的場直樹単語

マトバナオキ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

的場直樹(まとば なおき1977年5月9日-)とは、大阪府出身の元プロ野球選手捕手)である。現在千葉ロッテマリーンズの一軍戦略兼バッテリーコーチを務める。

概要

プロ入り前

大阪市内の浄土真宗のお寺に生まれ、9歳で得度。そのため、プロ入り後もオフにはトレーニングの邪魔にならない範囲で僧侶として実家のお寺の手伝いをしていた。

高校PL学園から勧誘を受けるが、PL学園が別の宗教系の学校ということもあってこれを固辞し、仏教系の上宮高校に進む(上宮高校浄土真宗ではなく浄土宗系の高校なのだが……)。高校チームメイトには三木肇がいた。3年ベスト8で敗退し甲子園出場経験はなし。

明治大学では将を務め、アマチュアNo.1捕手と呼ばれるまでに評価を高めた。1999年9月アジア野球選手権大会(シドニーオリンピックアジア最終予選)では、ヤクルト古田敦也中央大学阿部慎之助とともに日本代表に選ばれ参加した。

1999年ドラフト会議で、福岡ダイエーホークスに3位で名され入団。背番号26。

ダイエー~ソフトバンク時代

アマチュア時代は即戦捕手という扱いだったが、当時のホークスには正捕手城島健司という大きながあったため、なかなか出場機会に恵まれなかった。

2004年2005年には城島チームに不在になることがあり、そのときは的場先発マスクを被ることが多かった。
その後2006年に正捕手城島メジャー移籍。正捕手争いで1番の有補であったにもかかわらずバッティングのダメさ(後述)と山崎勝己の台頭によって昔から縁の深い斉藤和巳専属捕手となってしまう。しかしこの年の斉藤がかった成績を残したため、その恩恵にあずかって最優秀バッテリー賞を受賞した。役得である。

2007年も前年と同じく斉藤専属捕手だったものの斉藤の故障、打撃に定評のある田上秀則の活躍で更に出場機会が減る。さらに2008年斉藤和巳が故障によりシーズンを棒に振り、追い討ちをかけるように的山哲也の加入、高谷裕亮の台頭でトータル8試合しか出場がなかった。

2009年斉藤が復帰する気配はなく、正捕手の座がほぼ田上で固まり、控えにも山崎高谷がおり、二軍も期待の育成枠ルーキー堂上隼人2005年高卒ドラフト1位荒川雄太がいたため、とうとう一軍出場し、二軍での出場すらほとんどシーズンを終える。

2009年10月3日遂に戦力外通告をされる。exit4日、二軍に最後の挨拶に訪れ、ニートになった的場です」ホークスに最後のユーモアを残しチームを去る。

その後、橋本将FA退団が決定的だった千葉ロッテマリーンズが獲得の意向を示し、入団が正式に決定した。

ホークスではいつ戦外になるかわからないがムードメーカーとしてはチーム1であっただろう。
特に宮崎キャンプでの出しではB組なのに関わらず報道が多く集まり、周りの選手、首報道ファンを笑わせていた。
2008年シーズン初出場は代走であったが変えられた小久保裕紀ベンチに戻ってしばらく爆笑していた。その際、スコアボードには4番的場という今後一軍では絶対に見れないようなもあったため、かがそれを笑っていたかもしれない。

捕手としてのリードには定評があるため、それこそバッティングがよければ間違いなく正捕手だっただろうが……。古く南海時代は野村克也福岡移転以降も吉永幸一郎城島健司と伝統的に打撃捕手が正捕手に座るホークスでは、専守防衛捕手は打撃面で前任者とべられてしまうという不幸の典である。

2000年、2003~2008年6年間で年間打率が2割に達したシーズンが1度もない。
これが災いして一軍で正捕手になれなかったと言っても過言ではない(ちなみにホークス在籍時の通算打率.156)。
とは言え、打球自体はライナー性のものが多く、二軍ではクリーンアップを勤めたこともある。(スラガガーもどき?)

ロッテ移籍後

2009年12月23日TBSの「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」で戦外からトラアウトを経てロッテ入団に至るまでの経緯が放映された。実質番組のメインと言うべき扱いで、的場が全ネットでこれほど大々的に扱われたのはこれが初めてだったかもしれない。同年にトラアウトを受けていた今岡誠古木克明べて知名度が高いとは思えない的場の扱いの大きさに、実況スレでは番組の視聴率を危ぶむもあった。

トラアウト後、ロッテに入団。川越英隆今岡誠那須野巧山田秋親的場という色んな意味で濃い二軍が誕生。

移籍一年2010シーズンは、まさかの開幕一軍入り。しばらくは里崎智也の控えでベンチを温めていたが、4月8日、古巣のソフトバンク戦で移籍後初スタメンマスクを被った。試合は9失点で大敗、中に盗塁を許すというおまけつきの苦いに。が、翌日里崎が怪二軍落ちし、復帰までしばらくスタメン捕手を務めることになった。おまけにその様子がTBSの「バース・デイ」で放映されたりもした。

里崎の復帰後も一軍に残り、バックアップとしてときどきスタメン出場。その後里崎が再び怪をし離脱、まさかの一番手捕手に。おまけに二番手捕手が同じく低打、おまけに守備も微妙(要するに守れない的場)な斉藤俊雄という混沌とした状態に。

しかし頃から徐々にリードが噛み合いだし、チームは何とか3位に食い込みCS出場。すると二位西武を撃破、勢いに乗って的場の古巣、SBをも撃破し日本シリーズ出場権を獲得。的場と今福岡ドーム胴上げメンバーに加わっているという、昨シーズンの状況から考えると訳の分からない事態に。

そして中日を破り日本シリーズ優勝ベンチからっ先に駆け寄った的場試合に出てもないのに「下克上日本一」の見出しと共に日刊スポーツの一面を飾る。

とまあ、ロッテ移籍1年2010年シーズンは一軍で大活躍した的場。打撃面も好調であり打点は自らのキャリアハイ更新19打点)、5年ぶりのホームランも飛び出した。ホークスにいた時からこれくらい働けと(ry

2011年には、新装された応援歌AKB48の劇場曲に由来することから、AKB表記に引っかけた「MTB67」タグも使われるようになる。
マリーンズOBをに持つAKBメンバー倉持明日香は気づいてるのだろうか。

2012年シーズン終了後、戦力外通告を受け、現役を引退した。

引退後

2013年から、古巣の福岡ソフトバンクホークスに戻りスコアラーに就任した。

2014年からは北海道日本ハムファイターズ二軍バッテリーコーチを務める。4年間在籍し、2017年限りで日本ハムを退団。

2018年からは千葉ロッテマリーンズの一軍戦略兼バッテリーコーチを務める。ヘッドコーチを務める鳥越裕介の補佐的な立場らしい。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ダイエー
ソフトバンク
応援歌のピコカキコ一覧#780 11096
11096
ロッテ 応援歌のピコカキコ一覧#779 11095
11095

通算打撃成績

通算:9年 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 313 667 598 45 96 24 1 5 42 0 27 3 35 4 178 13 .161 .211

関連動画

関連項目

外部サイト

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9A%84%E5%A0%B4%E7%9B%B4%E6%A8%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

的場直樹

18   
2011/03/21(月) 23:27:07 ID: PgWILSS2Xm
的場のせいでAKBが好きになった。
お前が出ないとマリンで登場曲も応援歌も聞けない。

責任を取れ。
19 ななしのよっしん
2011/04/17(日) 01:08:36 ID: dmrjktCXbN
いつの間にやら2軍落ち。
20 ななしのよっしん
2011/05/23(月) 02:49:38 ID: LOiS5AzF6o
一軍復帰おめでとう
21 ななしのよっしん
2011/05/29(日) 23:43:43 ID: dmrjktCXbN
今期初仕事ワロタ
http://www.youtube.com/watch?v=RThPc2PTB2Yexit
22 ななしのよっしん
2011/06/12(日) 21:32:45 ID: uUIcoDcjs1
的場マルチヒット打率3割記念カキコ
23 ななしのよっしん
2011/12/01(木) 01:02:48 ID: 8kDEgY9ws8
>>sm14594398exit_nicovideo

的場中止スライディン
24 ななしのよっしん
2012/10/09(火) 20:52:01 ID: dmrjktCXbN
外か。さすがに今回は引退なんだろうか。寂しいな。
25 ななしのよっしん
2012/12/13(木) 04:58:38 ID: dmrjktCXbN
的場、13年間お疲れさん。
しかしまさかスコアラーという形とはいえ、
古巣に戻ることになるとは思わなかった。
26 ななしのよっしん
2013/04/24(水) 06:03:32 ID: 2+5IRAFGX0
実家はお寺で、それが理由でPL学園スカウトを蹴った話や、オフにはお坊さんになっていた、と言う話も載せて欲しい。
27 ななしのよっしん
2013/09/29(日) 02:46:09 ID: E/2kUbFToc
斉藤和巳のセレモニーで城島キャッチャーやってたけど、どっちかというと的場のほうがしっくり来てたと思うんだけどなぁ…

急上昇ワード