ウィッシングウェル 単語

6件

ウィッシングウェル

5.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ウィッシングウェル(Wishing Well)は、1975年生まれのアメリカ競走馬繁殖牝馬である。

歴史に名を残すスーパーホースとして名高い*サンデーサイレンスを産んだ繁殖牝馬として知られる。血統を考えれば自身の重賞2勝も突然変異的と言えたが、繁殖生活でさらなる偉業を達成した。

生産者は米国カリフォルニア州拠点をもつジョージ・アンドリュー・ポープ・ジュニアである。

概要

馬名の由来

名のWishing Wellは、wellを「熱心に」と解釈して「熱心に願う」という意味に受け取ることができる。しかし、wellを「井戸」と解釈して「願いをえる井戸」という意味に受け取るのが最も有である。

ヨーロッパの各地には「硬貨を投げ込むと願いが井戸」というのが各地に存在する。その中で有名なものはイタリアローマトレヴィのである。

ディズニー映画の『白雪姫』の冒頭にも「願いが井戸」が登場する。そのときに歌われる曲が『I'm Wishing』で、その歌詞の中にWishing Wellという言葉が入っている(歌詞exit)。

ちなみに日本東京ディズニーランドにも「白雪姫の願いの井戸」が存在し、観光客が硬貨を投げ込んでいる。

頑丈さが取り柄の父と、活躍馬皆無の牝系

Understanding[1]Mountain Flower[2]Montparnasse[3]という、現代から見るともはや何が何だか分からんような血統である。詳しく見ていこう。

まずアンダースタンディングはステークス競走1勝を含む87戦7勝2着16回3着12回の成績を残したであり、本以外に活躍した産駒皆無である。そのPromised Landは77戦21勝、祖Palestinianは45戦14勝という成績であり、頑丈さが受け継がれた血統である。

一方、マウンテンフラワーは7戦未勝利である。未勝利から活躍が出るケースは枚挙に暇がないが、ウィッシングウェルの牝系は常軌を逸していて、牝系を遡っても未勝利ばかりである。

ウィッシングウェルの2代Edelweissは不出走、3代Dowager[4]は2戦未勝利と言われ[5]、4代Marcellinaは不出走である。

ウィッシングウェルから見た高祖母まで4代続けて勝ちらしい勝ちマークしたがいない。一応もっと遡っていくと、5代Belle Mere(モールコームS、レスターシャーオークス)という重賞級のレースを勝ったが見つかり、6代Cinna(1000ギニーステークスコロネーションS)や8代La Fleche(イギリス牝馬三冠ゴールドカップチャンピオンSなど)という活躍が出てくるが、裏を返せばそこまで遡らないと活躍が出てこないほど牝系は貧弱であった。

ウィッシングウェル、そのMountain Flower、2代Edelweiss、3代Dowagerはいずれもカリフォルニア州エルペコランチという牧場を持っていたジョージ・アンドリュー・ポープ・ジュニアというオーナーブリーダーによって所有されていた。カリフォルニア州という「産の地」で[6]の好意によって細々とつながれてきた牝系だった。

ウィッシングウェルのモンパルナスアルゼンチン生産で、競走馬種牡馬としてはいずれもブラジル拠点を置き[7]、競走成績は18戦5勝である。モンパルナスGulf Stream英ダービー2着、エクリプスS勝利などの実績を挙げた後に種牡馬としてアルゼンチンに輸出され、リーディングサイアーを3回獲得した。

ウィッシングウェルのHilaryジョージ・アンドリュー・ポープ・ジュニア自慢の種牡馬で、同氏が所有するのほとんどに交配されるほどだった。1964年ケンタッキーダービー2着のHill Riseを出すなど種牡馬としてなかなか優秀だった。

このような血統背景を持つウィッシングウェルは、ともすれば本節の見出しのように「頑健さ」と「活躍皆無」という点でまとめられてしまいがちであり、実際まとめるとすればそれ以外の表現は難しい。ただし、本ニコニコ大百科におけるジョージ・アンドリュー・ポープ・ジュニアの項を見ればわかるように、彼は「産の地」カリフォルニアからアメリカ競馬史に名を残すようなを複数頭輩出しており、これほどのが何らの的意識もなしに「何の取り柄もない配合」を行ったのか否かについては、今後の研究が深まることを期待したい。

3~4歳時

ウィッシングウェルはや2代と同じく、生産者ジョージ・アンドリュー・ポープ・ジュニアが自ら所有し、初めはC.B.ヒクソ調教師に預けられた。

3歳5月デビューしたが、当初は差をつけられての負けが続き、3戦に6ハロンメイドン(未勝利戦)を勝った段階で既に生産所有者のポープ氏は見切りをつけつつあった。そこでクレーミング競走(出走が売りに出ているレース)に出されたが3着に敗れた上に買い手もつかず、結局その後は年末までに一般競走を3戦して1勝した。

4歳時は引き続き一般競走を使われたが離れた2着が2回続き、3戦で大差のシンガリ負けを喫するとポープ氏は今度こそ見切りをつけ、クレーミング競走に本を出走させた。最初にハナ差2着となった後、二度の出走で9身差で圧勝すると買い手がつき、3万2000ドルで購買されてゲイリージョーンズ厩舎に移った。ジョーンズ師は本のことを「キチガイじゃないかと思った」(大意)と言っており、後に息子に受け継がれる気性の一端が既に表れていたようである。

閑話休題、購買されたクレーミング競走から20日後の転厩初戦では、前年に1000ギニーを勝ってこの年からアメリカに移籍していたMore Soを破って勝利した。続くコンヴィニエンスSを勝ってステークス競走初勝利記録すると次走の一般競走も勝利し、パロマーHというステークス競走で3着に入ったのを挟んでラモナH(GIII・芝9ハロン)に出走したが、前走ヴァニティH(GI)で2着だったCountry Queenの7着に終わった。オータデイズHというステークス競走でGreat Lady M.(Lady's Secretビリーヴらの牝系祖先)を破って勝ったのを挟んで出走したラスパルマスH(GIIIダート9ハロン)ではHigh Pheasantの4着、次走イエローリボン招待S(GI・芝10ハロン)もCountry Queenの7着に終わった。なお、ウィッシングウェルが現役時代に出走したGIはこのイエローリボン招待Sのみである。

その後、ラスフローレスHというステークス競走で重賞4勝を挙げていた3歳Terlinguaの4着となり、シーズンを終えた。なおTerlinguaは後にとしてStorm Catを産むであり、また6着だったImage of Realityは後にGI1勝を挙げ*エンパイアメーカーなど4頭のGIを産んだ名Toussaudを産むである。

5~6歳時

5歳時は初戦から5着→3着とした後、3戦の一般競走を勝ち、続くラスエネガスHではGreat Lady M.のハナ差2着となった。続けてコンヴィニエンスSを勝ったのちゲイムリーH(GII・芝9ハロン)に向かうと、Country QueenImage of Reality、そしてこの1年半後に第1回ジャパンカップ優勝することになるMairzy Doatesといったメンバーを破り、重賞勝利を挙げた。

続くホーソーンHでCountry Queenの3着となった後、ウィルシャーH(GIII・芝8.5ハロン)ではゲイムリーHで4着に破ったSisterhoodをクビ差の2着に破って勝利した。このレースでは第1回ジャパンカップで1番人気に推されることとなるThe Very Oneも出走していたが8着に敗れている。

しかし、その後はビヴァリーヒルズH(GIII・芝9ハロン)でCountry Queenハナ差2着に敗れ、パロマーHでもA Thousand Starsのハナ差2着だった。
なお余談だが、ここまでちらほら名前が出てきたCountry QueenというはビヴァリーヒルズHまで出走したレース9戦連続[8]で本と当たっており、1戦挟んで10回の対戦となった1980年のパロマーHで4着となったのを最後に引退している(対戦成績はウィッシングウェルが6勝4敗)。

閑話休題、この年はこの後GIIに昇格したラモナHで前年のオークス3着だった移籍Queen to Conquerの3着と敗れシーズンを終えた。6歳時も現役を続行したが一般競走で1勝したのみで、Queen to Conquerや欧州時代にムーラン・ド・ロンシャン賞(GI)を勝ったKilijaroといった芝実績のある移籍と何度か当たったという不運もありその他のレースでは勝ちきれず、ラモナHでQueen to Conquerに敗れたのを最後に引退した。通算38戦12勝、重賞勝ちはGIIGIIIが1勝ずつであった。

繁殖成績

引退後、石油業者の傍ら産にも関わっていたトム・テイサムという人物に購入され、メリーランド州にあるウインフィールズファームで繁殖入りした。しかし、初が産まれてすぐに落死亡したり、流産や不受胎があったりして、しばらく産駒デビューに漕ぎ着けられない状況が続いた。

10歳になった1985年、テイサムは本Haloと交配することを考え、同が繋養されていたケンタッキー州のストーンファームに向かい、首尾よく交配することが出来た。そして翌年3月25日に産まれた青鹿毛はウィッシングウェルのとして初めてデビューに漕ぎ着けたばかりでなく、二重三重ハンデを乗り越えケンタッキーダービープリークネスSBCクラシック勝利を含む通算14戦9勝2着5回・GI6勝の成績を残した。そう、*サンデーサイレンスである。これ以上の詳細は当該記事を参照していただきたい。

話をWishing Wellに戻すと、*サンデーサイレンスの後にRebel Allianceというを産んだが、同は32戦3勝でステークス競走も勝てず、1995年に7歳で死亡した。その後産んだ*サンデーズシスは13戦1勝、*ペニーアップは不出走であった。

日本に輸入された*サンデーサイレンスの初年度産駒が走り始めると、それらが2歳時点で非な活躍を示していたことから、1992年に本が産んだ*サンデーサイレンスの全Thisis Mylifestyle日本に輸入され、*マイライフスタイルという名で走ったが、同は5戦1勝に終わった。

その後クールモアグループに購入され、アイルランドで*サンデーウィッシュを産んだが同は不出走に終わり、*サンデーウィッシュを産んだ3年後の1999年、腸捻転のため死亡した。

は*サンデーサイレンス以外に立った実績を残せず、牝系子孫でも重賞級は*ペニーアップの孫であるトーセクラウン(中山記念)とサンデームーティエ(ダイヤモンドS2着)くらいしか立たないものの、日本競馬界に強い新を吹き込んだ*サンデーサイレンスである本牝系は地ながらも大きな広がりを見せ、内に確実に根付いている。
*サンデーサイレンスであるゆえ、日本では配合相手が大きく限られるというハンデはあるが、同の死から約20年が経った今は*サンデーサイレンスから何代も重ねた種牡馬が徐々に増えつつあり、また*サンデーサイレンスの薄め液となるような種牡馬も多く導入されている。ウィッシングウェルの牝系子孫が爆発的な活躍を見せる日も、もしかしたらそう遠くはないのかもしれない。

血統表

Understanding
1963 栗毛
Promised Land
1954 芦毛
Palestinian Sun Again
Dolly Whisk
Mahmoudess Mahmoud
Forever Yours
Pretty Ways
1953 黒鹿毛
Stymie Equestrian
Stop Watch
Pretty Jo Bull Lea
Fib
Mountain Flower
1964 鹿毛
FNo.3-e
Montparnasse
1956 黒鹿毛
Gulf Stream Hyperion
Tide-Way
Mignon Fox Cub
Mi Condesa
Edelweiss
1959 鹿毛
Hillary Khaled
Snow Bunny
Dowager Free France
Marcellina
競走馬の4代血統表

クロスHyperion 4×5(9.38%)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *Understandingは「理解」という意味。
  2. *Mountain Flowerは「山の」の意味。母親のEdelweiss(エーデルワイス)がアルプス山脈に咲くなので、それを受け継いだ名である。
  3. *Montparnasseはフランス首都パリの地区名。
  4. *Dowagerは「経済的に恵まれ未亡人」という意味。
  5. *山野浩一の伝説の名馬100選 番外編exitで「ドワガーという障害レースの勝ち英国から輸入し」と記述されている。
  6. *カリフォルニア州Decidedlyが1962年ケンタッキーダービーを制し、それから52年経ってやっとカリフォルニア州ケンタッキーダービーの*カリフォルニアクロームが出た。
  7. *山野浩一の伝説の名馬100選 番外編exitでは「エーデルワイスにはポープ氏がアルゼンチンから輸入したモンパルナスが交配され」と記述されている。米国カリフォルニア州拠点を置いた時期があったようである。
  8. *1979年のパロマーH・ラモナH・ラスパルマスH・イエローリボン招待S、1980年ラスエネガスH・ゲイムリーH・ホーソーンH・ウィルシャーH・ビヴァリーヒルズH。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP