セイバー(Fate/Zero)単語

セイバー

セイバー(Fate/Zero)とは、小説Fate/Zero』に登場するキャラクターの一人である。CV.川澄綾子

なお、記事ではこれ以降セイバーと表記する。セイバー

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

切嗣に放置プレーされるセイバーセイバー
第四次聖杯戦争の駒として召喚されたサーヴァントの一騎(サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)を参照)。マスター衛宮切嗣

金髪碧眼少女。生な性格で、融通はきかない。マスター影武者として立てられたアイリスフィールのわがままでスーツに身を包んで男装することになる。

一見小柄な女性であるが、セイバークラスに恥じることないの達人であり、未来予知に近いレベルの直感を持つ。また膨大な魔放出することにより身体の強化を行なっている。

名はアルトリア・ペンドラゴンイギリス伝説の王、騎士アーサー王そのひとである。

今回はコーンウォールから発掘された聖剣全て遠き理想郷』を触媒にして召喚された。

聖杯に望む願いは『王の救済』。

サーヴァントとして

:B 耐久:A 敏捷:A :A 幸運:D

技能

対魔:A A以下の魔術は全てキャンセル
事実上、現代の魔術師ではセイバーに傷をつけられない。
騎乗:A 幻獣ランクを除く全ての乗り物を自在に操れる。
直感:A 戦闘時、つねに自身にとって最適な展開を”感じ取る”
研ぎ澄まされた第六感はもはや未来予知に近い。
視覚、聴覚に干渉する妨を半減させる。
放出:A 武器、ないし自身の体に魔を帯びさせ、
間的に放出する事によって、を向上させる。
カリスマ:B 軍団を揮する性の才
カリスマは稀有な才で、一の王としてはBランクで十分と言える。

最優のサーヴァントの呼び名に恥じず、高いレベルで安定しているステータスと圧倒的な『対魔』を持ち、自己再生も高い。その上、固有スキルの『直感』と『魔放出』のおかげで対人の近接戦闘では圧倒的な戦を誇る。ゆえにまともに正面から戦えば負けることはまずないし、それこそがセイバーの戦い方・・・のはずなのだが・・・。

マスターである切嗣がもともとは暗殺者であったため、『どんな手段を使ってでも相手を殺せればいい』という考えのマスターと『騎士として正々堂々戦って勝ちたい』という考えのサーヴァントは致命的なまでにすれ違いを生んでしまい、切嗣セイバーは話すらできない有様であった。この対立を解消することはできないと考えた切嗣は妻であるアイリスフィールと相談の上で、アイリスフィールセイバーマスターであると偽装し、セイバーアイリを囮とすることになる。

使用する宝具

本編中の行動

Fate/stay nightでは使用する機会のなかった『騎乗』スキルを存分に発揮し、ベンツや大バイクを駆って上を走り抜けるなど新たな一面を見せる反面、ランサー宝具攻撃を受けて切り札のエクスカリバーが封じられてしまうなど奇襲・・搦め手に対する若干の耐性のなさは変わっていない(もしかしたらランサーというクラス相性が悪いだけかもしれないが)。

また、英雄王ギルガメッシュ征服王イスカンダルとの王同士の宴では彼らの持つ『王としてのあり方』と結果として彼らが残した業績に反論することができず、己が在り方に疑問を持つようになってしまう。

さらに、ランサーと正々堂々とした決着をつけることができずに呪いの言葉を受け、守るという騎士の誓いを立てたはずのアイリ言峰綺礼にさらわれ殺され、追い討ちをかけるようにバーサーカー名を知り自らの過去の過ちにも直面させられることになる。

打ちのめされたセイバーがすがるものはもはや聖杯しかなく、ギルガメッシュとの最後の戦いに挑もうとするものの聖杯真実を知った切嗣令呪による『聖杯を破壊せよ』という命に逆らうこともできず、最後の希望であったはずの聖杯を己が手にて破壊してしまう。

これら一連のフルボッコを受けたセイバー全に自信を喪失。自分が王に選定されたこと自体が間違いだったという考えを持つようになってしまい、聖杯に願う望みは『王の救済』から『過去をなかったこととし、自分以外の王を選ぶことによる王の救済』に変化することになる。

彼女の救済は10年後の第五次聖杯戦争Fate/stay nightを待つことになる。

小説本編以外でのセイバー

ニトロプラスゲームヒロインが集結して争いあうという設定の対戦格闘ゲームニトロ+ロワイヤル』に参戦。第四次聖杯戦争時のスーツ姿といつもの甲冑姿を披露している。

お絵カキコ

セイバーセイバーセイバーセイバーセイバーセイバーセイバーセイバーセイバーセイバーセイバー切嗣に放置プレーされるセイバーセイバーセイバー

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%28fate%2Fzero%29

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セイバー(Fate/Zero)

1881 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 09:54:14 ID: WUQyVgiH+v
令呪の件は、言い方変えれば魂食いのさせ方を何も知らない士郎に念のために教えてるようなもんなんだけどね
素面でそこらの人襲って食うとか、騎士以前に普通できねーわ
1882 ななしのよっしん
2018/12/22(土) 16:46:36 ID: FdjO0Wi7v/
がなんと言おうと、正しくあろうとするセイバーが好きだよ。
1883 ななしのよっしん
2018/12/25(火) 12:23:02 ID: Qcm+S+JZ/q
abemaで初めて見たけどかわいそうかわいいセイバーzeroで一番すきだ
1884 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 18:11:11 ID: WUQyVgiH+v
>>1880
人質がマッケンジー夫妻なら待てやと言うだろうけど、
ソラウなら積極的に賛成はしないけど戦う手段として認めるでしょ
聖杯戦争参加者内でのことだもん
1885 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 05:42:11 ID: tRykh3N4ni
人質でマスターを降参させて敵自害させるまでならともかく
ケイネスの例みたく降参させて防備にしてから殺すまでいったら同じくアウトだとは思うぞ。
1886 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 22:09:08 ID: j/JSu2eXHa
>>1879
まあなんていうか結局セイバーに脆さがあるって勘違いされてるところが一番ZEROから入った人とSN知ってる人とのセイバー観がずれちゃってるとこだよな、細かい描写はともかく脆さをもってるなら人の心がわからないとも言われなかったしランスロットが狂うような璧な王としての振る舞いをできることもなかったわけで
ほかはある程度矛盾しても良いけどわざわざZEROに登場させたランスロットがなぜ狂ったのかというところにZEROという作品内で矛盾させちゃったのは正直虚淵の落ち度といってもいいかもしれんな
そんくらいセイバーの描き方はミスってたってことだ
そこ意外は面いし本当いい作品だと思うから、だからこそ残念だな
1887 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 19:30:16 ID: uoA35oV7Rk
>>1885
それってSNセイバーは「ケイネスソラウはぐれサーヴァント契約する可性を見逃す」という事になると思うが
1888 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 20:33:07 ID: fYosWVP4i4
ぶっちゃけセイバーsnでも無能だろ
有能璧な騎士ではない
マスターの時に全な味方でもない兄貴の救出頼んで自分は傍観してたけどあれ兄貴綺礼に一矢報いなかったらやばかっただろ
1889 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 20:41:05 ID: /NJE0bPtV9
いやセイバーは強くはあっても「脆くない」ってことはないのでは…?というか強さと脆さって両立するよ、硬さとしなやかさが別個の要素であるように。
普通に隙もあるし、それが表に出ることもある。むしろSNプレイヤーこそ、数多の場行きって形でそれを思い知ってるでは?
1890 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 04:11:20 ID: niFllIUjmE
Zeroセイバー時系列的に「初めて聖杯戦争に参加した頃のセイバー」で聖杯戦争における理不尽さを全く知らないでフルボッコ展開にされたから元々王の崩壊でガタガタになってたメンタルに追い打ちかけられてとうとう折れちゃったんだろ