森康二単語

モリヤスジ

森康二(もり やすじ)とは、日本アニメーター絵本作家である。表記は「やすじ」「もりやすじ」とも。
東映動画時代、宮崎駿高畑勲らの先輩として数々の後進を育成した伝説アニメーターである。

概要

19251月28日生まれ、鳥取県鳥取市出身。

1948年、東京美術学校卒業後、東映動画(現東映アニメーション)の前身である日本動画株式会社に入社。アニメーションとも呼ばれる政三に学ぶ。「トラちゃんと」(1948年)で動画デビュー

東映動画設立後の初アニメ作品である短編映画「こねこらくがき」(1957年)で原画、絵コンテを担当する。以後、大工原章、古沢日出夫らとともに東映動画の中心的アニメーターとして活躍した。後輩宮崎駿高畑勲大塚康生小田部羊一奥山子、杉井ギサブローなどがいる。

動物キャラクターを得意としており、日本初の長編カラーアニメ映画伝」(1958年)では大工原と2人で原画を担当、大工原人間キャラを描く一方、パンダなどの動物が活躍するシーンで手腕を発揮した。

1963年の長編アニメ映画「わんぱく王子大蛇退治」では作画監督を務める。この作品は日本で初めて作画監督が置かれたアニメとして知られる。

その後、TVアニメ宇宙パトロールホッパ」(1965年)や長編映画長靴をはいた猫」(1969年)、「どうぶつ宝島」(1971年)の作画監督などを務めたのち、東映動画を退社。

その後はズイヨー映像TVアニメ「山ねずみロッキーチャック」(1973年)、日本アニメーションで「フランダースの犬」(1975年)などの作画監督およびキャラクターデザインを担当。世界名作劇場シリーズキャラクターデザインの基礎を作った。

の柔らかいタッチの絵柄は東映動画後輩アニメーターに大きな影を与えた。小田部羊一作画監督を務めた「アルプスの少女ハイジ」や宮崎駿、のちのスタジオジブリ作品の絵柄にもの影が見て取れる。

やすじ」、「もりやすじ」名義で絵本の挿絵作家としても活動した。

1992年死去。67歳であった。遺作は、監督キャラクターデザインを担当した「おおかみと7ひきのこやぎ」(1993年)。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A3%AE%E5%BA%B7%E4%BA%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

森康二

1 ななしのよっしん
2015/06/01(月) 21:06:30 ID: g/iE1d6SaX
鳥取の偉人
2 ななしのよっしん
2015/09/21(月) 22:19:46 ID: eRLqawcZ38
制作進行アニメから
3 ななしのよっしん
2015/10/02(金) 05:16:13 ID: 6F7EoJs9AW
こんなにも邪気も感じさせないやさしい絵を描く人を、おれは他に知らない
4 ななしのよっしん
2018/08/05(日) 21:15:38 ID: rLtBVcjtak
ゼルダトゥーンリンクの表情が一の絵柄を彷彿とさせる...