今注目のニュース
プリンを守るため、“LINE認証”を冷蔵庫に導入した猛者現る。盗人への警告、そして通知までしてくれるオーバースペックなセキュリティが爆誕
「叶姉妹がどんなに露出度高くても、興奮しないのはなぜ?」に姉の恭子がファビュラスな回答 「裸=興奮する、がすべてではありません」
車両総数の1/3が水没 長野「新幹線車両センター」台風19号による被害詳細を報告、新幹線だけでなく施設全体に甚大な被害

キュウビキツネ(けものフレンズ)単語

ケモノフレンズノキュウビキツネ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キュウビキツネ(けものフレンズ)とは、スマートフォンゲームなどの各種メディアミックスプロジェクトけものフレンズ』に登場するアニマルガール及びフレンズ(動物女の子の姿をした擬人化キャラクター)である。

CV:照井春佳(アプリ版)

概要

日本に古くから伝わる伝説妖怪九尾の狐フレンズ日本では玉藻前という女官に化けた妖狐としても有名であり。また、殷の紂王の妃妲己・西周の王の妃褒姒・マガダ陽夫人の正体も九尾の狐(玉藻前と同一妖怪とされる事も)。栃木県那須町にある「殺生石」は討伐された玉藻前の亡骸だとされている。

本作ではUMA扱い。UMA・想像上の生き物フレンズたる彼女サンドスターがその動物ったものなどに反応しフレンズ化したと思われる。

最強クラス妖怪とされる事も多い九尾の狐フレンズとしての威圧感と威厳溢れる雰囲気。数々の美しい女性に化け国家を滅亡に導いたり混乱させたり暴虐の限りを尽くしてきた傾国の美女となってきた伝説が反映されたか、そのイメージを「多くの男性に言い寄られてきたが、一人自分を満足出来なかった」という記憶として受け継いでいる。その関係からか、プレイヤーをお色気気味にからかってくる。

大抵の場合めっちゃ強い強敵として描かれる妖怪フレンズなためか、常に上から目線で相手を品定めするような口ぶりが多い、自信たっぷりな感じで話す。素直になれない性格なようで、ついつい本心を隠して「面半分」や「からかおうとした」と意地悪に言ってしまう。

こう見えてイベントとかには興味々で(く昔を思い出す)強い関心を寄せるが、イメージを崩したくないのかこれを他者には知られたくない。得意な物事はダンス(本人く舞、昔から得意だった)で、「他に劣るわけないわ」と言い切るほどの自慢の一品だが、恥ずかしがり屋なのか匿名性が取れてないと披露しない。今でも立ちたいという欲求は抱いているが、他者を虜にする行為にはもう興味いとして一線を退いている。

フィクションでは悪い妖怪として扱われる九尾の狐だが、そのフレンズである彼女はあくまでも「女の子の姿をした動物」の1人という扱いで、様々な伝説・逸話・武勇譚を持つ妖怪フレンズとは思えない程丸くなっている。ただし、戦闘力には人々のその動物に対するイメージが大いに反映されているため、かなり強大で底知れない。元ネタ同様高い変化を有する。

移動時は宙に浮く。また、攻撃では火の玉を作って撃ち出す。後退する際は他フレンズと同じように焦り顔になるのが可愛い

外見

元ネタに倣って絶世の美女たる美しい容貌の持ちなようだ(メガネ有りし共に)。

フレームメガネを掛けたメガネ属性キャラ。瞳の色は黄色で、瞳孔は細長い。キツネフレンズだからか、瞳は切れ長の所謂キツネ眉毛麻呂眉に短く、色はメガネを掛けていないと恥ずかしさで常時赤面してしまう。ちなみに、生活で不便になる程度には視が悪いらしい。

髪型セミロングの長さの、ウェーブが掛かった白髪。妖気が溢れているのかは怪しくうねっており、下半分はカラフル七色に変色している。頭頂部からはキツネが長くそそり立つように生えている。前にはビンディーの模様が浮かぶ。

装は白色の上着と赤色チェック柄ミニスカートで、上下を色合いや胸元の赤色の紐と併せて見ると巫女服を思わせる感じ。首下にはキツネ神社だからか、が付いたしめ縄を装備。脚には白色ニーソックスを履き絶対領域を産み出し、一本下駄を履いている。安定性が悪い一本下駄を履きながらしい戦闘をこなす辺りに彼女の並外れた戦闘センスを伺わせる。ニーソックスには鮮やかな模様が刻印され、さを演出。手袋装備。

胸元からは隠しきれない程豊満な胸が露出し谷間を見せ付けてくる。悪女に化け権者を篭絡してきた伝説を持つからか、色気とエロスが溢れる。

九尾の狐の由来たる九本の尻尾は自分の体よりも大きくボリュームたっぷりに再現。色は真っ白だが、尻尾の先端はそれぞれ色が違う(画面を見るプレイヤーから見て右から色・黄緑オレンジ朱色)。スキル発動時は全身だけでなく、それぞれの尻尾オーラを放つ。

外見はかなり色鮮やかでカラフル

ゲームでの扱い

パッション属性()のレアリティレベル5(最大レア)のフレンズとして登場。コスト400・攻撃タイプは遠距離サイズはM。オイナリサマや他のキツネフレンズと同じく特定グループには所属していない。固有スキル」は敵軍団全員に自身の攻撃換算で9倍のダメージをぶつける、歴史にも影を及ぼす妖怪に相応しい強効果。

2016年1月14日1月21日まで開催されたイベントクエストメガネシンデレラ 舞踏会の舞姫を追え!」にて登場。また、同イベント専用スカウト(所謂ガチャ)・メガネスカウトで出現率が上昇して収録されている。

ダンスイベントの噂を聞きつけたキュウビキツネは別人(フレンズ)に化けてメガネを外して参加(化けてても立ち絵に差分はなく、残念ながら変わりはない。メガネを取って以降はメガネし・常に赤面した立ち絵となる)。本人くとっておきの舞を披露し、見事満場一致で優勝を果たしてしまった。

いつの間にかけもデレなる二つ名で呼ばれ、参加したフレンズが口々に賞賛し憧れと羨望の眼差しで見るにご満悦なキュウビキツネ。他者から注・賞賛されこの場の中心に居る快感と奮に何時までも浸って居たいと願うが、日付が変わる鐘の音が鳴ってしまい(彼女変身が保てるのは00:00までの1日っきり)、急いでその場を去って行く。その途中でメガネを落としてしまうが、拾っていては変身が溶けてしまう・今は急いでこの場を離れないと間に合わないとして回収出来なかった。

そのメガネをお開き後も会場でブラついていたヌートリアが拾って、更に見つけた場面を「けもデレラ」をプロデュースしたいという願望を抱いたヒョウモンガメが見掛けた事で、ジャパリパーク中を巻き込んだ「けもデレラ探し」が始まるのだった。

サーバルミライさんも巻き込んだ大捜網はなんやかんやあって、とうとう正体であるキュウビキツネにたどり着き、本人の口から正体だと明かされた。けもデレラの舞は「一夜魔法のようなもの」「今の私にはかけられない」として、ヒョウモンガメとヒョウモンナメラプロデュースの誘いを「終わり際もまた美しくありたいの」として断った。気持ちをみ取りプロデュースを諦めたヒョウモンガメからの「気が向いたらまた帰っておいでね!」とのファンコールには、ツンながらもどこか嬉しそうに答えたのだった。

なお、ヒョウモンナメラの「何もしてないのに睨んでいるように見えてしまう」特徴には、「不器用な子ね、まあ嫌いじゃないわ」とのこと。また、ギンギツネ実験&変装用にビン底メガネを掛けるセンスには全く理解出来ない様子。

関連静画

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP