イノセンス単語

イノセンス

曖昧さ回避

  1. innocence - innocent(英語)の名詞形。実、潔邪気、などの意味を持つ。innocence(曖昧さ回避)の項も併せてご参照下さい。
  2. イノセンス(Dグレ) - 漫画D.Gray-man」に登場する物質。
  3. テイルズオブイノセンス - バンダイナムコゲームスより発売されたニンテンドーDSゲームソフト
  4. イノセンス(映画) - 本項にて扱う。
  5. Innocence(BEMANI)pop'n music ラピストリアの楽曲。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を含んでいる可性があります。
それを留意した上で突き進んでください

イノセンスとは、2004年3月6日に全東宝洋画系劇場で開された押井守監督作品の長編アニメ映画である。

概要

内容的には「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」(1995)の続編に当たるが、公式アナウンスとしては別の映画である。これは前作が行的に振るわなかったことと関係している。(海外版は“GHOST IN THE SHELL2”と正式にクレジットされている)

タイトルを「イノセンス」にしたのは宣伝プロデューサーである鈴木敏夫の意向で、制作現場では普通に「攻殻2」と呼んでいた。[1]

2004年に第25日本SF大賞を受賞、また第57カン映画祭にも出展された。

あらすじ

時は2032年、ロクス・ソルス社製の少女ガイノイド「Type2052 "ハダリ"」が原因不明暴走を起こし、所有者を惨殺、その後自壊するという事件が起きた。

所有者(被者)の中に政治関係者や元公安関係者が居たため、テロの可性があるとして公安9課がこの事件の捜をする事になる(厳密には公安9課が捜すべき事件かを判断する事となった)。

そして、公安9課のバトーは新しいパートナーのトグサと共に事件の捜へと向かう・・・

イノセンスは原作コミック攻殻機動隊」の6話が元になっている。

択捉経済特区での場面は圧巻の一言に尽きる。全体的に背景3DCGで構成されている。当初は3DCGでモデリングされた「ロケ地」に「カメラ」を持ち込み、その映像を切り出して作品にすると言う、限りなく実写映画の撮影に近い手法で制作するつもりだったが、テストで作られたコンビニエンスストア映像データの膨大さにその論見は脆くも崩れ去ってしまった。実際に撮影された時には分割してレンリングした映像を合成すると言う方法を使い、上記方法に限りなく近い物を作り上げた。ちなみにキャラクターセル画の為、多少違和感を覚えたと言う人も少なくはかった、らしい[要出典]

なお、この映画のもうひとつの見所はセリフで使われる、言い回し、引用の多さである。それを調べるのもこの一連の作品の楽しみ方のひとつと言えるかもしれない。

最後に、今回の話の中心のガイノイド「ハダリ」の意味はベルシアで「理想」と言う意味である。

関連動画・生放送

MAD / AMV

関連商品

関連項目

脚注

  1. *らなかったジブリろう」押井守 東京ニュース通信社 2017 2刷 P.63

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

イノセンス

81 ななしのよっしん
2017/09/04(月) 11:43:03 ID: 23Km0ttD48
端末が更に進化し、ネット開当時よりもずっと普及した今こそ見るべき映画かもしれない
台詞引用の多さは電による検索だけど、それは今のSNSそのものではないだろうか
82 ななしのよっしん
2017/09/10(日) 01:39:38 ID: yUacHd5RrX
択捉経済特区のデザインすごい
ハリウッド作品の架巨大都市べても見劣りしないどころか、
今まで映像化されたあらゆる架巨大都市の中でも
5に入る壮大さだと思うわ。
(個人的には一番いいと思ってる。)
83 ななしのよっしん
2017/11/21(火) 03:56:51 ID: XrAX9aa4sH
攻殻機動隊を元にした押井守映画、みたいな評価もあるかもしれないけど、実のところ原作テーマに忠実に寄り沿ってると思う。
ただなんというか、GHOSTIN THE SHELLがあくまで原作映像化に留まっていたのに対して、こっちはテーマやら思弁やら諸々を内側から食い破ってなんかやばいのが出てきちゃった、という感がある。
なんつーか怪物的としか言いようのない作品だね。

ユーモアあり思弁あり手なアクションあり、映像シナリオ、アートワーク音楽サウンドセリフの可さ、その他諸々すべてが一級品というものすごく贅沢な映画。すべての場面がクライマックス。ここまで繰り返しの視聴に耐える作品は本当に重。

バトーの心中に思いを巡らせたり、劇中で何度も繰り返される思弁的なアレコレを考えるのも楽しいけど、なによりも純映像作品として優れてる。
これがよく分からないって人は単純に頭っぽにしてバトーとトグサの地巡り中を楽しめば良いと思うの。エンタメとしては一回見ただけじゃ話の筋が分かりづらいのが一の欠点かな…。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
84 ななしのよっしん
2018/02/13(火) 01:22:30 ID: mnUEU7AT/+
 こうね、情報量が多すぎて初見だと絶対何言ってんだこいつらってなる。でも、4,5回ぐらい見ると情報量に慣れてきて色んな事が分かる。
 
 例えば、作中で度々言われてる格言ことわざ、故事には実は何の意味もない。というのも、キャラクター達も外部記憶から検索して言ってるだけで、あくまで一種の衒学的な行動なのよアレ
 
 後、生身のトグサやイシカワ(義体化してないかは不明だが)が機械的な合理性めるのに対し、バトーやキム、ハラウェイなんかのサイボーグ連中は妙なこだわりを持ってる。
 トグサが「仕事の話しようぜ」って度々言ってるシーンや、イシカワがドライを勧めるのに対し、バトーがフレッシュに拘るシーン、キムが義体じゃなくて人形のボディを使っているという事。
ここら辺が有る意味、人間機械属性を、機械人間属性を持ってるという逆説性を表してる。
85 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 23:10:42 ID: J+q1edgnTL
押井監督イノセンス6月4K Ultra HD Blu-ray化。「UHD BDにふさわしい作品」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1111180.htmlexit

BD購入ずっと見送ってたけどついに買う時が来たか
86 ななしのよっしん
2018/08/08(水) 03:57:42 ID: ebZgAMswb+
イノセンスは前作からテーマ引っってる割には半端な内容だと思ってるけど、素子消失により深い喪失感を抱いていたバトーの救済ストーリーだと思えば案外悪くないのかも。
「最近のバトーが失踪前の少佐に似ている」という荒巻の発言が前半にあるのも、やはりそういう意図があったからなのかな。
87 ななしのよっしん
2018/09/26(水) 18:45:52 ID: XrAX9aa4sH
バトーが救われてるかというと微妙なところがあるけどね
個人的にはむしろ、あちら側へ行って人間的な諸々を越してしまった素子と、こちら側に留まって人間的なアレコレに悩み続けるバトーとのすれ違いみたいなものが強調されていたようにも感じる

イノセンスのバトーってすごい「老後」感があるんだよね
素子も失い生身の身体のほとんども失いもはや生きている理由がない
任務中に死んでしまってもなんの不都合もないから散々ができる
あのを飼うことによって理やり自分を現世に縛り付けてるようにも見えるね

あのバトーが救われるためにはもう一度素子がこっち側に戻ってくるか、バトーもあちら側へ行くか、しかないような気がする
88 ななしのよっしん
2018/10/11(木) 11:46:33 ID: ebZgAMswb+
>>87
そう考えると、やはり上手い具合に神山SSSと対になってるんだなぁ。

SACのバトーはと戯れているシーンく、一度は組織を抜けた素子が最後は戻ってくるし、そのおかげでバトーも笑顔が戻っていた。
それに対してイノセンスはそれら全てが逆で、挙げ句にトグサからは「ではアンタパートナーは務まらない」なんて言われる始末。

まあそれでも、素子と再会できた上に「いつも見守ってる」的なことを言われたぐらいだから、再会前にべたらかなりスッキリしたんじゃないかな。
人形遣い編の時の別れ方って、バトー視点だとかなり後味悪いし。
89 ななしのよっしん
2018/11/05(月) 16:12:09 ID: gC5lWi/W4E
恋敵の人形遣いにとられたバトーの傷心への癒し物語かよ
90 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 23:12:30 ID: H3/hHjgjtb
この前初めて見たんだけどこの映画映像は15年前とは思えない
クリエイターの名前を見てもアニメにわかの自分でも分かるレベルの凄い人材ばかり
あくまで「映像」ね
話はあれだw

急上昇ワード