青春18きっぷ単語

セイシュンジュウハチキップ

4.4千文字の記事
掲示板をみる(106)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

青春18きっぷとは、JRグループ共通の特別企画乗車券トクトクきっぷ)である。当ではこれのバージョンである「秋の乗り放題パス」についても解説する。

概要

青春18きっぷ

JRグループ6社全路線の普通列車快速列車BRT宮島航路に1日乗り放題が5回分利用可になる、使い方によっては非常にお得なきっぷである。

青春18きっぷという名称から年齢制限があると思われがちだが、老若男女問わずでも利用可である。ただし、小児料の設定はなく、小学生以下でも大人と同じ料である。

1枚の青春18きっぷに5回分のスタンプが押せるようになっており、改札スタンプを押してもらうことで利用可となる。また、1枚の青春18きっぷで複数人での同一行動に使用することもできる(別行動は不可)。なお、5回分は1枚のきっぷにまとめられており、切り離すことはできない。

購入はみどりの窓口旅行会社窓口で。発売期間内であれば売り切れはなし。最近では定席券売機やみどりの券売機でも購入できる。価格は12,050円[1]
シーズン内に金券ショップへ行けば数回余った青春18きっぷが転売されていたりする。1回しか使わないときなどにはかなり便利だが、数は少ないので期待してはいけない。

利用規定

青春18きっぷは通常のきっぷとは違い、様々なルールが存在する。

利用方法

利用開始時に改札口でスタンプ改札印)を押してもらうことで利用可となる。無人駅駅員がいない場合は、乗した列車ワンマン運転であれば運転士)、若しくは降りたで。複数人で使用する場合には人数分のスタンプを押してもらう。

改札から出たり再入場したい場合は有人改札で18きっぷを提示することで通ることができる(自動改札機は利用不可)。

有効区間

JRグループ6社の全線、BRT大船渡線気仙沼線)、JR西日本宮島フェリーに乗である。私鉄第三セクター鉄道JRバスに乗することはできない。ただし、鉄道代行バスや後述する運賃共通化がされたバス路線には乗できる。

また、以下の第三セクター線は、途中下車なしで通過する場合のみである(両端のでの乗降は可)。

2010年季、12月4日東北新幹線が開業し八戸駅青森駅の間がJR東日本から青い森鉄道に経営分離され、大湊線八戸線が他のJR在来線から独立する事から去就が注されていたが、『青森駅~野辺地』間と『野辺地八戸駅』間を途中下車せず通過利用する場合は別途運賃不要という特例が設定される事となった。

2015年季、3月14日北陸新幹線が開業し、JR東日本JR西日本から並行在来線各社に経営分離されることになり、七尾線が他のJR在来線から孤立、城端線氷見線は2路線自体は高岡駅で相互に接続しているが、それ以外のJR在来線から接続がなく、事実上孤立となる。このため、あいの風とやま鉄道富山駅高岡駅間、およびIRいしかわ鉄道金沢駅津幡駅間を途中下車せず通過利用する場合に限って、運賃不要となる特例が設定された。

以下のバス路線は、定された区間内のバス停で乗降する場合のみ乗である。

2022年季、4月1日から牟岐線阿南浅川間について並行する徳島バスとの運賃共通化が行われた。これにより、徳島バス定された区間内では青春18きっぷで路線バスに乗することができる。

また、JR線から他社線に乗り入れる列車に乗する場合、JR線の区間のみ有効で、乗り入れ区間は別に料を支払う必要がある。

有効列車

できる列車普通快速列車普通車自由席のみで、新幹線博多南線上越線 越後湯沢駅ガーラ湯沢駅間も含む)・特急列車急行列車には乗できない。

普通快速列車定席については、別に定席券等を買えば青春18きっぷでも乗できる。ムーンライトながら信州などの夜行快速列車も利用可であったが、2020年をもって全となったため現在は利用できない。

普通快速列車グリーン車自由席も別途グリーン券を買えば乗できるが、グリーン車定席に乗することはできない。

また、特急列車であっても以下の普通列車が運行されていない区間内の相互間乗車券のみで乗できる区間については自由席への乗が認められている。

ただし、上記区間を越えて乗した場合、

なお、自由席以外の座席に座った場合は全区間の料が必要となる。

2016年季からは、3月26日北海道新幹線が開業し、JR北海道からの並行在来線経営分離および本州北海道を結ぶ在来線列車の消滅した。このため、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を青春18きっぷ携行者に2,490円で別途販売している。オプション券を携行している場合は、青春18きっぷで北海道新幹線奥津軽いまべつ駅木古内駅間と道南いさりび鉄道線木古内駅五稜郭駅のみ乗下可)に乗することができる。本州側は津軽線津軽二股駅北海道新幹線奥津軽いまべつ駅を乗り継ぐことになる。ただし、このオプション券は片1回のみ有効であるので注意が必要。

有効時間

日の24時00分まで有効。日をまたいで乗する場合は、24時00分を過ぎて最初に停するまで有効。そのから続けて乗する場合は、そのからの乗車券を購入するか、18きっぷ1回分を新たに使用することで乗となる。

ただし、東京大阪電車特定区間内では終電まで有効である。24時00分を過ぎた後区間を越える場合は、区間のからの乗車券を購入するか、18きっぷ1回分を新たに使用することで乗となる。

期間

18きっぷは季・季・季のみ利用することが出来る。期間内であればいつでも利用できる。2021年は以下の期間で購入・利用できる。
また、利用できるのは1シーズン内だけ(残していても次のシーズンには使えない)なので余らせないようにしよう。利用予定がない場合は金券ショップに売却するのもアリ

季用 発売期間 : 2021年2月20日2021年3月31日
利用期間 : 2021年3月1日2021年4月10日
季用 発売期間 : 2021年7月1日2021年8月31日
利用期間 : 2021年7月20日2021年9月10日
季用 発売期間 : 2021年12月1日2021年12月31日
利用期間 : 2021年12月10日2022年1月10日

その他

払い戻し
未使用でかつ有効期間内であれば手数料を支払うことで払い戻し可。1回でも使用した時点で払い戻しはできなくなる。
再発行
18きっぷは紛失しても再発行はできない。紛失した場合は新たに購入する必要がある。再購入後、紛失した18きっぷが見つかったとしても、紛失を理由とする払い戻しはできない。
遅延や運休、振替輸送等の対応
列車遅延や運休したとしても払い戻しは一切できない。輸送障による私鉄などの振替輸送は特に明示されておらず(ただしJR西日本は特別企画乗車券を対と明示しており、青春18きっぷも当然含まれる)、地域や状況によって対応が異なるので注意が必要。利用する場合は駅員と相談しよう。なお、振替輸送の対になる場合でも基本的に当日の日付印が押されている必要があるので注意すること。
線路災害で長期間運休する路線に代行バスが運行されている場合があるが、基本的に利用可である。また、JR東日本BRTには乗である。

秋の乗り放題パス

青春18きっぷの使えないシーズンである秋休みを補する的で、「鉄道日記念・JR全線乗り放題きっぷ」という商品が1996年2011年の間発売されていた。日本初の鉄道が開業した10月14日(鉄道の日)を含む約2週間程度有効で、青春18きっぷと異なり3回分であったほか、小児運賃券も設定されていた。

その後、2012年に一部ルール訂したうえで「秋の乗り放題パス」として復活した。これも青春18きっぷと同じく2016年以降は北海道新幹線オプション券が発売される。

鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷとの違い

期間・人数
回数ではなく、3日間連続での使用となる。購入時には使用開始日を申告する必要がある。複数人での使用は不可能
小児運賃
鉄道日記念・JR全線乗り放題きっぷの時と同じく存在
自動改札機での使用
2020年より従来の120mm券から85mm券に変更された為使用可になった。オプション券は従来通り120mmで発券。

同様のトクトクきっぷ

北海道&東日本パス

青春18きっぷと同様のトクトクきっぷとしては、JR北海道JR東日本が発行する「北海道&東日本パス」がある。
青春18きっぷとの相違点は次の通り。詳しくは「北海道&東日本パス」参照のこと。

青春18きっぷ 北海道&東日本パス
12,050円 値段 大人11,330円 小児5,660円
JRグループ全線と宮島航路
及び東京地下鉄千代田線
北千住駅綾瀬
利用できる路線 JR北海道JR東日本の全線に加え、
青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道
北越急行の各社全線
及び東京地下鉄千代田線
北千住駅綾瀬
オプション券を別途購入で北海道新幹線
奥津軽いまべつ駅木古内駅
及び道南いさりび鉄道線に乗
本州北海道間の
取り扱い
特定特急券購入で
北海道新幹線に乗
乗り換え含む
青森駅・野辺地八戸駅でのみ

青い森鉄道内での
取り扱い

制限
不可 急行列車の乗 別途に料金券を購入すれば可
任意の5日間または5回分
(一枚で複数人での使用可)
利用期間・人数 連続する7日間
(個人使用のみで、複数人での使用は不可)
不可 自動改札の利用

旅名人の九州満喫きっぷ

JR九州が発売する「旅名人の九州満喫きっぷ」も存在する。新幹線博多南線を除く九州内全鉄道路線の普通快速列車西鉄島原鉄道急行特急も可)に乗である。利用方法も18きっぷと同様であり、九州版18きっぷとも言える。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *2019年季までは11,850円
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/01(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/01(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP