忘れられる権利単語

クロレキシヲフウインシタイ
  • 9
  • 0pt
掲示板へ
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

忘れられる権利とは、黒歴史を持つ者のはかない希望である。欧州にとってはつい昨日の権利だが、他のにとっては明日の権利かもしれない。

概要

忘れられる権利とは、自己黒歴史に関する記述を削除してもらう権利のことである。

あまり広くは認められておらず、法律として明文で認められているのは2014年11月現在欧州だけのようである。

デジタルタトゥー問題

インターネットの普及に伴い、個人がホームページを持つようになり、また2chなどの電子掲示板も普及し、一個人でも世界に向けて発信することが容易になった(もっともその情報の大半はにも触れずに放置される運命にある)。さらに発信手法の簡素化により発信手段がホームページからブログSNSさらにはTwitterLINEなどにシフトしてきている。

しかしながら、発信手段が手軽になったことにより、本来投稿するべきでない情報うっかりにしてしまい、これまでも見ていなかったはずの記述が急速に拡散炎上して長期間に渡って袋だたきにあうといったケースが後を絶たない。

そういったちょっとしたことで一生消すことができない社会的な傷を負ってしまうことを、デジタルタトゥーとたとえた人がいる。

欧州での法律制定

デジタルタトゥーについては、多くの人に経験があったり、気づかずにやってしまっていたりするレベルのささいな悪事やマナー違反といえども許されることはなく、底的かつ半永久的に追及される。

自業自得自己責任・信賞必罰といえば聞こえはいいが、罪と罰のあまりのアンバランスに、当事者はもちろん第三者といえども疑問を持つ人が現れるようになった。

そうしたを受けて、欧州では2012年1月に忘れられる権利が法律に明記されることとなり、2014年5月13日には、これまで個々に対応するのが面倒くさいので一貫して検索結果への削除要請を拒み続けていたGoogleに対し、削除を実施するように命じる判決が下された。なお、法律の制定に先立って別の案件で2011年11月Google削除を命じる判決が出ていたようである。

Googleの対応

上記判決を受けてGoogle欧州向けに、検索結果からの除外申請フォームを作成した。もっともGoogleは面従背の立場をとっているようで、検索結果から除外されたページの所有者に除外したことを通知しており、除外通知が来たことが報道の対になって、削除側の努が台しになったりしているようである。

また、削除申請が通ると、検索結果が表示されるべきページの下部(検索結果よりは下だが、「次へ」よりは上の場所)に以下のような表示が出てくる。

Google 宛に送られた法的要請に応じ、このページから 1 件の検索結果を除外しました。ご希望の場合は、LumenDatabase.org にてこの要請について確認できます。

2015年中頃まではLumenDatabaseというサイト名はなく、リンク先に飛ぶと除外されたページヘのリンク一覧に行くことができる状態であった。2015年11月現在ではリンクこそなくなったものの、除外されたページURLがそのまま掲載されており、除外されたページがかえって立ってしまう状況に変わりはない。

また、LumenDatabaseでは削除要請を検索することができるようになっており、やはり削除申請者に対する嫌がらせとしか思えないような対応は続いていると言える。

削除申請の動向

一般個人からの申請に紛れて、融会社で巨額損失を出したCEOの記事など、一見こういった権利とは関係そうな事柄が削除の対となっていたことが、上記Googleの対応により明らかになった。

日本での動向

先述のように、日本では明示的な法律により規定されてはいないが、2014年10月9日東京地裁でGoogle検索結果を削除するように命じる仮処分決定が下された。

なぜかこの裁判所の判断にGoogleでなくYahoo!が反応し、2014年11月7日検索の在り方を検討する有識者会議を設置すると発表し、2015年3月30日結果が公表exitされた。理由の詳細を見る限りGoogle同様できるだけ削除には応じたくないようである。

ニコニコ大百科における忘れられる権利

生放送主や動画投稿者の記事削除(2010年代前半)

ニコニコ大百科と関連の深いニコニコ生放送でも黒歴史は量産された。

ニコニコ大百科ニコニコ生放送で発生した黒歴史を記事として固定化する役割を担うことが多かったようだ。そのため、生放送主などの当事者もしくは関係者が記事を削除し、包摂主義寄りの編集者が元に戻すという紛争が頻発した。

不具合・要望掲示板には2010年ごろから何度か意見が寄せられていたようであるが、当時は包摂主義寄りの意見が大勢を占めたようである。

参考リンク

閉鎖されたのでリンク先を見ることが出来ない。ログを持っている人がレス番で探す参考にはなる。

個人記事の掲示板閉鎖制度(2020年)

2020年6月10日大百科運営より「大百科の記事に付属する掲示板のうち、個人について書かれた記事の掲示板につきましては、記事に書かれたご本人様の希望があれば閉鎖いたします」と発表されたexitタイミング的に女子プロレスラーの自殺exitに対して、政治家が制度正をり始めたことに影を受けたと考えられる。

ただし、対掲示板のみであり記事内容は対外。またユーザー記事掲示板も対外である。また、上述の通り申請できるのは本人のみ。

関連動画

的での、動画の掲載や掲示板への書き込みはご遠慮下さい。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%A8%A9%E5%88%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

忘れられる権利

219 ななしのよっしん
2020/12/27(日) 20:00:03 ID: L/EFKdo1F3
極端な話、殺されない権利しても実際に殺されたら意味ないし
個人のモラル依存してしまうガバガバ加減は仕方ない
220 ななしのよっしん
2020/12/27(日) 20:01:24 ID: wXr6Va9nR3
権利に対して他の権利が相反するとかあるから結果議論がいるんだよね
221 ななしのよっしん
2020/12/28(月) 23:13:40 ID: 0P5LPXjLbj
忘れる権利とか欲しいわ……
222 ななしのよっしん
2020/12/28(月) 23:20:33 ID: hFtoOjc/dM
>>218
個人の記憶してる分をばら撒くの止めようぜって話だからガバでもなんでもないのでは?
223 ななしのよっしん
2020/12/28(月) 23:24:16 ID: eIY3hp96ET
過去に作られた駄作やホロコースト歴史政治的汚点、それらも忘れられるべきってなりかねんのよね。

そもそもネット全員メディア政治家という状況だから、忘れられる権利を導入したらヤバいことになりかねない。


批判誹謗中傷してデマ拡散をするような人間は居ない。全員忘れられる権利で関係を絶たれたから。

そうやってネガティブ事実を排除して扇動に悪用されかねない。まあ、現状そういった書き込みは対ではないと信じたいが。
224 ななしのよっしん
2021/01/04(月) 19:48:07 ID: GbemdVMaQK
とりあえず十字架を~とか言っている人はお帰りください
225 ななしのよっしん
2021/01/15(金) 11:42:48 ID: j9z2T3m7DR
>>223
現在忘れられる権利という問題は個人間の問題なので歴史政治といった事にこれが適応するのではないかという危惧は用に思います。
忘れられる権利悪用して罪を繰り返すようなことはあってはなりませんが、私はそれ以上に過去の罪をいつまでも追及したりそれに各個人が振り回される今を是正していくほうがかに大事だと思いますよ。
226 ななしのよっしん
2021/02/01(月) 21:51:35 ID: 9sLQ7Oln0g
就職活動をしている人の犯罪歴を秘密で調べるみたいなのもこれに当たるの?
小さいところで言うとSNSを調べて素行調するみたいな
227 ななしのよっしん
2021/02/21(日) 18:41:25 ID: JkDxcV7Z4N
事中じゃ経営者を一般国民と区別して削除申請に問題があるように書いているけど、むしろこういう経営者の巨額損失のような犯罪以外の失敗にこそ必要とされるのが「忘れられる権利」だから、そこは問題ないと思う。
皆、前科を強く意識しているみたいだけど、前科はそもそもプライバシー権で基本的に保護されるし、プライバシー権で保護されないような前科(社会的重大性が大きかったり悪だったり直近だったり)に関しては「忘れられる権利」を立法的に採用しても恐らく削除を認められないと思うよ
いわゆるデジタルタトゥー抹消ネットリンチの防止に対する権利として「忘れられる権利」は捉えていくのが正しいんじゃないかな

>>226
忘れられる権利」と直接は関係いかな
忘れられる権利」とはつまり、その素行調が可環境自体をくすという話だから
228 ななしのよっしん
2021/05/11(火) 19:57:10 ID: 7rRc6Vi/qf
>検索結果から除外されたページの所有者に除外したことを通知しており
>LumenDatabaseでは削除要請を検索することができるようになっており、やはり削除申請者に対する嫌がらせとしか思えないような対応は続いていると言える。

Googleグッジョブ

おすすめトレンド