ジュンライトボルト 単語

8件

ジュンライトボルト

3.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ジュンライトボルトとは、2017年生まれの日本競走馬である。鹿毛

な勝ち
2022年:チャンピオンズカップ(GI)、シリウスステークス(GIII)

概要

ジュンライトボルト
Jun Light Bolt
生年 2017年4月27日
サラブレッド
性・毛色 鹿毛
生産 日本JPN
生産者 ノーザンファーム
(北海道町)
馬主 河合純二
調教師 康夫 (東)
名意味 冠名+稲妻+落
初出走 2019年7月21日
抹消 2023年9月13日
戦績 28戦7勝[7-5-2-14]
獲得賞 3億4365万5400円
競走馬テンプレート

キングカメハメハスペシャルグルーヴ、スペシャルウィークという血統。

2004年変則二冠馬としても多産駒を輩出し、2度のリーディングサイアーくなど非SS系種牡馬の王者として君臨。リーディング争いの壁だったディープインパクトとは違いダートでもトップサイアーの1頭で、ホッコータルマエを筆頭にダートの活躍も多数輩出している。
は2戦して勝ちがないが、その祖母は女エアグルーヴであり、したがってアドマイヤグルーヴルーラーシップ伯父にいる良血である。
1998年ダービーでありGI4勝を挙げた黄金世代の日本総大将ブルーメアサイアーとしては代表産駒シーザリオ子どもがめざましい活躍を見せている。

2017年4月27日ノーザンファームで誕生。オーナーは「ジュン冠名を用いる河合純二(埼玉不動産会社社長)。2018年セレクトセールにて、1億2000万円(税抜)で落札された高額である。
河合オーナー息子河合裕明も馬主で、選びや営との話し合いなど、馬主としての実務は息子の方がやっているらしい。

名意味は「冠名+稲妻+落」。

稲光、砂塵に奔る

2歳~3歳

東の名門・友康夫厩舎に入厩。2歳7月に芝2000mでデビューし3着。2戦で初勝利を挙げる。その後は条件戦で3着→2着と善戦しながら勝ちきれず、朝日杯FSは中団から押し上げるが6着が精一杯。2歳は1勝で終える。

3歳になり、初戦こそ1番人気を裏切り惨敗したが2戦で接戦を制し2勝。しかしGIIIアーリントンカップは7着、リステッド競走橘Sも2着と敗れ賞加算に失敗。からは自己条件を4度使われいずれも敗戦。3歳シーズンも1勝で終えてしまう。しかしこの頃にはデビューから体重が30kg近く増加しており、徐々に成長しつつはあった。

4歳

2021年も引き続き芝マイル戦線を走り、年明けから3敗して連敗を9まで伸ばしてしまうが、いずれも上がり上位で2着2回と着実に内容は良化。そして5月ケ池特別を3身差で大楽勝。返すで同末のむらさき賞も勝ち切り一気にOPまで昇格を果たす。しかしOPクラスでは再びにぶつかり、3戦して掲示板にも乗れずに4歳を終える。

5歳

ここまであまりまとまった休みがなかったジュンライトボルトだが、5歳シーズンを全休し7月に復帰。この時営はかねてより頭にはあったというダート転向を決定。休養前のレース出血を発症しており、芝で速いタイムで走ると再発のおそれがあるという事情もあったらしい。

かくして初のダート戦となるリステッド競走ジュライSに参戦。上はここから石川裕紀人となる。差しの末脚にこそ屈したが、4番手からって重賞ケンシンコウを抑えての2着に好走。ダート戦線に処を立てる。

新潟に転戦したリステッド競走BSN賞。再び先団に取り付き、上がり2位の末脚で後続も封じて快勝。ダートでの初勝利を挙げる。

次戦は2年半ぶりの重賞出走となるGIIIシリウスS。単勝7.7倍の4番人気という上位評価を受ける。レースは7番手から先団を追い、直線で外に持ち出されると末脚一々に先頭に躍り出て後続の追撃も封じて勝利ダート転向3戦重賞制覇を果たす。河合オーナーもこれが嬉しい重賞初制覇。

勢いに乗って挑んだGIチャンピオンズカップ。大一番ということで友師からは外国人騎手への乗り替わりも提案されたが、河合オーナー「いや、石川騎手で行く。石川騎手に全てを託す。今まで頑ってくれたから」の言葉で石川騎手の続投が決まった。
人気JBCクラシックを圧勝し、本競走連覇を狙うテーオーケインズ大本命で、あとは相手探しという状況。ダート3戦2勝と波に乗るジュンライトボルトはにOP戦線で強い勝ち方をしていたグロリアムンディと人気を分け合っての3番人気に支持される。

35番から発走したジュンライトボルト。上の石川裕紀人はスッと下げ、中団のインにつける。出負けから終始外に押し出されるテーオーケインズを見るように絶好位で脚を溜め、4で周囲に合わせるように仕掛けられる。この時点でまだ内にいたが、直線に入るやいなやテーオーケインズの背後に取って進路の開通を待ち、テーオーケインズが進出してスペースいた間を狙って外に持ち出される。ここで末脚に火がつき、みるみる加速してテーオーケインズを一のうちにかわす。さらに勢いを増したジュンライトボルトは内から来たハピ、さらにめ先頭から押し切りを図ったUAEダービークラウンプライドゴール寸前できっちり捕らえたところがゴールダート転向わずか4戦にしてGI称号を掴んだ。

上の石川裕紀人は9年で悲願のGI勝利インタビューではブラボー!!」で盛大に滑り「嬉しい以外の言葉が見つからない」と勝利の感慨にひたった。管理する友康夫調教師GI17勝。これが初のダートGI勝利となった。河合オーナーはなんとこの日が74歳の誕生日で、前走の重賞初制覇に続き、一気にGI初制覇をプレゼントした。

6歳

明けて6歳初戦は優先出走権をゲットしたG1サウジカップ上は初騎乗のライアン・ムーアとなった。
日本勢が6頭も出走したレースは、パンサラッサがいつも通りハイペースで飛ばし、他の日本勢がそれを追いかけたため全体がハイペースの消耗戦。こうなると脚をためて末脚勝負をしたいジュンライトボルトには分が悪い。パンサラッサと先行勢がそのままり込み5着までのうち4頭を日本勢が占める中、末脚不発で見せ場なく7着。ムーアは「馬場をあまりうまくこなせなかったと思います」とコメントした。なお賞フェブラリーSの2着より多く貰える模様。

転戦してのドバイワールドカップでは、パンサラッサとリモースの殺人ハイペース込みで揉まれた事に加え、が喉に入って咳込んだこともありシンガリ15着に撃沈。

後は帝王賞へといったその矢先、5月25日河合オーナー出資法違反で逮捕されるという憂きに遭ってしまう。ワールドプレミアの件もそうだけどは悪くないんや…… なんやかんやありつつ事出走することは決まった。石川裕紀人を再び上に戻して挑むも7着に破れた。

その後はしばらく放牧されていたが9月12日に友厩舎より引退が発表。友師は「これからダート路線の体系が大幅に整備される中で、種牡馬としての需要が高まりそうないいタイミングなのかなと思って、引退させることにしました」と引退の理由を明かした。繋養先は優駿スタリオンステーション。翌13日を以てJRA競走馬登録を抹消された。若くして亡くなったドゥラメンテに近い血統(75%同血)ということもあり、ドゥラメンテ代替種牡馬としての役割も期待されるところである。

血統表

キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
*マンファ
1991 黒鹿毛
*ラストタイクー *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
スペシャルグルーヴ
2007 栗毛
FNo.8-f
スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
ソニックグルーヴ
2003 鹿毛
*フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
エアグルーヴ *トニービン
ダイナカール
競走馬の4代血統表

クロスNorthern Dancer 5×5(6.25%)

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
天外魔境II[単語]

提供: 高天原

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/22(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/22(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP