追放されたチート付与魔術師は気ままなセカンドライフを謳歌する。単語

ハナサレタチートフヨマジュツシハキママナセカンドライフヲオウカスル
3.0千文字の記事
  • 18
  • 0pt
掲示板へ

追放されたチート付与魔術師は気ままなセカンドライフを謳歌する。~俺は武器だけじゃなく、あらゆるものに『強化ポイント』を付与できるし、俺の意思でいつでも効果を解除できるけど、残った人たち大丈夫?~とは、六志麻あさによるネット小説である。

略称としては「チート付与魔術師」または「チート付与」あるいはちいかわちいふよ」など様々で、コミカライズ版については作者ペンネームに因んで「チート餅」とも呼ばれる。

概要

2021年1月小説投稿サイト小説家になろう」で連載を開始。翌2022年1月に書籍化された。

それに先駆け、連載開始してわずか10ヶ2021年10月講談社月刊少年マガジンR」にて業務用によるコミカライズ版が連載開始。

しかし。

どういう訳か小説コミカライズ版は似て非なる別物と化してしまった。

小説とコミカライズ版の違い

クッソ長いタイトルの通り、大まかな内容としてはなろう系でよくある主人公が元居た仲間の元から追放されるという「追放もの」となっており、この点では違わない。

しかし、コミカライズにあたって、「ギャラクシーエンジェル[1]や「ボボボーボ・ボーボボ[2]較されるくらいに原形をとどめているのか怪しいレベルでの変を施されており、大量にギャグが追加されてしまい、見事にギャグ漫画へと魔改造されてしまった。

例えば、ファンタジー世界観なのに日本円やらパチンコやら西友SEIYOやらウージー短機関銃やらが存在する、中世ヨーロッパナーロッパ)なのか現代の地球なのか怪しい世界となり、更に登場人物の性格やら人間関係などまで変されてしまった。

ギャグ漫画とはいえ登場人物の過去トラウマや人情、などギャグの合間にシリアスや熱い展開も挟まれているが、それらもほぼ全て原作にないものであり、原作にあるところを探すほうが難しい原作者がかわいそうと言われるほど。しかし、当の原作者の反応は以下の通り。

あらすじ

あらゆる武器や防具を「強化ポイント」によって強化することができるを持つ魔術師レインは、ある日所属していたギルド『王の牙』より「ギルドメンバー武器や防具を強化し終えた」(コミカライズ版では「流行っているから」)として解雇を通告される。怒ったレインは、それまでにかけたポイントをすべて解除し、剝奪する。

その後、レインは剝奪したポイントを使い、己の武器と防具を強化した上で、弱小ギルド水晶』へ加入した。

登場人物

ここよりもアニヲタWiki該当記事exitの方がよっぽど詳しく書かれているためそちらを閲覧することを推奨するが、一応ここでもキャラを簡潔に記す。

レインガーランド
主人公で付与魔術師。元々は大手のギルド「王の牙」に属し、ギルドメンバー武器や防具を強化する仕事をしていたものの、ギルドの都合で追放されてしまい、復讐を経て弱小ギルド水晶」に入り、以降は冒険者としても活動するようになる。
性格は明るくポジティブでお人好し。
戦闘は持ち前の付与魔術を生かし、武器や防具などを強化して理矢理強くするスタイルだが、この戦闘法は安物を使うとすぐダメになるというデメリットがある。この点に関しては「」という強を手に入れたことでしている。
コミカライズ版では前述の要素は残しつつも、すごくバカ変態になってしまい、その奇行(戦闘後にが破け全裸になっても然としている、「ギャヒ」という気持ち悪い笑いを出すなど)に対してリリィやマーガレットなどの他のキャラからしばしばツッコまれたりしばかれたりいじられたりする他、「隠れて飲しているのでは」「を開けながら寝てて寝言コキながらフラフラしてる」と疑われたほど。しかも、「王の牙」をクビになった理由に大きく関わってくる。
たまに主人公らしくキメる時にはカッコよくキメるが、それを見たマーガレットに「レインもまともな時あるんですね……」と言われ、その際に怒りのあまり虚ろな表情になった。
ニーナ
ギルド水晶」の受付嬢。一応メインヒロインで、コミカライズ版ではツッコミ役も兼ねていたが、リリィの登場以降はあまり出番がない。
リリィフラムベル
女騎士。幼い頃から騎士として活躍しており、史上最年少でS級冒険者の称号を獲得している。
小説版とコミカライズ版ではかなり設定が異なる。
小説版では「」というギルドに所属し、自分の武器の強化のために知り合い、その後レインが強化に耐えられる武器を手に入れるためのに同行した。
コミカライズ版では「水晶」に所属し、ニーナに代わりメインヒロインツッコミ役を担うようになる。
過去に色々あったようで、初登場時はかなり塞ぎこんでおり、長らく引きこもり生活を送っていた他、後述のマーガレットに殺意を抱かれる原因にもなっていた。
マーガレットエル
」に所属するB級冒険者。
小説版とコミカライズ版では所属ギルドと冒険者ランク装以外何もかもが異なる
小説版ではリリィ後輩にあたり、彼女を慕っている。男勝りな性格で、一人称は「」。
対し、コミカライズ版ではまず顔つきから違う。まるでチベットスナギツネのような鋭いつき(初期の頃は糸目)をしており、そのSEXY」な身体つきもあって本作のヒットに大きく貢献読者からは「モブ顔」「チベスナちゃん」と呼ばれることも。このつきはツインテールに結んだ時に発動するようで、ほどくと他のキャラ二つの美少女になる(何ならこっちの方がモブっぽい)
一人称も「」であり、敬語を話し、皮屋。
リリィとは過去に色々あったようで、初登場時は彼女を殺するためにレインへと同行していた。
その後は彼女と打ち解け、3人でしょうもないおふざけをしたり、バカ笑いをしたり、レインにくだらないいたずらを仕掛けたりするようになる。
どんぐり」というを飼っている。どんぐりは心の距離が遠くなるとリアルになるが、縮まるとぐちゃぐちゃのお化け落書きのような絵柄になる。
バリオス
「王の牙」のギルドマスターで、レインを追放した本人。追放して間もなく彼に報復された結果、ギルド空中分解してしまった。
小説版ではその後レインに逆襲しようとするも失敗し、どんどん転落していくが、コミカライズ版では救われ、和解の機会を持たれた。

関連静画

関連商品

原作書籍

コミカライズ版

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *同作も、原作となるゲームシリアススペースオペラなのに対し、アニメ版は色々あって不条理ギャグと化してしまった。
  2. *インターネット上では不条理ギャグ漫画の代名詞とされることが多いが、戦闘の合間にナンセンスギャグを入れるという点では似てなくもない。

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

追放されたチート付与魔術師は気ままなセカンドライフを謳歌する。

132 ななしのよっしん
2022/11/02(水) 14:00:48 ID: iqD3bEsqg4
>>122
ポケモン遊戯王もそうじゃん
133 ななしのよっしん
2022/11/15(火) 09:18:35 ID: TRwd2z72+V
追放する側のバリオスを単なる踏み台噛ませキャラで終わらせなかったの好感が持てるわ
やっぱりこの作品のメインテーマは挫折からの再起なんじゃないか…?
134 ななしのよっしん
2022/11/15(火) 09:22:34 ID: OMmXVTDYCv
勢いで追放して破産しちゃったおじさんとはいえ、やっぱ5大ギルドの一を統べてた人なんやなって
135 ななしのよっしん
2022/11/16(水) 00:01:39 ID: yiP9ad5NV2
実は先生=あさ先生で同一人物、なろうだとあの展開じゃ人気しづらいから
一旦テンプレやって人気出てコミカライズ化→漫画化したので自分がやりたいように魔改造


みたいなテンプレなろうのような説を妄想した
136 ななしのよっしん
2022/11/20(日) 00:12:37 ID: N0uICf8TKA
14話も面かったぞ
137 ななしのよっしん
2022/11/20(日) 16:16:10 ID: 5qE5G4Igxe
西友の次はワークマンかよ
138 ななしのよっしん
2022/11/20(日) 18:25:42 ID: 3WDgnAGloq
14話、ギャグクソいけど「半分」の名前の由来るくだりとかめちゃくちゃかっこよくない? あと半グレリアリティが妙に高いのもなんなんだよ…本当にすごい漫画だわ
139 ななしのよっしん
2022/11/21(月) 19:42:10 ID: FoFRORfwOl
半グレワークマ…ボーケンマン吹いたわ
そしてもはやも「自動車あるのかよ」とは言いもしねえわw

マガポケコメント見たらワークマンはボーケンマンと全然企業形態違うところまでワンセット言われてて吹いたわ
140 ななしのよっしん
2022/11/26(土) 12:00:53 ID: LvqzhP7emV
さんご存知の通り
半分がグレンダで出来てるが口癖の男が率いる集団のことを半グレと呼ぶことは周知の事実です
141 ななしのよっしん
2022/11/28(月) 12:59:31 ID: 5qE5G4Igxe
神戸屋(直球)出てきちゃったけど怒られないかな?

急上昇ワード改

おすすめトレンド