレスアッププレミアムと同様だが、ワンポイントカラーを除く共通の色のドレスの上に同じく色のローブをい、長いをもち、頭上にはレースの輪が浮いている。

この形態で攻撃やバリアーを貼るだけでなく、全てのドレスアップキーが合わさってできたドレスアップキーで「プリキュアグランリベラシオン」を放ち、ディスピアを消滅させた。また、通常のモードエレガント状態だけでなく、モードリティ的な状態である「モードデュオローグ」にすることも可で、この状態でこれまでの技も使うことが可となっている。

スーパーミラクル/スーパーマジカル

みんなで歌う♪奇跡の魔法!』で登場した2年連続の当代プリキュア限定スーパープリキュア。

ミラクルステッキライトのを得る形で完成したソルエールの究極の魔法を受けて、キュアミラクルキュアマジカル変身したもので、ダイヤスタイルコスチュームの裾が伸び、背中には大きなをつけている。最終的には歴代プリキュア達のも得て必殺技トラウーマを撃破した。

魔法つかいプリキュアオーバーザレインボー(アレキサンドライトスタイル)

31話から登場した魔法つかいプリキュア!での上位形態。リンクルストーン・アレキサンドライトを用いて変身することが可で、ミラクルとマジカルダイヤスタイルベース状のマントを到着し大きい帽子をかぶるようになり、フェリーチェはロングドレス状のコスチュームへと変化するほか、頭頂部に巨大なお団子ヘアが形成されている。

これの形態でレインボーキャリッジにアレキサンドライトをはめ、プレシャスブレスで操作することで魔法プリキュアエクストリームレインボー」を放つことができる。デウスマストとの最終決戦ではリンクルストーンの精霊全てに認められることで、レインボーキャリッジの魔法陣が全展開し、それによる太陽魔法プリキュアエクストリームレインボー・サンサンジュエリー」を使用している。

ハートフルスタイル

奇跡の変身!キュアモフルン!』で登場した映画版限定フォーム。基本的に上述のアレキサンドライトスタイル生形で、全体にピンクがかり、ピンク色も装着される。さらに映画のみに登場するキュアモフルンも他の3人に併せる形でこのスタイルに変化する。

シャドウマターとの戦いの末、最後の段階で校長の号の元、魔法界の住人たちが願いを言葉にする形でミラクルライトを振って応援したことで、願いの石から変化したハートフルリンクルストーンがさらなるを出し始める。リンクルストーンをレインボーキャリッジをはめることでハートフルスタイルへと変化、さらに4人のプリキュアがプレシャスブレスを装着し魔法陣を操作することでエクストリームレインボーバリエーションである「プリキュアハートフルレインボー」をシャドウマターめがけて発射、消滅させた。

スーパープリキュア(アラモード)

パリッと!想い出のミルフィーユ!』で登場するキラキラ☆プリキュアアラモード映画版限定フォーム。久しぶりに映画版でそのまま「スーパープリキュア」という呼称が使われることになる。背中が生え(通常時でもがあるキュアパルフェが大化しコスチューム左右対称に)、色合いも基調で淡い感じになっている。

アラモードスタイル

キラキラ☆プリキュアアラモードテレビ本編での強化形態。キラキラクリーマーの玩具発売時に付属するスイーツキャッスルも含めてその存在は既に明らかとなっていた。

キラキラクリーマーにスイーツキャッスルを装着してを発動させることで、動物のようなふわふわモコモコヘッドドレスドレス姿(キュアショコラは変わらず王子さま然としているが、スパッツが消えスカート立つ感じに)に変化する。その姿から案の定Goプリモードエレガントを連想した人が多い。ちなみに最終盤ではキュアペコリンも登場するが、彼女の大きいリボン背中につけられるというスーパー化を果たしている。

この形態でプリキュアアニマルゴーランドの強化版である「プリキュアファンタスティックアニマーレ」(ペコリンが加わった場合はファンタスティックアニマレスシャル)を放つことができる。

チアフルスタイル/マザーハートスタイル

HUGっと!プリキュアでの強化形態。第31話で初登場し、5人のプリキュア達の想い出とが高まったこと、そしてはぐたんによる不思議なミライクリスタル・チアフルが出現、それをミライパッドにはめて変化したメモリアルキュアクロックを発動させることで変身する。

基本的にウェディングケープ状の飾りを被り、の増量との形状が変わるのだが、エール部を露出しなくなり、アンジュは肩の羽部分が大きくかつ周りのケープものようになり、エトワールはスカートが二重化、マシェリはバルーンスカートへと変化し、アムールロングスカートハイヒールへと変化する。さらにはぐたんもこれに併せてドレス姿へと変わる。

この形態になり、5人のクロックに集めることで、合体技「プリキュア・チアフルアタック」を使うことができる。この時発動シーケンスにははぐたんも加わっている。

39話ではさらにミライクリスタルホワイトが変化したミライクリスタルマザーハートクロックにはめることで、チアフルスタイル妖精のような羽根が付いたマザーハートスタイルへと変化、プリキュアミライレスを装着することでさらなる上位合体技を使うことができる。

関連動画

スーパープリキュアに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP