今注目のニュース
バンドにかけてきた想いを評価する「元バンドマン採用」開始!ESには「経験パート」「音楽を通して得たこと」を問う項目も
恋愛がうまくいかない理由2位「いつか王子様が現われると思っている」 恋愛をこじらせ経験のある女性は9割にのぼる
『DEATH STRANDING』をクリアした者に送るコラム。サム・ポーター・ブリッジズ、あるいはノーベル平和賞を決して受賞することのない人々

井上晴哉単語

イノウエセイヤ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

井上晴哉いのうえ せいや、1989年7月3日-)とは、広島県出身のプロ野球選手一塁手)である。現在千葉ロッテマリーンズに所属。

称は「アジャ」・「アジ井上」等。

概要

崇徳高校時代は1年生の頃から4番を打ち、高校通算で31本塁打を放ったが高校自体は強校ではなかったため、井上自身も県大会準優勝という結果がベストに終わっている。


高校卒業後は中央大学に進学。ここでも1年のから4番を打ち、1年のには一部リーグの昇格に貢献し、2年生のでは打率.359首位打者ベストナインを獲得した他、長打率.513もリーグトップを記録。
3年のでも打率.354、3本塁打15打点ベストナインを獲得、また大学日本代表にも選出されたが、世界選手権では出場はわずか3試合で、1安打2四球という結果に終わっている。
その後はやや不振に陥った時期もあったが、大学通算で打率.285、9本塁打44打点という成績を残しプロからも注されたが、自身の実不足を理由にプロ志望届は出さずに社会人日本生命に入社した。


日本生命では1年は5番だったが、2年に4番打者に抜され、19試合で打率.397、5本塁打25打点出塁率.450という成績で社会人野球ベストナインと最多打点賞を獲得。
JR東日本との練習試合ではのちにオリックスドラフト1位名される吉田一将と対戦しホームランを放っている。
2013年東アジア競技大会では5番を打ち、韓国との決勝では3安打を放つ活躍で日本代表の優勝に貢献、全8試合中7試合に出場し打率.429、6打点出塁率.571という成績だった。
2013年ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから5位名され入団する。背番号44

ロッテ時代

2014年(1年)のキャンプで長打や柵越えの打球を連発し自慢のパワーを見せつけると、実戦となるオープン戦でもその打撃の勢いは衰えず、2本塁打を放つ等の活躍を見せ、最終的に打率.435で新人選手では初、球団としては1950年の戸倉勝以来のオープン戦首位打者を獲得している。
そして開幕戦では当初の4番補だった今江敏晃が故障で離脱していたこともあって新人ながら4番指名打者で初出場を果たす。しかし3戦にはくもスタメンを外れる。その後5月1日を最後二軍落ちとなったが、二軍ではフレッシュオールスターに選出され決勝点となる勝ち越し本塁打を含む4打数3安打2本塁打3打点という活躍でMVPに選出された。
その後8月に再び一軍に昇格すると以後はシーズン終了まで試合に出場したが、36試合で打率.211、2本塁打11打点とに終わった。


2015年二軍打率.323、7本塁打40打点と好成績を残したが、一軍ではわずか5試合で打率.182本塁打打点なしに終わった。


2016年キャンプオープン戦と順調にアピールし開幕戦に6番・ファーストでスタメン出場。第一打席に大谷翔平からタイムリーツーベースを放ちこの試合のヒーローとなる。遂に覚醒かと思われたが徐々に当たりが止まり4月25日二軍落ち。以後はたまに一軍昇格しても結果を残せず、10日程度で再度二軍降格するエレベーター的な扱いが続く。9月に再度一軍昇格、度々クリーンアップとして起用されるが満足な成績は残せなかった。福岡ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズ第1戦にも5番・ファーストに抜されるがノーヒットに終わった。最終的に成績は35試合出場で打率.232 2本塁打16打点に終わるが、二軍では打率.342マークしてイースタン・リーグ首位打者いた。


2017年は2年連続で開幕スタメンに抜。開幕直後は結果を出したものの徐々に勢いが止まり1か程度で二軍落ち、という前年とまったく同じ状態となる。その後8月に再昇格するがその日に離れを起こしたった一日で登録抹消。本格的な一軍復帰はシーズン最終盤の9月26日までずれこんだ。シーズン119打席に立ったが0本塁打に終わり、持ち前のパワーを見せつけることができなかった。


2018年井口資仁監督のもと、4番補だった角中勝也の故障もあって開幕から4番に抜される。3月31日東北楽天ゴールデンイーグルス戦で自身初の1試合2本塁打を記録するなどついに覚醒5月中が復帰すると一時的に5番に下がったが7月以降は再度4番に座りその7月には自身初のMVPを獲得。シーズン通算でも自己最多の133試合に出場。規定打席にも初めて到達し打率.292、24本塁打、99打点を記録した。チームでは日本人打者の20本塁打は現役時代の井口監督以来5年ぶりの大台であり待望の和製大砲としてようやくのブレイクを果たした。


2019年は2年連続で開幕から4番で起用されるが打率が1割にも満たない不振に陥り1週間で二軍落ち。二軍調整を経て4月下旬に復帰するとようやく復調。4番に復帰するが好不調の波がしく6月からはブランドン・レアードに4番を譲った。後半戦はレアードの不振もあって4番に復帰。不調期もあったがシーズン通算では前年と同じ24本塁打を放った(チームの2年連続20本塁打初芝清以来)。

人物・プレースタイル

最大の特徴は体重115キロ(一部記事では114キロとも言われているがここでは115キロとする)という数字が表すその巨体であり、女子プロレスラーアジャ・コングに似ているとされていることから称は「アジャ」が定着、ちなみに高校時代はボブ・サップと呼ばれていたらしい(ちなみに2014年4月2日始球式井上ボブ・サップと対決している)。

この体重115キロはプロ入り時のもので、ドラフト時には110キロと言われており、その時点でも以前「ブーちゃん」として話題を呼んだ中日中田亮二107キロを上回っている。
このためドラフト順位は5位と低めながら、プロ入り時から注を集め、伊東勤監督も「あまり絞りすぎると魅くなるよ」とコメントしている。
2014年に行われたフレッシュオールスターでは前述のようにMVPいたが、この時優秀選手賞を獲得して一緒にお立ち台に上がった西武山川穂高オリックス井上に負けず劣らずの恵まれた体格の持ちであったため、ネット上では「お立ち台が狭い」だの「余分三兄弟」だのと話題となった。

好きなものはお好み焼きの他にお菓子、特にロッテの「パイの実」が好きらしく、新人選手による工場見学があると聞いた際には「パイの実は譲れない。製造ラインに入りたい!」、「バイ!眠れない」と大奮のご様子だった。

選手としては持ち前の巨体から繰り出されるパワーもさることながら、社会人から意識するようになったという右に打ち分ける技術も持ち合わせている。
守備では大学時代に三塁を守ったこともあったが打撃の調子を崩して断念しており基本的に一塁しか守れないが、ハンドリングがうまいと言われている。

150メートル30以内×5セットというノルマの強化走でいきなり3オーバーしていたことから過度な期待は禁物だが、2014年キャンプ紅白戦では相手のまずい守備もあったとはいえランニングホームランを記録している。

2018年シーズンには本塁打を放つとベンチで首からロッテチョコレート乳酸菌ショコラ」を渡されるのが恒例となっている。2018年シーズン終了後、20本塁打に到達した報酬として「乳酸菌ショコラ」5年分をプレゼントされた。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ロッテ パシフィック・リーグの応援歌のピコカキコ一覧#77 16115
16115

成績

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2014年 ロッテ 36 104 95 9 20 4 0 2 7 0 0 1 6 2 23 1 .211 .269
2015年 5 12 11 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 .182 .250
2016年 35 107 99 7 23 5 0 2 16 0 0 0 5 3 19 6 .232 .290
2017年 35 119 113 5 26 7 0 0 11 0 0 0 5 1 26 2 .230 .269
2018年 133 548 476 59 139 26 2 24 99 1 0 6 63 3 106 7 .292 .374
2019年 129 509 429 60 108 16 1 24 65 0 0 3 67 9 98 10 .252 .362
NPB:6年 373 1399 1223 140 318 58 3 52 198 1 0 10 147 18 273 27 .260 .345

年度別守備成績

年度 球団 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2014年 ロッテ 一塁手 20 126 9 2 18 .985
2015年 3 28 3 0 1 1.000
2016年 29 215 13 1 24 .996
2017年 31 238 20 1 20 .996
2018年 125 1120 84 10 83 .992
2019年 一塁手 70 538 35 3 42 .995
通算 一塁手 288 2265 164 17 188 .993

表彰

フレッシュオールスターMVP 1回 2014年
MVP 1回 2018年7月

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/13(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/13(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP