岡田麿里単語

オカダマリ
1.5千文字の記事
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

岡田麿里とは、日本アニメ脚本家である。女性

代表作は『true tears』『とらドラ!』『花咲くいろは』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。

概要

1976年生まれ。埼玉県出身。

元々はVシネマ教育ものなど実写の脚本を手がけていたが、1998年に『DTエイトロン』の脚本でアニメ脚本家としてデビューして以来、数多くのアニメの脚本をこなしている。最近はオリジナル作品の脚本も手がけている。『ローゼンメイデン』の水銀燈の有名なセリフ乳酸菌摂ってるぅ?」を発案したことでしられる。

人間関係がもたらす心の機微の描写には定評があり、人間ドラマを扱った作品に評価の高いものが多い。特に『true tears』『とらドラ!』における、キャラクター間のドロドロとした描写は卓越しており、この両作でアニメ脚本家として高い評価を得るようになった。一方で全体の構成を考えたり、物語の整合性を取るのは苦手とされており、複雑な設定や伏線を回収するような作品では酷評されることも少なくない。これは、まず見せ場を考えて、それをつなげて全体を構成していく手法を取っているからであると言われている。

また同様に原作つきのアニメでも原作を考慮しない変を行うことが多々あるため、『とらドラ!』のように原作ラストよりもうまく繋いだとされる例もあれば、一部では「原作レイプライターの一人としてもとらえられることがある。

2011年の『花咲くいろは』では、プロデューサーである堀川から「を全開にすること」をめられているという。実際、通常のアニメでは監督などの手直しをされることが多いのにもかかわらず、ほぼ一発OKで通っているという。また、原案では「航空宅配便に乗るヒロイン物語」であったにもかかわらず、彼女の一言で今の温泉館の話に変更になっている。そういう意味で、今までで一番彼女らしい作品になるのかもしれない。

また、同年の『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、彼女企画を0から考えた初めての作品である。なお、ヒロインの一人安城鳴子衝撃的なあだ名あなる」は彼女が最初に提出した企画書ですでに決まっていたとのこと。

2018年には初の監督作品となる『さよならの朝に約束の花をかざろう』が開された。

主な作品

TVアニメ

シリーズ構成

脚本

劇場アニメ

監督・脚本

脚本

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E9%BA%BF%E9%87%8C
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

岡田麿里

3649 削除しました
削除しました ID: AyIlJVglKQ
削除しました
3650 ななしのよっしん
2022/06/16(木) 14:47:06 ID: +GZ2kFYyId
関わった作品をここの記事の方で見たら、三振級の作品もいくつかあるけど、一塁打~三塁打級のヒットもちょこちょこ出してるんだな
まあの場合、鉄血を一塁打扱いしているような採点なので世間の価値観とは合わないかもしれんが
3651 削除しました
削除しました ID: AyIlJVglKQ
削除しました
3652 削除しました
削除しました ID: AyIlJVglKQ
削除しました
3653 削除しました
削除しました ID: AyIlJVglKQ
削除しました
3654 削除しました
削除しました ID: Ur2j2lW/nt
削除しました
3655 削除しました
削除しました ID: Ur2j2lW/nt
削除しました
3656 削除しました
削除しました ID: Ur2j2lW/nt
削除しました
3657 削除しました
削除しました ID: Ur2j2lW/nt
削除しました
3658 削除しました
削除しました ID: GhEKv0U1zK
削除しました

急上昇ワード改

おすすめトレンド