ブラックバス単語

ブラックバス
4.0千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

ブラックバス(英:Black bass)とは、スズキサンフィッシュ科の淡の内、オオクチバス属に属するの総称である。釣り人に人気の淡である。単にバスとも。 ブラックと言うわりにバスの体色は概ねである。

概要

米原産。世界河川に生息。とにかく繁殖・生命が強く、いろんな河川に放流されては爆発的に増加し、在来種を駆逐する存在として問題視される。

1925年、に初めて放流された。誤解される事も多いが、ちゃんと政府許可をとっての放流である。ただし、当時からその旺盛な食性が危惧されており、わざわざ独立系であるが選ばれたという経緯がある。

ところがなぜかいつの間にか全沼に拡散80年代からその増加が社会問題化。現在では既に全都道府県で生息・繁殖が確認されているが、バスの増加・在来種の減少を留める直接的な対策はく、放流禁止などが定められている。 

現在では特定外来生物法によって輸入、飼育、生体での移動が禁止されている。ただし、釣りはOK。リリースも禁止ではいが県によっては禁止されている事があるので注意。

バスの種類

  • オオクチバス(ラーマウスバス
    普通、ブラックバスと言えばこの種類の事。非常に大きな口が特徴であり、見たの通り動くものにならなんにでも食いつく悪食。汚濁質にも強い。泳は強くなく、池や沼、を好む。基本的に温20度くらいの温域を好むため、東日本より温暖な西日本で大の物が多く見られる。意外と捕食が低く、獲物を追いかけるのではなく待ちせして捕らえる。実は、増殖期が終わったため(日本環境になじんだため)近年急速に生息数を減らしている。
  • コクチバス(スモールマウスバス
    最近、日本河川で大繁殖中。口はかなり小さいが、オオクチバスよりも泳が強く、日本河川しい流れにも対応し、おまけに冷にも強い。つまりオオクチバスよりも日本向き。しかも極めて獰猛。釣りの対としてはラージの倍くらい引くので面いのだが…。
  • ロリダバ
    オオクチバスの近縁種。オオクチバスとど見分けがつかず、容易に交雑するため日本のフロリダバスの多くが雑種である。非常に大になるのが特徴であり、時に70cmとかになる。奈良県池原ダムに最初に放流され、琵琶湖でも生息が確認されている。ロクマルと呼ばれる全長60cmオーバーのフロリダはバサーの憧れの的。
  • ノーザンスポッテッドバス
    琵琶湖などにいるらしい。口がちょっと小さい。大きさもやや小だが、泳は強くて良く引く。

バスフィッシング

釣り

ブラックバスはとにかく釣りの対として大人気であり、バス釣りは最もメジャージャンルの1つである。
そこらじゅうの河川にいることや、引きがパワフルなことが理由。日本でも80年代後半にブームが起こって以降、現在に至るまで高い人気を誇る。
ルアー釣りの印が強いが、ミミズなどの生餌を使うこともある。
ニコニコでも、バスフィッシングの様子を撮した動画は『バス釣り』『ニコニコバス釣りクラブ』のタグめられており、フィッシング動画人気が高くない中でも一定の人気を得ている。

食用・味

上述のように増加が問題視されていることもあって、キャッチアンリリースではなく持ち帰って料理することが勧められることもある。
ちなみに、他の河川への放流はもちろん、生きたまま持ち帰ることも禁止されており、釣ったその場で絞めて帰らなくてはならない。

白身魚で、天ぷらムニエルフライにすると美味しい。スズキに似ていると言う。アメリカではスーパー普通に売っているものであるとか。
ただ、身は美味しいものの皮が非常に臭いため、これを剥がないと食えたものではない。また、淡なので刺身NG

90年代のバス釣りブーム

それまでは魚釣りといえば釣りサビキ、釣り、渓流での釣りなど、いずれにせよゴルフなどと同列の全に中高年の趣味だった。
同様に釣り具といえば高価なもの、専門的なものというイメージだった。
フライフィッシング釣りなどを対としたルアー釣り自体は以前から存在したが
いずれも限られた管理釣り場や漁協が管理する河川で、数千円程度のそれなりの入漁料を払って
放流されたを釣るというもので、素人が思い立って気軽に始められるような敷居の低いものではなかった。
一方で、ブラックバスは北海道から沖縄までどこにでも放流されており、要な河川、その辺の野池、農業用溜池、皇居など文字通りがいる場所であればどこにでもいた。バス釣りで使われる竿は5-6フィートの小ロッドであり、子供女性でも簡単に扱えるサイズだった。
生きた小ミミズなどに針を刺して餌とする生き餌とは違い、疑似餌はでも気軽に触れるものだった。
複雑な仕掛けも必要なく、ルアーと糸を直結させるだけですぐに釣りを始められる手軽さもあった。
オモチャのように面い見たの多種多様なルアーの存在は釣り具という価値以外にも
コレクターアイテムとしての側面もあり、バス釣りは単なる、を釣るだけのものという組みをえて、たちまち前の大ブームとなった。
実際に人気メーカー人気ルアーは店頭でも売り切れが続出し、プレミア価格がつくほどだった。
本屋にはバス釣りの雑誌や増刊号、特別号が溢れ、民放各局で釣り番組が増加した。
人気芸能人がバス釣りに挑戦するバラエティ番組なども放送されたり、ついにはゴールデンタイムバス釣りのアニメまでが放送されたりした。
メディアなどで人気釣り場として紹介された場所はたちまち釣り人が大挙して押し寄せ、竿を振るのにも苦労するほど 釣り人が密在している状況となった。

90年代中頃にはプレイステーションセガサターンといった新世代、3D技術を駆使したテレビゲーム機が世に出て子供達を魅了したがそれでもバス釣りの人気は衰えることなく、テレヒゲームに浸りがちな子供達をそれでもなお水場へ、自然へと誘い、生き物と触れ合わせる機会を提供した。
論、バス釣りのテレビゲームも存在した。)
先述の池原ダムは、本来は単なる山深くの貯池で、辿り着くのも相当に困難過疎地だったが、バス釣りを地域経済の柱とすることで、ボート業者が立し、自治体自らがブラックバスを放流し、大規模な釣り大会を定期開催するなど、現在まで訪れる釣り人が絶えないバス釣りの聖地として、好況の様相を呈している。

ブーム終焉

釣り業界や釣り場周辺の商業施設など、恩恵に預かる者にとってはまさに前の好気、バス気だったが、それらとは縁の者にとっては、釣り人は迷惑な存在でしかなかった。
ブラックバスがどこにでもいる、それを狙う釣り人もどこにでも現れる。必然的に様々な問題を引き起こした。
路上駐ゴミの問題、私有地の池に断で侵入するなど、釣り人の弊に頭を悩ませた結果、釣りを禁止にする場所が相次いだ。
でなくとも釣れる、どこにでもある小さな池でも釣れることがバス釣りの間口を広げていたが、そういった池やその周辺環境は、そもそも釣りをする為の場所ではなかった。
少数の地元民が秘密釣り場のように利用していた場所に、バス釣りブーム中、遠方から釣り人が大挙して押し寄せた結果、釣り禁止になる、というような例は枚挙に暇がないだろう。

2000年代に入りインターネット携帯電話の普及で一気に情報社会が加速。程なくしていつでも他人と遊べるネットゲーム爆発的な人気に達する。
90年代とは違い、もはやバス釣りに若者を引き留めるだけの訴求力や土壌はなくなっており、全にブームは終了し過去のものとなっていた。

2005年外来生物法が成立。これにより釣り上げたブラックバスをその場から移動させることが不可能となった。
また地球温暖化ハイブリッドカー電気自動車などの登場で環境の保全、生態系の重視などに関心が高まり、それまでブラックバスを好き放題に放流し、現状を作った、釣り人や業界関係者の行いが全に敵視されることとなった。
かつてのブーム中、「ブラックバス」という単は 世間的には、「釣り人気種」というだけの、何の偏見もない言葉だった。
しかしブーム亡を経た現在、その単は生態系の破壊者、忌まわしい存在として連想されるようになっている。

功罪

ブラックバスをきっかけとした、外来の弊、生態系への悪に関心が高まった結果、
ブラックバス以外のにも同様の観点からの疑問が投げかけられることも増えつつある。
たとえば、以前は染み深いとしてブラックバス同様にどこにでも放流されていたが
現在は悪しき外来バスと同じかそれ以上の環境破壊者として、安易な放流を控える向きも出てきている。(実際に放流した域では、が支配的になっている場合が多い)
工事などによる魚類産卵床の減少、生態系への悪などが考慮される事も以前にも増している。
また、同種とされるでも、地域によって体色や体などの細かな違い、いわゆる遺伝的多様性が存在する事がわかっており、そういったものを重視する研究者のなかには、そもそも外来種であろうが在来種であろうが本来その場所にいないを放流する事自体が生態系の破壊であり控えるべきする者もいる。

日本歴史において、ブラックバスというは、生態系の概念、重要性、定義など様々な問題提起をした存在といえるだろう。

関連動画

ルアー使用動画。マッドウォーターではこんなルアーでも十分釣れる。

関連商品

コロコロコミックで連載され、人気を博したフィッシング漫画。作中のルアーロッドは実際に商品化されたが、その使い心地がどうだったのかは不明。この漫画でバス釣りを知った10代・20代がいるはず。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%90%E3%82%B9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブラックバス

323 ななしのよっしん
2021/12/07(火) 04:17:28 ID: HRfdiMg+pP
カワウは生きる為にやってるだけ人間だけの都合で生きている訳じゃない
324 ななし
2022/01/02(日) 19:16:58 ID: W2V/luIlA+
ブルーギル放流とかいう先陛下一の悪行
325 ななしのよっしん
2022/01/02(日) 19:18:10 ID: xcf9zLJ2gP
本人も悔いてることを擦るのも悪行だろうが
それに一人だけの責任でもないだろ
326 ななしのよっしん
2022/03/14(月) 19:36:06 ID: vOW5I38L/z
当時食糧難だった日本に対しシカゴ市長上皇陛下ブルーギルを寄贈
上皇陛下研究をするよう淡研究所に下賜
研究所が複数の試験会場で食用や真珠の繁殖(生まれた直後にエラに寄生して大きくなるのにブルーギルが適していたらしい)的で養殖研究されたが逃がしたり逃げられたりした
一部のに増えたブルーギル釣りを楽しみたいだけの釣り人が全に拡大させた

後半2つがやらかしただけなんだよなぁ

あとブラックバス釣りしてるみたいに池を干してブラックバスを駆除したばかりの場所にブラックバスを放流したりしない
近年ですら密放流して問題になってるとか頭狂ってるだろ
327 ななしのよっしん
2022/07/30(土) 15:48:39 ID: ahhhDXM9ri
そんなにカワウが問題なら問題と思ってる本人が動画なりなんなりで啓発していくべきであって、
他人がやってくれるのを待ってるだけ、って時点で大して問題視してなくって批判の種にしたいってだけだろうよ

カワウが問題になったからって、ブラックバスの問題が見逃されるわけじゃないんだから
328 ななしのよっしん
2022/08/07(日) 15:49:17 ID: 0IulgvXS33
今も摘される“密放流”、10年に一度の漁業権切り替え──「ぜんぜん終わってない」ブラックバス問題
https://news.yahoo.co.jp/articles/6fe43862b7fbba7cc22587186e57c69c7ab05ba4exit
329 ななしのよっしん
2022/08/07(日) 15:55:31 ID: Em2ltmpVgz
人間の楽しむ権利の方が重要だろう
議論する必要もない
330 ななしのよっしん
2022/08/07(日) 23:08:42 ID: 6RXyqiz8Kk
そりゃガキの駄々だろ。
331 ななしのよっしん
2022/08/14(日) 19:21:20 ID: 0IulgvXS33
>>sm40640318exit_nicovideo
332 ななしのよっしん
2022/09/07(水) 01:51:22 ID: xm8R+o+m6B
バサーに人権はない