編集  

安彦良和単語

ヤスヒコヨシカズ

安彦良和とは、アニメーターキャラクターデザイナーアニメ監督漫画家イラストレーター小説家である。

ライディーンコンVゴーグクラッシャージョウアリオン

概要

非常に幅広い分野で活動している稀有なクリエイターのひとり。自作漫画アリオン』『ヴイナス戦記』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』をアニメ化の際に自分で監督したことでも知られる。

経歴

1947年北海道遠軽町生まれ。幼い頃から漫画好きで雑誌「冒険王」への投稿経験もある。高校は地元の遠軽高校に通う。奇しくも、のちに安と同じように富野由悠季作品でキャラクターデザイン作画監督を務める友謙と同じ高校であったが、2人はアニメ業界で出会うまでまったく面識がなかったという。

漫画家になる夢をあきらめ弘前大学へと進学するが、ここでベトナム反戦を掲げる学生運動に参加したことが原因で逮捕、次いで退学させられる。その後マッチラベル描きのアルバイト、写植屋勤務を経て、虫プロ広告をきっかけに高校時代の絵を持ち込んで合格となり、1970年アニメーターへと転職する。

1973年虫プロ倒産してフリーになると「宇宙戦艦ヤマト」に参加。手がけたのは絵コンテだったが、当時のアニメファンくもその独特な絵柄に注していた。続いて「勇者ライディーン」「超電磁ロボ コン・バトラーV」などに作画スタッフとして参加すると、それまでのロボットアニメ流であった永井豪的な男臭いタッチとは異なる、麗でスマートな画調を提示して人気を確たるものとした。特に「コン・バトラーV」では、キャラ設定の王道とも言える五人の性格分けを完成させ、長浜忠夫監督を驚嘆せしめたといわれる。

他にも「さらば宇宙戦艦ヤマト」では、西崎義展プロデューサーがポスターの絵とクライマックス作画を安にすべて任せて「絶対に修正するな」と厳命。小説クラッシャージョウ」をスタジオぬえ社長だった高千穂が刊行する際、挿絵を安に依頼するなど、業界の内外を問わず安の絵はファンを魅了した。

がんだむ富野監督とは「ライディーン」以降のつきあいだったが「無敵超人ザンボット3」は「わんぱく大昔クムクム」と制作行していたため、キャラデザインとOP・EDのみの参加に留まらざるをえなかった。続く「機動戦士ガンダム」はその内容に惹かれて総作画監督を務めようと励んだものの、理がたたって体調を崩し途中降してしまう。この念もあってガンダムブームから再び描く機会を得た「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」では、半分以上が安の手による作画に刷新。アニメ史に残る傑作となった。

1979年からはもともと漫画家志望であったことを思い出し、新たな創作活動の場として漫画も描くようになる。のちに自らアニメ化監督した「アリオン」がデビュー作であった。1980年には「シアトルエレジー」で小説家デビューも果たしている。

ヤスヒコアニメ1983年からは「クラッシャージョウ」「巨神ゴーグ」「アリオン」「ヴイナス戦記」といった原作ものやオリジナルアニメ監督を務めたが、いずれも商業的にはふるわず、宮崎駿押井守といった監督作品に「とてもかなわない」と感じて手を引いた。小説に関しても同様である。これに関しては「安の作は感傷的で展開が遅く、アニメーションよりは漫画に向いている」といった批評がある(「日本アニメ学研究序説」著・北野)。

年号が昭和から平成へ変わる頃、安は絵描き・小説家の素養と自分の興味を結実させ、ライフワークとして歴史漫画へ取り組むようになる。以降の「大国主ナムジ」「色のトロキー」「王道の狗」などは特に高い評価を得ており、近作の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」も歴史漫画の経験を反映させた作品として、単なるガンダムコミカライズにとどまらない味わいを獲得している。

2014年、「THE ORIGIN」の好評を受け、安は「ヴイナス戦記」以来、二十数年ぶりとなるアニメ監督を務めた。

画風

イラスト絵の魅と言われるのが、らしさや色気すら感じる柔らかく丸っこいキャラクターである。特に色気があると言われる、S字カーブを描いたような独特の立ち姿は「安立ち」などとファンに呼ばれている。キャラクターデザインで本人が最大の収穫としているのが「ザンボット3」の主人公らが着ている「ボタンがたくさんついた上着」で、これは「クラッシャージョウ」にも転用された。

メカニカル描写も上手く、特にロボット背中部など、およそ可動しない部分も人間らしく曲げて描くことで、メカデザイナーが手本として提出した資料より躍動感ある、また手描きでしか出せない迫を表現している。ほかにも実家農家であったことからといった身近な動物を資料も見ずにリアルに描けるといった特技がある。

漫画では筆圧が強いことから、ペンではなく筆で線を引いている。このため線以外の直線は曲がっていることも多々あるが、それが安絵としての味わいにもなっている。手がく、なんでも描けてしまうので、漫画アシスタント息子MASATO氏のみだが、「THE ORIGIN」ではコンピューター加工をプロダクションが手掛けた。

カラーイラストではガッシュを使用。小学校の時、絵の好きな校長先生導されたきりで、ほぼ流。背景色で全体を薄塗りしてから、基調色によってトーン付けし、暗めの色から明るい色へ書き起こしていく手法で、単行本の表などは5~6時間くらいで仕上げるという。

弟子

知名度のある子は以下のとおり。

主な作品リスト

アニメーターキャラクターデザイン
アニメ監督
漫画
イラストレーション
小説

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%89%E5%BD%A6%E8%89%AF%E5%92%8C
ページ番号: 5171865 リビジョン番号: 2536017
読み:ヤスヒコヨシカズ
初版作成日: 13/11/16 21:57 ◆ 最終更新日: 17/10/27 21:45
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正。慨嘆→驚嘆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

安彦良和について語るスレ

39 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 18:27:58 ID: GD3Dga/uhv
>>30
というか時代に取り残されたのでは
残されたというより残ったと言った方が良いか
40 : ななしのよっしん :2017/09/28(木) 18:05:58 ID: J2qQ0ZOYXJ
メカがズーパーミニプラで続投してるな
41 : ななしのよっしん :2017/10/03(火) 08:32:12 ID: p+Xzy0Lqte
>>35
いいってのが名作にはあると思う
どちらかを極端に描写したら強な癖は出てしまうし
こっち系だからこれでいいって開き直りは隙ができるよね
42 : ななしのよっしん :2018/03/21(水) 07:13:37 ID: T3YyjysT/L
前にこの人の書いたORIGIN漫画版読んだんだけど
三連ドムが移動するシーンが凄い上手かったなあ

躍動感っていうか、動かす事を意識した絵っていうか、
上手いアニメーター漫画描くとこんな風になるのかと驚いだもんだ
43 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 09:52:37 ID: giE79YBRCG
>>37
が言ってたかちょっと記憶にないんだけど
ヤッさんの漫画オリジナル歴史編集含めて大筋だけ見ると似たような展開が多いが
シーブック顔のわりと才の高い青年がわりと活躍するが、最後は政治などの大きなには抗えず、だが希望は残して終わる)
青年を描くものとしてはこれも「王道」のひとつだよね

無双、いわゆるゲーム作品とは相反するとはいうけど、名作ゲームにも似たパターンはある
論、こういうパターン爽快を感じないという感想を抱く者が少なくないのもわかる
44 : ななしのよっしん :2018/04/16(月) 05:38:46 ID: J2qQ0ZOYXJ
https://v-storage.bandaivisual.co.jp/talk/interview/71444/
トキの引き出しの多さに驚いて褒めてる
45 : ななしのよっしん :2018/04/19(木) 17:32:21 ID: oX0l8xuFKF
フルカラーマンガジャンヌ読んだ時
あまりの絵の美麗さと迫に度肝抜かれたわ。
イラストレイターとしては当代屈
46 : ななしのよっしん :2018/06/26(火) 22:30:13 ID: J2qQ0ZOYXJ
https://www.sankei.com/special/okawara/news/news_26_01.html
最初は大河原さんは初代に入れない予定だった。
47 : ななしのよっしん :2018/07/31(火) 23:09:01 ID: s9lDks5XjT
>>36
自分もガンダムに関してはニワカだから偉そうな事は言いたくないが…その「最近のガンダム」とやらを視聴した上での発言だろうか?
鉄血とか主人公無双イメージがないんだが(ちゃんと観たとは言ってない)
48 : ななしのよっしん :2018/08/28(火) 00:56:06 ID: J2qQ0ZOYXJ
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201808/20180826_73021.html 憲法9条についてりだしたな新作があれだから仕方ないが
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス