カードファイト!! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー!!単語

カードファイトヴァンガードジーストライドトゥビクトリー

カードファイト!! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー!!とは、ニンテンドー3DSにてフリューから発売されたゲームソフト略称は「ストビク」。
発売日は2016年1月14日

概要

本作は「カードファイト!! ヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!」から続くシリーズであり、「カードファイト!! ヴァンガード ロック オン ビクトリー!!」の続編。「カードファイト!! ヴァンガードG」としては初のゲーム化である。
製作が別のカードゲームゲームを作成していたからか、「ロックオン~」から2年いてのリリースとなる。それまでの期間に新たに登場した双闘」と「越」の双方に対応している。
今回の収録範囲は、ブースターパックG4弾「討魂撃」とコミックブースター「先導者と根絶者」まで。クランブースター第2弾「連波の指揮官」とブースターパックG5弾「牙」以降は未収録。また、それとは別にクランブースター刀剣乱舞 -ONLINE-」が未収録。ペイルムーン使いと審神者は泣いていい。

予約特典としてカードサイズクリーナークロスが付属。また、パッケージ購入特典として、コストを払う際に1枚でグレード3分になる共通効果を持つ互換カードスチームレスドラゴン騎士 シシルス》《開墾の戦女 パドミニデスティニー・ディーラー《ケルピーライダー ニッキーの5枚が付属。R加工だが、カードテキストフレイバーテキストの存在しないSP仕様となっている。

信用ならないかもしれないがファミ通新作クロスレビューにてゴールド殿堂入りの栄誉にいている。

ゲームモード

ストーリーモード

ヴァンガード編(G1期)

本作のストーリーは2種類存在し、いずれもオリジナル
ひとつは、10人いる主人公から1人を選択して、「ヴァンガードG」1期の時間軸でクエストに挑戦しながら全大会優勝をストーリー
こちらは進め方によってエンディングが変わるマルチエンディングが告知されている。
最初にG1期版トライアルデッキ5種のうち1つが手に入るため、それを基盤にデッキを構築していくのがいいだろう。
主人公たちは以下の通りとなる。

また、後述の「ヴァンガード編」を10人全員クリアした後にプレイすると、も想像できないようなファイターが君のの前に現れる・・・!

ヴァンガード編(無印4期レギオンメイト編)

もうひとつは、「レギオンメイト編」エピローグから半年前の時間軸で、キャラクター達の視点に立ってオリジナルストーリーを紐解くストーリー。こちらはアイチや櫂、レンなどの旧作アニメキャラクター達が同時間軸に対応した状態で登場する。
このストーリーの解禁条件は先述の「ヴァンガードG編」をクリアすること。ただしエンディング後に登場するファイターたちを最後まで倒して初めて解禁であるため、エンディングで話が終わってしまうルートでは達成できない。
視点に選べるのは以下の10人。うち、ラスボス※がついているものは条件を満たさなければ視点に選ぶことはできない。キャラの詳細は単語記事参照。
キャラクター視点で、アイチの住むで開催される「VGフェスティバル」を巡った物語を追走する形である。

通信対戦

本作にいてもオンラインで全ファイターと通信対戦することが可。本作では対戦相手のマナーが表示されるようになった。
普通3DSを持ち寄ってローカル通信することもでき、その場合デッキ構築制限のなくなる「エクストリームファイトルールを使用することもできる。

機能・演出その他

関連動画

関連商品

外部リンク

公式サイト:http://www.cs.furyu.jp/vanguard-stv/exit
公式ツイッター:https://twitter.com/vanguard_3dsexit

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%88%21%21%20%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89g%20%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89%20%E3%83%88%E3%82%A5%20%E3%83%93%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%21%21

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カードファイト!! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー!!

2 ななしのよっしん
2015/11/21(土) 02:05:55 ID: YrG+EkIMaf
あ、ごめん。見直したら旧キャラがあることに気がついた
3 ななしのよっしん
2015/11/21(土) 11:02:58 ID: upc2QJTlCE
収録範囲的にG1期の環境を知るにはすっげえよさそう
4 ななしのよっしん
2016/02/16(火) 18:27:59 ID: fHeB7Adaz6
単純なゲーム性、強い運要素のおかげでCPU相手でもそれなりに手ごたえのあるのがいいね。
それでも対人とはレベルが圧倒的に違うとはいえ、この手のゲームの中ではソロでもかなり楽しめる部類だと思う。
5 ななしのよっしん
2016/03/13(日) 07:26:02 ID: fjbq19w5+E
部長ルート行きの選択肢イチイチゲスくて草生える
6 ななしのよっしん
2016/03/14(月) 19:47:59 ID: HBxQOhnPYV
アリスラビットハウスとかバトルシスターここあとか使って楽しんでます
7 ななしのよっしん
2016/03/18(金) 01:29:14 ID: RuYGboH8ZB
部長ルートラストは良い落とし所だと思う
8 ななしのよっしん
2016/03/24(木) 23:39:01 ID: N/T+d+ldcm
オンラインエクストリームできるようにしてくれよ…。
エクストリームやっているショップほとんどない
9 ななしのよっしん
2016/03/25(金) 19:39:04 ID: Fi4GRpt3iI
>>4
たしかにヴァンガの運要素が上手く作用してるな
対人系のゲームって大体慣れるとCPUじゃ相手にならなくなるけどヴァンガだと負けるときは負ける
10 ななしのよっしん
2016/09/16(金) 13:47:11 ID: IdWsy/a2vX
>>6
だいたい同じ発想でペリノ軸の白兎騎士デッキ使ってる
11 ななしのよっしん
2016/10/03(月) 18:21:49 ID: Oc6/pqFWNO
地味難易度変更でトリガー率に補正かけられるのが試作デッキ回すだけのつもりのときとかにも便利。