イノセンス単語

イノセンス
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

曖昧さ回避

  1. innocence - innocent(英語)の名詞形。実、潔邪気、などの意味を持つ。innocence(曖昧さ回避)の項も併せてご参照下さい。
  2. イノセンス(Dグレ) - 漫画D.Gray-man」に登場する物質。
  3. テイルズオブイノセンス - バンダイナムコゲームスより発売されたニンテンドーDSゲームソフト
  4. イノセンス(映画) - 本項にて扱う。
  5. Innocence(BEMANI)pop'n music ラピストリアの楽曲。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を含んでいる可性があります。
それを留意した上で突き進んでください

イノセンスとは、2004年3月6日に全東宝洋画系劇場で開された押井守監督作品の長編アニメ映画である。

概要

内容的には「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」(1995)の続編に当たるが、公式アナウンスとしては別の映画である。これは前作が行的に振るわなかったことと関係している。(海外版は“GHOST IN THE SHELL2”と正式にクレジットされている)

タイトルを「イノセンス」にしたのは宣伝プロデューサーである鈴木敏夫の意向で、制作現場では普通に「攻殻2」と呼んでいた。[1]

2004年に第25日本SF大賞を受賞、また第57カン映画祭にも出展された。

あらすじ

時は2032年、ロクス・ソルス社製の少女ガイノイドType2052 "ハダリ"」が原因不明暴走を起こし、所有者を惨殺、その後自壊するという事件が起きた。

被害者の遺族とロクス・ソルス社の間には不自然なほど速に示談が成立。しかし被害者の中には政治関係者や元公安関係者が居たため、テロの可性があるとして、公安9課が担当すべきかどうかの判断を含んだ調が開始された。

公安9課のバトーは新しいパートナーのトグサと共に事件の捜へと向かう。
破壊されたハダリの検に当たった検死官ハラウェイは、ハダリが性的機を備えた「セクサロイド」であった事、辛うじて残されたメモリから「助けて」という音データが見つかった事を知らせる。

先の示談はスキャンダル封じという見解を持つバトー。そこへロクス・ソルス社の出荷検部長が惨殺される事件が発生。暴力団会」組長がハダリに惨殺された件を受け、落とし前としてロクス・ソルス社から紅会に売られた事が調から判明する。
しかしその調からの帰路、バトーは何者かにゴーストハックされて乱射事件を起こしてしまう。公安9課を陥れようとする意図を察し、バトーとトグサはロクス・ソルス本社がある択捉経済特区へと向かうのだった。

原作コミック攻殻機動隊」6話「ROBOT RONDO」が子となっている。その他のエピソードおよび1.5からも小ネタが加えられている。

補遺

択捉経済特区での場面は圧巻の一言に尽きる
全体的に背景3DCGで構成されている。当初は3DCGでモデリングされた「ロケ地」に「カメラ」を持ち込み、その映像切り出して作品にすると言う、限りなく実写映画の撮影に近い手法で制作するつもりだったが、テストで作られたコンビニエンスストア映像データの膨大さにその論見は脆くも崩れ去ってしまった。実際に撮影された時には分割してレンリングした映像を合成すると言う方法を使い、上記方法に限りなく近い物を作り上げた。ちなみにキャラクターセル画の為、多少違和感を覚えたと言う人も少なくはかった、らしい[要出典]

この映画のもうひとつの見所はセリフで使われる言い回し、および引用の多さである。これはもが外部記憶装置を持つが故の高速思考、および検索による言表現であり、その元ネタを調べるのもこの一連の作品の楽しみ方のひとつと言える。

劇中、キムの屋敷で流れるオルゴールの曲はあらかじめ巨大オルゴール演奏・録音したものを、大谷石採石場跡の地下間で再生・再録音している。不安を煽るメロディが徐々に狂い出すと共に、現実曲してループするさまは圧巻。

今回の話の中心となるガイノイド「ハダリ」の意味はベルシアで「理想」と言う意味である。
ヴィリエ・ド・リラダン小説未来イヴ」に登場する人造人間の名前で、究極の女性となるべく創造された存在である。

大企業「ロクス・ソルス社」の元ネタは、レーモン・ルーセル小説「ロクス・ソルス」。
ラテン語で「人里離れた場所」を意味し、パリ郊外の大邸宅「ロクス・ソルス荘」にて、マッドサイエンティストが奇怪な発明品を紹介していくという奇書である。

関連動画・生放送

MAD / AMV

関連商品

関連項目

脚注

  1. *らなかったジブリろう」押井守 東京ニュース通信社 2017 2刷 P.63

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

イノセンス

90 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 23:12:30 ID: H3/hHjgjtb
この前初めて見たんだけどこの映画映像は15年前とは思えない
クリエイターの名前を見てもアニメにわかの自分でも分かるレベルの凄い人材ばかり
あくまで「映像」ね
話はあれだw
91 ななしのよっしん
2019/05/26(日) 22:58:26 ID: mnUEU7AT/+
>>90
話自体は士郎正宗版にオマージュ加えてややこしくしただけだから面いんだよね。三幕構成で言う所のサブプロット(登場人物の心理的な問題解決)が分かりにくいからバトーに感情移入し難い。
この作品の価値は映像音楽だけ。
92 ななしのよっしん
2019/05/26(日) 23:06:58 ID: mnUEU7AT/+
>>89
マジでそんな感じの話。推測だが、サブプロットは電へ行ってしまった少佐への想いに対し、バトーが決着を付ける事だと思う。
ただ、問題はこのサブプロットがハッキリしない事と、メインの「ハダリに関わる一連の事件の解決」という話に一向に絡まない事。更に言えばバトーが決着付ける為になんら自分で動かない所。

93 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 01:32:51 ID: eGAbL6UiaP
パトレイバーやアヴァロンにも似たような
サブプロットがあるけど正直どれも切り離して成立すると感じる
なんか普通映画として取り繕うための監督の言い訳みたい
監督的にはトーキングヘッドでも良いんだろうなー
94   
2019/09/09(月) 00:08:30 ID: QK9h6TEBgY
久しぶりに見直したけど、工場での人形暴走とか説明が不足する部分がやっぱ多かった気がするのよ
それとトグサ君、この事件に関わりながら買ったプレゼントがそれかよ・・・
95 ななしのよっしん
2019/09/09(月) 03:51:47 ID: mGhbEzeAEv
ラスト人形大暴れはあれキムの最後っ屁なんだってね
映画を観ただいぶ後に知ったわw
96 ななしのよっしん
2019/09/14(土) 21:24:23 ID: e6pSyP3e3u
最後っぺの総力戦は好き
97 ななしのよっしん
2020/05/05(火) 11:18:15 ID: D/j0ZQ0SO9
好きな映画の一つ 電というガジェットの使い方が巧いのよね
ネット上の外部情報と自己の記憶が同列に扱われる社会、会話の中で呼吸するように引用が行われるということが描写された世界で、作中の提起に対する回答であるらしきブッダ引用がすべてネットに接続されてない状況下で(逆説的にいえばその人物にとって咀嚼され内面化された言葉として)られてるのが好きなんだよね
(苦の果てにこの「地」に辿り着いたであろう三人、素子とバトーは全な電波暗室で引用し、荒巻はそもそも電化していない)

そして作中でバトーは失踪前の素子に重ねられるが、この映画でバトーが辿り着いた地は、記憶の外部化による自己同一性の危機に悩まされた素子に対する、あり得たかもしれない救済でもあるんだよな
98 ななしのよっしん
2020/05/05(火) 11:25:53 ID: D/j0ZQ0SO9
ブッタの引用電波暗室で行われることによって、逆説的にその人にとって重要で、内面化された言葉として描写されてる、という演出が好き
99 ななしのよっしん
2020/05/21(木) 12:33:03 ID: tky6aPSg5X
ストーリー自体は原作漫画の一事件だしそれでも何度か繰り返し見てしまうのはなぜだろうと、
自分で不思議に思っていたんだけど今になってようやく気付いたのは
傀儡謡歌詞がハダリ、人形コピーされた子供たちのゴースト
欲望おもちゃにされた、人でも機械でもないゴーストの慟であり、
マトリクスの界の向こう側に片足を突っ込みかけているバトーさん、行ってしまった少佐
人形であることを強いられたハダリのゴーストたちとその開放あるいは破壊による救済という関係において
事件の全貌を大方把握していたふたりの戦いには、的のための障の排除だけではない、
人間の優しさが確かに存在するからなのだとやっとわかった
キャッチコピーの孤独なゴーストの「乱交」って何だと思ってたけど、これ濃密なラブストーリーなんだな

急上昇ワード

2020/05/27(水)04時更新