プロジェクトEGG単語

プロジェクトエッグ
3.4千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

プロジェクトEGG(ProjectEGG)とは、2001年11月24日にボーステック株式会社運営を開始したレトロゲームオンライン配信サービスである。

概要

1980年1990年代頃に発売されたレトロゲームパソコン、コンシューマー)をエミュレーションによってWindows上で再現プレイにするという懐古厨サービスになっている。

特にパソコンゲームの充実ぶりは他の追随を許さない(逆に言うとコンシューマーは若干少なめ)。

当初はボーステック株式会社運営をしていたが、現在株式会社D4エンタープライズ運営している。

歴史

2001年6月1日、ボーステック株式会社が総合ポータルサイトソフトティSoft-City.com)」の運営を開始した。300円でアプリ―ケーション(「ハイパー計簿SC」や「ハイパー住所録2SC」)、ホームページ作成ツールコミュニティエリアBBSチャットができる)を提供するサービスである。

このソフトティの1サービスとして、2001年11月に誕生したのが「ProjectEGG(Engrossing Game Gallery)」である。いわゆる「中にさせるゲームギャラリー」のプロジェクトである。

「多くの人達に影を与えたレトロゲームの数々をWindows等の現行プラットフォーム上で再現し、かつてそれらのゲームを楽しんだ人も、そうでない人もすべてひっくるめてより多くの人達に楽しんでもらうこと」を的に発足しており、この企画自体もの根で活動を続けていた「レトロゲーム」達がボーステックに企画を持ち込んだことが切っ掛けとなっている。

それまでも各種エミュレーターによりレトロゲームプレイする事は可であったが、実機からの取り込みが必要な事からレトロゲーム愛してやまない、プレイする為ならば努を惜しまない「レトロゲーム」専用のコンテンツとなっていた。また、違法アップロードや違法サイトによるゲームromの配信により暗いイメージも付いて回っていた。これらの垣根を取り払いイメージを払拭する為にも「メーカーから正式に許可を貰ってエミュレート配信する」ことも的の一端だったと考えられる。

ソフト単価は300900円と安価でありながら、その単価の中には各ゲームタイトル提供してくれるメーカーや各プラットフォーム(MicrosoftシャープSEGA等)の権利元への支払いも含まれていた。

当初はPC-8801FM-7X1PC-9801の4機種を対としたパソコンゲームサービスを開始しており、2002年6月になるとMSX規格の生みの親であるアスキー創業者の西和氏が宰するMSXソシエーションが合流する事によりMSXタイトルの発売も開始している。その後も対ラットフォームをPC-6001X68000メガドライブPC-ENGINE・・・と増やしていった。

2004年3月3日、ProjectEGG発足者である鈴木直人(ボーステックの社内ベンチャーとしてサービスを発足させていた)が株式会社D4エンタープライズを設立。事業譲渡を受けてゲームを中心にした総合エンターテインメントサイトアミューズメントセンター』の運用を開始、ProjectEGGはボーステックとD4エンタープライズの共同運営になる。

2004年4月25日角川書店から発売された書籍「PC-9801ゲームバイバルコレクション」に「パワードール2」、「ロードス島戦記灰色魔女〜」、「ロードス島戦記〜五色の魔〜」、「メルティランサー」、「デザートドラグーン砂漠騎兵〜」、「大戦略」、「ラプラスの魔」、「パラケルススの魔剣」、「ソードワールドPC」、「Xak」、「ザバッシュ2〜メヒテの大予言〜」、「幻世喜譚」、「メタ女〜府立メタトポロジー大学付属女子高校SP〜」、「ツァイ〜メタ女〜」、「霊戦記」の15本がEGG提供により収録される。

2005年株式会社ガイアックスがボーステック株式会社から「ProjectEGG」を含む「ソフトティ」を譲り受け、ガイアックスとD4エンタープライズの共同運営になっている。これはオンラインゲーム事業を拡大したかったガイアックスとオンラインゲーム事業を縮小したかったボーステックの考えが一致したからとのことである。

実際のところ、「銀河英雄伝説ゲームと言えばボーステック」だったボーステックは「らいとすたっふ」と版権トラブルを起こしてオンラインゲーム銀河英雄伝説VII」のサービスを終了(銀河英雄伝説の版権契約解除で銀英伝ゲーム全滅)、2005年3月には株式会社ビービーエムエフと資本提携を行い、2009年5月1日に吸収合併されて消滅している。

2007年9月1日、「ソフトティ」がD4エンタープライズ運営の「アミューズメントセンター」に統合されて現在の形になっている。

サービスの内容

ダウンロード販売

会費として500円+ソフトの購入費用として数百円が必要となる(無料タイトル額のみで利用可)。

※この料には各ゲームタイトル提供してくれるメーカーや各プラットフォームの権利元への支払いも含まれる。

ゲームの利用は公式Webプレイしたいタイトルを購入(無料タイトルでも購入処理は必要)し、プロジェクトEGGが提供する専用ランチャーソフトEGGランチャー」からプレイしたいタイトルを起動することにより行われる。

専用ランチャーソフト的はゲームの起動や管理以外に不正利用防止の役割がある。このソフトキーを使ったアクティベーション方式をとっている事から、PCの買い替えや再セットアップ時にはキー転送が必要になる。

パッケージソフト、書籍販売

レトロゲームコンプリートパッケージソフト(各プラットフォームの同タイトルからシリーズ作品まで)や絶版書籍の新編集版の販売を行っている。

サービス開始当初の方式と不正利用防止対策

LHA形式の自己解凍実行ファイルソフト提供されており、ゲームの認等は会員専用のアクセスツールプロテクトEGG」と支援ユーティリティScrambleEGG」が使われていた。

プロテクトEGGにより認された情報レジストリと実行ファイルゲームEXEファイル)に書き込まれる方式であり、一度認されたゲームは再ダウンロードしない限りは制限に利用できた。この認された実行ファイルバックアップしておけば別端末でもゲームを起動することが可だった。

不正利用の対策としては、実行ファイルに書き込まれるユーザー固有の情報により不正配布された場合には配布したユーザー特定できると言った物だった。

取り扱いハード・参入メーカー

取扱ハード

参入メーカー

関連動画

 

関連商品

 

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88egg

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プロジェクトEGG

37 ななしのよっしん
2019/03/17(日) 02:54:17 ID: m0KFHBE2yI
デッドオブブレインとかマリンフィルトとか出ないもんかねぇ
38 ななしのよっしん
2019/08/26(月) 15:10:58 ID: 4ourY0fv6S
8/23のAWSハードウェアなんちゃらで何日死んだままなんだここ?
他のサイトでも似たようなのあったけど当日中にはあらかた復帰してたってのに…データ全損して逃げ伝説でも作るんかね?
39 ななしのよっしん
2020/06/09(火) 20:08:56 ID: 8i2NJ8BOKH
ぼったくりサービス
40 ななしのよっしん
2020/06/20(土) 12:45:20 ID: lCArZVeONt
>>25に突っ込まれているのも関わらず
それ以降も数年に1度全く同じアカウントと文章で書くのはこわい

基本使用料として500円徴収し、その後追加購入が必要なサービス
その代わり追加購入分が安くなっているというタイプ
パッケージ版が大抵1万円行くのは基本使用料分も内包しているからと思っている
41 ななしのよっしん
2020/07/31(金) 13:31:18 ID: amZT2QQ3Dq
魔導物語シリーズ復刻プロジェクト再開はよ
セガサターン魔導とかわくぷよ楽しみにしてたのに
42 ななしのよっしん
2020/09/03(木) 15:03:27 ID: QZSP0UBtwx
8i2NJ8BOKH : 文も読めないアホ
43 ななしのよっしん
2021/01/31(日) 02:42:11 ID: D63ue9LBCB
500円のお布施は決して高いとは思わんが、
もう少しに見えての成果を出してほしい。
44 ななしのよっしん
2021/02/15(月) 16:35:44 ID: F6XDZN+kVK
ttps://www.gamer.ne.jp/news/202102150015/
45 ななしのよっしん
2021/04/05(月) 20:18:41 ID: pOfQKaiTak
各機種8割くらいってて毎800円くらいのサービス出てこないかなあ
レトロゲーだと会社がくなってる所も多いし権利的に理なんだろうけどさ
46 ななしのよっしん
2021/06/28(月) 08:07:57 ID: MK7h/rA7XP
かなりレトロPCゲー且つマイナーゲームを遊べるのはここだけ?