伊363単語

イサンビャクロクジュウサン
3.8千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

伊363とは、大日本帝國海軍が建造・運用した伊361/潜丁潜水艦3番艦である。1944年7月8日工。輸送任務や回天作戦に従事し、戦争を生き残ったが、戦後1945年10月29日に触して沈没。

概要

潜丁とは離への補給任務をとした輸送用潜水艦であり、類別標準による正規分類は一等潜水艦。艦前部に位置する物資用倉庫から円滑に物資を積み下ろせるよう上甲へと繋がる電動ベルトコンベアを装備し、艦側面には敵のレーダー波を乱反射させるためのV字の傾斜があるなどステルス性も考慮されている。また就役時からシュノーケル、22号水上電探、逆探を持つ先進的な艦であった。先に就役した伊361伊362は魚雷発射管こそ持っているものの実際に魚雷を発射するのは不可能だったが、伊363は装員長の荒木浅吉少佐の尽により覆いを付けた上で撃が可となっていた。

排水量1400トン、全長73.5m、全幅8.9m、最大速13ノット(水上)/6.5ノット(水中)、潜航深度75m、乗員55名。伊361一触が原因で失われた。

戦歴

輸送任務

1942年に策定されたマル五計画において、丁一等潜水艦第5463号艦として建造が決定。1943年5月1日で起工。10月20日に伊363と命名され、12月12日進水式を迎える。工する前から既に瀬戸内海西部で活動していたらしく、1944年6月2日18時30分に長島東錨地で物糧揚陸実験の実施と成果報告を命じられている。そして7月6日に艦長荒木浅吉少佐揮下に工。横須賀鎮守府に編入するとともに第11潜戦隊に所属する。

1944年7月9日から12日までに入渠して騒音の防止工事を実施。7月13日午前にを出港して伊予で第11潜戦隊と会同したのち慣熟訓練を行う。7月25日午前11時2里にて文通に乗って来たの工員を収容し、速試験を実施。7月27日13時より約1時間、八泊地で戦隊の対り訓練に参加。8月9日別府へ寄港して乗組員を休養させた後、8月11日に出港して再度伊予で訓練。8月19日へと戻った。8月29日15時30分にを出発するが、17時に試験潜航を行った結果、右舷第2排出弁の漏油が深刻だと判明。18時35分にと第11潜戦隊反転帰投の電報を打ってへと戻った。8月31日午前9時に再度潜航試験を実施、しかし未だ修理は万全ではなく更に数日を要した。何とか障を取り除いて9月2日17時30分より三度の潜航試験を行い、漏油は極僅かに抑えられた。9月12日午前13時を出発し、伊予での訓練を再開。ところが9月13日、艦の最大戦速試験中に左舷のピストン軸が焼損するトラブルに見舞われてしまい試験中止。長島泊地に部要員を揚陸してへと向かった。しかしに在庫がく、修理横須賀で行われる事になった。訓練を終えた9月15日、輸送専門の第7潜戦隊へ転属するとともにを出港。翌日横須賀に入港して修理を受ける。9月26日、孤立したトラックとメレヨンへの作戦輸送を命じられ、物資を積載。

10月9日横須賀を出港。本土を包囲する敵潜水艦を掻い潜り、10月21日トラック基地へ入港。衣服5トンマラリア治療80梱包を揚陸した。現地で糧食60トン、衛生材料10トン陸軍独立混成第50団参謀を積載し、10月24日に出発。10月28日にメレヨンに到着して糧食75トン及び重油5トン、参謀を揚陸し、便乗者7名を乗艦。その日のうちにメレヨンを発ち、10月31日トラック寄港。重油33トンを揚陸するとともに内地送還者82名を収容して11月2日に出港。制権と制権を奪われた危険な域を突破し、11月16日横須賀へ到着。便乗者を揚陸したのち整備と休養を行う。11月30日に訓練の的で横須賀を出発するも、荒木艦長が負傷したため同日中に帰港している。12月2日木原大尉が二代艦長に着任。12月10日小笠原諸島最東端の南鳥島向けの糧食88トン弾薬10トン、その他物資10トンを積載して出港。12月17日南鳥島へ到着し、物資を揚陸したあと便乗者60名を積載して出発。12月26日横須賀へ入港して整備を受ける。

1945年3月5日横須賀を出港して再び南鳥島への輸送任務に就く。3月13日南鳥島へ到着して物資を揚陸し、3月20日横須賀へ帰投。

回天母艦へ

横須賀に入港した3月20日、所属先の第7潜戦隊が解隊となり第6艦隊第15潜隊へ転属。これは回天母艦として運用する事を意味していた。14cmと大発の揚陸装置を取り外し、回天5基を搭載するための架台と交通筒、回天を固縛または解除する装備の新設を行う。潜丁は輸送用だけあって体が大きく、巡潜の4基をえる5基の搭載が可だった。回天攻撃に限れば伊363は巡潜以上の攻撃を発揮出来た訳である。4月8日横須賀を出発し、4月12日へ到着。瀬戸内海西部にて回天との訓練を実施する。5月3日基地へ帰投したのち、翌4日から駆頭部付き回天を搭載して発進作業と航行艦攻撃を同時に行う連合訓練を開始。5月22日回天特別攻撃隊「隊」へ編入。伊36伊165伊361とともに沖縄マリアナ間の敵補給線攻撃を命じられる。5月25日伊156や特設捕獲網艇第一丸とともに回天連合訓練を実施。5月27日を出港し、基地にて回天5基と搭乗員5名を搭載する。

そして5月28日午前9時基地を出撃。沖縄ウルシー間の域をして南下する中、6月5日沖ノ鳥島北方30里付近で初めて回天戦用意の号が掛かった。すかさず搭乗員が乗艇して発進準備を済ませたが、荒に阻まれて発進を中止。6月12日には敵空母らしきものを発見したが今回も回天攻撃には至らず。6月15日22時沖縄南東500里の地点を浮上航行中に艦首方向の線上にて火を発見。木原艦長は「魚雷戦用意」を発、それと同時に敵団が接近してきたため20分後に「回天戦用意」の号も下った。搭乗員は七生報国と書かれた鉢巻きを身に着け、交通筒を通って各々回天に搭乗して発進準備を済ませる。木原艦長はまず通常魚雷による攻撃を行い、護衛の駆逐艦から攻撃を受けたら回天攻撃に移行する心算だったと言われるが、が荒れていて回天攻撃が出来なかったとも言われる。22時50分、伊363は九五式魚雷2本を発射。9分後に1本が命中し、誘爆音も2回聴音された。上に上げられた潜望には暗い線を照らすように々と踊る火焔が映し出されていた。「輸送1隻撃沈」を報じたがアメリカ側の記録によると該当かった。敵から反撃も捜索も受けなかったが、伊363は直ちに区を移動。6月18日に帰投命を受け、20日まで戦闘を行ったが遂に敵艦を見つけられず、帰路に就く。6月28日生基地へ帰投。使用しなかった回天5基をここで降ろし、翌29日にへ入港して搭乗員たちを降ろした。7月17日から26日にかけて瀬戸内海西部で訓練。

8月3日回天特別攻撃隊「多聞隊」に編入。西カロリン方面への出撃を命じられる。8月6日を出発し、基地にて回天5基を搭載して8月8日に出撃。豊後、特に各出口には敵潜水艦が配置されていて危険だったため警を厳重にして突破、太平洋へと踊り出た。パラオ北方500里をして航行中、8月9日ソ連が対日宣戦布告8月12日鹿児島で第6艦隊部より日本海への配置転換を命じられ、反転北上8月14日正午頃、五島列島東方を浮上航行中に第38任務部隊の敵戦闘機から機掃射を受け、乗組員2名が死亡し、2名が負傷。浸により調整機が失われ、一時は深90mにまで沈降してしまう危機的状況に陥るも、不断の努により約3時間後に浮上成功。修理のため佐世保へ寄港して工に入渠したところで終戦を迎えた。

終戦後

8月18日へと戻った伊363であったが、ここから別の意味で忙しくなった。第6艦隊部では毎日艦長会議が行われており木原艦長も参加。「今からでも弾薬・食糧を搭載し、出撃して最後の一兵まで戦いたい」「が艦は海賊と呼ばれても良いから、どこかのを基地として出撃し、没で敵艦をやっつけるつもりである」と徹底抗戦を訴える意見が出した。だが第6艦隊醍醐中将に諭された事で場の全員終戦を受け入れた。9月2日アメリカ軍に投降。10月27日アメリカ軍の命により残余の潜水艦は佐世保へ集められる事となり、伊363はを出発した。

1945年10月29日午後12時45分、悪宮城県広瀬10里を航行中にアメリカ軍が敷設した浮遊機により沈没。艦要員はへと脱出したが、そのうち事にまで泳ぎ着けたのは僅か1名のみで木原艦長以下34名が死亡11月10日、除籍。

戦後1966年1月26日深田サルベージが残骸を引き揚げ、江田島で解体された。その時に得られた伊363の潜望呉市の長迫海軍墓地の記念館に展示され、また一の生存者が奉納した名簿が愛知県神社に、東京都文京区にある戦没者霊には伊363のラッパが遺されている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A363
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊363

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 伊363についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改