D-HERO単語

デステニーヒーロー
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

D-HEROとは、遊戯王カードカテゴリである。闇属性戦士族で統一されている。

概要

アニメ遊戯王GX』においてエド・フェニックスが使用。

モンスター名のDは「デステニー」と読みのDは「ディー」と読む。

「D」とはDESTINYデステニー)=「運命」、DESTROYデストロイ)=「破壊」、DEATHデス)=「死」の3つの意味を持つといわれていた。モンスター名はBloo-Dを除いてDから始まる。

かつてのD-HERO

同じHEROである「E・HERO」は戦闘に関するが多かったが、こちらはコントロール色が強い。下級モンスターのほとんどが攻守1000以下と戦闘できるステータスではないが、上級は結構な戦闘を持つ。特殊なを持つ下級を展開させて、ドレッドガイドグマガイBloo-D・D-ENDを召喚して闘うのがかつてのD-HEROの戦術であった。

しかし、テーマとしてというよりも個々のカードが高い状態で、D-HERO以外で利用されていくことになる。その余波でD-HEROが弱体化していくはめになった。その後徐々に制限解除・エラッタが行われた。

現在のD-HERO

第9期では、その時期に放映されていたアニメ遊戯王ARC-V』版のエド・フェニックスも使用しており、こちらはD-HEROの融合モンスターを切り札としている。また、この時期のカードからは墓地利用、召喚特殊召喚時の効果を中心としたカードが増えた。

第10期では、リンクモンスターである《X・HERO クロスガイ》、デッキ融合を可にした《フュージョンデステニー》が登場したことで【D-HERO】のデッキの定義を大きく変え、他のHEROの要素も取り入れつつも、現在ではテーマデッキとして大きく強化されている。

遊戯王OCG

以下遊戯王wikiより。

2006年2月16日発売”ENEMY OF JUSTICE”

D-HERO デビルガイ/Destiny HERO - Doom Lord
効果モンスター/3/闇属性/戦士族/攻 600/守 800
このカードが自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する場合、1ターンに1度だけ相手モンスター1体をゲームから除外する事ができる。
この効果を使用したプレイヤーはこのターン戦闘を行えない。
この効果によって除外したモンスターは、2回の自分のスタンバイフェイズ時に同じ表示形式で相手フィールド上に戻る。

攻撃名および効果名は「ディスティニー・ロード
アニメでは活躍しているが、普通のデュエルならば確実な除去カードを使用したほうがよい。
デビルDevil)が海外では使用できない名前のため、ドゥームDoom)に変更されている。

D-HERO ダイハードガイ /Destiny HERO - Captain Tenacious
効果モンスター/3/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する時、このカードを除く自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスター戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、そのモンスター1体を次の自分のスタンバイフェイズ時に自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

攻撃名は「デスフォー・フィアーズ」、効果名は「ワンダー・アライブ」。
戦闘破壊耐性を持たせるのは強いが、このモンスター自体を戦闘破壊されるのがに見える。

D-HERO ダイヤモンドガイ /Destiny HERO - Diamond Dude
効果モンスター/4/闇属性/戦士族/攻1400/守1600
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する時、自分のデッキの一番上のカードを確認する事ができる。
それが通常魔法カードだった場合そのカード墓地へ送り、次の自分のターンメインフェイズ時にその通常魔法カードの効果を発動する事ができる。
通常魔法カード以外の場合にはデッキの一番下に戻す。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

攻撃名は「ダイヤモンド・ブロー」、効果名は「ハードネスアイ」。
デッキトップが通常魔法ならノーコストで発動できるという、専用デッキが組めるほどの強な効果をもつ。
アニメでは常に通常魔法を表示したが現実ではそういかないので、デッキトップを操作するカードを使用する事。
下位D-HEROの中では較的攻撃が高い。

時計 /Clock Tower Prison
フィールド魔法
相手ターンのスタンバイフェイズ時に、このカード時計カウンターを1個乗せる。
時計カウンターの合計が4個以上になった場合、このカードコントローラー戦闘ダメージを受けない。
時計カウンターが4個以上乗ったこのカードが破壊され墓地へ送られた時、手札またはデッキから「D-HERO ドレッドガイ」1体を特殊召喚する。

戦闘ダメージ効と、特殊召喚の二つの効果を持つフィールド魔法
どちらにしろ4個の時計カウンターを乗せなければならず、8ターンも待つのはかなり面倒であろう。

D-HERO ドレッドガイ /Destiny HERO - Dreadmaster
効果モンスター/8/闇属性/戦士族/攻 ?/守 ?
時計」の効果で特殊召喚した場合、自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスター以外の自分のモンスターを全て破壊する。
その後、自分の墓地から「D-HERO」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚されたターン、自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスターは破壊されず、コントローラーへの戦闘ダメージは0になる。
このカードの攻撃・守備は、自分フィールド上のこのカードを除く 「D-HERO」と名のついたモンスターの元々の攻撃を合計した数値になる。

攻撃名は「プレデターオブドレッドノート」、生効果名は「ドレッド・ウォール」、耐性効果名は「ドレッド・バリア」。
時計」で召喚された場合の自分の場の破壊+生効果、特殊召喚された場合の耐性効果、D-HEROの攻撃合計値の攻守を持つ効果の3つの効果を持つ。
わかりにくいが通常召喚も可

デステニー・シグナル /Destiny Signal
通常
自分フィールド上のモンスター戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動する事ができる。
自分の手札またはデッキから「D-HERO」と名のついたレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

D-HERO版の「ヒーローシグナル」。

D-タイム /D - Time
通常
自分フィールド上に存在する「E・HERO」と名のついたモンスターフィールド上から離れた時に発動する事ができる。
そのモンスターレベルと同じレベル以下の「D-HERO」と名のついたモンスター1体をデッキから手札に加える。

E・HERO」と「D-HERO」の両方が必要なサーチカード

D-シールド /D - Shield
通常
自分フィールド上に攻撃表示で存在する「D-HERO」と名のついたモンスターが攻撃対になった時に発動する事ができる。
このカードは装備カードとなり、攻撃対になったモンスターを守備表示にしてこのカードを装備する。
装備モンスター戦闘によっては破壊されない。

D-HERO専用の

エドが使用したカードには他に墓地肥し用「デステニー・デストロイ」が存在していたが、特にD-HEROに関係するではない。
ダイヤモンドガイが優れた効果を持っているが、やはり攻守が低いのが欠点で決め手がない。ドレッドガイの攻撃も大した数値にならないであろう。

2006年5月18日発売”POWER OF THE DUELIST”

D-HERO ダブルガイ /Destiny HERO - Double Dude
効果モンスター/6/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードは特殊召喚できない。
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
このカードが破壊された場合、次の自分ターンのスタンバイフェイズ時、自分フィールド上に「ダブルガイトークン」(戦士族・闇・4・攻/守1000)を2体特殊召喚する事ができる。

攻撃名は「デスオーバーラップ」。
二回攻撃と破壊された次のターントークン生産の二つの効果を持つ。
D-HEROにおいて特殊召喚できないはなかなか辛い、上級なためにリリース召喚しなければならない。
Vジャンプで「キラー・トマト」で特殊召喚しようと誤植された。

D-HERO ディフェンドガイ /Destiny HERO - Defender
効果モンスター/4/闇属性/戦士族/攻 100/守2700
相手ターンのスタンバイフェイズ時にこのカードが表側守備表示で存在する場合、相手プレイヤーカードを1枚ドローする。

下級モンスター最高の守備を誇るが、デメリットが痛い。相手に送りつけようにも、ランク4素材に利用されかねないが、デブリ・ドラゴンスキルドレインなど、そこそこ相性のいいカードもある。

D-HERO ドグマガイ /Destiny HERO - Dogma
効果モンスター/8/闇属性/戦士族/攻3400/守2400
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する「D-HERO」と名のついたモンスターを含むモンスター3体を生け贄にげた場合のみ特殊召喚する事ができる。
この特殊召喚に成功した場合、次の相手ターンのスタンバイフェイズ時に相手ライフを半分にする。

攻撃名は「デスクロニクル」、効果名は「ライフアブリュート」。
召喚条件は難しい物の、高い攻撃と出せば4000ライフ削る可性のある効果をもつ、バーン効果ともとれる。
アニメでも何度も召喚されてその効果を発揮する。D-HEROにおけるダメージソース

D-HERO ダガーガイ /Destiny HERO - Blade Master
効果モンスター/3/闇属性/戦士族/攻 300/守 600
手札からこのカードを捨てる。自分フィールド上に表側表示で存在する「D-HERO」と名のついたモンスターは、このターンエンドフェイズ時まで攻撃80ポイントアップする。
この効果は相手ターンバトルフェイズ中のみ使用する事ができる。

D-HERO専用の攻撃上昇カード。問題はほとんどのD-HEROの攻撃が低すぎること。

D-HERO ドゥームガイ /Destiny HERO - Fear Monger
効果モンスター/4/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
このカード戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、次の自分ターンのスタンバイフェイズ時に、自分の墓地に存在する「D-HERO ドゥームガイ」以外の「D-HERO」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

攻撃名は「ブラックオブドゥーム」。
D-HERO専用のカード戦闘破壊されなければならない点が面倒だが、それでもなかなか使える。
デビルガイ英語名がドゥームなため、後から発売されたこれは名を余儀なくされた。

D-HERO ダッシュガイ /Destiny HERO - Dasher
効果モンスター/6/闇属性/戦士族/攻2100/守1000
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄にげる事で、このターンエンドフェイズ時までこのカードの攻撃1000ポイントアップする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
このカード墓地に存在する場合、1度だけドローフェイズ時にドローしたモンスターカードをお互いに確認し特殊召喚する事ができる。

攻撃名は「ライトニングストライク」。
モンスターリリースでの攻撃上昇効果と、墓地に存在する時だけの特殊召喚効果を持つ。
D-HERO内では特殊召喚可モンスターの中でも攻撃が高い、さらに特殊召喚効果も範囲が広く使いやすい。

D-スピリッツ /D - Spirit
通常魔法
自分フィールド上に「D-HERO」と名のついたモンスターが存在しない場合、手札からレベル4以下の「D-HERO」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

手札のレベル4以下のD-HEROを特殊召喚と、手札を余計に1枚つかい少々扱いにくい。

(サイクロンブレード) /Cyclone Blade
装備魔法
「D-HERO」と名のついたモンスターにのみ装備可
装備モンスターが攻撃を行った場合、そのダメージステップ終了時にフィールド上の魔法またはカード1枚を破壊する。

サイクロン効果を持った装備魔法サイクロンで十分だが、二回攻撃などと併用する事で複数破壊が可

ダーク・シティ /Dark City
フィールド魔法
「D-HERO」と名のついたモンスターが攻撃する時、攻撃モンスターの攻撃が攻撃対モンスターの攻撃よりも低い場合、攻撃モンスターの攻撃ダメージ計算時のみ1000ポイントアップする。

D-HERO版、スカイスクレイパー
E・HEROよりもさらに攻撃の低いD-HEROではサイバー・ドラゴンも倒せない。また相手からの攻撃には

デステニー・ミラージュ /Destiny Mirage
通常
自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスターが相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時に発動する事ができる。
このターンに破壊され墓地へ送られた「D-HERO」と名のついたモンスターを、全て自分フィールド上に特殊召喚する。

複数を生する可性があるが、相手の効果によって破壊されなければならず条件が厳しい。

D-チェーン /D - Chain
通常
このカードは攻撃500ポイントアップの装備カードとなり、自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスターに装備する。
装備モンスター戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、相手ライフ500ポイントダメージを与える。

攻撃強化とバーン効果を持つ装備

二つの切り札ドグマガイが登場。ダッシュガイもなかなか使える。やはり下級がもろい。

2006年10月26日発売”デュエリストパック-エド編-”

D-HERO ディアボリックガイ /Destiny HERO - Malicious
効果モンスター/6/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
自分の墓地に存在するこのカードゲームから除外して発動する。
自分のデッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

リリースシンクロエクシーズ要員モンスター。かつては万シンクロ素材として使われすぎていたため準制限に定されていた。2016年4月1日に解除。現在でも「HERO」全体の展開に貢献するパワーカード

オーバーデステニー /Over Destiny
通常魔法
自分の墓地から「D-HERO」と名のついたモンスター1体を選択する。
選択したモンスターレベルの半分以下の「D-HERO」と名のついたモンスター1体を自分のデッキから選択し特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターンエンドフェイズ時に破壊される。

D-HEROをデッキから特殊召喚できる。

デステニー・ドロー /Destiny Draw
通常魔法
手札から「D-HERO」と名のついたカード1枚を捨てて発動する。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

D-HERO専用ドローカード。2枚ドローも強だが、墓地にある事で効果を発揮するD-HEROを使用するためにも使われる。
2010年3月1日に制限。闇の誘惑、トレード・イン、そしてデステニー・ドローを積んだ「エクゾディアデッキ海外で猛威をふるったためである。D-HEROには全にとばっちり。2012年9月1日に解除。

D-カウンター /D - Counter
通常
自分フィールド上に表側表示で存在する「D-HERO」と名のついたモンスターが攻撃対に選択された時に発動する事ができる。攻撃モンスターを破壊する。

D-HERO版「炸裂装甲」。

エターナル・ドレッド /Eternal Dread
通常
時計」に時計カウンターを2個乗せる。

時計」専用

このパックの発売によりD-HEROが格段に組みやすくなる。デステニー・ドローの存在によって、高レベルの展開を誇るようになる。

2007年3月15日発売”遊戯王デュエルモンスターズ WORLD CHAMPIONSHIP 2007”付属カード

D-HERO ディスクガイ /Destiny HERO - Disk Commander
効果モンスター/1/闇属性/戦士族/攻 300/守 300
このカード墓地からの特殊召喚に成功した時、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

(以下、2018年3月23日発売のパーフェクトルールブックエラッタされた新テキスト
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
このカード墓地へ送られたターンには墓地からの特殊召喚はできない。
(1):このカード墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

通称、ガイ。特殊召喚する事のできるデッキに積まれ、デッキ名「ディスク○○」を作り上げた。
D-HERO以外にも当たり前のように積まれる。2008年9月1日に禁止。2018年4月1日に「デュエル中1度」と「墓地へ送られたターン生できない」の2つの制限が加えられた上で制限復帰した。

2007年3月15日発売”遊戯王デュエルモンスターズ WORLD CHAMPIONSHIP 2007の攻略本”付属カード

D-HERO Bloo-D /Destiny HERO - Plasma
効果モンスター/8/闇属性/戦士族/攻1900/守 600
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在するモンスター3体を生け贄にげた場合のみ特殊召喚する事ができる。
相手モンスター1体を定してこのカードに装備する(この効果は1ターンに1度しか使用できず、 同時に装備できるモンスターは1体のみ)。
このカードの攻撃は、装備したモンスターの攻撃の半分の数値分アップする。このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、相手フィールド上に表側表示で存在する効果モンスターは全て効果が効化される。

攻撃名は「ブラッディ・フィアーズ」、効果名は「クラティー・ブラッド」。
究極のD。「サクリファイス」と相手限定の「スキルドレイン」の効果。召喚条件も厳しくない。
正直、デッキはD-HEROでなくても良い。

2007年11月23日発売”PHANTOM DARKNESS”

D-HERO ダンクガイ /Destiny HERO - Dunker
効果モンスター/4/闇属性/戦士族/攻1200/守1700
手札から「D-HERO」と名のついたカード1枚を墓地に送る事で、相手ライフ500ポイントダメージを与える。

攻撃名は「パワーダンク」。
手札をバーンカードに変える効果は強いが、D-HEROそのものがあまり積まれない。

D-HERO ディパーテッドガイ /Destiny HERO - Departed
効果モンスター/2/闇属性/戦士族/攻1000/守 0
自分のスタンバイフェイズ時にこのカード墓地に存在する場合、相手フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚される。
このカード戦闘で破壊された場合、墓地へは行かずゲームから除外される。このカードが手札またはデッキからカードの効果によって墓地へ送られる場合、墓地へは行かずゲームから除外される。

相手の場において殴るためのモンスター
問題は戦闘破壊またはデッキ手札から効果で墓地に行っても除外されるため、効果を発揮しにくい。

2008年2月23日発売”LIGHT OF DESTRUCTION”

D-HERO ドレッドサーヴァント /Destiny HERO - Dread Servant
効果モンスター/3/闇属性/戦士族/攻 400/守 700
このカードが召喚に成功した時、「時計」に時計カウンターを1つ置く。
このカード戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分フィールド上の魔法カード1枚を破壊する事ができる。

時計」専用モンスター

D-フォーメーション /D - Formation
永続魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「D-HERO」と名のついたモンスターが破壊される度に、1体につき1つDカウンターをこのカードに置く。
自分のメインフェイズ時にモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、Dカウンターが2つ以上乗ったこのカード墓地に送る事で召喚・特殊召喚に成功したモンスターと同名カードを2体まで自分のデッキ墓地から手札に加える。

同じカードをサーチorサルベージ出来る。D-HEROが必要だが持ってくるのはHEROでなくてもよい。

D-フォーチュン /D - Fortune
通常
相手が直接攻撃を宣言した時に発動する事ができる。
自分の墓地に存在する「D-HERO」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、バトルフェイズを終了する。

攻撃を防ぐカードはこれ以外にもいろいろある。

Dragoon D-END /Destiny End Dragoon
融合・効果モンスター/10/闇属性/戦士族/攻3000/守3000
D-HERO Bloo-D」+「D-HERO ドグマガイ
このモンスター融合召喚は上記のカードでしか行えない。
ターンに1度だけ相手フィールド上のモンスター1体を破壊してそのモンスターの攻撃分のダメージを相手ライフに与える。
この効果を使用したターンバトルフェイズを行う事ができない。
このカードが自分のターンのスタンバイフェイズ時に墓地に存在する場合、墓地の「D-HERO」と名のついたカード1枚をゲームから除外する事でこのカードを特殊召喚する事ができる。

攻撃名は「アルティメット・D・バースト」、破壊効果名は「インビンシブル・D」、生効果名は「リバイブ・D」。
最後のD。召喚が面倒な2種類を融合させて場に出す、手札融合でもよい。

光と闇の竜」を組み合わせた、通称”デステニーライダー”等が大会などで結果を残している。
ディスクガイデステニー・ドローの二つのドローを禁止・制限されてからは、昔ほどの強さは持っていない。デステニー・ドローが解禁されてからも以前のような強さは発揮できないままだったものの、チェーンマテリアルによる連続特殊召喚からのバーンおよびランク10エクシーズ素材化という、新たな用途が生まれた。

2016年7月21日発売”Vジャンプ2016年9月号”20th ライバル・コレクション

D-HERO デッドリーガイ /Destiny HERO - Dangerous
融合・効果モンスター/6/闇属性/戦士族/攻2000/守2600
「D-HERO」モンスター+闇属性の効果モンスター
「D-HERO デッドリーガイ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「D-HERO」モンスター1体を墓地へ送り、
自分フィールドの全ての「D-HERO」モンスターの攻撃ターン終了時まで、
自分の墓地の「D-HERO」モンスターの数×20アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

D-HEROと闇属性の効果モンスター融合して召喚できるモンスター。D-HEROをパワーアップさせる効果を持つ。

2016年8月6日発売”ブースターSP-デステニー・ソルジャーズ-”

D-HERO ダークエンジェル /Destiny HERO - Dark Angel
効果モンスター/1/闇属性/戦士族/攻0/守0
(1):自分の墓地の「D-HERO」モンスターが3体以上の場合、
このカードを手札から捨て、
自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードモンスターゾーンに存在する限り、
自分が発動した魔法カードの効果は効化され破壊される。
(3):自分スタンバイフェイズに自分の墓地から
このカードと「D-HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから
通常魔法カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。

アニメ遊戯王GX』時代から登場していたD-HEROの一体。(3)の効果でD-HERO ダイヤモンドガイの効果の発動を狙うことも可

D-HERO ディバイガイ /Destiny HERO - Celestial
効果モンスター/4/闇属性/戦士族/攻1600/守1400
「D-HERO ディバイガイ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃宣言時に、
相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対として発動できる。
そのカードを破壊し、相手に500ダメージを与える。
(2):自分の手札が0枚の場合、
自分の墓地からこのカードと「D-HERO」モンスター1枚を除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
この効果はこのカード墓地へ送られたターンには発動できない。

アニメ遊戯王GX』時代から登場していたD-HEROの一体。魔法カードを破壊する効果を持ち、禁止カードになったD-HERO ディスクガイと同じドロー効果も持つ。

D3(ディーキュービック)/D Cubed
効果モンスター/1/闇属性/機械族/攻0/守0
D3」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
このモンスターは表側表示で存在する間、「D-HERO」モンスターとしても扱う。
(2):手札を2枚まで捨てて発動できる。
捨てた数だけ自分の手札・デッキ墓地から「D3」を選んで特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は
「D-HERO」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(3):このカード戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「D-HERO」モンスター1体を墓地へ送る。

アニメ遊戯王GX』時代から登場していたモンスターフィールドではD-HEROとして扱われる効果を持つ。

D-HERO ドリルガイ /Destiny HERO - Drilldark
効果モンスター/4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
「D-HERO ドリルガイ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃以下の攻撃を持つ「D-HERO」モンスター1体を手札から特殊召喚する。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備を攻撃えた分だけ戦闘ダメージを与える。

手札からD-HEROを特殊召喚する効果と、守備表示モンスターに貫通ダメージを与える効果を持つ。

D-HERO ダイナマイトガイ /Destiny HERO - Dynatag
効果モンスター/5/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
(1):モンスター戦闘を行うダメージ計算時にこのカードを手札から捨てて発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になり、
お互いのプレイヤー1000ダメージを受ける。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「D-HERO」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃は次の相手ターン終了時まで1000アップする。

手札捨てることで戦闘ダメージ効化して互いにバーンダメージを受ける効果と、D-HEROをパワーアップさせる効果を持つ。

D-HERO ディシジョンガイ /Destiny HERO - Decider
効果モンスター/4/闇属性/戦士族/攻1600/守1000
「D-HERO ディシジョンガイ」の(1)(3)の効果はそれぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターンエンドフェイズに、自分の墓地の「HEROモンスター1体を選んで手札に加える。
(2):レベル6以上の相手モンスターはこのカードを攻撃対に選択できない。
(3):このカード墓地に存在し、自分にダメージを与える魔法モンスターの効果が発動した時に発動する。
このカードを手札に戻し、その効果で自分が受けるダメージを0にする。

デュエル中の使用制限が設けられているが、墓地HEROモンスターサルベージし、効果ダメージ効化する効果を持つ。

D-HERO ディストピアガイ /Destiny HERO - Dystopia
融合・効果モンスター/8/闇属性/戦士族/攻2800/守2400
「D-HERO」モンスター×2
「D-HERO ディストピアガイ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地レベル4以下の「D-HERO」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃分のダメージを相手に与える。
(2):このカードの攻撃が元々の攻撃と異なる場合、
フィールドカード1枚を対として発動できる。
そのカードを破壊し、このカードの攻撃は元々の数値になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

攻撃名は「ディストピアブロー」、(1)の効果名は「スクイズ・パーム」、(1)の効果名は「ノーブルジャスティス」。
D-HERO2体を定する融合モンスター。攻撃の変動によってカードを破壊する効果を持つ。

D-フュージョン /D-Fusion
通常
このカードの効果で融合召喚する場合、「D-HERO」モンスターしか融合素材にできない。
(1):自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン戦闘・効果では破壊されない。

素材がD-HEROに限定されている、融合召喚が可な通常。召喚ターンのみ戦闘・効果破壊耐性が付与される効果も持つ。

アニメARC-Vでエドが使用したD-HEROが新登場。GXの時代にOCG化されなかったD-HEROもようやくOCG化された。

2017年5月13日発売”COLLECTORS PACK 2017”

D-HERO ドリームガイ /Destiny HERO - Dreamer
効果モンスター/1/闇属性/戦士族/攻0/守600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード墓地に存在し、
自分の「D-HERO」モンスター戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
このカード墓地から特殊召喚し、その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

墓地に存在するとき、D-HEROの戦闘破壊とダメージ効にする効果を持つ。

D-HERO ダスクユートピアガイ /Destiny HERO - Dusktopia
融合・効果モンスター/10/闇属性/戦士族/攻3000/守3000
「D-HERO」融合モンスター+「D-HERO」モンスター
(1):このカード融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):1ターンに1度、フィールドモンスター1体を対として発動できる。
このターン、そのモンスター戦闘・効果では破壊されず、
そのモンスター戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

D-HEROの融合モンスターとD-HEROを定する融合モンスター。破壊から守る効果を持つ。融合効果は新マスタールールで使用するにはリンクモンスターが必要になる。

2019年1月12日発売”DARK NEOSTORM”

D-HERO ドローガイ/Destiny HERO - Drawhand
効果モンスター
4/闇属性/戦士族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「HEROモンスターの効果で特殊召喚した場合に発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。
(2):このカード墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。
このカード墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

効果の発動自体は「HERO」全体にトリガーに出来るカードが多数あるため容易。ドミネイトガイを利用して、ドローカードを操作するのも考えられる。(2)効果は更に(1)効果の発動を補助するのに用いることになるか。

D-HERO ドミネイトガイ/Destiny HERO - Dominance
融合・効果モンスター
10/闇属性/戦士族/攻2900/守2600
「D-HERO」モンスター×3
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分または相手のデッキの上からカードを5枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):このカード戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):融合召喚したこのカード戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地レベル9以下の「D-HERO」モンスター3体を対として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚する。

「D-HERO」3体と較的重めの要をする融合モンスターデッキトップ操作と戦闘で相手を破壊するとドローする。戦闘・効果で破壊された場合にレベル9以下の「D-HERO」3体を特殊召喚出来てリカバリーも可レベル9以下と記述されているが、おそらくドミネイトガイ自身やダスクユートピアガイを特殊召喚するのを避けるための制限であると思われる。現在ではレベル9の「D-HERO」は存在しない。

フュージョンデステニー/Fusion Destiny
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・デッキから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター墓地へ送り、
「D-HERO」モンスター融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンエンドフェイズに破壊される。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は闇属性の「HEROモンスターしか特殊召喚できない。

所謂デッキ融合。《D-HERO ディアボリックガイ》とレベル4以下の攻撃の高い「D-HERO」を落とし、《D-HERO ディストピアガイ》の効果を使うことでより全体的なアドバンテージにブーストをかけられる。

D-タクティクス/D - Tactics
永続
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
自分フィールドの全ての「HEROモンスターの攻撃40アップする。
(2):自分フィールドレベル8以上の「D-HERO」モンスター
または「Dragoon D-END」が特殊召喚された場合に発動できる。
相手の手札・フィールド墓地カード1枚を選んで除外する。
(3):魔法ゾーンのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「D-HERO」モンスター1体を手札に加える。

ターン発動の全体強化を持っている。また、除外効果の発動条件を満たすのは融合モンスターを使えば較的容易なうえ、《DragoonD-END》なら繰り返し使用できる。破壊された場合に後続を確保してリカバリーする。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/d-hero

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

D-HERO

249 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 14:49:51 ID: jlkjJy53eK
>>248
同ストラクのトレーサー来ればヴァレットとの混成(というかHERO&闇ドラゴン混成)デッキも出来そう。元々ヴァレルロードディストピアコンボあるし、魔導の守護者やスターヴも入るからフュリアスも活躍の機会はある。
ついでにサモプリなどからドラゴン縛りの闇リンク2も出せるようになる。X・HEROにいない横向きマーカー持ちで属性・種族・カテゴリ関係ない生効果のツイントライアングルドラゴンはわりと善きだと思う。
250 ななしのよっしん
2019/07/05(金) 09:49:28 ID: gJvhZ5gZRY
学生の時にエドとD-HERO好きで使ってたんだけど、D-HERO今強い?
強いなら引退したけどまた復帰しようかな
251 ななしのよっしん
2019/07/26(金) 15:56:38 ID: jlkjJy53eK
>>250
間違いなく強くなったけど、周りがそれ以上にヤバくなった。ガチ勢に食らい付けるかというと微妙かなぁ。
252 ななしのよっしん
2019/08/02(金) 14:32:49 ID: gJvhZ5gZRY
いろいろ調べて見たけど、今ってDーHERO以外にも色んなHERO増えてんだな、DとEを一緒のデッキに入れられるみたいだし、エドと同じくらい十代好きだしでガチでやるかわからないけど、記念に1つデッキ作ってみるわ
253 ななしのよっしん
2019/08/02(金) 14:35:11 ID: UWKPpUVa9w
Vも下級が強いしな
254 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 22:30:40 ID: gpcMCGNfM+
D-HERO デュアルガイとか出ないかなぁ。デュアルモンスターで。
255 ななしのよっしん
2019/08/20(火) 17:17:13 ID: PeeCeA6Xg5
オリ強化のお陰でAV産の穢れたD要らんくなったんは最高やが
くたばれアークファイブw
256 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 08:53:35 ID: 2KUpiU+CUr
>>255
ARC-V叩きたいだけのエアプマジで喋んな
ドリルとかドリームはともかくディストピア入ってない構築とかまずありえねえからw
257 ななしのよっしん
2019/10/15(火) 22:18:05 ID: ociO6vRdhN
ドリル普通に優秀だし、ドリームイゾルデ使うなら採用検討できるしな。
258 ななしのよっしん
2019/10/16(水) 12:52:59 ID: jlkjJy53eK
予想外の形で強化されるな(新規捕食リンク2)。デッキからデッキ融合とか凄い時代になったものだ・・・(遠い)
融合多用するならクロシープという選択肢もあるし、デッキによってはクロスガイ抜けるかも。

急上昇ワード