藤子・F・不二雄単語

フジコエフフジオ
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

藤子・F・不二雄ふじこ・エフ・ふじお)とは、日本男性漫画家である。本名は藤本弘(ふじもと ひろし)。

1933年12月1日生まれ、1996年9月23日没。享年62遺作は「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」。

概要

1951年安孫子素雄藤子不二雄Ⓐ)と共同でプロ漫画家デビュー1954年コンビ名を「藤子不二雄」へと変え「オバケのQ太郎」をはじめとした多くの作品を世に出した。

1988年、様々な理由によりコンビを解消し「藤子不二雄Ⓕ」名で単独活動を始めるも、1年程度で「藤子・F・不二雄」へ再名。 藤子不二雄名義時代からの単独作「ドラえもん」などの執筆を行う。

1996年9月20日、自宅の仕事部屋で「のび太のねじ巻き都市冒険記」を執筆中に鉛筆を握ったまま意識不明となる。が発見し病院に運ばれたが意識は回復せず、3日後の9月23日に肝不全で死去した。

(前略)
みんな、今の自分より少しはましになりたい、もっと向上したいと思う。
でも、毎日同じ反省を繰り返しながら、足踏みをしている。
結局のところ、それが人間というものなんじゃないかと思うんです。

藤子・F・不二雄
(「ドラことば 心にドラえもん名言集」より一部引用

作風

デビューから筆を擱くその時まで、常に児童漫画の第一線で活躍しつづけた。同世代の漫画家が児童漫画家として出発しながらも次第に作大人向けに変える中、最後まで児童漫画にこだわった稀有な存在であった。

手塚治虫に強いを受けたひとりである。作品の形態はほとんど一話完結か短編であり、初期を除けば単行本1冊分(大長編ドラえもんなど)をえる長さのストーリーのものはほとんどない。
自らの作品のSF性を厳密な「サイエンス・フィクション」ではなく、日常性に根ざした「すこし・ふしぎ」であると称した。初めての大ヒット作である「オバケのQ太郎」以降、日常に紛れ込んだ非日常の存在が巻き起こすドタバタギャグパターン確立し、多くのヒット作を生む。

その一方大人向けのSF短編も手がけており、こちらの知名度は児童漫画に劣るものの、(狭義の)SFファンからも高い評価を受け、アニメ化舞台化もされた。

趣味読書であり、トキワ荘仲間である赤塚不二夫は「漫画を書けたのは子にいろいろ教わったおかげ」とっていた。とくに恐竜西部劇、落語模型製作などのモチーフは作品の中に繰り返し用いられた。

主な作品一覧

共同作品

単独作品

手塚好き

たぶん世界一手塚治虫が好きな人物。どれぐらい好きかというと、子供の頃から毎日本屋に行き手塚漫画を全て集め、手塚ハガキを送り、返事を貰って歓喜するほど。

高校生の頃に藤子Ⓐと一緒に手塚実家に会いに行き、手塚に「漫画家になれるか?」と質問。「君たちならやっていけると思う」と言われ漫画家になることを決意する。

初期のペンネームは「手塚の足元にも及ばない」という意味の「足塚不二雄」。手塚デビュー作が載っていた毎日小学生新聞に「今、手塚先生の連載漫画がのっていないので、かわりにぼくたちの漫画を連載して下さい」と封筒を送り、藤子Ⓐ漫画家デビュー。その後、手塚が住んでいたトキワ荘14号室に藤子Ⓐと住む。トキワ荘時代は手塚の机で漫画を描いていた。

プライベートでも付き合いがあり、一緒にラーメンを食べたり映画を見たりもしていたが、2人で「惑星ソラリス」を見た時は子Fは徹夜をしていたので爆睡していた。また結婚式の仲人は手塚が務めている。

雑誌『コロコロコミック』初代編集長の千葉和治が手塚への批判を漏らしたところ、火が出るほど怒り、千葉を1週間近く事務所に出入りさせなかったこともある。

手塚没後の数日間は悲しみのコメント毎日のように雑誌やテレビに発していた。特に「高校生になっても先生のまんがを読み続け…、気がついてみると自分もまんがになっていた」と発言したことは有名。

世の中に手塚が好きな人は多くいると思われるが、実際に会いに行き、手塚が住んでいたトキワ荘14号室に住んだり、自身も漫画家になったり、プライベートでも付き合いがあったのは彼ぐらいなものである。

関連動画

生きてる!動いてる!

逝去時のニュース

ファンによるMAD手描き動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%97%A4%E5%AD%90%E3%83%BBf%E3%83%BB%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E9%9B%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤子・F・不二雄

312 ななしのよっしん
2020/06/13(土) 00:17:18 ID: 8pty7zXd9K
実写ならそれこそハリウッドが本気で(きちんとコンセプトを理解して)21エモン作ってくれたらすげー物ができると思うんだけどな…
大学生くらいに年齢上げて恋愛要素増やしても問題少ないと思うし。
313 ななしのよっしん
2020/06/14(日) 12:40:37 ID: km7Kryqv+H
21エモンは前半の日常物と後半の冒険物を上手くまとめるのが難しそうかなあ

あの世界観が魅的なのはわかる
314 ななしのよっしん
2020/07/18(土) 20:26:59 ID: aEAgQSFgvp
>>310
確かに殺伐としてるってかい作だよね
A先生とは別方向にさ
315 ななしのよっしん
2020/07/29(水) 13:26:57 ID: 8OmI4WYGEn
>>310
殺伐」ってのは、皆が殺気立ってる様をす。ドラえもんってそんな雰囲気の漫画か?
ドラ以外の作品は別として)

ジャイアンスネ夫ママ先生といったのび太にとって敵となる存在しかいないのであれば分かる。
ただドラしずか出木杉という味方の存在がおり調和が取れているのだから、
殺伐って表現はおかしいと思う。

原作アニメの違いは、シュールさじゃないかと。
ドラ部屋スライムで遊んでるとことか、温かいで見守ってる(つもり)とことか。
アニメはどうしても動画である以上、シュールさを表現するのは難しいと思う。
もちろんアニメ自体も年代によって趣向は違う。
316 ななしのよっしん
2020/08/20(木) 02:50:14 ID: 2/WAtXOg37
>>309
先生とF先生は似通った箇所多いなあと、最近SF短編集を読み返していて思った
どちらも現代に通じる題材を扱っていたり、長編で十分通用するアイディアをあっさり短編に使っていたり、人の死が題材になってもどこかドライだったり
317 ななしのよっしん
2020/08/29(土) 22:52:49 ID: Xz6YURN4tk
荒れた雰囲気というかパーマンだけはブラックかも。
凡人主人公が借り物ので女も名も思うがまま、敵に必要以上にを誇示してイキり散らす現代で言うなろう系に通じるところがある。
絵柄を変えて一新した後半ではマイルドに書き直されてたけど、初期は傲慢な性格で謙虚なのび太大分違う人物に描かれてる(丸々一話主人公を持ち上げる話で終わる回があったり何かやっちゃいました?なシーンが多数あったり相手を高圧的に脅したりやりすぎでは・・・となる場面が多い)

もちろん当時から俺TUEEE系の需要があって、あえてドラえもんと描き分けてるって事なんだけど。
318 ななしのよっしん
2020/09/18(金) 01:04:56 ID: BNdk5am+Uy
パーマンに女も名も思うがままなんて話がいつあったよ
319 ななしのよっしん
2020/09/20(日) 03:21:47 ID: Nft0VBNHBU
短編集が無料で読めるみたいなときにパラパラっと読んだけど、大人になってから読むとすげえ人だなってなった
実写でもアニメでも、何でもいいので映像化して適切な宣伝あれば良くも悪くも盛り上がりそう
320 ななしのよっしん
2020/10/09(金) 09:13:24 ID: NlUrIecHjS
なんでF先生ってよく吹き出しの出っりをキャラの下に隠すんだろう?
321 ななしのよっしん
2020/10/09(金) 21:24:46 ID: 8pty7zXd9K
最近だと怒り新党紹介されたとき結構話題になった気がする
(最近ではない)

急上昇ワード改

おすすめトレンド