Opfer単語

イケニエ

Opferとはアーケード音ゲーオンゲキ」に収録されている楽曲である。

概要

アーティスト かねこちはる
チャプター 第1章 チャプター9「黒幕ぬいぐるみ!?
対戦相手 有栖 Lv60
BPM 175
難易度 BASIC ADVANCED EXPERT MASTER
4 9 13 14+
譜面作者 ロシェペンギン vs ものくろっく Phoenix vs Panther

オンゲキ本稼働開始から5ヶほど経った2018年12月20日、記事上部のセリフと共に公式Twitterで告知されたチャプター9で追加された楽曲。
残りの参加アーティストかねこちはるxiの両名が残っており、絶対まともな難易度のチャプターではないというのが大方の予想だった。それに応えるかのようにSEGA側も怒槌混沌を越えし我らが神聖なる調律主を讃えよというCHUNITHMボス曲2曲の移植にOpfer、Titaniaの2曲を追加するという「よくわかってんじゃん」という4曲を提示、オンゲキ史上最大の難関チャプターが誕生することになった。

一応Titania同様のEXPERT13、MASTER14+ボス曲ではあるもののLv60なのでそこまでガチガチデッキ編成をしなくても撃破「は」Lv70Titaniaより楽な部類のため、コンセプト的なボス曲Titaniaに軍配があがる。
ただし、BPM175の24分がしょっちゅう登場し(左右で交互出来るとはいえ)縦連、トリル、階段という技術的な難易度に加えて曲内でもズレがコロコロ変わるため精度が非常に出ない。またEXPERT譜面定数13.3では詐称クラス難易度である都合上撃破の妥協に選択することもできない。EXPERT以上ではTitaniaと同程度の撃破難になっており、譜面的なボス曲はOpferであるとも言える
だが「撃破だけ」ならリーフ属性デッキスキル込み攻撃900程度もあればADVANCEDやBASICの好成績で突破が容易なのは幸いか。もしOpferがLv70TitaniaがLv60だったら今のTitania以上に撃破難民が続出していたことは間違いないと思われる。

さて4曲全てで過去の最高難易度12を更新怒槌と混沌の12+のさらに上を行く初の13となったEXPERT譜面だが、中身は上記の通りおよそ詐称に近い譜面になっており、特に終盤ラストの16分折り返し階段がBPMの遅さとそもそもの譜面ズレと相まってHITを出さないのも一苦労な譜面
さらにベルも非常にこぼしやすいため非常にスコア難な譜面であり、ExpertといえどALL BREAKはおろかFULL COMBO、SSS1000000点)に到達できてないプラレ、レも少なくない。
BPM212の16分5連打が登場し同じくズレのひどい難譜面であるTitaniaExpertは、速度に慣れてしまえば餡蜜同時押しでBREAK以上での切り抜けがしやすいこともあって
ALL BREAK難易度が混沌よりも楽である点を鑑みると、OpferはExpertにおける事実上のラスボスと言って差し支えない。オンゲキプラスになってExpert難易度13譜面が3曲も登場したが
MEGATON BLASTはもっと難しい12+がゴロゴロあるといわれる詐称譜面
Viyella's TearsTitaniaMEGATON BLASTを合わせたようなリズム難と16分交互を増やした譜面Titania同様に餡蜜同時押しのゴリ押し通過がしやすい)
ω4リズム難と認識難成分が多めだが16分がほぼ皆無で見たよりは難しくない
といった評価が説になっているため、Expertラスボスの牙はいまだに崩れていないといわれている。

MASTER譜面Titaniaと並ぶ初の難易度14+。前述の通りBPM175の8分、12分、16分、24分が入り乱れて精度が出ない譜面となっている。その惨状は「ALL BREAKできたけどSSS行ってない」「FULL COMBOできたけどS行かなかった」などの報告がそこそこ出ているあたりからお察しください。
理論値勢が「OpferよりもTitaniaの方が理論値見えそう」と先送りにした程度にはスコア難な譜面。その後2019年2月18日にその人によってTitania理論値が陥落されるが、同じころ順番通りにOpferから攻略していた別の某理論値勢によってBREAK1落ち、被弾1落ちなどの報告があがり、徐々に追い詰められていく。
Titania理論値陥落に遅れること1ヶ2019年3月22日ようやく理論値が陥落した。その21日後に順番通りにやったTitania理論値も陥落させて全譜面合計トータルテクニカルスコアランキング初の理論値達成者になるのだが、あのEXTRA EXTREMEを最初に全COOLPerfect達成したお方ならしょうがないね
Titania初の理論値達成者も現在はOpfer理論値を達成しており、2019年7月1日現在理論値達成者は上記の2名のみとなっている。一方のTitaniaはつい先日3人理論値達成者が現れた模様。

かねこちはる氏で似た楽曲であるSOUND VOLTEXボス曲Lachryma《Re:Queen’M》」をだいぶ意識しているようで、MASTER譜面中盤ラストの「両押しHOLD+24分交互連打」は同曲GRAVITYエフェクトの「ADロング中に16分CB交互連打」の再現と言えるだろう。
ただしラクリマがBPM236の16分なのに対しこちらはBPM175の24分(実質BPM262.5の16分)となっているため、連打速度がだいぶ速く感じるのは気のせいではないので安心していい(諦観)

余談だがキャンペーン限定のオンゲキメモリアルサウンドトラックSakura」に、Full版の「Opfer~有栖の生贄~」が収録された。
最初と序盤に追加部分があり、ゲーム版が最初からクライマックス感にあふれ、最後までクライマックスのままだった曲に対し、Full版はゲーム版のクライマックス感にじわじわと迫していくしさを追加した構成になっている。

なおコハDがこのCDで「Opferはあまりの曲のボスらしさにオンゲキレベルを極限まで引き上げることになり(後略)」とコメントしており、Expert12+とMaster14のを突破する原因となったようだ。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/opfer

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Opfer

1 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 11:34:26 ID: AL408NLgi5
BPMが(いわゆるボス曲と呼ばれる分類の中では)175と圧倒的に遅いにも関わらずプレイヤーから上がってくるが「すぎて連打が追いつかない」なの恐ろしい
2 ななしのよっしん
2019/07/02(火) 12:14:50 ID: Z6bCXVEpuF
出したときは運営Titaniaの方が難しいと思ってたんだろうな
そう考えると結構な事故
3 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 07:27:24 ID: AL408NLgi5
理論値基準で言えば断然Opferが飛び抜けてヤバいけどFULLCOMBOしやすさとかSランク出すあたりまでの基準で考えるとTitaniaのほうがBPMや物量を考えたら厳しいだろうって判断だったんじゃないかと思われ

急上昇ワード

2019/08/23(金)02時更新