ムスタファ・ケマル・アタテュルク単語

ムスタファケマルアタテュルク
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

ムスタファ・ケマル・アタテュルク(Mustafa Kemal Atatürk)とは、トルコ革命導者、トルコ共和国である。

「ケマル」は幼年兵学校時代に数学教官から与えられたあだ名で、「全な」を意味する。

生涯

1881年、オスマン帝国セラーニク(現・ギリシャ共和国テッサロニキ)に生まれる。

1901年に士官学校を、1905年に参謀学校(陸軍大学)を卒業オスマン帝国軍人として、イタリア-トルコ戦争(1911)、バルカン戦争(1912-13)、第一次世界大戦(1914-18)などに参加する。第一次世界大戦では英軍のガリポリ上陸作戦を迎え撃ってイギリス軍の進軍を食い止めるなどの活躍を見せ、「アナファルタラルの英雄」と呼ばれた。ちなみに、英国側でガリポリ上陸作戦失敗の責任を取って辞任した軍大臣は言わずと知れた後の英首相ウィンストン・チャーチルである。

大戦終結後のオスマン帝国は連合によって分割占領され、各地で抵抗運動が勃発。ケマルは導者として運動に加わる。連合軍が抵抗運動を抑えようと当時の首都イスタンブルを占領すると、首都を脱出した帝国会議員たちはケマルが結成した「アナトリア権利擁護委員会」のもと大民議会を開く。ケマルはここで議長に選出され、新しく結成されたアンカラ政府トップとなる。

また西方から英国の援助を受けたギリシャ軍が攻め込んできたが、ケマルは自ら軍を率いてこれサカイでを撃退。そのまま逆転攻勢に転じ、地中海沿までを奪回した。この快進撃により有利な条件での休戦交渉が開かれ、トルコ分割危機を回避することに成功する。

ローザンヌ講和会議後、ケマルは大民議会に政を止させる。1923年に総選挙を実施、共和制を宣言して自らトルコ共和国初代大統領に就任した。

大統領となったケマルは怒濤のような革に着手。政教分離欧州を手本にした法整備、女性の権利拡大、トルコ語文字革(アラビア文字からラテン文字に)、姓の創始(この際議会から「トルコ」を意味するアタテュルクの姓を送られる)、農業革など、脱イスラムおよび西欧化・近代化をした。

急進的な革ゆえに抵抗や反乱もあり、1926年にはケマル暗殺未遂事件が発覚。この際ケマルは反対を一斉逮捕し、結果議会はケマルが党首を務める共和人民党の一党独裁体制となる。

1938年、執務中に倒れ死去。務と過度の飲による肝硬変と診断された。

功績

言ってみれば、「一人で明治維新やっちゃいました」。要するにリアルチート

冗談でも何でもなく、この人物が現れなかったら、今のトルコ、いや中東バルカン半島はまったく別の姿になっていたと思われる。これではとして崇拝されるのも仕方ない気がする。

トルコの国父

ケマルは反対底的に排除し独裁者として君臨しながらも、の基礎を築き安定した政権を達成した稀有な例である。これによりケマルはその死後から現在に至るまで、として変わらぬ敬民から受け続けている。トルコ各地にケマルの像が建てられ、彼にちなんだ名前のついた空港大学、通りなどが見られる。

なおその敬は時に個人崇拝の様相を呈し、「行き過ぎた格化」などと見られる場合もある。

批判

ケマルの行き過ぎたトルコ民族義はクルド人の迫に繋がっているとの摘もある。また、政教分離や西洋化政策はイスラム義者からは背教者と非難され現在トルコではイスラム政党が復活しつつある。 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ムスタファ・ケマル・アタテュルク

67 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 15:06:25 ID: ANshGG0OqM
この人にしてもチトーにしても、結局強な個人の資質に頼った独裁は、その個人がいなくなった後が問題だというのが教訓だと思うんだ
チトーの死後、結局まとまれずに泥沼の内戦に突入したユーゴもそうだし、独裁でうまくいった結果、独裁傾向が好まれ、独裁傾向を強めようとする為政者が出てきて、クーデター未遂事件が起きたトルコを見てもね
そもそもこういった独裁者自体が稀有な存在だし、彼らにも所謂悪しき独裁者の側面がなかったわけではないってのも含めて、やっぱり独裁に頼るのはおっかねえと思う
68 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 15:13:48 ID: 12XFcjjbHp
日本明治元勲の「他の連中は信用できないしを導かなきゃ(使命感)」の弊が多々あったしなあ
本気の善意を栄えさせようとしていても個人依存はいかんよね
69 ななし
2019/08/01(木) 05:20:20 ID: aVdV8ZkR/o
67 ユーゴチトーのおかげで辛うじてもっていただけだと思う。オーストリアハンガリー時代からバルカン情勢はやばかったし
70 ななしのよっしん
2019/08/26(月) 20:12:25 ID: pQp0gcK2gO
なんやこのリアルなろう主人公みたいなのは・・・・・・
71 ななしのよっしん
2019/09/01(日) 22:57:12 ID: OxOflqtfUn
考えてみたけどアタチュルク最大の功績ってトルコ近代化した事よりも
ルマ地方全域を自領に留めた事なんじゃないかと
(「セーヴル条約」及び「ローザンヌ条約」参照)
当初の予定では地方の内イスタンブールの西側は全にギリシャ領にする予定だったし
それどころかマルマ地方全域とトルコ西部沿全域をギリシャ領にする案さえあった
古代から現在にかけて上交通の要所であるマルマ地方トルコから失われていたら
トルコの台頭はおろか最貧に転落する恐れさえあったはず
72 ななしのよっしん
2019/09/06(金) 14:50:55 ID: LPgKnZbJ2F
それはあるだろうね。ダーダネルス・ボスフォラス峡を失っていたら大事な交通収入や商業収入が失われることはに見えてる。
ただその場合は受け取るであろうギリシャが栄えたんだろうかね。危機もなかったかも?
73 ななしのよっしん
2019/12/17(火) 23:28:33 ID: 3WNgTSiBzv
コメント欄でを差すようで悪いんですが
http://www.cgs.c.u-tokyo.ac.jp/CGS09/symposia/s_2004_03_27.htmlexit
>■報告②: 「絶滅、免罪、否認:オスマン帝国におけるアルメニアジェノサイド (1915/16) のケーススタディジェノサイド研究」
を読んでも「ケマルはすごい」と邪気に絶賛できるでしょうか?
はできなかったです……
74 ななしのよっしん
2020/01/13(月) 23:18:49 ID: 8niIOLogxZ
これがムスタファタマルさんですか
75 ななしのよっしん
2020/01/15(水) 19:46:55 ID: LGrsMSnmn4
然り。
syamu語録中田の知識を上回る間を見せた今
あのオリラジMADが別の意味を帯び始める
76 ななしのよっしん
2020/01/15(水) 19:51:02 ID: BVPiknapr3
歴史の転換点には、こういう傑物がでてくるもんなのか、こういう傑物が出るから歴史の転換点となるのか

ただ58は当時でもちょっとかったよなあ…

急上昇ワード