ジョン・スミス単語

ジョンスミス

ジョン・スミスとは、ジョンという名のスミスという姓の人のことである。

イメージ的には山田太郎鈴木一郎のようなものだが、日本ではすでに時代遅れ感のある姓名であるのに対し、英語圏では今日も新たなジョン・スミスが生まれ続けている信頼と実績の組み合わせである。

概要

ジョンJohn)…称はジョニーなど。英語圏で非常にポピュラーな名前であり、ことイギリスでは1半世紀も赤ちゃん命名ランキングトップを君臨し続けるチャンピオンネーム。「は恵み深い」という意味の聖書人名ヨハネ(羅ヨハネス)に由来し、洗礼者ヨハネ使徒ヨハネ、十字架のヨハネジョン・レノンなど人に多い名としても有名。各国語で対応するのはイタリア語ジョヴァンニギリシャ語イオアンニス、ゲールショーンスペイン語フアンチェコ語ポーランド語でヤン、ドイツ語ハンスフランス語ジャンポルトガル語ジョアン、ロシア語イヴァンなど。

スミスSmith)…原義は鍛冶屋英語圏で非常にポピュラー苗字であり、ことアメリカでは人に一人ほどスミスさんが存在する。これは各からの移民層に「鍛冶屋」を意味する姓を持った人達が多かったためである。また、奴隷貿易で奴隷に付けられた代表的な姓でもあり、アフリカ系にも多くのスミスさんがいる。各国語で対応すると思われるのはアラビア語でハッダード、イタリア語フェラーリ、イディッシュでシュミーダー、スペイン語でエレーラ、ドイツ語シュミットフランス語ファーブル、ロシア語クズネツォフなど。

そして生まれるべくして生まれたのがジョン・スミスである。分かりやすい偽名として扱われることもあるが、英人なら知り合いのジョン・スミスくらい一人や二人は多分持っているのものである。多くの有名人・文化人・歴史人を輩出し続ける終りなき流行の最先端にある名前であり、けして身元不明の死体などではない。以下ジョン・スミス一覧と業績。

こいつらがジョン・スミスだ!!

※ミドルネームとかは知らない

要編集 この記事はこの世にジョン・スミスが生まれ続ける限り永遠に要編集記事です。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョン・スミス

55 ななしのよっしん
2016/04/13(水) 18:15:42 ID: Zh0IcbLHiF
あしながおじさんジョン・スミス
本名はジャービス・ペンデルトンだったかな?
56 ななしのよっしん
2016/08/10(水) 04:17:18 ID: OdIMyXFMZS
某研究所の調によるとサトウヒロシさんが一番多い名前だそうだ
57 ななしのよっしん
2017/01/31(火) 03:46:40 ID: i9qL9xqZhj
ジョンスミスさんは数々の栄ある偉業を成し遂げたんですね!
何人のジョンスミスさんがいるのか知りませんが・・・
58 ななしのよっしん
2017/05/05(金) 09:35:23 ID: 2bdQBP6Hzv
キョンはフーヴィアンだった可能性が微粒子レベルで存在している
59 ななしのよっしん
2017/07/07(金) 00:35:37 ID: m1KBQJDigD
キョンのことも追加してくれよなー頼むよー(他力本願
60 ななしのよっしん
2017/08/06(日) 17:24:45 ID: B3YWzeD48+
>>54
だけどどうしてもつっこみたい
たぶん新生児名づけランキングから推測したんだろうけど
>>53が書き込み当時幼児じゃなきゃその見立てはおかしいし
幼児だったとしても日本一多い名前にはならないよ!
61 EA易者
2017/09/30(土) 21:10:50 ID: uozdI0eN5V
???「のような天才策略でなけりゃ、戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん!」
62 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 18:06:31 ID: H0y3rs9BAM
記事本文の山田太郎のくだりは的確な例えだと思ったw
63 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 03:07:03 ID: Jz1h1D5c2a
しかし、(全の実際の山田さんには失礼なのを踏まえて)山田太郎と言う実名の人がいたら変わった名前の人なのが、ジョン・スミスとは違う点だ。

ハリウッド映画界のアラン・スミシーとかもある。
64 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 21:16:28 ID: cEIvm3BDs6
ラストマン・スタンディングの主人公
ジョン・スミス
三十郎をジョン・スミスにしちゃうあたり
なかなかわかってる

急上昇ワード