今注目のニュース
渋滞中、猛烈な尿意に襲われた女性 仲良しファミリーの車で悲劇が…
親のスマホのパスワードは知ってますか? 亡くなったら大変なことに…
キスをたくさんしたがる男性は好き? 若い子の3人に1人は…

プリンス・オブ・ウェールズ(戦艦)単語

プリンスオブウェールズ

掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
曖昧さ回避 この記事では実在戦艦について記述しています。
この戦艦を元にしたSTGアプリゲームアズールレーン』に登場するキャラクターについては
プリンス・オブ・ウェールズ(アズールレーン)」を参照して下さい。

プリンス・オブ・ウェールズ(戦艦)とは、1941年1月に就役し、第二次世界大戦で活躍したイギリス海軍戦艦イギリス王室の王太子が名の由来である。PoWと略されることが多い。

概要

プリンス・オブ・ウェールズ(戦艦)はキング・ジョージⅤ世戦艦の二番艦。

4連装35.6cm2基、2連装35.6cm1基、合計10門のを持ち、速戦艦としては高速な28knを記録。さらに非公式では30kn以上の速を記録している。

これは、長門が2連装41.0cm4基の8門、最高速25knビスマルクが2連装38.1cm4基の8門、最高速度29knであることを考えれば、の威では劣るものの艦隊決戦におけるでは他の戦艦にひけをとらないであった。

しかし4連装や射撃管制システムの複雑さから、デンマーク峡での対ビスマルク戦では故障に悩まされることとなった。

就役~ビスマルク迎撃作戦

1939年5月に進したPoWは、装備やを船体に装着する装作業中、ドイツによる爆撃を受ける。これにより装作業が遅れ、1941年1月の就役後も、一部装備やシステムが整っていない状態で、第二次世界大戦の戦火に投入されることとなった。

戦闘は1941年5月デンマーク峡における対ドイツ戦艦ビスマルク戦であった。デンマーク峡の制権を握しイギリスへの通商破壊をもくろむドイツ軍に対し、イギリス海軍PoW他、巡洋戦艦フッドと共に撃を開始する。この時のPoW装が済んでいない部分もあり、作業員を乗せた状態で出撃していた。

しかし、PoWの4連装の1基が斉射後に故障、また操室にも直撃弾を受け中破し航長が戦死。その後ビスマルクを中破に持ち込むも燃料不足により、ビスマルク追撃は急遽編成された迎撃艦隊に後を任せることとなる。

尚、この戦闘で僚艦であった巡洋戦艦フッドは敵撃により沈。イギリスアメリカと言った連合に衝撃を走らせることとなった。

修理~ハルバード作戦

ビスマルク戦の後、PoWイギリスにて6週間の修理を受ける。

その後、1941年8月アルゼンチンにて英による大西章をPoW艦上で締結。日独から世界を開放し、貿易の自由を宣言した。日本はこれをきっかけに大東亜共栄圏の思想をすることになった。

1941年9月PoWは輸送船団護衛を的としたハルバー作戦に就く。戦略上重要な作戦であり、地中海の入口ジブラルタル海峡からイタリアマルタまで、輸送船団を戦艦3隻空母1隻の重武装船団で護衛。

途中、イタリアの索敵機に発見されるも、イタリア艦隊が会敵に失敗。少数の撃隊による攻撃を受けたほか、損なしでイタリアマルタ事到着した。

東洋艦隊派遣

1941年10月日本が参戦間近であると判断し、PoWを含む最新鋭の艦船をインド派遣することを決定した。

ロイヤルネイビーを持つ国家イギリスと言えど、東洋への艦隊派遣は旧式の艦船がであり、最新鋭艦であったPoW東南アジア制圧をもくろむ日本にとって大きな脅威となった。

しかし、派遣されるはずであった空母が途中で座礁するなど、東洋艦隊は想定よりも少ない戦補充となった。

そして2か後、日本は連合に対して宣戦布告を行う。

マレー沖海戦

1941年12月10日宣戦布告のわずか3日後に日本は、陸軍を援護する的で上艦船への攻撃を敢行する。

日本海軍戦艦金剛榛名の2隻を中心とする第二艦隊を北方に配置していたが、位置的に攻撃は間に合わないと判断された。一説にはPoWとの撃戦は圧倒的不利として、射程圏ぎりぎりまで接近していたものの撃を行うことはなかったとされる。

対しイギリス海軍は、日本海軍金剛のみの戦艦1隻を中心する艦隊と予想し、会敵次第撃を開始する予定であった。しかし、イギリス海軍の予想とは異なり、日本海軍は九六式陸攻や一式陸攻といった攻撃機による爆撃を開始。POWには対兵装があったものの、故障や命中不足などにより日本機の迎撃に失敗。

日本攻撃機250kg爆弾500kg爆弾及び魚雷を投下、爆弾数発と魚雷4本がPoWに直撃した。

その後PoWは徐々に速を落とし左舷より浸、艦長は総員退避命を出したものの、艦長や東洋艦隊長官トーマスフィリップス大将は艦に残り、ともに中へと没した。

沈没のその後

PoW沈没後、イギリス駆逐艦エクスプレスが乗員の救助にあたったが、イギリス側は大将大佐といった将校、また840名の戦死者を出す大損を被った。

しかし、日本攻撃機は救助中のエクスプレスを攻撃することはなく、日本は人的判断を行ったと称賛されることになった。その後攻撃機の乗組員より、ほとんどの機が爆弾を使い果たしており、単純に攻撃できなかっただけであったと判明し、イギリス側が落胆したというエピソードがある。

また日本海軍は、PoWと僚艦であった巡洋戦艦レパルスサルベージし、日本海軍の艦隊に組み込む計画もあったが、これは頓挫している。

現在PoWマレー海底68mに全に横転している状態であるが、大きな爆発もなく較的艦の形が原形をとどめているという。

大艦巨砲主義の終焉

PoWは、世界で初めて航空だけによる攻撃で沈没した戦艦となった。

過去ビスマルク攻撃機撃によるスクリュー損傷を起こしているが、あくまで攻撃機は艦隊決戦の補助戦とみなされ、PoWが沈没するまではによる艦隊決戦を想定した大艦巨砲主義が、世界中の軍のドクトリンであった。

しかしマレー戦や、同様に攻撃機によって行われた真珠湾攻撃の結果を重く見た英連合は、空母艦載機をとした航空義へとドクトリンを転換。日本航空の重要性を認識することとなった。

現在は核抑止による相互破壊確にドクトリンが転換しつつあるが、それでも航空義が世界中の軍隊の教義となっている。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP