単語記事: マッスル北村

編集

概要

マッスル北村 本名 北村己(きたむら・かつみ) 1960年10月6日2000年8月3日 東京都生まれ。

アジア人としては規格外のバルク(bulk, 筋肉の質感・量感)と怪を誇った、知る人ぞ知る伝説ボディビルダー。

その人生も波乱に満ちた規格外のものであった。

以下、波万丈ながらも己に正直に生きたマッスル北村人生を記す。

- 参考資料 アイアンマン増刊「ボク履歴書

マッスル企画ホームページ

幼少~青年期

 本人く、特に取り柄のない立たない子だったらしい。手先は器用で日曜大工裁縫が得意で、電気屋が棄したオーディオテレビビデオ類をあっと言う間に修理してしまう程だったという。

 後年、寸前のポルシェ928を電装系、エンジン、内装、外装に手をいれ、果てはスピードメーターを自作して新同然にしてしまったと言うから、人並みではない。小学校高学年辺りから進んで勉学に励むようになり、身体を鍛える事にも興味を持ち始める。

 小学校から高校まで東京学芸大の附属校で過ごす。校内ではダントツの体の持ちで、水泳マラソン大会では独壇場。中学健康診断の肺活量測定では、一一人だけメーターを振りきってしまい、測定不だったという。成績もトップクラスで親にも従順。理想的な優等生であった

 が、中二の。連続16時間という謀なサイクリングに挑戦したが、携帯していた牛乳が腐っていたことに気付かず一気飲みしてしまい、最終的に意識を失い病院に担ぎ込まれてしまった。以来、彼の一番テーマは「限界への挑戦」へと変わり、それが元でたびたび親と衝突を繰り返すようになる。

 それ以来、まるで自分を殺すくらいの勢いで長距離サイクリングマラソン、拳立てふせを繰り返し、日々両親を心配させる。一般的な反抗期とはまるで違う。

 さながらバイクに乗らず、自らの体のみを爆走させる暴走族といったところだろうか?東京仙台間の連続サイクリングの際も脱症状で病院に運び込まれたそうで、両親が小言を言うのも当然といえよう。競輪選手やプロボクサーに憧れていたようで、パンチに関して言えばゲームセンターパンチングマシーンを2台故障させてしまう程だった。

大学受験~ボディビルとの出会い

 サイクリングに劣らない常軌を逸した猛勉強の末、2浪して晴れ東大IIに合格、受験勉強から開放された彼は本格的にボクシングジムに通いだす。既に現役で倍率48倍という難関の防衛医大などに受かっていたが、全寮制の防衛医大ではボクシングジムに通えないので、親に内緒にしていたというから驚きだ。

 視が僅か0.01という致命的ハンデをを押し遣ってでも渇望していたプロボクサーへのだったが、その視の悪さが災いしたか、ある日スパーリング中にパートナーに左右のフックを決めて、その間の衝撃で彼の視をしばらくの間奪ってしまい、その時の恐怖が元でボクシングから一切手を引いた。また競輪選手へのは、実際にトラックを走せてもらう機会に恵まれた際、本物のプロ選手の走りをの当たりにして己の才限界を悟り、諦めてしまっていた。

 そうして標を失いふらふらしていたところ、偶然東大ボディビル部の先輩と出会い、進められるまま関東学生選手権に出場する。が、55kg程度の身体ではまるで大人の中に子供が混じっているような状態で、恥ずかしさと情けなさで泣きそうだったという。しばらくすると惨めさが消え、今度はしい怒りが湧きあげてきた。「よりも鍛えてきた」という自負がある彼にとって審員に見向きもされず、価値しのレッテルを貼られたことが慢ならなかったのだろう。

 その日以来東大に通わず、日雇いのアルバイトを稼ぎ、そのを大量のサバ缶、牛乳プロテイン、そしてそれらを強引に吸収させるための消化酵素(強力わかもと)に変え、貪る様に流し込み狂ったようにトレーニングする日々が続いた。初めはいつも満状態で吐き気を催すような状態だったが、そのうちわかもとを飲まずとも胃もたれしなくなったという。

 当初は彼も一般の人々と同じ偏見をボディビルに抱いていて「男の癖に姿、形の美しさを競うとはなんと女々しい世界だ、辱さえ済めばやめてやる。」と思っていたそうだ。

 凄まじい執念が実り、わずか1年程で96kgまで増量、2年後の関東学生選手権を圧倒的実で優勝。辱は果たしたが、既にボディビルへと傾倒していた彼は社会人大会へとステップアップしていく時に22歳であった。

親子の確執~ドーピング事件 そして芸能界へ

 この頃には益々親との確執は深くなる。

 東大に通わずひたすらトレーニングに明け暮れる息子にある日父親昂し、ダンベルシャフトで何度も彼の頭を叩きつけ、左の網膜剥離により手術を余儀なくされるという事件まで起きる。

 ボディビルに専念するため東大中退するも、家族があまりに厳しく、また人の役に立つ人間を志すようになり、東京医科歯科医学部受験し直し(一発で受かるところが凄いが)、入学するもやはりボディビルを優先するあまり2年で中退。その際も、父親が彼の部屋のトロフィーやの類を外に投げ捨てた事もあったという。

 彼は著書にのなかで、この世界で大成し

  「己、ボディビルをやっていて本当によかったなぁ」と両親に認められるのが夢。

っていたが、彼が存命中にその夢がう事はなかったようだ。

 個人的興味に過ぎないが、今現在、彼の両親はどう思っているのだろうか?

 

 彼の経歴の中でも最もとなっているのが、1985年アジア選手権における凄まじい減量である。

 

 8月11日の実業団選手権に優勝した直後、急遽アジア選手権のオファーが入る。チャンスとばかりに二つ返事で了承したはいいが、あと4日しかなく、コンテスト直後で身体は疲弊しきっている状態であった。「この状態で出ても結果は知れているので、少し好きな物を食べて筋肉りを持たせよう」と考え、食べ始めたが最後、コンテスト直後の食欲は凄まじく、コントロールできないまま食べ続けた結果、わずか2日で85kgから98kgへ太ってしまう。
 
 普通の人間は棄権するところだが、ここで彼は一か八かの賭けに出る。電車を乗り継いで山まで行き、そこから自宅までの100マラソンに挑戦する。途中足のがはがれ、シューズの中が血でグショグショになるほど悲惨な有様だったが、幸か不幸の痛みのお陰で覚醒し、気絶することなく計120kmを15時間かけて走り抜き、14kgの減量に成功。

 

 アジア選手権、ライトヘビー級のタイトルを手にする。


 1986年7月20日 「ジャパン チャンピオンシップス」において、当時としては新であった「カーボロディング」(carbo-loading, 炭水化物充填法。エネルギーとして脂肪の代わりにより多くの糖グリコーゲン)を採り込む為に、炭水化物(carbohydrate)を一旦枯渇状態にしてから一気に大量摂取する栄養摂取法)を独学で身につけた彼は、日本人最高のバルクとして謳われた石井直方(現:東大教授)選手を破り、みごと優勝。かねてから憧れであった「ミスターユニバース」の切符を手にする。

 しかし喜びも束の間。当時JBBF日本ボディビル連盟。現・日本ボディビルフィットネス連盟)ドーピングコントロール委員会により筋肉増強剤「ナンドロロン・デカノエイト」の使用ありと言い渡され失格になってしまう。

 この事件によりJBBFを脱退し、事実内でのコンテストビルダーとしてのを閉ざされた彼は、自らのステージを切り開くために芸界へ足を踏み入れ、TVの中やゲストポーザーセミナー、後に海外コンテストなどにも活躍の場をめていくようになる。

 アイアンマンに連載されていた彼の回顧録(後に「ボク履歴書」の名で発売)は、芸界に足を踏み入れた所で本人が死去してしまい、その後の詳しい生活は知る由もないが「学生時代の体労働のほうが、よっぽど楽だった」と、ぼやくぐらい、内容的にも銭的にもあまり恵まれたものではなかったようである。

 いつ頃からか、かなりの飲みになっていたようでアルコール依存症に悩まされていたようである。元々上戸な上に内臓異常に強いので、25度の焼酎1.8リットルは1日の最低量だったそうだ。

ドーピング事件の真相

 回顧録の中で、14年の時を経ての場で当時の状況を告白した。

 14年も沈黙を守った理由としては、彼自身「忌まわしい思い出したくない過去」として封印したかったという思いがあったが、他のビルダーの動揺や内ボディービルダー界の印悪化を恐れての事でもあった。しかし北村氏と親交が深かった北九州ジム会長が「北村と親しい」という理由だけで嫌がらせを受けた事が、おおらかな彼の堪袋の緒を切ってしまったようである

 簡単にまとめると、彼は当時のJBBFドーピングコントロール委員長であった故・後藤紀久氏に「はめられた」とり、理由としては当時、後藤氏と不倫関係にあったステロイドユーザーの某女子ビルダーを失格させないために、尿サンプルをすりかえたのだ。としている。

 その根拠となる疑惑

その1 再検の拒否 検データ開示拒否

 A、B二つの尿サンプルをとり、当事者に不が有る場合はどちらかでもう一度再検が行われるはずだったが、すぐにA、Bとも棄されていた。

 当時GCG(Gas ChromatoGraphy, ガスクロ(マトクラフィー)。気相色譜法。気化させたサンプルを各成分の性質の違いを元に分離・解析する成分分析法)で検されていた。医学生である彼はGCGの概要は分かっていたので「検データを見れば自分の尿かそうでないか分かるので検データを見せて欲しい」と、何度も後藤氏に頼んだが自分の尿データであるにも関わらず「極秘資料だ」と言う理由で断られる。

 結局最後の直接の話し合いの場でも、本人が検データの書類を固く握り締め、一度も開いて見せてはくれなかった(も「各選手への正性と検の厳密性等を理由に、たとえ当人であっても検データを頒布するわけにはいかない」といった理屈が、医療カルテの本人開示すらままならなかった当時の世情等を考慮すれば一応成立し得る、ということは付言しておこう)。

 

その2 ジム先輩の不審な行動

 当時、ジムで色々とお世話になっていた先輩が例の女子ビルダーに好意を寄せており、「彼女、筋肉がなかなかつかなくて、最近を使っている」と言う話や「某大学教授不倫関係にある」と言う話がその先輩から漏れてきていた。

 まさかその教授ドーピングコントロール委員長だとは思ってもいなかったので、その時はさして気にも留めなかったが、「思えばあれがトラブルの始まりだった」と書かれている。

 ジャパン チャンピオンシップスが迫ったある日、その先輩が「北村君、コレを使え」と、強引に胸ポケットにステロイドのアンプルを押し込んでいった。医学生であり、何度も大会に出場している彼がドーピングテストのことを知らないはずがない。そんな物を使えばどうなるかは想像に難くない。

 今まで信頼してきた先輩に裏切られた気がしてすごく悲しかったという。

 その後、その先輩とも疎遠になり、14年の歳が経過したある日、たまたまゴールドジムで見かけた先輩に「もう時効だろう」とばかりに思い切って彼は質問した。

 ――北村氏「あの時、サンプルすり替えたんでしょ?」   先輩「そういうことだね・・・・・・」

 

その3  の性質

ナンドロロン・デカノエイト(nandrolone decanoate) 通称 「デカ」

人体にも自然に存在する強筋肉増強・密度上昇作用のあるステロイド剤の一種ナンドロロン(19-ノルテストステロン)を、長期間作用させるためにデカンカプリココナッツオイル等に多く含まれる)エステル化したもの。しかし貯性が高く、故に皮下に分が溜まってしまう惧れがあり、コンテストビルダーには向かない。

 

世界を目前にした死

 1999 NPCトーナメント オブ チャンピオン 強大な外国人が連なるヘビー級において3位入賞を果たした北村氏は2000年の同大会での優勝をし過酷な減量を行い、8月3日低血糖による心不全により死去。K-1選手として知られるアンディ・フグが亡くなる20日程前の事である 自他共に「今年は優勝できる」と言わしめるほどの璧な仕上がりだったという。

 当時の彼の減量方法は、炭水化物カットしてオリーブオイルなどの良質の油をエネルギーとする「オイルダイエット」を先ず行い、最後の仕上げにオイルカットし少量の炭水化物で仕上げる方法をとっていたのだが、予想以上に基礎代謝運動によるエネルギー代謝が大きく、計算していた食事の量では足りなかったのだろう。

 

 にわかには信じがたいが、事実上の「飢死」である

 

 いざというときの予備燃料である「体脂肪」が全くく、必要最低限のエネルギー糖分)が補給されないと当然死んでしまうので、普通は身体の防衛本が働いてドカ食いしてしまったり、全てを放り投げな状態になってまったりするものだが・・・・・・彼の計り知れない精体の限界えてしまったのだろうか? 

 (ちなみにスポーツ医学のより進んだ現在では、彼のように極端な炭水化物制限を行った上で運動量を増やす、とったリスクの高いダイエット法はもはや古典的なものとなり、より安全に同程度の効果を上げられる手法が確立されつつある。彼の死がそうした発展の礎の一つとなっている事を願ってまない。)

 葬式では一番大きなにも入りきらず、手を組直して何とか収めたらしい。

 火葬場ではになるまで通常の倍の時間がかかり、量にいたってはは常人の3倍もあり「死んでからもスケールが大きいなぁ」と参列者に言わしめた。
 

余談 

グラップラー刃牙」で知られる板垣恵介は、連載前に彼のもとに取材をし、
様々な筋肉模写して、作画の参考にしている。その時に腕相撲をした際、
北村の計り知れないパワーに驚嘆したとのこと。 
また、愚地克巳己は彼の本名から用いられている。 

としても知られ、「どうぶつ奇想天外」の番組内でもを溺愛していた映像が印的であった。 

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%AB%E5%8C%97%E6%9D%91
ページ番号: 659147 リビジョン番号: 2406986
読み:マッスルキタムラ
初版作成日: 08/10/23 19:45 ◆ 最終更新日: 16/09/18 00:01
編集内容についての説明/コメント: 微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マッスル北村について語るスレ

204 : ななしのよっしん :2015/10/28(水) 00:06:27 ID: TjNKAUUuKU
>>200
世界にはリー・プリーストとかいう160cm100kgえ、
扱う重量はトップビルダーと同じという化け物もいてな…
確か動画があったはず。
とはいえ北村さんも生きていれば確実に世界で通用したと思う。
山岸さんと二人で日本人初のオリンピアして切磋磨してたんだろうなあ
205 : ななしのよっしん :2015/10/28(水) 13:09:27 ID: /4IoVjsUCw
太く短くの人生を生きた人なんだなと思った。
年齢的にも39歳と体のピークだったろうし。
206 : ななしのよっしん :2015/10/29(木) 19:07:47 ID: LaZUp+McX2
昔食事風景映像見ては生が一番タンパク質の吸収がいいのかーと
思ってたけど、半熟が一番吸収がいいんだね('・ω・')
207 : ななしのよっしん :2015/10/31(土) 15:45:52 ID: 3njjwUs2EK
>>204
リーと肩する一のアジア人ビルダーになる可性があった
フィジカル面で大きなハンデを持つアジア人でも最高峰をせる人材だった
メソッドの未熟な時代に生まれたせいで死んでしまったのが惜しい
208 : ななしのよっしん :2015/11/17(火) 13:22:03 ID: lOHYdNOrpK
ドーピング事件がなければもっと上のレベルに達していただろうね。北村さんの人生で間違いなく一番辛い経験だったと思うよ。
209 : ななしのよっしん :2015/12/29(火) 22:46:09 ID: /8UXcyq1EN
ドーピングだなんだと今になっては分からないけど、人柄が素晴らしいってことだけは間違いない
どんな映像でも笑顔で映っている、ってのは素晴らしいし見習いたい
210 : ななしのよっしん :2016/02/14(日) 13:04:31 ID: 36aglMG6Ra
なんでもダービーで見てて、ボディビルダーってすげえんだなと思ってたが、本人が凄かっただけという
211 : ななしのよっしん :2016/03/03(木) 10:57:05 ID: P/rw+Kk/T/
JBBFってのに怒りが込み上げてくるな
北村さんは結局ぎりぎりの生活とはいえ正しい生活であれば生きられたんだから
この遇にしたらにコロされたようなもんだ
特に後藤紀久の人ビルダーってのが名前する出ていないってのがあり得ないね
212 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 01:09:56 ID: oV1UQyTq0Q
しかしその事件がマジなら何で訴えるなりしなかったんだろうか・・・。
大事にしたくないってのはわかるけど、徹底的に争って不正暴いてやればよかったのにな。
213 : ななしのよっしん :2016/06/05(日) 20:49:10 ID: Uqc9/97eyD
>>212
あまり争いごとをしたがりそうな人じゃないからな...
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015