今注目のニュース
あいみょんのフリック入力の速度が異次元の速さだと話題に!
東京ゲームショウ2019、4日間の来場者数は前年からやや減少の26万2076人 入場料の値上げが影響?
"頭を使うビジネスマン"は1日3個卵を食べよ

安城トコハ単語

ストロングアンジョウ

掲示板をみる(100)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

今こそ咲き誇れ、ける未来に!
トライド・ジェネレーション!!

つよい(確信)

安城トコハとは、「カードファイト!!ヴァンガードG」の登場人物でありコロッケの使者である。
G3期「ストライドゲート編」までのCV新田恵海。2クールのED曲「NEXT PHASE」も担当している。
「GNEXT」以降のCV相羽あいなに変更となる。

アンタの見てる記事の概要は安城トコハよ!『安城マモルの妹』じゃないッ!!

新導クロノ同級生中学二年生の少女誕生日4月17日
面倒見のよさと高いリーダーシップを持ち、周囲を引っめ役の仕切り屋。
きちんと筋を立てて物事を進めていくため、彼女の働きで場が進んでいくことも多い。
一方で少々が強く、楽しみにしていたコロッケパンを先に全部買われた時、頼まれてコロッケパンを買いに行って最後のコロッケパンを購入したクロノに対しイチャモンをつけてカードファイトにもつれこませたりした。(この時は色々精的に不安定な状態だったのもあるが)
好物はコロッケだと思われる。トッピングにもコロッケ
鍋奉行であり、お好み焼きにも持論があるなど、食べ物に関しては独自のイメージが強すぎる程にある模様。
当初はクロノのことをよく知らず、態度や雰囲気で誤解し「今週の冤罪」の原因となることもあった。

彼女安城マモルは、物語舞台を含んだヴァンガード普及協会ドラゴンエンパイア支部」人間であり、普及協会のクランリーダー認定されるほどの人間である。
ドラゴンエンパイア支部は、ヴァンガードを身近に感じ、親しめるように高頻度でイベントを計画・実行しているのが特徴であり、その環境の中で過ごしていたため、企画運営の技術が磨かれていったのだろう。

昔はともよくカードファイトし、彼女自身も大会に出たりしていた。
しかし、が頭を示していくにつれ、やがて彼女は世間から「安城マモル」としてばかり扱われるようになり、
その世間の線は彼女の心にコンプレックスという闇を落としていくことになった。
それでも、名を残すマモルの存在は彼女にとっての自慢であり、マモルが他者に負けたことを知ると明らかに機嫌を損ねるなど、割と面倒臭いブラザーコンプレックスの持ちでもある。
以上の理由から、較されることを恐れ公式大会への出場をしなかったが、彼女がいつも冤罪ばっかり吹っかけていた新導クロノとのファイトで、「とともに己を磨き続けてきたトコハ自身」に興味を示されていたことに気づく。
最初こそ情にかられ致命的なプレイグミスをするほどに荒れていたが、そのファイトクロノの心に触れたのが結果的に己の意識を変えるきっかけとなり、全大会地区予選への出場を決意する。
が、葛木カムイの手により新導クロノ綺場シオンの両名とチームを組むことに・・・。

チームトライスリーとして

当初チームとしての噛みあいは最悪だったが、それは二人を認めているからこそに衣着せず物事を言い放てるほど二人を認めているということに他ならず、
クロノが別支部の大会にてイカサマ撃した時の騒動では、最後までクロノを信じてをかけていたり、冤罪らすためにシオンと協してイカサマ野郎を追い詰めたりしていた。「へえ・・・逃げるの?」
そして、ポイントを0に戻されてしまったクロノが大会に出られるように全で協したり、その手助けも兼ねてヴァンガードの勉強をクロノ叩き込んだりと、手を尽くしている。
トライスリー」として地区予選に挑んだ時は、試合以前のやり取りで精面のコンディションがよくなかったクロノを叱励するなど、チームとしての信頼・進展は十分にある。
だが、ベスト16に勝ち上がり、ドラゴンエンパイア支部とは対極の思想を持つユナテッドサンクチュアリ支部お抱えの「チーム・ディマイズ」と対戦することになった時、彼女に大きな試練が立ちはだかることになる―――。

しかし、元々抱えていたへのコンプレックスは先述のクロノとのファイトでだいぶほぐれていたのか、ひたむきなクロノの行動によりすぐに復活することになる。
その後も自身と同じ悩みを持っていた弥富サヤとの出会いがあったり、以前と変わらぬ彼女の振る舞いが戻ってきていた。
そして迎えた、ユナサン支部催「スペシャルマッチ」。ディマイズへの挑戦権を得たトコハは、に託された想いを胸に、以前はできなかった自らのファイトを貫こうとする。
41話では、地区予選にて散々煽られた羽島リン精神攻撃に全く動じることなく、逆に次々とリンの痛い部分を突き、リンの邪な感情を全否定するという、成長した彼女の凄まじい精を見せつけた。

余談

その環境故か、どうにも異性を異性として認識していないような様子が見受けられる。
32話でトライスリーの仲間といるにも関わらずパンツまで濡れた!」という強な発言を残していたりする。

一方で、ネオネクタールクランに選択していることからも分かるように、趣味・嗜好は全に少女のそれであり、強さの中に時折少女らしさが覗くキャラクター性となっている。
支部のイベント演劇に出ることになった際、巨大パイ叩きつけられクリームまみれになるなど、気を抜いたところにヒロインらしいイベントが訪れるところも彼女らしい。
ただし、は苦手ではない。

そのメンタルの強さと男勝りな部分から、梅本監督から公式「ストロング安の名を賜っている。彼女柚子でも璃でもストロング石でもない。

ちなみに、漫画版ではアニメよりややおっぱい立つ。

私も目標決めたから。立ち止まってなんていられないよ!

ギアースクライシス編では、Gクエストに挑戦する傍ら、自らの今後に思い悩むことになる。
ドラゴン・エンパイア支部前後でシオンが大きく変わった影で、余計に自らが何もしていないのではないかという思考に囚われてしまう。
しかし、同じように進路で思い悩んでいた経験のある戸倉ミサキとのファイトを経て、世界進出への夢を現実にすることを決意。
「Gクエスト全制覇したら卒業後は海外留学する」―――その夢をえる為に勉強する傍ら、Gクエストに精を出す。偶然にも直後のGクエストで、シンガポールにて大成功しているクリストファー・ロウと戦う機会が舞い込んで―――。
自らの問題に々に答えを出した為か、自ら切りこみ役を買って出たり、因縁のある他メンバー背中を押したり、ルーナの問題に助するなど、他者のための行動が立つ。

なお、同じ女性だからか、ルーナとの出会いをきっかけにラミーラビリンスの二人とは女子会を開くなど絡みが多い。
故に友人として接してきた蝶野アムにまつわる話を聞いた間、彼女も普及協会の闇と関係でいられなくなる。

Gクエストを満点で終えたチームトライスリーの最後には、かつてアジア最強の座にいたチームQ4が立ちはだかる。先述のファイトからのように見守ってくれた戸倉ミサキに対し、思い悩み成長した自らの想い全てをファイトでぶつける。

以降もやや安定した精を持ち続けていたが、ルーナに自身がした助言の影ルーナが事態を悪化させてしまったこと、しかもそれがドラゴンエンパイア支部崩壊という事態を招いてしまったことに責任を感じてしまう。
だが羽島リンを入れられ、トライスリーと再び解りあうことですっかり元の精を取り戻す。
後に現れたアムのことも、その所業と状況も含め率先して受け止め、続く最後の審判において江西サトルを打倒しつつ、彼が闇から解放されるきっかけを作った。

Bonjour Paris, la Ville lumière!

ずっと話を進めていたが、「ヴァンガードG NEXT」において遂にパリに留学。
日本で開催される「U20チャンピオンシップ」には参加するが、如何にしてかかわっていくか、そして親友のクミはともかく、なぜ江西サトルチームを組むのか―――。

なお、そのバニーガールっぽい衣装や女っ気の増したデザインからNEXTキャラクターデザインも好評である。

パリ留学にあたり、かつてドラゴンエンパイア支部で仕事をしていたが転勤となり、パリ支部で仕事をしていた清州アカネ居候(本人談)しつつ、オリビエ・ガイヤールへのインタビューなど普及協会パリ支部でも精的に活躍するなど、充実した日々を送っていた。
しかし、ハイメの紹介で知り合ったミゲル・トルレスが、知り合って々に訃報が届くという事態に―――。

ハイメとの対談の果て、トコハはミゲルの参加予定だった「U20チャンピオンシップ」への参戦を決意。そのため留学を中断し帰、久しぶりに仲間たちと顔を合わせる。
チーム自体はハイメがU20の範囲外ということもあり、約束を取り付けていた岡崎クミと、G3ラストで辞職して以降故郷ともいえるドラゴンエンパイア支部で下働きをしていた江西サトルを加えた3人で「ハイフラワーズ」を結成。U20チャンピオンシップに挑戦することになる。どれだけ未練あったんだハイメ。

しかし、セカンドステージにおいて、彼女の会った「ミゲル」の正体に関わる時空間憑依者ディフライダーと遭遇。
時空間憑依者である渕高サオリに敗北チームメイトも同様に鬼丸カズミ敗北したことで、セカンドステージ敗北。これを機に、トコハはチームメイトに、今まで黙っていたミゲルのことを打ち明ける。

その後、規定により敗者復活戦出場が確定した後、ハイメの用意した情報交換の場により「ディフライダー」の真実の一端に触れる。
敗者復活戦には勝利したものの、準決勝ではクロノ達のストライダーズとの対決になり、惜敗。
しかし敗北後、端で出会った「ディフライダー」のベルノ・ファレンハートとのファイトを通じて、ミゲル鬼丸カズミの引き起こす事件とは関係と知ることができた。そして、二人のファイトはやがて、ベルノの身を借りた《崇高なる女神 アマルーダ》にひとつの決意を抱かせることとなる……。

U20終了後の「GZ」では再びパリに渡り、U20の成績を駄押しとし、ユーロリーグに乗り込む決意をする。
だが、その前にギーゼの使徒の活動が活発になったことで帰ディフライダーへの勝利経験が大会外だったことから、使徒拉致にはならず、クロノ達を助けるために行動することとなる。
拉致被害者救出後のクロノ護衛中、自身と正反対のに進んだディフライダー炎熱猟兵 ダムジッドと遭遇。
弱いことを自覚しているが故に、追い立てられるようにを誇示するダムジッド。対して、弱いことを自覚した上で前に進むことを決意したトコハは、災厄兵器ゼロスドラゴンっ向から勝利した初めての人物となる。

どうしちゃったの?(デッキ内容)

使用クランネオネクタール。今まで使用者が申し訳程度に見せただけだったり1戦しかしないゲストだったり奪ったカードを使っていただけだったりと不遇の一言だった中、遂にレギュラーの使用者が生まれた。
トコハのデッキは、(ストライド)軸でラナンキュラスの花乙女 アーシャメインヴァンガードとする。
そのラナンキュラスを活かすことも含め、「同名カードを並べる」ことを意識したデッキ構築となっており、スペリオルコールによる疑似スタンドや全列パンアップなどリアガードを固める戦術を得意とする。
そのパンアップ効果を活かすためか、アニメキャラにしてはしくスタンドを得意としないクランスタンドトリガーが投入されている。
40話で、特訓に付き合っていた安城マモルから「アーシャの未来の姿」である夢紡ぐラナンキュラス アーシャを贈られる。元々所持していた ジングルフラワー・ドラゴンと併せて投入しており、Gペルソナブラストを持つGユニットを2種投入しているというやや重いGデッキとなっている。

ギアースクライシス編では本格的に「ラナンキュラス」軸へと移行。
同名ユニットコールされた時に効果を発揮する「開ブルーム)を中心としている。
これによりリアガード爆発的な攻撃を実現することができ、アニメでは披露していないがとあるコンボを使用するとリアガード1列のパワー10万をえる実にストロングな軸である。

ストライドゲート編最終話以降は胸アーシャとかアーシャとか言われる《胸焦がすラナンキュラス アーシャ》メインヴァンガードが切り替わる[1]が、基本的な方針は全く変わらず、リアガードをひたすら強化して殴るという脳筋ゴリラ戦法にさらなる磨きがかかっている。

「GZ」では新たに《幻のラナンキュラス アーシャ》メインヴァンガードとする。多な攻撃方法を模索してきた「開」だったが、遂に盤面を参照しないスペリオルコール、そして待望の「解呪とは違う呪縛対策」を入手。今まで苦手としていたクランに有利に立ち回れるようになり、大きく前進した。
また、「GZ」作中のレリクスクライシスにおいて、自身の内面の幻影として現れたミゲル・トルレスと向き合ったことで、彼女と出会った「ミゲル」の「生存していたif未来」から新たなGユニット絆の守護銃士 アンテロが出現。
この奇跡邂逅が、後にアンテロとトコハの対極に位置しているダムジッドの行から、トコハを救うこととなった。

私らしさをいつも奪うのは、兄さんでも関連動画でもなくて、私だったね

↓以下、紳士向けシーンあり

今ならきっと進めるはず! 新しい関連静画に!

楽しい関連商品は要りません。本気、マジ、ガチで。

余談だが、彼女はこの「風華」を劇中で購入しジェネレーションレア《立花乙女 プリマヴェーラ》引き当てている。何であんなに内容充実してたのに売れ行き悪いんだろうねあれ。

関連コミュニティ名は「シャイニング・フラワーズ」で決まりね!

そんなものはないので、安城トコハに関するニコニコミュニティを紹介してください。

目覚めよ、今始まる希望の関連項目!

脚注

  1. *最終話時点では情報未確定だからか「胸焦がす花乙女」と言っているが、その時点での名称定が「ラナンキュラス」であるためか、実際に商品化される際は名称が現在のものに修正され、GNEXT初登場時には修正されている

掲示板

  • 98ななしのよっしん

    2017/09/06(水) 02:41:45 ID: KR4gz38scw

  • 99ななしのよっしん

    2017/10/16(月) 15:41:59 ID: uLFJ6cAPVc

  • 100ななしのよっしん

    2019/01/08(火) 12:29:23 ID: SJUVANhb/j

    二代さんそれなりに売れたな

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP