忘れられる権利単語

8件
クロレキシヲフウインシタイ
2.6千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

忘れられる権利とは、黒歴史を持つ者のはかない希望である。欧州にとってはつい昨日の権利だが、他のにとっては明日の権利かもしれない。

概要

忘れられる権利とは、自己黒歴史に関する記述を削除してもらう権利のことである。

あまり広くは認められておらず、法律として明文で認められているのは2014年11月現在欧州だけのようである。

デジタルタトゥー問題

インターネットの普及に伴い、個人がホームページを持つようになり、また2chなどの電子掲示板も普及し、一個人でも世界に向けて発信することが容易になった(もっともその情報の大半はにも触れずに放置される運命にある)。さらに発信手法の簡素化により発信手段がホームページからブログSNSさらにはTwitterLINEなどにシフトしてきている。

しかしながら、発信手段が手軽になったことにより、本来投稿するべきでない情報うっかりにしてしまい、これまでも見ていなかったはずの記述が急速に拡散炎上して長期間に渡って袋だたきにあうといったケースが後を絶たない。

そういったちょっとしたことで一生消すことができない社会的な傷を負ってしまうことを、デジタルタトゥーとたとえた人がいる。

欧州での法律制定

デジタルタトゥーについては、多くの人に経験があったり、気づかずにやってしまっていたりするレベルのささいな悪事やマナー違反といえども許されることはなく、底的かつ半永久的に追及される。

自業自得自己責任・信賞必罰といえば聞こえはいいが、罪と罰のあまりのアンバランスに、当事者はもちろん第三者といえども疑問を持つ人が現れるようになった。

そうしたを受けて、欧州では2012年1月に忘れられる権利が法律に明記されることとなり、2014年5月13日には、これまで個々に対応するのが面倒くさいので一貫して検索結果への削除要請を拒み続けていたGoogleに対し、削除を実施するように命じる判決が下された。なお、法律の制定に先立って別の案件2011年11月Google削除を命じる判決が出ていたようである。

Googleの対応

上記判決を受けてGoogle欧州向けに、検索結果からの除外申請フォームを作成した。もっともGoogleは面従背の立場をとっているようで、検索結果から除外されたページの所有者に除外したことを通知しており、除外通知が来たことが報道の対になって、削除側の努が台しになったりしているようである。

また、削除申請が通ると、検索結果が表示されるべきページの下部(検索結果よりは下だが、「次へ」よりは上の場所)に以下のような表示が出てくる。

Google 宛に送られた法的要請に応じ、このページから 1 件の検索結果を除外しました。ご希望の場合は、LumenDatabase.orgにてこの要請について確認できます。

2015年中頃まではLumenDatabaseというサイト名はなく、リンク先に飛ぶと除外されたページヘのリンク一覧に行くことができる状態であった。2015年11月現在ではリンクこそなくなったものの、除外されたページURLがそのまま掲載されており、除外されたページがかえって立ってしまう状況に変わりはない。

また、LumenDatabaseでは削除要請を検索することができるようになっており、やはり削除申請者に対する嫌がらせとしか思えないような対応は続いていると言える。

削除申請の動向

一般個人からの申請に紛れて、融会社で巨額損失を出したCEOの記事など、一見こういった権利とは関係そうな事柄が削除の対となっていたことが、上記Googleの対応により明らかになった。

日本での動向

先述のように、日本では明示的な法律により規定されてはいないが、2014年10月9日東京地裁でGoogle検索結果を削除するように命じる仮処分決定が下された。

なぜかこの裁判所の判断にGoogleでなくYahoo!が反応し、2014年11月7日検索の在り方を検討する有識者会議を設置すると発表し、2015年3月30日結果が公表exitされた。理由の詳細を見る限りGoogle同様できるだけ削除には応じたくないようである。

ニコニコ大百科における忘れられる権利

生放送主や動画投稿者の記事削除(2010年代前半)

ニコニコ大百科と関連の深いニコニコ生放送でも黒歴史は量産された。

ニコニコ大百科ニコニコ生放送で発生した黒歴史を記事として固定化する役割を担うことが多かったようだ。そのため、生放送主などの当事者もしくは関係者が記事を削除し、包摂主義寄りの編集者が元に戻すという紛争が頻発した。

不具合・要望掲示板には2010年ごろから何度か意見が寄せられていたようであるが、当時は包摂主義寄りの意見が大勢を占めたようである。

参考リンク

閉鎖されたのでリンク先を見ることが出来ない。ログを持っている人がレス番で探す参考にはなる。

個人記事の掲示板閉鎖制度(2020年)

2020年6月10日大百科運営より「大百科の記事に付属する掲示板のうち、個人について書かれた記事の掲示板につきましては、記事に書かれたご本人様の希望があれば閉鎖いたします」と発表されたexitタイミング的に女子プロレスラーの自殺exitに対して、政治家が制度正をり始めたことにを受けたと考えられる。

ただし、対掲示板のみであり記事内容は対外。またユーザー記事掲示板も対外である。また、上述の通り申請できるのは本人のみ。

関連動画

的での、動画の掲載や掲示板への書き込みはご遠慮下さい。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

忘れられる権利

252 ななしのよっしん
2022/10/15(土) 22:32:20 ID: GS5PNxNcbH
ネットが発達して個人のやらかしが広く全世界
伝わるようになってしまった現状に法整備が
追いついてい感じだな。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
253 ななしのよっしん
2023/02/07(火) 22:58:51 ID: JkDxcV7Z4N
>>249
そもこの手の話題は大前提として「思想・良心の自由」(=内心の自由)が守られた上で議論が行われていることを分かってないが多い
忘れられる権利」が認められてもそれは「思想・良心の自由」を妨げない範囲で保障されるだろうし、「忘れない権利」や「知りたい権利」という権利があるとするならば、それも「思想・良心の自由」の範囲で保されるだろう。
そこは別に二者択一ではない。
👍
高評価
3
👎
低評価
2
254 ななしのよっしん
2023/04/06(木) 10:52:53 ID: j9z2T3m7DR
これから先この権利を法律に盛り込むとしたら、犯罪報道を一定期間したら削除する、検索にひっかからないようにする。正当な理由なくネットや衆に触れるところにしたら罰則とかそんなかんじになるんだろうか。
SNS普及による実名報道の破壊ははっきりいって期待される効果よりもかなり上回ってしまってるし、この権利によって抑制されることを願う
👍
高評価
2
👎
低評価
2
255 ななしのよっしん
2023/05/13(土) 23:29:47 ID: r+n/49uRgp
>>249
今、社会で何が起きてるか知らないご老人かな?ありがたい説教どうも
その説教じゃあ今の若者には通じないし、社会の流れが変わることはないかな

創作物は「かを傷つけるのと傷つけないのどっちか、じゃあ傷つけないほうだよね」となった結果、コンプライアンスが厳しくなり燥、現場から悲鳴があがり
これまた公共の福祉に基づき「じゃあこっちだよね」と正式に判断された結果がAV新法、現場が悲鳴を上げる強副作用

忘れられる権利」自体がどうこうじゃなくメタファーでしかない、潮や同調圧力に対して問題視してるだけだと、あのレスを見て分からないのかな?
ご老人がエンタメやAVを見るのかは知らんけど、後から「なぜ創作物やAVはつまらなくなったんだ!いつから・どうしてこうなった!」なんて言わないでくれよ、もう始まってんだから
👍
高評価
3
👎
低評価
6
256 ななしのよっしん
2023/11/21(火) 06:29:57 ID: eVwqKQ488d
不特定多数の記憶に対して強要する、と解釈したらこれディストピアだな。
内心でなくとも他人との意思疎通に干渉するなら、どのみちファシズムに通じる。
そもそも「更生した」という前提に対して責任を負っていないわけで、身元保人を議員や法務官僚にやってもらう、という制度があったら更生認定がとんでもなく厳しくなるであろうことは明なわけだし。

まあこの「権利」が反感抱かれるのも、忘れてもらいたい側が「忘れてくださいお願いします」じゃなく「には忘れさせる権利があんだよオラァ!」という態度だからなんだろうけども。
ちなみに、小学館とかが「忘れられる権利」についてステマしてたんで、やっぱりろくでもない連中がこの権利を推進してるんてだなと確信してる。
👍
高評価
1
👎
低評価
2
257 ななしのよっしん
2024/02/14(水) 10:13:12 ID: eBJcq58y2S
>>249>>253
公共の福祉も良心の自由も実際は範囲や界を巡って法廷で争うんだからモロに対立する二者択一じゃん

そりゃ予め決められた公共の福祉の範囲に従って判断するんだから
特定の記事を削除してもかの”忘れない権利”が侵された事にはならないっては可だし
幾ら衝突しても最後は最高裁が双方の権利の範囲を定義して矛盾く決着するんだから
>>245するような”権利の剥奪”なんて状況は法の現場で発生し得ないのは分かる

だた不当削除されたと感じた側は忘れない権利が侵されたとして上訴する訳だし
判決前の紛争中は権利と権利の衝突でしかないから>>245が言いたかったのもそれでしょ多分
判決の妥当性や条文の解釈を巡って各閥が大喧嘩するのがに見えてるし
法的な矛盾とは別に社会矛盾と衝突は確実に起きるから>>255はそれを心配してるんでしょ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
258 ななしのよっしん
2024/04/30(火) 09:26:57 ID: j9z2T3m7DR
対抗概念である知る権利が浸透した時代と違って今は共有する媒体のネット拡散に優れたSNSという存在があるんだから軽視されるべきではないと思うよ。
そういう時代と違って現代はより多くの人に長期間知れ渡ってしまうわけなんだから情報開のルールと制裁をきちんと定めるべきだと思う。仮に犯罪とかの秩序に関わる情報だったとしても、そのせいで食い詰めて再犯や犯罪組織に入られたら最終的に割を食うのは々なんだから。
知る権利を蔑ろにしていいとはいわないけど、犯罪やその他個人レベルで知られたくないことを長期間ネット上で閲覧できることで得するのは下衆しかいないんだから保護する価値はないし、個人の忘れられる権利が尊重されるべきだと思う。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
259 ななしのよっしん
2024/04/30(火) 09:34:43 ID: j9z2T3m7DR
前に記憶に残るんだから意味ないっていう意見があるけど、記憶に残ってる分にはそもそも内心の自由の範囲内だからそもそも取り締まりようがないしこの権利を論ずる上では意味がないと思う。
それをネット上やに広めることがあくまで焦点なんだから

連投失礼しました
👍
高評価
1
👎
低評価
0
260 ななしのよっしん
2024/04/30(火) 09:44:22 ID: YnOeqeCXc9
絶対に許さないさんも今じゃすっかり許されてるし、記録に残り続けても記憶風化していくからそこまでカリカリせんでも・・・とは思う
👍
高評価
0
👎
低評価
0
261 ななしのよっしん
2024/04/30(火) 09:47:04 ID: j9z2T3m7DR
実名報道されていれば事件から相当期間経過した後に再就職の際に採用する側が名前検索しただけで落とす大きな要因になるし、長期間でも容易に閲覧できるところに記録に残ってる事自体が問題なんですよ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0