ドゥラメンテ単語

ドゥラメンテ

5.5千文字の記事
掲示板をみる(192)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ドゥラメンテとは、2012年まれの日本競走馬である。馬主一口馬主クラブサンデーレーシング

な勝ち
 2015年皐月賞(GI)、東京優駿(GI)
 2016年中山記念(GII)

超良血の・・・問題児?

名の由来はイタリア語で「荒々しく、はっきりと」という音楽

は非SS系の中心として活躍するキングカメハメハエリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴオークスダイナカールから女エアグルーヴとつながってきた良血の中の良血である。アドマイヤグルーヴ2012年10月死亡したため、ドゥラメンテが最後の子である。

デビュー前から高い素質が見込まれたが、トモの緩さがあったため焦らず調教を積み、2歳10月デビュー。圧倒的人気に推された初戦は出遅れいたか2着に敗れる。続く未勝利戦でもゲート内で暴れるという気の悪さは見せたが、レースでは人気に応えて先行集団から一気に突き抜け6身差で圧勝。素質の片鱗を見せつける一方、ゲート再審も頂いてしまう。
再審事通り、復帰したのは明けて3歳1月のセントポーリア賞。やっぱり1倍台の圧倒的1番人気に推されると、中団から全くレベルの違う末脚で5身差の楽勝。初戦で負かされたラブアマンとは、上がりが1も違った。
続いて挑んだのは、近年出世レースとされた共同通信杯。中1週の厳しいローテーションではあったが、4戦連続で1倍台の1番人気に推される。初めてゲートを決めて先行したのだが、これがとなったか中掛かり気味になり、上の石橋脩ともうまく折り合えずちぐはぐな競馬になってしまう。それでも直線で一旦は先頭に立つものの、内で璧に立ち回ったキャリア1戦のリアルスティールにかわされ2着に敗れた。

・・・というわけで、デビュー直後から並外れたは見せつけていたものの、常に気性の悪さという問題がついて回っていた。名は体を表すというが、とにかくも気性も荒々しい若だったのだ。

さて、共同通信杯は2着に敗れたとはいえ賞は加算できた。そこで営はトライアルを使わず、思い切って除外覚悟で皐月賞直行を選択。そして事に出走することになった。その後恐ろしいものを見ることになるとも知らずに・・・。

狂気と衝撃の二冠達成

皐月賞では初の中山コースということもあってかやや控えめの3番人気。初めて1番人気を譲る形となった。上には、JRA所属になったばかりのミルコ・デムーロを迎える。
ゲート入りの前から何やら間抜け不自然な歩きを見せていたドゥラメンテ。今回も若干出負けしたが、内ということもあり理せず後ろの内々でレースを進める。3コーナー手前から内をじわりと進出。縦長だった群が固まり、そのまま各が4コーナーを回ろうとしたその時だ。「おい、なんだあれ!?
テレビを見ていた競馬ファンはぶったまげた。なんか1頭、コーナードリフトでもしたかのように大外までぶっ飛んできたがいるんですけど。

・・・他ならぬドゥラメンテであった。どうやら、インから外に振ろうとしたらそのまま吹っ飛んでしまったらしい。上のミルコも「スゴい怖かった…」とったが見ていたこっちも肝が冷えたわ。

レースに話を戻そう。大外まで横っ跳びしたドゥラメンテが体勢を立て直している間、前では璧なレースを見せたリアルスティールが、しぶとくる3戦敗のキタサンブラックに襲いかからんとしていた。しかし、そんな2頭の闘などおかまいなしに、ドゥラメンテは残り200mから猛スパート。100mあまりでリアルスティールを捉えたかと思うと、なおも飽き足らず、結局1身半余り突き放して優勝した
断っておくが、これは皐月賞である。つまり直線が短くゴール前が急坂なことで有名な中山競馬場でのパフォーマンスである。あまりのレースぶりにフジ実況吉田伸男は「これほどまでに強いのか!!」と絶叫した。

上がり3ハロンは破格の339(ディープインパクト皐月賞より速い)。ちなみに上がり2位は345。なんかもう・・・別次元である。レースレーティング119と、ディープとオルフェーヴルを抑えて皐月賞史上最高のレーティングを獲得した。少なくとも21世紀の三冠馬2頭の同時期より上と評価されたのである。更にこの勝利で、ドゥラメンテは曾祖母ダイナカールから子4代GⅠ制覇。系からの4代GⅠ制覇は史上初の快挙だった。
ついでに、上のミルコ・デムーロJRA所属騎手としては初のGⅠ勝利になった。インタビューに受け答えするミルコ日本語もかなりうまくなってた。少なくとも岩田よりは。
とはいえ、世紀の大斜行ゴール前の過ぎガッツポーズが見過ごされるはずもなく。はお咎めなしでもミルコは開催4日間の騎乗停止を食らい、天皇賞(春)に騎乗できなくなってしまった。「裁決員スゴイ怒ってた」そうだが、当たり前だ。まあ調整ルームでRTして30日乗れなかったJRA同期のあいつよりマシだと思えば・・・。

迎えたダービーは、前走のえげつない勝ち方もあり当然一番人気。しかし一方では、荒すぎる気性から距離を不安視するもないではなかった。あるいは切れ味がすごすぎてマイラーじゃないかという予想もあった。・・・そういえば親父キングカメハメハも、ダービーの前には一部からマイラーじゃないかと思われてたとか・・・。

最近のダービーとしては不利な14番ゲートからスタートしたドゥラメンテ。「1,2コーナーでは行きたがった」とミルコは述懐するが、こちらからはとてもそうは見えないほど落ち着いて中団でどっしりと構える。そのまま直線を向くと、またも破壊抜群の末脚が炸裂。あっという間に前を抜き去ると、そのまま吹っ飛んだり大斜行することもなく、迫るサトノラーゼンとサトノクラウンをも寄せ付けず、見事二冠達成した。
勝ちタイム2分232。かつて、キングカメハメハ殺人ハイペースの果てに刻んだレコードタイムをコンマ1更新するダービーレコードだった。正々堂々のっ向勝負だろうと、その実は別次元にあることを最高の舞台明してみせた。ダービーで得たレースレーティングは121。またもオルフェ(120)をえ、ダービー史上最高のレーティングとなった。ちなみにディープダービーレーティング119。つまりドゥラメンテは、二冠を制した時点でも21世紀の三冠馬2頭より上だと見られているということである。ほんまかいな。

上のミルコ・デムーロ2003年ネオユニヴァース以来12年ぶりのダービー制覇。JRA騎手として初のダービーで掴んだ栄に、「あの時(2003年)はガイジ騎手だった。JRA騎手になれて本当によかった。日本騎手になった実感が湧いた」と泣きはらした。今回といいエイシンフラッシュの最敬礼といいヴィクトワールピサドバイといい、なんとも絵になる騎手である。

怪我に泣いた日々

ミルコは「ネオ以上。凱旋門賞チャンスがある」とり、ファンもこのの進路に期待を寄せていた…のだが、放牧先で両前脚の折が判明。全治半年で復帰は来以降となり、三冠も、斤量の有利な3歳の凱旋門挑戦もと散ってしまった。
思えばキングカメハメハも、ハイペースダービーを乗り越えたになって故障、引退となっている。皮なことに、同じくハイペースダービー覇者となった息子にもその運命はついて回ってしまう。

復帰は来年、東の古王道重賞中山記念。いわゆる「スーパーGⅡ」に名を連ねるこのレース2016年もその名に違わず実った。なにせ皐月賞3世代い踏みである。ドゥラメンテは9かの休み明け、しかも+18kg。営も調ではないという反応で、不安要素は満載だった。

それでも蓋を開ければ2.1倍の一本被り。レースも中団から手応えよく直線で伸び、最後は後方待機のアンビシャスに詰め寄られたがクビ差振り切って勝利勝とはいかなかったが、休み明けで七割くらいの出来だったことを考えれば上々の滑り出しとなった。

一時はドバイワールドカップ挑戦が取り沙汰され、「ダートに合うのか?」と不安視するがあったものの、ドバイシーマクラシックに出走する方向に固まった。堂々ドバイに乗り込むが、調教師眼鏡を頭突きで吹っ飛ばすなど、落ち着きのない姿を見せていた。そして直前になって、右前脚を落するアクシデントが発生。装蹄もできず、なんと右前脚は裸足のまま出走することになってしまう。それでも中団後方から末脚を伸ばし懸命に前を追うが、最後は前年のキングジョージ馬Postponedに突き放され2着に終わった。同日のドバイターフリアルスティールが圧勝しており、皐月ダービーと下してきた同期生に異の地では逆転される格好となってしまった。

後はグランプリ宝塚記念に出走。昨今の宝塚記念にしてはしく17頭と頭数が多く、また天皇賞なりたてほやほやのキタサンブラックや前年覇者ラブリーデイなど、GⅠ6頭がった。ドゥラメンテは昨年以降活躍できなかったのがいたか、ファン投票は6位と案外な結果(このときの1位同期キタサンブラック)だったが、本番は1.9倍の一本被り。しかしこの日はで、稍重の発表以上に馬場が渋っており、切れ味勝負のドゥラメンテにとっては不利な舞台だった。案の定ドゥラメンテは重馬場に体を消耗。最後は意地で脚を伸ばしてキタサンブラックを捕えるが、そこまで。重馬場巧者且つ、璧に立ち回ったマリアライトにはクビ差届かず、2着に敗れてしまう。

悲劇はそれにとどまらなかった。ゴール直後、ドゥラメンテは最も馬場の悪化していたところでバランスを崩して故障、直後にミルコは下し、ドゥラメンテはで運ばれた。直後の検左前脚の跛行と診断され、凱旋門賞の断念はこの時点で決定。さらにその後の検左前脚の球節の腫れや靭帯、腱などに複数の炎症が確認され、競争喪失と診断。そのまま引退となってしまった。世界王者となりえたはずの駿才は、その才を活かし尽せぬままターフを去ってしまったのである。凱旋門賞をはじめ多くのファンが見たのままに終わってしまった。

引退、そして早すぎる最期

9戦5勝2着4回。生涯連は外さなかったものの、僅か9戦しかできなかったことは余りにも惜しまれる。海外でも好勝負はできたと思われるだけに残念でならないが、競馬は勝ち負け以前に出られなければ勝てない世界。ドゥラメンテは「未完の大器」の域を出ないまま第二の人生に入る。
二冠を制している時点で十分名なのだが、なにしろその二冠が桁違いの内容であったし、後にJC春天連覇も果たすほどのとなったキタサンブラックには一度として先着を許していない。破格のを持っているとしもが感じていただけに「これで終わるはずじゃなかったのに」というのがファンや関係者の思いだろう。

2017年から種牡馬として繋養開始。キングカメハメハが体調不良で種付け数も減少しているが、後継者にはすでに叔父ルーラーシップロードカナロアがおり、ドゥラメンテはキンカメ×SS×トニービンという流ぞろいの血統が大きな制約になってきそうである。しかしその中でも初年度産駒のタイトルホルダー2021年弥生賞ディープインパクト記念勝利皐月賞では2着と好成績を収め、菊花賞でGI初勝利を収めた。

ちなみにドゥラメンテが馬場で時折やる変な行進(下の動画)は、ドゥラメンテの曾祖母であるダイナカールアメリカの女傑ゼニヤッタにも似たような癖があったそうで、岡部幸雄騎手く緊しているときのしぐさらしい。レースになればえげつないを見せるのに、本番までは緊ガチガチということなのか。なんかかわいい

2021年8月31日、繋養中の社台SSで急性大腸炎を発症。僅か9歳という若さでこの世を去った。その血統を残せたのは先述のタイトルホルダーら少ない頭数であることが惜しまれる。前述通り、同はドゥラメンテやキングカメハメハが成し得なかったの最後の1冠を奪取。将来種牡馬入りした際も、その脚を次代へ継ぐ存在になってくれるだろう。

血統表

キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
*マンファス
1991 黒鹿毛
*ラストタイクー *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
アドマイヤグルーヴ
2000 鹿毛
FNo.8-f
*サンデーサイレンス
1986 鹿毛
Halo Hail to Reason
Nothirdchance
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
エアグルーヴ
1993 鹿毛
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール *ノーザンテースト
シャダイフェザー

クロスNorthern Dancer 5×5×5

主な産駒

関連動画

なんだか楽しそう

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 190ななしのよっしん

    2021/11/25(木) 22:35:02 ID: qGs33dCvPL

    しかしどれだけ活躍しても種牡馬ドゥラメンテの時代は続かないのが悲しい

    残された産駒からに勝るとも劣らぬ怪物が生まれ後継種牡馬になるのを期待する・・・

  • 191ななしのよっしん

    2021/11/26(金) 05:17:52 ID: 1wi9hfaFWw

    キタサンブラック産駒が結構調子いいからもし生きてたら今後数年はここ2頭の争いが見れたんだなって思うと余計悲しくなるものが
    現役時の全盛期といいほんと噛み合わない...

  • 192ななしのよっしん

    2021/11/28(日) 11:50:48 ID: ZcF6gz08m7

    じゃないがクリーンスイープが驚異的な末脚を見せてるな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/02(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/02(木) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP