あさひ型護衛艦単語

アサヒガタゴエイカン

あさひ型護衛艦とは、海上自衛隊が保有する護衛艦の艦級の一つである。
1955年アメリカ海軍から供与されたキャノン級護衛駆逐艦名した戦後初の護衛艦(DE)である初代と、2018年に就役の汎用護衛艦(DD)である2代目がある。本項では2代目について扱う。

概要

平成25年度及び26年度防衛予算により2隻が建造予定の前級のあきづき型護衛艦の準同艦に相当する汎用護衛艦である。1番艦「あさひ」が進するまでは前級のあきづき同様5,000トン級汎用護衛艦もしくは予算年度より25DD、26DDと呼ばれていた。

建造・開発コストを抑えるためあきづき型護衛艦をもとに設計されている。
しかし、防を重視したあきづきに対し、本級は周辺情勢を鑑みて対潜性を重視した設計となっているほか、護衛艦としては初のCOGLAGと呼ばれる推進方式を採用している。

性能諸元

全長 151.0m
全幅 18.3m
排水量 基準5100t
武装 62口径5インチ単装速射1門
高性20mm機関(CIWS)2基
Mk41VLS(垂直発射装置)32セル
(装填弾)シースパロー系列短SAM、垂直発射アスロック
90式対艦誘導弾発射筒4連装2基
3連装短魚雷発射管2基など 
レーダー OPY-1多機レーダー
潜望探知レーダー 
ソーナー OQQ-24バウソーナー
OQR-4航ソーナー(TASS) 
ESM/ECM 各種電子装備
最大30kt
COGLAG方式 2軸
「LM2500ガスタービン 2基
 推進電動機 2基
搭載機 SH-60JないしSH-60kヘリ1機(最大2機)

あきづき型との相違点

多機レーダーをコンパクト
あきづき型護衛艦では弾道ミサイル迎撃中のイージス艦を守るために僚艦防が可FCS-3Aを搭載してたが、レーダーのサイズの関係か艦ヘリ格納庫上部に分かれていた。しかし、あさひは対潜重視ということから僚艦防削除(これによりタレス社のICWI機削除することとなり経費削減にもつながった)し従来の汎用護衛艦同様、個艦防のみとすることで小化し艦上部のみの配置としヘリ格納庫上部がすっきりしている。また、イージスシステムアップデートにより弾道ミサイルに対応中のイージス艦も防が可になること見越していたとも言われている。
新たなガスタービン推進方式、COGLAGの採用
ガスタービン機関は小・軽量で大出が出せるため高速運用をする現代の軍艦には欠かせないものとなっている。しかし、欠点として高速域以外の燃費の悪さがよく問題として言われており、近年の各軍は燃費性の向上を注いでいる。一方で海上自衛隊は推進機関はつゆき型護衛艦オールガスタービンとしてCOGOGを採用、その後たちかぜ型護衛艦以降の護衛艦はCOGAGと呼ばれる方式を採用していた。COGOGは巡航用と高速用のエンジンを積んで用途に合わせて使い分ける、COGAGは巡航用と高速用を積み普段は巡航用のみで高速時にはすべてのエンジンを使うというものである。しかし、前者は使わない時のガスタービンがスペース駄になる、後者は操作・保守が難しいといった欠点を持っており双方共通の問題として巡航用でもガスタービンは高速向けの機関であるため最大出以外では燃費が悪くなるという欠点があった。
そして、ライフサイクルコストの効率化を図るため採用されたのがCOGLAGという方式である。これは普段は一つのガスタービンエンジンを発電機として扱い電気推進をする方式である。発電時のガスタービンを最大出近くにしておくことでガスタービンの燃費を抑えつつ電気推進で速度の調整を行うもので、低速域は電気推進のみの航行も可で航続距離を伸ばせることにもなる。また、高速時はすべてのガスタービンを利用し発電し高速航行をする。欠点としてシステムが複雑化することになるが試験艦「あすか」での運用ののち本級に導入され、27DDGにも同システムが採用されることから今後の護衛艦の基本推進システムになると思われる。

同型艦

艦名 艦番号 所属 建造 艦名の由来
就役
1番艦
(25DD)
あさひ DD-119 第2護衛隊群第2護衛隊(佐世保) 2016年10月19日 三菱重工
長崎造船所
である「朝日」より
2018年3月7日
2番艦
(26DD)
しらぬい DD-120 - 2017年10月12日 三菱重工
長崎造船所
である「不知火」より
2019年

余談

ネームシップである「あさひ」という名は海上自衛隊では2代目になるが、帝国海軍時代にも敷戦艦の2番艦「朝日」がおりそれも含めれば3代と言うことになる。「朝日」は1900年イギリスで建造・就役し日本に回航された後は日露戦争、第一次大戦に戦艦として参加。その後、海防艦練習特務艦、潜救難艦、工作艦と変わり1942年カラン湾南東にて潜水艦サーモン」の撃により沈没した。
なお、敷戦艦の4番艦は日本海戦の連合艦隊旗艦で有名な「三」で煙突の数が「朝日」と一緒の二本である(他の二隻は3本)

あさひ」の初代となる先代は冒頭で述べたキャノン級護衛駆逐艦で「アミック」と「アサトン」がそれぞれ「あさひ」と「はつひ」となった。(奇しくもあさひは二代続けて同艦が二隻である)
なお、先代の二隻は1975年米軍に返還されたが、1978年フィリピン軍にて「ダトゥ・シカトゥナ」と「ラジャフ・マボン」として再々就役。1988年に「ダトゥ・シカトゥナ」は除籍されたものの「ラジャフ・マボン」は一時退役ののち復帰し艦齢が74歳を迎えた2017年現在も現役である。
先代の同艦が二隻だったということもあり、二番艦に「はつひ」を望むもあったが、二番艦の艦名は同じく気に持つ駆逐艦名を襲名した「しらぬい」と決定した。こちらは東雲駆逐艦陽炎型駆逐艦に続き海上自衛隊としては初、日本海軍から数えて3代となる。

本級は「予算削減のためVLSは16セル」という情報もあったが、装工事の段階で32セルとなっていることが確認されている。

関連動画

関連商品

あったら追加してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%B2%E5%9E%8B%E8%AD%B7%E8%A1%9B%E8%89%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

あさひ型護衛艦

13 ななしのよっしん
2018/01/03(水) 17:26:27 ID: Dw74IaLWxd
むらさめの後継艦になりそうなのに大量建造しないの何でだろうね
海自30DDの方に期待しているのかな?
14 ななしのよっしん
2018/01/08(月) 22:03:54 ID: 8chLkuo2Pk
一番艦のむらさめでも工からまだ20年ちょっとなのに
あさひを後継にするわけないでしょ
贅沢過ぎ
15 ななしのよっしん
2018/02/28(水) 20:00:48 ID: r+WqGFlzw3
限られた予算の中で、必要なものを必要なだけ調達する方針は理解できるし正しいが、どうしてもあきづきを見た後だと、「うーん」となってしまう
16 ななしのよっしん
2018/05/24(木) 21:22:38 ID: 4q5sLM84aw
>>15
その気持ちは分からんでもいが、あきづきは今までの汎用DDをベースにした対特化亜種っていう見方の方が正しいからなぁ。あさひの方が正当な後継艦。
あとイージスアップデートあきづきの僚艦防が実質駄になってるからレーダー装備をある程度切り捨てるのも妥当且つ当然って感じ。
17 ななしのよっしん
2018/05/30(水) 19:14:51 ID: nMdQGY/l6X
>>16
例の多用途運用母艦って計画が出てきてあきづき駄とはとても言えなくなると思うぞ
それに必要とあらばあさひだってアップデートするさ。今までのDDで一番拡性が確保されてるみたいだし
更に言えば開発が始まる新艦対空ミサイル30FFMの存在、予算上限うpの可性まであるんだから、海自そのものが化ける時期に来たのかもね
18 ななしのよっしん
2018/07/18(水) 01:35:51 ID: +dJN2yKn5+
むらさめたかなみの関係みたいなもんじゃないの?
量産はするつもりだったけど実際運用してみて設計の仕様若干変わったと言うか。
19 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 08:40:53 ID: HNVrjgLWCq
あさひの配備数は旧DD整備計画に則っていて、あきづきイレギュラーだから、初期構想だとあきづきは本来たかなみの予定だったから。
あさひICWI機は持っているけど、LAD機は持っていないと言うのが正しい。
いくらESSM持っていても、LAD用のアルゴリズムければ個艦防衛しか出来ない。
最後に、FCS-3タレスイルミネーターを導入したのは、ESSMの誘導アルゴリズムの入手の為にライセンスを所得するしかかったから。
そのアルゴリズムを導入しないと、少し射程の伸びたRIM-7にしかならない。
OPY-1でESSMの性を最大限発揮するには、FCS-3ライセンスを所得するしかかったんだよ。

20 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 00:41:49 ID: 4j0yRFCi4O
ICWI機:複数の標に対して同時にミサイルを誘導するための機
LAD(僚艦防)機:僚艦に向かう標に対し、ミサイルを敵機の進行方向に先回りさせて撃墜する機

あさひは前者はあるけど後者いとされてるってことだね
21 ななしのよっしん
2018/12/27(木) 00:12:44 ID: BFni/d6Amg
なんだろう…
実は存在してたり近代化修でしれっと実装されそうな気がする…
22 ななしのよっしん
2019/02/04(月) 17:22:28 ID: nMdQGY/l6X
あさひの凄いところは性そのものじゃなくて秋月型よりも高い拡性を持ってることだと思う
コンソールからレーダーシステムに至るまであらゆるアップデートが容易で、陸ですら電子戦が重要視される昨今の技術発展速度に対応した柔軟性が他の護衛艦と一線を画す存在なのでは?
予算と需要次第で40年後も現役れる戦に...なるかもわからん